*

PR

1989 Ferrari F40

公開日: : フェラーリ ,

PA16_r108_001 PA16_r108_002 PA16_r108_003 PA16_r108_004

<スポンサーリンク>

予想価格:€1.000.000 – €1.200.000

2つのターボ過給機とウェーバー・マレリエンジンマネジメントと燃料噴射と478馬力、2936のcc DOHC 90度V型8気筒エンジン、5速マニュアルギアボックス、鋼管と炭素複合シャーシ、コニ油圧ショックアブソーバーとの独立したダブルウィッシュボーンサスペンションフロントとリアのアンチロールバー、および4輪ベンチレーテッドディスクブレーキと。ホイールベース:2450ミリメートル

•モナコでステファノCasiraghiに新しい配信
•望ましいプレキシグラス窓を装備
•からわずか4000キロを超える新しい、最近サービスを提供
•オリジナルのツール、書籍との完全な
•最後の26年間のシングル私有

1987年には、エンツォ・フェラーリのために大きかったです。だけでなく、彼は彼にもっと重要なのは、彼の第90誕生日を祝うが、でしたが、それは彼が彼の最初の車を造ったので、また40歳でした。前年、エンツォは、 “我々はそれを行うために使用されるように、のは、来年のお祝いのために特別な何かを作ろう」と述べたと伝えました。

この新しい車の名前はRazelli、ゼネラルマネージャーとの会議のためにフェラーリのオフィスにいたフェラーリの友人、ジーノランカーティによって示唆されていました。 Razelliは彼にフランクフルトモーターショーで発表されることになっていた新しいフェラーリを、示していました。ランカーティは、それが呼ばれるであろうものを聞くと、Razelliは、彼らは、2つまたは3つの可能な名前を持っていたが、彼はそれを呼び出すだろうかと思ったと答えました。 「フェラーリの最大の市場は米国であり、第1のフェラーリの車が登場しているので、それは今40歳であるので、それは英語名を持つ必要がありますので、「フェラーリ四十 ‘は、例えば、「ランカーティは、答えました。

機械的に、F40は288 GTOと多くの共通点を産ん、それは、実際には、密接GTO Evoluzione、GTOのレースバージョンに基づいていました。 F40のエンジンはまた、ツインターボチャージャー装備のV-8、ほぼ3リットルを置換するために退屈していたに基づいていました。車の出力は、現在までにF40フェラーリの最も強力な道路の車を作り、478馬力を超えました。ランボルギーニカウンタックとポルシェ959にフェラーリの反撃は、神話の200 mphの障壁を破る最初の量産車を作成することでした、そしてそれは毎時201.4マイルの最高速度に達することができたとしてF40は、ちょうどそれをしました。

ROYALのCONNECTION

ズバリ世界最速の車だった何のために、このような車のための手段と食欲を有する者は、しばしば命知らずの態度を持つ大規模な人格でした。少数の人々は、その望ましいプレキシガラスの窓で、このF40、ステファノCasiraghiよりも良いこの説明をまとめる、1989年3月Casiraghiに配信されたことは、モナコのプリンセスキャロラインの二番目の夫になるために行くだろうイタリアの社交界やビジネスマンでした。カップルはモナコのナイトライフのほとんどを作ったとして、彼は、プリンセスキャロラインと、この車の中で何回も撮影しました。

真の命知らず、Casiraghiは彼の一生の間に80オフショアモーターボートレースに参加しました。 20年のキャリアの上に、彼はダース大会で優勝し、モナコ沖のレースで彼の衝撃的な死の時に沖合スピードボートの世界チャンピオンでした。このF40との彼の時間の間に、Casiraghiは、多くの場合、彼はモナコの街の周りにスピードボートパレードを率いたときに最も顕著(の画像だけでなく、イベントをカバーするいくつかの出版物は、ファイルに含まれています)、その中に撮影しました。 1989年5月には、F40は、モナコのプリンセスの要求に応じて現在の所有者に売却されました。ステファノは元気が運転のための評判を持っていたように、王女は車の明らかに怖がっていました。その上Casiraghiの署名と売上請求書のコピーは、ファイルに記載されています。

まあ、その寿命にわたって世話、このF40は新しいからわずか4000キロを集結、控えめに駆動されました。実際には、過去8年間でわずか600キロを旅してきました。 F40は、スイスでロルフプラスレン・ウントSpor​​tcarsでの最近のサービスの恩恵を受けており、工場のツールや書籍で元の状態に示されています。

フェラーリF40はエンツォフェラーリの直接のリーダーシップの下に設計される最後のマラネロの道路の車だったと史上最も有名な高性能スーパーカーの一つです。この例では、その望ましい形態、その高貴な接続、およびそれが真の命知らずが所有していたという事実と、確実に最高の一つです。

 

478 bhp, 2,936 cc DOHC 90-degree V-8 engine with two turbochargers and Weber-Marelli engine management and fuel injection, five-speed manual gearbox, tubular steel and carbon-composite chassis, independent double-wishbone suspension with Koni hydraulic shock absorbers and front and rear anti-roll bars, and four-wheel ventilated disc brakes. Wheelbase: 2,450 mm

  • Delivered new to Stefano Casiraghi in Monaco
  • Fitted with desirable Plexiglas windows
  • Just over 4,000 kilometres from new and recently serviced
  • Complete with original tools and books
  • Single private ownership for the last 26 years

The year 1987 was big for Enzo Ferrari. Not only did he celebrate his 90th birthday, but, more importantly to him, it was also 40 years since he built his first car. A year earlier, Enzo was reported to have said, “Let’s make something special for next year’s celebrations, in the way we used to do it”.

The name for this new car had been suggested by a friend of Ferrari’s, Gino Rancati, who was at Ferrari’s office for a meeting with Razelli, the general manager. Razelli had shown him the new Ferrari, which was to be unveiled at the Frankfurt Motor Show. Rancati asked what it would be called, and Razelli replied that they had two or three possible names but wondered what he would call it. Rancati replied, “Since Ferrari’s biggest market is the United States, and since it is now 40 years since the first Ferrari car has appeared, it should have an English-language name, for example ‘Ferrari Forty’”.

Mechanically, the F40 bore much in common with the 288 GTO, and it was, in fact, closely based on the GTO Evoluzione, the race version of the GTO. The F40’s engine was also based on the twin-turbocharged V-8, which was bored to displace almost three litres. The car’s output exceeded 478 horsepower, making the F40 Ferrari’s most powerful road car to date. Ferrari’s riposte to the Lamborghini Countach and the Porsche 959 was to create the first production car to break the mythical 200-mph barrier, and the F40 did just that, as it was capable of reaching a top speed of 201.4 mph.

THE ROYAL CONNECTION

Fittingly for what was the world’s fastest car, those with the means and appetite for such a car were often large personalities with a daredevil attitude. Few people sum up this description better than Stefano Casiraghi, to whom this F40, with its desirable Plexiglas windows, was delivered in March 1989. Casiraghi was an Italian socialite and businessman who would go on to become the second husband of Princess Caroline of Monaco. He was photographed many times in this car with Princess Caroline, as the couple made the most of the Monaco nightlife.

A true daredevil, Casiraghi participated in 80 offshore powerboat races during his lifetime. Over a 20-year career, he won a dozen competitions and was the offshore speedboat world champion at the time of his shocking death in a race off the coast of Monaco. During his time with this F40, Casiraghi was often photographed in it, most notably when he led the Speedboat Parade around the streets of Monaco (images of which, as well as several publications covering the event, are included on file). In May 1989, the F40 was sold to the current owner at the request of the Princess of Monaco. As Stefano had a reputation for spirited driving, the Princess was apparently scared of the car. A copy of the sales invoice with Casiraghi’s signature on it is also noted on file.

Well cared for over its life, this F40 has been driven sparingly, amassing just over 4,000 kilometres from new. In fact, it has travelled just over 600 kilometres in the past eight years. The F40 has benefitted from a recent service at Rolf Plus Renn-und Sportcars in Switzerland and is presented in original condition with factory tools and books.

The Ferrari F40 was the last Maranello road car to be engineered under Enzo Ferrari’s direct leadership and remains one of the most celebrated high-performance supercars ever built. This example, with its desirable configuration, its royal connection, and the fact it was owned by a true daredevil, is surely one of the best.

http://rmsothebys.com/pa16/paris/lots/1989-ferrari-f40/1078390

関連記事

2005 Ferrari FXX Evoluzione 2億円(SOLD)

Sold for $1,622,500 860馬力、ボッシュモトロニックME7電

記事を読む

1963 Ferrari 250 GT Lusso 2億6860万円

車両価格:$2,250,000 シャーシ#5231は慎重に1985年から現在の愛好家/

記事を読む

2001 Ferrari 550 6559万円

車両価格:$548,500 2001 Ferrari 550 Barchetta

記事を読む

1994 FERRARI 512 TR COUPÉ 1755万円(SOLD)

Sold for £113,500 1994フェラーリ512 TRクーペ ピニンファ

記事を読む

Ferrari 308 GTB Gr. IV Rally Auto

レーシングカー 内部番号:ferr308_mart EZ:03/1980 SOLD

記事を読む

1989 Ferrari F1-89 Formula One 7571万円(SOLD)

    Sold for €616.000 ダブ

記事を読む

1959 Ferrari 250 GT Pinin Farina Coupé 4400万円(SOLD)

Sold for £259,100 1959フェラーリ250 GTピニンファリーナクー

記事を読む

2004 Ferrari Enzo

予想価格:€1.500.000 - €2.000.000 ボッシュモトロニックエ

記事を読む

Ferrari F40 “GT” ¥ASK

車両価格:ASK 何ABS、ないトラクションコントロール、無電気油圧パドルシフト、無安

記事を読む

Ferrari 365 GTC/4 Spyder ¥ASK

車両価格:ASK Delivered new to Ferretti in Italy

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク