*

PR

1980 Ferrari 512 BB 5065万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

AM15_r156_001 AM15_r156_002 AM15_r156_003 AM15_r156_004

<スポンサーリンク>

Sold for $418,000

360馬力、4942のcc DOHCは、水平方向に4ウェーバートリプルバレルキャブレター、コイルスプリング、アンチロールバーと5速マニュアルトランスアクスル、フロントとリアの不等長さAアームサスペンション、および四輪ディスクブレーキと12気筒エンジンに反対ホイールベース:98.4。

•ネロの色の組み合わせの上にレアネロデイトナ
•美しくコンクール規格に復元。完成以来未満500マイル
•新しいからわずか12,000元マイル

フェラーリの最新12気筒のオファリングは、トリノサロンで1971年に導入したところ、そのエンジンがちょうど車室の後方ではなく、内に装着されたとして、その前に来た365 GTB / 4 “デイトナ”からの主要な出発になりますフロント、直接ショー停止ランボルギーニ三浦、1960年代後半ミッドシップスーパーカーのトレンドを開始した車両に挑戦するための努力インチ当時、365 GT4 BBは、フェラーリが今まで作っていた最速のロードカーであり、それは、サンタアガタから有能な成り上がりに深刻な挑戦であることが判明しました。

生産は、その後継者、512 BBに移行する前に、しかし、365 GT4 BB未満の400例は、1973年から1976年の間に建設されることになります。 512は、それに先行車よりも住みやすいように更新されましたが、それはまた、改善された性能を提供しました。車は5速マニュアルトランスミッションに釣り合わせたドライサンプ潤滑、とのより大きな4.9リットル、フラット12気筒エンジンを搭載しました。また、その前身の4トリプルバレルウェーバーキャブレターを保持しながら、512 BBはまた、より高い圧縮率を誇りました。より広い後部タイヤは、より優れたグリップのために拡大リアトラックのおかげで可能にしました。これは512 BBに半ば5秒の範囲0〜100キロ/ hの時間と280キロ以上/ hの最高速度を与えました。だけでなく、それはまた、非常に好意的に新しいカウンタックとランボルギーニ・ミウラの一致よりも512 BB多くを比較しました。

化粧品の面では、ピニンファリーナは、365 GT4 BBと驚くほど似てスタイルを利用していますが、車の排気システムを冷却するために両側の鼻とNACAダクトで下あごスポイラーを装着しました。最も顕著なのは、365 GT4 BBに見られるトリプルテールライトの配置はツインテールライトに簡素化されました。エンツォ・フェラーリ自身が彼の最も画期的な車が連邦政府によって義務付け悪名高い、これまでより厳しい排出基準に適合するように離調されるべきではないと信じとして悲しいことに、これらの車両のいずれもが、アメリカ市場に宛てないであろう。それにもかかわらず、多くの512のBBは、グレーマーケットでインポートやアメリカ市場向けに認定されました。

この1980年の例では、ネロの上ネロデイトナの元の色の組み合わせで終了し、それが最近、信じられないほどの標準にそれを終えフェラーリの専門家によるコンクールレベルのリストアを受けました。全く石はこの512 BBは、その種の最高の例の一つであることを確実にするためにあらゆる手段残っていませんでした。エンジンとトランスミッションの両方を除去し、完全を通じて利用正しいコンポーネントと、再構築、および自動車のタイミングベルトを交換しました。懸濁液はまた、完全に正しいOEMブッシングおよびコンポーネントで再建されました。インテリアやダッシュボードは、車から取り出して、完全に全体の正しいネロ革でreupholsteredました。器具はまた、再建し、再校正しました。最後に、新しい、正しいCromadoraホイールとエアインテークは、最後の仕上げとして適合させました。

2015カヴァッリクラシックで、そのクラスにゴールドを取った後、車は完全なレビューのために尊敬コンクールの審査員テッドラトランドに出荷されました。いいえ費用は惜しまなかったし、コンクール、許容できないことが分かったものは改善しました。すべての作業のための領収書は、ファイルになります。さらに、車はそのすべて正しいとオリジナルの本やそれらの適切なツールキット内のツールの完全なセットが付属しています。合計では、仕事のオーバー$ 85,000は、信じられないほどの状態や工場-正しさの耐え難いほどのレベルにそれを持って来るために、この512 BBに費やされました。

生産は1982年に燃料噴射512 BBIに移行する前に、1,000未満キャブレター512のBBの導入により、この変異体はお金が買うことができることを最も強力ベルリネッタボクサーとして多くの愛好家に愛されています。

この希少な黒に黒の例では、確かにその種の最高の例の一つです。最近のコンクールレベルのリストアに続いて、それが何を必要としないし、確かに任意のフェラーリコレクションに堂々と立つことになります。
補遺
それは最初にこの車は常に、現在の色の組み合わせに仕上がっていたと考えられていた一方で、工場出荷時のレコードは、それが最初に黒の上に赤で配信されたことを示していることに注意してください。

360 bhp, 4,942 cc DOHC horizontally opposed 12-cylinder engine with four Weber triple-barrel carburetors, five-speed manual transaxle, front and rear unequal length A-arm suspension with coil springs and anti-roll bars, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 98.4 in.

  • Rare Nero Daytona over Nero color combination
  • Beautifully restored to concours standards; less than 500 miles since completion
  • Only 12,000 original miles from new

Ferrari’s newest 12-cylinder offering was introduced in 1971 at the Turin Salon, and it would be a major departure from the 365 GTB/4 “Daytona” that came before it, as its engine was mounted just aft of the passenger compartment rather than in front, in an effort to directly challenge the show-stopping Lamborghini Miura, the vehicle that had started the mid-engined supercar trend in the late 1960s. At that time, the 365 GT4 BB was the fastest road car Ferrari had ever built, and it proved to be a serious challenger to the talented upstart from Sant’Agata.

However, less than 400 examples of the 365 GT4 BB would be constructed between 1973 and 1976, before production transitioned to its successor, the 512 BB. The 512 was updated to be more livable than the car that preceded it, but it also offered improved performance. The car was powered by a larger 4.9-liter, flat 12-cylinder engine with dry-sump lubrication, which was mated to a five-speed manual transmission. The 512 BB also boasted a higher compression ratio, while also retaining the four triple-barrel Weber carburetors of its predecessor. Wider rear tires allowed for better grip, thanks to an expanded rear track. This gave the 512 BB a 0–100 km/h time in the mid-five-second range and a top speed of over 280 km/h. Not only was the 512 BB more than a match for the Lamborghini Miura, it also compared quite favorably with the new Countach.

In terms of cosmetics, Pininfarina utilized strikingly similar styling to the 365 GT4 BB, but it was fitted a lower chin spoiler at the nose and NACA ducts on the sides to cool the car’s exhaust system. Most notably, the triple taillight arrangement seen on the 365 GT4 BB was simplified to twin taillights. Sadly, none of these vehicles would be destined for the American market, as Enzo Ferrari himself believed that his most groundbreaking car should not be detuned to comply with the notorious and ever more stringent emissions standards mandated by the federal government. Nevertheless, many 512 BBs were imported through the grey market and certified for the American market.

This 1980 example is finished in its original color combination of Nero Daytona over Nero, and it has recently undergone a concours-level restoration by Ferrari specialists, who finished it to an incredible standard. Absolutely no stone was left unturned to ensure that this 512 BB is one of the best examples of its kind. Both the engine and transmission were removed and fully rebuilt, with the correct components utilized throughout, and the car’s timing belt was replaced. The suspension was also completely rebuilt with correct OEM bushings and components. The interior and dashboard were removed from the car and completely reupholstered in correct Nero leather throughout. The instruments were also rebuilt and recalibrated. Finally, new and correct Cromadora wheels and air intakes were fitted as a final touch.

After taking Gold in its class at the 2015 Cavallino Classic, the car was shipped to esteemed concours judge Ted Rutland for a complete review. No expense was spared and anything that was found not to be concours-acceptable was remedied. Receipts for all work will be on file. Additionally, the car is accompanied by all its correct and original books and a complete set of tools in their proper tool kit. In total, over $85,000 of work was spent on this 512 BB to bring it to such incredible condition and an excruciating level of factory-correctness.

With less than 1,000 carbureted 512 BBs introduced before production transitioned to the fuel-injected 512 BBi in 1982, this variant is cherished by many enthusiasts as the most potent Berlinetta Boxer that money can buy.

This rare black-on-black example is surely one of the best examples of its kind. Following its recent concours-level restoration, it needs nothing and would certainly stand tall in any Ferrari collection.

Addendum

Please note that while it was initially believed that this car had always been finished in its current color combination, factory records indicate that it was originally delivered in red over black.

http://rmsothebys.com/am15/amelia-island/lots/1980-ferrari-512-bb/1072265

関連記事

1992 J トヨタ MR2 2.0 turbo フェラーリ 355 レプリカ 147万円

車両価格:£7,995 MR2、2リットルのターボに基づくフェラーリ355のレプリカ。

記事を読む

フェラーリ FXX 2億8724万

車両価格:€2,222,000 Category Coupe Ma

記事を読む

1965 FERRARI 330GT 2+2 ‘SERIES 1’ BERLINETTA 2219万円(SOLD)

Sold for £141,500 フェラーリ330GT 2 + 2 'シリーズ1」ベ

記事を読む

フェラーリ 365 GTB/4 Daytona 1億2519万円

車両価格:€935,000 1967年、フォード/フェラーリの戦いの中心は、フェラーリ

記事を読む

2003 Ferrari Enzo 4億6693万円

車両価格:$3,800,000 FLOYD MAYWEATHER'S Ferrari EN

記事を読む

【F1】【シューマッハ】1998 Ferrari Other Model F1 F300 2億6851万円

車両価格:$2,250,000 フェラーリF1は、彼がその年ハンガリーのグランプリを受

記事を読む

2007 フェラーリ 430 Challenge 1638万円

車両価格:£90,000 2007フェラーリ430チャレンジ2008 GTカップ:ブ

記事を読む

【ヤフオク】■フェラーリF40純正ドアミラー左右中古■

Ferrari F40に対応する中古のドアミラー左右です。 折りたたむ事はできますが、

記事を読む

1963 Ferrari 250 GT/L ‘Lusso’ Berlinetta by Scaglietti 2億734万円(SOLD)

Sold for €1.624.000 240馬力、トリプルウェーバーキャブレタ

記事を読む

1971 Ferrari 246GT Dino 3995万円

車両価格:$335,000 この1971フェラーリ246 GTディーノは過去25年間、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 9現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク