*

PR

1997 Ferrari F50

公開日: : フェラーリ ,

PA16_r159_001 PA16_r159_002 PA16_r159_003 PA16_r159_004

<スポンサーリンク>

予想価格:€1.300.000 – €1.500.000

 

520馬力、ボッシュモトロニック2.7エンジンマネージメントとの4698 ccのV-12エンジン、6速マニュアルトランスミッション、コイルスプリングと、ダブルウィッシュボーン、および4輪油圧ディスクブレーキと4輪独立サスペンション。ホイールベース:2580ミリメートル

•のみ349例の第二百六十六が生成
•本、ツール、車のカバー、ルーフ収納ボックス付きコンプリート
•マッチング番号を通じて、フェラーリClassiche認定

開発の4年間とモータースポーツでの成功の50年の集大成に建設されたフェラーリのF50の目標は、顧客にできるだけなく、道路法的なプラットフォーム上でF1マシンに近い体験を提供することでした。車は第63回ジュネーブモーターショーで初めて一般公開され、ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長、ピエロLardiフェラーリ、セルジオ・ピニンファリーナ、とニキ・ラウダは、この新しいモデルの記念碑的な重要性を示す、除幕式で手にすべてでしたフェラーリの歴史に。

F50は、ロードゴーイング・フェラーリV-12用の第一号だった気筒あたり5バルブ、と4.7リッター自然吸気V-12によって推進されました。 436ポンドのエンジンは、10,000以上の回転数に達することができるだったが、それは、1990年のF1シーズンで使用されるパワープラントから直接派生し、それは地球を揺るがす8,000 rpmで520馬力を製造しました。限られたスリップディファレンシャルとの完全な6速縦のギアボックスは、オイルタンクがドライサンプエンジン潤滑システムのためにマウントされた間にエンジン、後ろに取り付けました。このレイアウトは、フェラーリの現代式1台で使用したものを彷彿とさせるでした。

フェラーリはドライバーが完全に今まで自分の工場を残すための最も強力なマシンを扱うに集中したかったようF50の内部は、いくつかの生き物の快適さを特色にしました。インストルメントパネルには、タコメータおよび速度計、並びに燃料、油、水の温度、およびすべてのマイクロコンピュータによって制御され、LCDによって運転者に表示されていた油圧計を紹介しました。スロットル、ブレーキ、クラッチペダルが全て完全に調整可能であり、さらなる軽量化を最大にするために掘削しました。ゲートされたギアシフトはあっても、ギアノブやレバーは、軽量複合材料で作られた、軽量化の利益のために、であるが、伝統的なフェラーリでした。

もちろん、ディテールや軽量化にフェラーリの熱狂的な関心は、パフォーマンスの面で大規模な配当を意味していました。 F50の最高速度は、うわさによれば、毎時325キロで、毎時0〜100キロのダッシュは、ちょうど3.7秒を要しました。アクセルペダルに自分の足を維持する30.3秒の立っマイル時間にF50をもたらすだろう。ただし、すべてのこのパフォーマンスはフェラーリの最新のスーパーカーを購入するための適切な資金を持つすべての人に利用できないでしょう。唯一の349の例は、モンテゼーモロ会長は、市場が要求し、ちょうど総F40生産の四半期にわたって考えられているよりも1少ないとされました。

ここに提供される美しいたとえば、シャーシ106825は、ネロの上に2月19日1997年車はロッソ・コルサ(FD80-31ZR)のスポーツの組み合わせで仕上げた上で、ヴェローナフェラーリコンセッショネア、INECOオートSpAの通ってイタリアにElicar Srlのに新しい販売されました(8500)赤シートインサート付き。 599 LJを登録し、F50を定期的にサービスされた、そのうちの最初はヴィチェンツァ、イタリアのRAMフェラーリサービスで1997年11月24日に行われました。 2年後、再びRAMを訪れ、2005年に一回以上。

2006年、フェラーリはライセンスAB 166 ZH上に登録されたフランス人に売却されました。車はその後、南フランスのル・VigeantでXVIスポーツ&コレクション500フェラーリContreルがんで表示されていました。 2007年には、(タコメータを含む)液晶ディスプレイを備えたダッシュボードは、トゥールーズのモデナスポーツに置き換えられました。これは、次のそれは再び2012年7月にフィリップGARDETTEのオーヴェルニュMoteursでサービスを受けたルマンクラシックパドックで2010年と2012年に見られました。

それは道路やレーシングテクノロジーのフェラーリの継続的な開発と統合の50年を祝うようF50は、間違いなく1990年代に作成された最も象徴的な車の1台です。それはフェラーリの最も忠実な顧客は、以前フォーミュラ1ドライバー用に予約性能と爽快感の同じレベルを体験する機会を与えたスーパーカーでした。この見事な例では、フェラーリClassiche認定、少し30,000人以上キロカバーしています。 F50は、スーパーカーの所有者の非常に排他的なクラブにスタイルでご紹介することができ、車であり、それはあなたがマニュアルのギアボックスで、グランプリ由来の12気筒の幻想的なサウンドを楽しむことができるようになります。誰がより多くのために夢のでしょうか?

520 bhp, 4,698 cc V-12 engine with Bosch Motronic 2.7 engine management, six-speed manual transmission, four-wheel independent suspension with coil springs and unequal-length wishbones, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 2,580 mm

  • The 266th of only 349 examples produced
  • Complete with book, tools, car cover, and roof storage box
  • Matching numbers throughout; Ferrari Classiche certified

The goal of Ferrari’s F50, which was built on the culmination of four years of development and fifty years of success in motorsport, was to offer customers an experience as close to a Formula 1 car as possible but on a road-legal platform. The car was presented to the public for the first time at the 63rd annual Geneva Motor Show, and Luca di Montezemolo, Piero Lardi Ferrari, Sergio Pininfarina, and Niki Lauda were all on hand at the unveiling, illustrating the monumental importance of this new model to the history of Ferrari.

The F50 was propelled by a 4.7-litre normally aspirated V-12 with five valves per cylinder, which was a first for a road-going Ferrari V-12. It was derived directly from the powerplant used in the 1990 F1 season, and it produced 520 horsepower at an earth-shaking 8,000 rpm, though the 436-pound engine was capable of reaching over 10,000 rpm. The six-speed longitudinal gearbox, complete with a limited-slip differential, was fitted behind the engine, between which the oil tank was mounted for the dry-sump engine lubrication system. This layout was reminiscent of the one used in Ferrari’s contemporary Formula 1 cars.

The interior of the F50 featured few creature comforts, as Ferrari wanted the driver to fully concentrate on handling the most powerful machine to ever leave their factory. The instrument panel featured a tachometer and speedometer, as well as fuel, oil, water temperature, and oil pressure gauges, which were all controlled by a microcomputer and displayed to the driver by LCD. The throttle, brake, and clutch pedals were all fully adjustable and drilled to further maximise weight reduction. The gated gearshift was traditional Ferrari, although, in the interest of weight savings, even the gear knob and lever were made of lightweight composite materials.

Of course, Ferrari’s fanatical attention to detail and weight reduction meant massive dividends in terms of performance. The F50’s top speed was purportedly 325 km/h, and the 0–100 km/h dash required just 3.7 seconds. Keeping one’s foot on the accelerator pedal would bring the F50 to a standing mile time of 30.3 seconds. However, all this performance would not be available to every person with the appropriate funds to purchase Ferrari’s newest supercar. Only 349 examples were made, one less than what Montezemolo believed the market demanded and just over a quarter of total F40 production.

The beautiful example offered here, chassis 106825, was sold new to Elicar S.r.l in Italy through the Verona Ferrari concessionaire, Ineco Auto S.p.A., on 19 February 1997. The car was finished in the sporting combination of Rosso Corsa (FD80-31ZR) over Nero (8500) with red seat inserts. Registered AN 599 LJ, the F50 was regularly serviced, the first of which took place on 24 November 1997 at RAM Ferrari Service in Vicenza, Italy. Two years later, it again visited RAM, and once more in 2005.

In 2006, the Ferrari was sold to a Frenchman who registered it on license AB 166 ZH. The car was then displayed at the XVI Sport & Collection 500 Ferrari Contre le Cancer at Le Vigeant in Southern France. In 2007, the dashboard with LCD display (including the tachometer) was replaced by Modena Sport in Toulouse. It was next seen in the Le Mans Classic paddock in 2010 and 2012. It again received a service at Auvergne Moteurs of Philippe Gardette in July 2012.

The F50 is undoubtedly one of the most iconic vehicles created in the 1990s, as it celebrates 50 years of Ferrari’s continuous development and integration of road and racing technology. It was the supercar that gave Ferrari’s most loyal customers the opportunity to experience the same levels of performance and exhilaration previously reserved for Formula 1 drivers. This stunning example, Ferrari Classiche certified, has covered little more than 30,000 kilometres. The F50 is a car that can introduce you in style to the very exclusive club of supercar owners, and it will allow you to enjoy the fantastic sound of Grand Prix–derived 12 cylinders, with manual gearbox. Who would dream for more?

http://rmsothebys.com/pa16/paris/lots/1997-ferrari-f50/1078725

関連記事

【ヤフオク】フェラーリ 355ベルリネッタ 6F コーンズ物 希少

フェラーリF355 6F コーンズ物 タイミングベルトやクラッチ、エアコン整備、

記事を読む

【ヤフオク】☆フェラーリF360チャレンジ用トランスミッション☆

売り切り・中古品扱い フェラーリF360チャレンジ用トランスミッションASSY

記事を読む

Ferrari 512 BB LM SOLD

車両価格:SOLD 売れたため、車両情報が得られませんでした。 申し訳ございませ

記事を読む

Ferrari 275 GTS ¥ASK

車両価格:ASK 275 GTSは、ベルリネッタの280とは対照的にGTSは、260b

記事を読む

1966 Ferrari 330 GT 2+2 Series II by Pininfarina 3149万円(SOLD)

Sold for €246.400 300馬力、3ウェバー40 DCZ / 6キ

記事を読む

1982 FERRARI 512 BBi BERLINETTA BOXER ¥ASK

車両価格:ASK --Prugna metallic with Black Boxer

記事を読む

Ferrari 365 GT4 2+2 1333万円

車両価格:£69,990                                 

記事を読む

1988 Ferrari Testarossa 1009万円

Sold for (£): 54,625 Launched at the Paris

記事を読む

1972 Ferrari Dino 246GT Coupe 4110万円

車両価格:$335,000   1972 Ferrari Dino 2

記事を読む

Ferrari 430 Scuderia 16M ¥ASK

  車両価格:ASK   Unique opportu

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク