*

PR

1955 Jaguar D-Type 4億4565万円(SOLD)

公開日: : ジャガー ,

AM15_r205_001 AM15_r205_002 AM15_r205_003 AM15_r205_004

<スポンサーリンク>

車両価格:$3,675,000

EST(東部基準時。 300馬力、3ウェーバー45DCO3キャブレターと3781のcc DOHC直列6気筒エンジン、4速マニュアルトランスミッション、独立したフロントサスペンション、ライブリアアクスル末尾のリンクと横トーションバー、および四輪ディスクブレーキ。ホイールベース:中90.5。

•広範囲に文書化されました。複数で期間1位の仕上げ
注意Dタイプの専門家によって2003年に•総合的復元
•ジャガーワールド月間で5部構成の特徴シリーズの件名
ミッレミリアとグッドウッド・リバイバルを含め•ヴィンテージレースの参加、
•FIVAパスポート、FIAペーパー、JDHT証明書を伴います

ジャガー・Dタイプは1954年のル・マン24時間レースでデビューしたとき、それは4.9リッターフェラーリV-12に狭い第二を終えました。一年後、長い鼻工場本体とD-Typeおよび改訂されたモータが完全にレースに勝ちました。ジャガーは1956年シーズン終了後のレースから引退したが、D-TypeがレーシングカーのチームEcosseのために1956年と1957年にルマンで優勝、民間の手に繁栄し続けました。必ずしもコースのすべてのタイプによく適し、D-Typeが上で極めて有効であることが証明されていないが、適切に持久力回路を浮上し、それはコベントリーの伝承の中で特別な位置を保持し、史上最も重要なル・マンのレースカーの一つです。

シャーシXKD 530は確実に生存するDタイプのように複雑で魅力的である物語を提供しています。この車、プライベーターの顧客のために製造五十から四例の一つは、1956年2月13日に工場から派遣され、そのジャガーダイムラー遺産トラスト証明書によって確認されるように、それは、英国のレーシンググリーンに仕上げました。車はフィンランドのジャガーのディーラーを通じて小売りされたS.M.K.ヘルシンキのカート・リンカーン、F3のミゼット車の彼の攻撃のためにレースの世界に知られていたフィンランドのデビスカップのチームのテニス選手、及びジャガーC-タイプに1956年4月に配信。

工場出荷時のドキュメントが伝えられる実証したように、ミスターリンカーンは輸入に過度の義務を回避しようとしました。そのため、彼はそれが新しい車両の関税をかけることがないように車は、使用見せることコベントリーを指示しました。この目的のために、工場は彼らが着用見せることペダルを起毛、使用されるもので、ステアリングホイールを交換し、誤解を招くその他の措置のうち、未払の走行距離を反映するために走行距離計を調整しました。

ミスターリンカーンは、主にElaintarhanajo、ヘルシンキの中心に2キロの軌道上で1932年と1963年の間に毎年実行された期間、フィンランドで最も有名なレースでDタイプの運動を。ファイナルドライブ比は3.54に増加すると:1、XKD 530は1956年5月10日にクラス仕上げで第一に(部分的な所有者と木材業界の大物カール・ヨハンAskolinにちなんで命名)​​彼のスクーデリアAskolinの旗の下氏リンカーンによって駆動されました彼はコンテストのためVaino Miettinenに貸していた彼のCタイプ、と並んでレースをしている。その後その季節、リンカーンは再びクラスで第一を取りました。

1957 Elaintarhanajo以外は、XKD 530は1956年シーズン、次の氷のレースのために主に使用され、チームAskolinは、この目的のために1¾インチのスパイクでタイヤを装着しました。ミスターリンカーンは車がスクーデリアAskolinの白とダークブルーチームカラーリングに塗り直された後に3月10日、上に、再び、1957年2月24日にこの方法で終了し、第一の場所に車を運転しました。

XKD 530は、様々なチームのドライバーによってAskolinのために操縦している間にこれ以降、氏はリンカーンは、彼の他の車を運転に焦点を当てました。対応はこの頃、ミスターリンカーンはXK-SS道路の車に変換することにより、GTクラス仕様に車を変更するに興味を持つ工場に連絡し、ことを示唆しています。最終的に、決定は、国内でさらにレースの修正を実施することとしました。コー​​チビルダーWiimaは、ヘルシンキの、全幅ウインドスクリーン、新しい手前側のドア、およびカスタムテールフィンをインストールするために保持されました。 1958年には、多数の第一および第二の場所仕上げで、継続的な競争力の外出を見ました。

1959年5月26日に、氏はリンカーンはジャガーのレーシングチーフ、F.R.W.に書きました「ロフティ」イングランド、アイスレースの厳しさが車に通行料を取っていたし、オーバーホールが順であったことを示します。 Dタイプは1959年12月にコベントリーの作品コンペ部門に到着し、エンジンブロックは、工場出荷時の3.8リットルの例に置き換えられました。 40ミリウェーバーキャブレターは45ミリ単位に置き換えた、ギアボックスとブレーキを再調整し、車は白に塗り替えました。シャーシXKD 530はその後、「100馬力」を旨書かれたタグとスクーデリア・Askolinに戻り、氏リンカーンは1960年2月に二回以上のチェッカーフラッグを取って、それをレース再開しました。

1960年代後半には、氏リンカーンは車輪で、通常、今後の国際ラリードライバーティモ・マキネンと、車をレースに続け雑誌出版社のOlli LyytikainenにXKD 530を販売しました。翌年、車はこれまでレースをしているとHeimo Hietarintaは8月27日にレニングラードグランプリでフォーミュラリブレクラスで第一を終えたとき、1961シャーシXKD530のみDタイプであると考えられているその最も公表レース、のいずれかを経験しましたソ連、そして機会は永遠に車の重大な参加を文書化し、フィンランドの雑誌Tekniikan Maailmaの1961年9月号に報告されました。

1966年11月には、シャーシXKD 530、もはや競争力のあるフィンランドの氷のコースで、英語のコレクタナイジェル・ムーアズ、彼の人生の間、D-タイプの数を所有していた歴史的なレースの愛好家に売却されませんでした。車は彼のために到着したとき、そのようなハードな使用から予想される摩耗の症状を示し、ボディは切り捨て尾とのオープン2シーターのコックピットに変更されました。再構築は、元の体はその時点でそのような価値の車のためにあまりにも高価であるとみなされたように、モノコックボディにフロントとリアシャーシサブフレームをボルト締め別々に関与後にDタイプの施工方法、ことが決定されました、損傷した体を除去し、できるだけ多くのオリジナルシャーシコンポーネントをサルベージする機会を得ました。

氏ムーアズ」スタッフは、シャーシのタブを分離工場ロングノーズスタイルの全く新しいボディワークを取り付けられ、もともとカニンガムチームによって使用されていたDタイプのエンジンを率い広角で車を取り付けました。分離されたモノコックボディ、オリジナルのエンジン、およびギアボックスは、自動車の車体を修理し、主に様々なオリジナルのジャガーの工場出荷時のコンポーネントから構成され、すべての新しいシャシーの上に取り付けられた歴史的なレーサージョン・ハーパー、に、1984年頃、脇に置くと、最終的に販売されました

両方の結果の車はXKD 530車台番号が刻印されたように、論争は徐々にそれぞれの車の適切なアイデンティティをとして浮上としたためのように、実際には、本物のオリジナル車。 「オレソマー、「Dタイプの所有者とデンマークのソマーのVeteranbil博物館の所有者、雄弁に書いて、(1993年に元のモノコック車を獲得した)アーサーUrciuoliに1995文字の状況をまとめた、「是正することは困難と思われます状況、いくつかの慈悲深い人はXKDであることを主張するただ1つの車の中で、その結果、両方の車を購入し、フロントサブフレームとの法的文書を交換することを決定しなければならない場合を除き530」

2002年12月と9月の間ジャガーワールド月刊誌のためにポールSkilleterとジム・パッテンによって書かれた大規模な5つの部分機能のシリーズにより詳述したようにこれは、2002年6月に、本質的に以前の所有者は、1998年に一台の車を取得した後に続くことをパスと他のです2003年には、荷送人は、イーストサセックス州のクリス・キース・ルーカスの定評CKL開発に2002年後半の両方の車をお届け。両方の車を分解すると、CKLは慎重に、個々の部品番号を指摘し、長時間のDタイプの専門家によって供給されていた元の工場出荷時の部品番号にそれらを比較した後に、元あったかを識別するために、部品を分離し、色分けされましたXKD 530と2の車両のいずれかで代替品として使用されるもの。

もちろん、いくつかの疑問は、それぞれがオリジナルのコンポーネントを持っていた程度で2台の車の個々の履歴のさまざまなクレームの正当性とに関して浮上していました。 CKLは、最終的に形状嵌合接続のために、偶然に均一に掘削されなかった元の工場出荷時のボルト穴は、正確に一致したことを発見、元のシャーシフレーム上に修復され、元のモノコックを再マウントすると、これらの疑問は残りの部分に置かれました。

35年ぶりにXKD 530の分離された成分を再会CKLの驚くべき回復、の2003年半ば完了後、車はいくつかの初期のラップのためにグッドウッドに運ばれ、そしてられたいくつかのD-タイプを運転したベテランルマンドライバーマイク・サルマン( )期間中のセッションに参加し、JWM機能のための彼の考えを共有するように頼まれました。シャーシXKD 530は、復元以来ミッレミリアStoricaを4回実行され、それが2009ヴィラデステConcorsoドールEleganza、2009ペブルビーチコンクールデレガンス、及び2011アメリアアイランドコンクール・デレガンスに招待されました追加のヴィンテージレースの参加は2011年シルバーストーン・クラシックのスターリング・モストロフィー、2011年グッドウッド・リバイバルサセックストロフィー、そして車は、すべてのDタイプの参入の中で全体で8番目と第一を終えた2012年グッドウッド・リバイバルサセックストロフィーを、含まれています。現在の所有者の間に、車は慎重に作業を燃料とブレーキングシステム上で実行されることを含む、ソートされています。また、定期的に駆動され、それが信頼性の高い道路の使用のために準備ができていることを保証するために維持されています。

シャーシXKD 530はFIVAパスポートとFIAの論文を伴い、それが元のエンジン、トランスミッション、シャーシフレーム、モノコックボディ、ブレーキキャリパーを備えています。現存する最も独創的な例の一つであると考えられている、それは慎重に細心の真正性の非常に完全な車の中で、その結果、ニッチの一流の専門家のいくつかによって精査されています。

Est. 300 bhp, 3,781 cc DOHC inline six-cylinder engine with three Weber 45DCO3 carburetors, four-speed manual transmission, independent front suspension, live rear axle trailing links and transverse torsion bar, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 90.5 in.

  • Extensively documented; multiple in-period 1st place finishes
  • Comprehensive restoration in 2003 by noted D-Type expert
  • Subject of a five-part feature series in Jaguar World Monthly
  • Vintage racing participation, including at the Mille Miglia and Goodwood Revival
  • Accompanied by a FIVA Passport, FIA papers, and a JDHT Certificate

When the Jaguar D-Type debuted at the 1954 24 Hours of Le Mans, it finished a narrow 2nd to a 4.9-liter Ferrari V-12. A year later, a D-Type with a long-nosed factory body and a revised motor won the race outright. Although Jaguar retired from racing after the 1956 season, the D-Type continued to flourish in private hands, winning Le Mans in 1956 and 1957 for the Ecurie Ecosse. Although not necessarily well-suited to every type of course, the D-Type proved to be extremely effective on properly surfaced endurance circuits, and it remains one of the most important Le Mans race cars ever built, holding a special place in Coventry lore.

Chassis XKD 530 offers a tale that is surely as intricate and fascinating as any surviving D-Type. This car, one of the fifty-four examples produced for privateer customers, was dispatched from the factory on February 13, 1956, and it was finished in British Racing Green, as confirmed by its Jaguar Daimler Heritage Trust Certificate. The car was retailed through Finnish Jaguar dealer S.M.K. and delivered in April 1956 to Curt Lincoln, of Helsinki, a tennis player on Finland’s Davis Cup team who was known to the racing world for his exploits in F3 midget cars, and a Jaguar C-Type.

As factory documentation reportedly demonstrates, Mr. Lincoln sought to avoid excessive duty on the import; therefore, he instructed Coventry to make the car appear used, so that it would not be subjected to new vehicle tariffs. To this end, the factory brushed the pedals to make them appear worn, replaced the steering wheel with a used one, and adjusted the odometer to misleadingly reflect accrued mileage, among other measures.

Mr. Lincoln primarily campaigned the D-Type at the Elaintarhanajo, Finland’s best-known race of the period, which was run annually between 1932 and 1963 on a two-kilometer track at the heart of Helsinki. With the final drive ratio increased to 3.54:1, XKD 530 was driven by Mr. Lincoln under the banner of his Scuderia Askolin (named for partial owner and timber magnate Carl-Johan Askolin) to a 1st in class finish on May 10, 1956. Later that season, Lincoln again took 1st in class while racing side by side with his C-Type, which he had lent to Vaino Miettinen for the contest.

Other than the 1957 Elaintarhanajo, XKD 530 was used primarily for ice racing following the 1956 season, and team Askolin fitted the tires with 1¾-inch spikes for this purpose. Mr. Lincoln drove the car to 1st place finishes in this fashion on February 24, 1957, and, again, on March 10, after which the car was repainted in Scuderia Askolin’s white and dark blue team livery.

From this point forward, Mr. Lincoln focused on driving his other cars, while XKD 530 was piloted for Askolin by various team drivers. Correspondence suggests that, around this time, Mr. Lincoln contacted the factory with interest in modifying the car to GT class specifications by converting it into an XK-SS road car. Eventually, the decision was made to conduct further race modifications domestically. Coachbuilders Wiima, of Helsinki, were retained to install a full-width windscreen, a new nearside door, and a custom tail fin. The year 1958 saw continued competitive outings, with numerous 1st and 2nd place finishes.

On May 26, 1959, Mr. Lincoln wrote to Jaguar’s racing chief, F.R.W. “Lofty” England, stating that the rigors of ice racing had taken a toll on the car and an overhaul was in order. The D-Type arrived at the Works competition department in Coventry in December 1959, and the engine block was replaced with a factory 3.8-liter example. The 40-millimeter Weber carburetors were replaced with 45-millimeter units, the gearbox and brakes were reconditioned, and the car was repainted in white. Chassis XKD 530 then returned to Scuderia Askolin with a written tag stating “+100 hp,” and Mr. Lincoln resumed racing it, taking the checkered flag twice more in February 1960.

In late 1960, Mr. Lincoln sold XKD 530 to magazine publisher Olli Lyytikainen, who continued to race the car, usually with future international rally driver Timo Makinen at the wheel. The following year, the car experienced one of its most publicized races, when Heimo Hietarinta finished 1st in the Formula Libre Class at the Leningrad Grand Prix on August 27, 1961. Chassis XKD530 is believed to be the only D-Type to have ever raced in the Soviet Union, and the occasion was reported in the September 1961 issue of Finnish magazine Tekniikan Maailma, forever documenting the car’s momentous participation.

In November 1966, chassis XKD 530, no longer competitive on Finland’s ice courses, was sold to English collector Nigel Moores, a historic racing enthusiast who owned a number of D-Types during his life. When the car arrived for him, it showed the symptoms of wear expected from such hard use, and the body had been modified to an open two-seater cockpit with a truncated tail. As rebuilding the original body was deemed to be too prohibitively expensive for a car of such value at that time, it was decided that the later D-Type construction manner, which involved separately bolting a front and rear chassis sub-frame to the monocoque body, afforded the opportunity to remove the damaged body and salvage as many original chassis components as possible.

Mr. Moores’ staff separated the chassis tub, mounted all-new bodywork in the factory long-nose style, and fitted the car with the wide-angle headed D-Type engine that had originally been used by the Cunningham team. The separated monocoque body, the original engine, and the gearbox were put aside and eventually sold, around 1984, to historic racer John Harper, who repaired the coachwork and mounted it on an all-new chassis that mostly consisted of various original Jaguar factory components.

As both resulting cars were stamped with the XKD 530 chassis number, a controversy gradually emerged as to the proper identity of each car and as to which was, in fact, the authentic original car. “Ole Sommer,” a D-Type owner and the proprietor of Sommer’s Veteranbil Museum in Denmark, eloquently summarized the situation in a 1995 letter to Arthur Urciuoli (who acquired the original monocoque car in 1993), writing, “It seems difficult to rectify the situation, unless some benevolent person should decide to purchase both cars and exchange the front sub-frames and the legal documents, resulting in only one single car claiming to be XKD 530.”

This is essentially the path that the previous owner followed after acquiring one car in 1998 and the other in June 2002. As detailed by an extensive five-part feature series written by Paul Skilleter and Jim Patten for Jaguar World Monthly magazine between December 2002 and September 2003, the consignor delivered both cars in late 2002 to Chris Keith-Lucas’s well-regarded CKL Developments in East Sussex. When disassembling both cars, CKL carefully noted the individual part numbers, and after comparing them to original factory parts numbering that had been supplied by a long-time D-Type expert, the parts were separated and color-coded to distinguish which were original to XKD 530 and those used as replacements in either of the two vehicles.

Of course, some doubt had emerged regarding the legitimacy of various claims of the two cars’ individual histories and to which extent each possessed original components. These doubts were put to rest when CKL finally remounted the repaired original monocoque onto the original chassis frame, finding that the original factory bolt holes, which were fortuitously not uniformly drilled, matched precisely, for a form-fitting connection.

Following the mid-2003 completion of CKL’s amazing restoration, which reunited XKD 530’s separated components for the first time in 35 years, the car was taken to Goodwood for some initial laps, and veteran Le Mans driver Mike Salman (who drove several D-Types in period) was asked to join the session and share his thoughts for the JWM feature. Chassis XKD 530 has run the Mille Miglia Storica four times since the restoration, and it has been invited to the 2009 Villa d’Este Concorso d’Eleganza, the 2009 Pebble Beach Concours d’Elegance, and the 2011 Amelia Island Concours d’Elegance. Additional vintage race participation included the 2011 Silverstone Classic’s Stirling Moss Trophy, the 2011 Goodwood Revival Sussex Trophy, and the 2012 Goodwood Revival Sussex Trophy, where the car finished 8th overall and 1st among all D-Type entrants. During its current ownership, the car has been carefully sorted, including work being performed on the fuel and braking systems. It has also been regularly driven and maintained to ensure that it is ready for reliable road use.

Chassis XKD 530 is accompanied by a FIVA Passport and FIA papers, and it features its original engine, transmission, chassis frame, monocoque body, and brake calipers. It is believed to be one of the most original examples extant, and it has been carefully scrutinized by some of the niche’s leading experts, resulting in a very complete car of utmost authenticity.

http://rmsothebys.com/am15/amelia-island/lots/1955-jaguar-d-type/1072788

関連記事

1956 Jaguar XK140 Roadster 1196万円

車両価格:$97,500   1956 Jaguar XK140 Ro

記事を読む

1951 JAGUAR XK120 ROADSTER 1億1111万円(SOLD)

Sold for £707,100 元サー・ジェームズ・スコット・ダグラス/レーシング

記事を読む

2002 Jaguar R3 5688万円

車両価格:£299,500 Jaguar R3 driven by Eddie Irv

記事を読む

1967 Jaguar E-Type 2-Door Convertible 1906万円

車両価格:$159,900 Vehicle Description 1967 Ja

記事を読む

1996 Jaguar XJ220 3462万円

Sold for (£): 187,450 It was at the 1988 Br

記事を読む

1990 Lister Jaguar XJS 7.0 Le Mans Coupe 715万円

Sold for (£): 38,813 Thank you to Charlie M

記事を読む

1968 Jaguar C-Type by Proteus Enduro 1314万円

Sold for (£): 71,300 Only 52 original C-Typ

記事を読む

1961 JAGUAR LIGHTWEIGHT E-TYPE ¥ASK

車両価格:ASK --Racing Green with Black factory

記事を読む

2014 Jaguar XK XKR-S GT (1 of 25) 1911万円

車両価格:$159,995 1252014ジャガーXKR-S GTの超レア、利用可能に

記事を読む

Jaguar XJ220 5715万円

車両価格:£299,990                                

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 8現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク