*

PR

1957 BMW 507 Roadster Series II

公開日: : BMW , ,

PA16_r149_001 PA16_r149_002 PA16_r149_003 PA16_r149_004

<スポンサーリンク>

予想価格:€1.900.000 – €2.200.000

デュアルゼニスdowndraughtキャブレターと148馬力、3168のcc OHV V-8エンジン、5速マニュアルトランスミッション、デュアルA-腕やトーションバーを持つ独立したフロントサスペンション、トーションバーとライブリアアクスル、油圧フロントディスクおよびリアドラムブレーキ。ホイールベース:2480ミリメートル

この画期的な設計のちょうど252例の•One
•上品なアップグレードと欧州仕様
•元ラッジホイールを装備。ハードトップ、書籍、ツールボックスが含まれて
•既知の歴史。ドキュメントの大規模なファイル
•ミッレミリアとツアー自動車のための適格

偉大な芸術はビジョンではなく、必要性から作成されます。伝説のBMW 507ロードスターと比べて、この真実だったことはありません。

1950年代初頭における同社は、「究極のドライビングマシン」の今日の製造元に少し似ていました。これは、ドイツの復興の混乱に巻き込まれていたが、結果として、そのパンとバターの売上高はmicrocarsの生産から来ました。計画はセダンのために進行中であった、とV-8エンジンはそれのために設計されていたが、同社は、公共心の中でブランドを復元するだろうハロー車をヒットを必要としていました。

ヘルプはまた、ポルシェスピードスターとメルセデス・ベンツ300 SLを扇動した伝説のニューヨークカーディーラーマックス・ホフマン、の形で手でした。米国のための唯一のBMWの輸入業者は、彼のハイエンド機と彼の販売ラインアップで、より実用的なMGの間のギャップを埋めるために、他のヨーロッパのスポーツカーを望んでいました。彼の要求を迅速に許可されたので、彼は、マイダスタッチを持っていたし、開発作業が進められました。 507は502と503シリーズからの部品、アルミニウムブロックを紹介され、洗練された148ブレーキ馬力(150 PS)を提供するためにツインキャブレターを特徴とするupratedなた、特に3.2リットルのオーバーヘッドバルブV-8エンジンを利用することになります。

カウントアルブレヒト・フォン・ゲルツ、デザイナーレイモンド・ローウィの弟子によって設計され、彼の創造は期待を裏切りませんでした。結果は、優雅さとパワーを組み合わせた、本当に息をのむような形でした。 507の長い、抜本的なラインは現在、商標BMW「双子腎臓」のグリルと狭いクロームバンパーのスタイリッシュなバージョンを搭載し、低、感覚的なノーズとフロントで始まりました。ネコの恵みのテーマは、BMWのエンブレムとの完全な ‘サメの鰓「通気孔を備えた彫刻の翼で車の前に沿って継続しました。エレガントなクロームリアバンパーと双子の排気は傑作を終えます。価格は以上$ 11,000その時、二重の目標価格での車のための臨時合計したとしてしかし、それは、ごく少数精鋭のためにトロフィーの車に残りました。その結果、単なる252車は1959年に終了し、生産前に行われました。

ここに提供されるが正しいと元ラッジホイールとKorallrot(コーラルレッド)内部とフェーダーワイス(羽白)カラースキームで1957年に建設された以降のシリーズIIバージョンです。これは、スイスの氏カルロSilvestrelli、チューリッヒに住んでいた高プロファイルの会計士に1958年1月1日に新規として提供されていました。彼が唯一の彼はその後、広告のコピーは車の歴史を詳述広範ファイルに含まれている1967年に50600キロでそれを販売した1964年まで車を運転しても車は、10年近く彼の所有権に残りました。第二の所有者は、元のエンジンは、BMWミュンヘンによってスペア正しい型に置き換えると、正しく再刻印持つ前に8200キロを追加しましたモントルーの氏ピエールStruys、でした。氏Struysは、1969年に次の長期的な所有者に77000キロを表示するバーゼルにBMWのワークショップを走っ氏Silvestrelliの任期中の車を維持していた氏オスカーブロッホを、それを販売しました。

一度彼の所有で、彼は控えめにそれを運転しました。以前に507の世話をしたが、彼が彼の旅行や、彼が所有権の次の43年間に行った作業の詳細なメモをしたこと驚くべきことではありません。そのノートブックはまた、履歴ファイルに含まれています。そのオリジナルのインテリアを含め、全体で独自性の高い、氏ブロッホは1970年代に一度塗り替え車を持っていました。彼はまた、使いやすさを向上させるために、元のポンプが車に戻って装着されているものの、5速ZFギアボックス、ステンレス製の排気システム、および電気燃料ポンプなどの近代的な運転条件、に追いつくために交感神経のアップグレードを行いましたスイスの荷送人に販売、それは一つの楽しい機能がボンネットの下に正しいと元のツールボックスである2015年3月に専門家Kestenholzによってサービスされました。

507のこの例は稀で、象徴的なデザイン、真の自動車愛好家のための1つの素晴らしいと使用可能な試料です。

 

148 bhp, 3,168 cc OHV V-8 engine with dual Zenith downdraught carburettors, five-speed manual transmission, independent front suspension with dual A-arms and torsion bars, live rear axle with torsion bars, and hydraulic front-disc and rear-drum brakes. Wheelbase: 2,480 mm

  • One of just 252 examples of this landmark design
  • European specification with tasteful upgrades
  • Fitted with original Rudge wheels; includes hardtop, books, and toolbox
  • Known history; extensive file of documentation
  • Eligible for the Mille Miglia and Tour Auto

Great art is created from vision, not necessity. Never was this truer than with the legendary BMW 507 roadster.

The company in the early 1950s bore little resemblance to today’s manufacturer of the ‘ultimate driving machine’. It had been caught in the turmoil of Germany’s reconstruction, and as a result, its bread-and-butter sales came from the production of microcars. Plans were underway for a saloon car, and a V-8 engine had been designed for it, but the company needed a hit, a halo car that would restore the brand in public minds.

Help was a hand in the form of legendary New York car dealer Max Hoffman, who also instigated the Porsche Speedster and Mercedes-Benz 300 SL. The sole BMW importer for the United States wanted another European sports car to bridge the gap between his high-end machinery and more pragmatic MGs in his sales line-up. He had the Midas touch, so his request was swiftly granted, and development work got under way. The 507 would utilise components from the 502 and 503 series, particularly the 3.2-litre overhead-valve V-8 engine which featured an aluminium block and was uprated to feature twin carburettors to deliver a refined 148 brake horsepower (150 PS).

Designed by Count Albrecht von Goertz, a protégé of designer Raymond Loewy, his creation did not disappoint. The result was a truly breath-taking form that combined elegance and power. The long, sweeping lines of the 507 began at the front with the low, sensuous nose featuring a stylish version of the now trademark BMW ‘twin kidney’ grill and a narrow chrome bumper. The theme of feline grace continued along the front of the car with sculpted wings featuring ‘shark gill’ vents complete with the BMW emblem. An elegant chrome rear bumper and twin exhausts finish the masterpiece. Yet it remained a trophy car for only a very select few, as the price was more than $11,000, an extraordinary sum for a car at that time—double its target price. As a result, a mere 252 cars were made before production ended in 1959.

Offered here is a later Series II version that was built in 1957 in the Feder Weiss (feather white) colour scheme with Korallrot (coral red) interior with the correct and original Rudge wheels. It was delivered as new on 1 January 1958 to Mr Carlo Silvestrelli in Switzerland, a high-profile accountant who lived in Zurich. The car remained in his ownership for nearly a decade, though he only drove the car until 1964. He then sold it with 50,600 kilometres in 1967. A copy of the advert is included in the extensive file detailing the car’s history. The second owner was Mr Pierre Struys of Montreux, who added 8,200 kilometres before having the original engine replaced with a correct-type spare by BMW Munich and properly re-stamped. Mr Struys sold it displaying 77,000 kilometres to the next long-term owner in 1969, a Mr Oskar Bloch, who ran a BMW workshop in Basel and had maintained the car during Mr Silvestrelli’s tenure.

Once in his ownership, he drove it sparingly. Having previously cared for the 507, it is unsurprising that he made detailed notes of his trips and the work he did over the next 43 years of ownership. That note book is also included in the history file. Highly original throughout, including its original interior, Mr Bloch did have the car repainted once during the 1970s. He also made sympathetic upgrades to improve ease of use and to keep up with modern driving conditions, including a five-speed ZF gearbox, a stainless steel exhaust system, and an electrical fuel pump, though the original pump has been fitted back into the car. Sold to the consignor in Switzerland, it was serviced by specialists Kestenholz in March 2015. One delightful feature is the correct and original toolbox under the bonnet.

This example of the 507 is a fabulous and useable specimen of a rare and iconic design, one for the true automotive connoisseur.

http://rmsothebys.com/pa16/paris/lots/1957-bmw-507-roadster-series-ii/1078616

関連記事

1959 BMW 507 Roadster Series II

$2,300,000 - $2,600,000 デュアルキャブレターと145馬力

記事を読む

BMW M3 E92 24HS Nurburgring 2227万円

€165,000 ENGINE: 8V – 4000cc 514Hp Coppia 488

記事を読む

1990 BMW Z1 339万円

Sold for (£): 18,400 The first BMW Z1 (Z st

記事を読む

BMW Mシリーズ M1 ¥ASK

車両価格:ASK 1970年代からBMWのスポーツイメージを牽引してきたMモデル、その

記事を読む

2003 BMW Z8 2272万円

車両価格:$189,990 Z8(ズィーエイト)は、ドイツの自動車メーカーBMWが20

記事を読む

Goon Squad F1 Show Car ¥ASK

私たちは、BMWザウバーのために尊敬ボブソールズベリーエンジニアリングによって構築されたこ

記事を読む

BMW M3 E92 Coupe V8 sequential 884万円

車両価格:£48,000 Description: BMW V8, 6speed s

記事を読む

BMW 635 CSI Gruppe A ¥ASK

車両価格:ASK レーシングカー 内部番号:bmw_hartge *ハルトゲヨ

記事を読む

1974 BMW 2002 Turbo 997万円

Sold for (£): 54,000 The 2002 Turbo was lau

記事を読む

1978 BMW M1

予想価格:$400,000 - $500,000 277馬力、Kugelfisc

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク