*

PR

1971 Lamborghini Miura SV 2億7994万円(SOLD)

AM15_r211_001 AM15_r211_002 AM15_r211_003 AM15_r211_004

Sold for $2,310,000

4ウェバーツインチョークキャブレター、5速マニュアルトランスミッション、独立したフロントとリアのサスペンションアームを有する、管状のショックとコイルスプリング、およびアンチロールバーが385馬力、3929のcc DOHC横ミッドマウント型合金V-12エンジン、四輪の油圧ディスクブレーキ。ホイールベース:98.42インチ

•工場出荷時の宣伝と米国-ホモロゲプロトタイプ
•工場出荷時のパンフレットにと1971年ボストンオートショーで注目
•両方のランボルギーニ三浦ランボルギーニミウラ聖書のカバー車
•以前ジョーSackeyによって所有され、美しく三浦の第一人者ゲイリーBobileffによって復元
•元のsperimentaleエンジンを保持します。売却可能の最高の例

ランボルギーニから最初の “スーパーカー”、そして世界が今まで見ていた、おそらく最初のスーパーカーは、P400三浦ました。それは最初に1966年ジュネーブサロンで発表されたとき、その影響は臨時の短い何もなかったです。簡単に言えば、三浦は、道路上の他のように見えた、そしてそれは、高性能車の設計のパラダイムシフトをマーク。その感覚的なラインは、ちょうど車室の後ろ、横置きされたそのエンジンの配置に間違いなくお世話になりました。三浦のパフォーマンスは、そのルックスにマッチした、そして車はガソリンを燃料とする発電用のポスター-子であることに行くだろう。このように、Miurasは、多くの場合、マイルス・デイビス、ロッド・スチュワート、そしてフランク・シナトラなど、その日の最もファッショナブルな有名人の多くのガレージで発見することができました。

マルチェロ・ガンディーニは27歳でゴージャスなデザインを書いて、それが時代の若々しい精神をカプセル化。車は美しく全体にスタイルの、そのようなおそらく荒れ狂う牛の角のオフにモデル化されたドアの形状として、車と対話するとき、常に運転者の顔に笑顔をもたらした複雑な詳細を持っていました。筋肉だったと同じくらい官能的だったので多くの人にとって、それは、完璧な自動車のシルエットを誇りました。

三浦、SVの最後の反復は、その前に来て、すでに壮大なP400Sの上に多くの改良を特色にしました。 SVは、以前の車のように特徴的だった「フロントエンドの明るさ」を削除するのに役立った改訂サスペンション、のおかげで、より良いハンドリングを特色にしました。今度は、後部車体がわずかに広く行われました。彼らはSV下のrpmではるかにユーザーフレンドリーを作ったとして、おそらく最も顕著な変化は、より大きなキャブレターと異なるカムタイミングを特色にしたエンジンにありました。そのエンジンは385ブレーキ馬力を生産すると、SVは信じられないほどのパフォーマンスを誇りました。停止状態から毎時60マイルのスプリントは、ちょうど5.8秒を要し、その最高速度は毎時180マイルで引用されました。

CHASSIS番号4884:FIRST AMERICAN SV

ランボルギーニは、米国市場向けに特別三浦SVのわずか21例を構築しました。これらの車は、彼らの新しい公式の米国の販売代理店、ニューヨークのアルベルト・ペドレッティのモデナ・レーシング社を通じて配信された、と彼らは特別に強大なV-12から少し馬力を取った空気ポンプや他のマイナーな違いを持っ​​ていた再構成エンジン、装備されていましたしかし、(そのイタリアの歯の皮によって!)、EPAによりfederalizedするモデルを可能にするために必要でした。

ここに提供される車、シャシー番号4884は、EPAによってテストされるように構築されたプロトタイプであり、それは米国で販売されて非常に最初の三浦SVました。これは、単一サンプオイルシステムで構築された最初の8台の一つであり、従って、それは、米国仕様ヘッドライトレンズと、すべてアメリカのSVへの共通の200マイルの速度計、並びに他の特徴を有していますBorlettiにエアコン、革張り、および安全ベルト付きサイドマーカーライト、八角形のセンターボルトホイールナット、補強シャーシおよび鋼車室、およびインテリア。この車に独特のタッチが背面パネルのモデナレーシングカーのエンブレムと運転席ドアの敷居で工場出荷時にインストールされた追加の灰皿が含まれます。

「工場広報SV」であるとして、この特定の車の歴史にとって重要であるジョー・Sackeyの真髄ランボルギーニ三浦聖書書籍、されると見られてノート車台番号4884「エンジン番号30642(sperimentale)。」確かに、この車は、三浦SVのパンフレット用に撮影されたとに、しかし、開発の遅れは、それが完成したところ、それが今日のように、それは、その年のボストンオートショーで代わりに現れるもたらした1971年のニューヨーク自動車ショーのために意図されていました金敷居とのマッチングホイール、ベロアシートインサートとブルーのレザーインテリアとロッソコルサ、。ボストンショーでこの車の外観は、米国における三浦SVの初登場となりました。

車台番号4884は、その後、町の唯一の所有者として…未満2000人の人口を持つウィチタの小さな村西…と時折タンブルウィード」とSackeyによって記述されたゴダード、カンザス州のジャック・ロビンソンにペドレッティによって販売されていました三浦SVは、ロビンソンは明らかにスピードが動作している彼が時折観察されたユタ州、にそれを運転したと伝えローカルハイウェイパトロールが正式に述べたようにロビンソンが定期的に定規フラットカンザス地形上三浦SVのパフォーマンスをテストするだろう」。、ゴダードで最速の車を所有し、ボンネビル・ソルトフラッツ。

1977年に、車はトピーカの、博士アラン・ブラウンに、サバンナ、ジョージア州の、アストロ・モーターズによってロビンソンに代わって販売されました。 【ある後】車が最初にアメリカSVだった、ブラウンは彼のアメリカホモロゲプロトタイプSVは確かに非常に最初の1がタイプ – 得るために渡って送信されたことを確認し、回答アウトモビリ・ランボルギーニSpAの、に手紙を書いたと言わSackeyによれば、「 USAスペック三浦SVの限られたシリーズの認証を取得しています。」

ブラウン博士は、彼の三浦を愛したが、いくつかの他の三浦の所有者によってのみ知られていた「オフ・レーダー」愛好家でした。でもまだ、彼の車は、元のピレリCN12タイヤに至るまで、完全にオリジナルと完全に保存残りました。 Sackeyは、最終的にはサバンナで彼を見つけることができた、と二人は友情を打ちました。しかし、2005年の良い医者の早死にして、彼の未亡人はSackeyが個人的に彼がした車台番号4884を、購入することを主張しました。 Sackeyは、その後、完全かつ徹底的な回復のために、サンディエゴ、カリフォルニア州の、ゲイリーBobileffの有名なBobileff自動車会社にそれを送信するために進みました。

車は何よりも米国三浦の専門家によって、正しいベルトーネシート材料の調達まで、元の組み合わせに戻ったところ、工場がそれを完了したときに、それがされていたとおりに終了しました。それは多くの称賛とクラス賞の最初を獲得2006 Concorso Italianoとで示されるようになりました。最も重要なのは、Sackeyは2008年に出版時にランボルギーニ・ミウラ聖書のカバー車としてそれを選んだ、と彼はまた、この重要なSVの彼の追求、取得、および復旧に仕事の全体の章を捧げました。 2007年には、車はクラシックとスポーツカー誌の25周年記念号に掲載されました。これは、以前のピーターColtrinとジャン・フランソワMarchetの有名なランボルギーニ・ミウラの表紙に登場していた、それは完全にオンライン国際ランボルギーニレジストリのエントリに記載され、文書化されています。

この最初のアメリカ・デリバリーSVがまだ元のsperimentaleエンジンを搭載し、それが1971年にあったと同じようにあらゆる点であるされているように、それだけでなく、歴史的に重要なだけでなく、最も悩まされていないの一つ、美しく復元、およびすべての例の本物です。それは今彼または彼女のコレクションに値する礎作りの喜びを持っています1人のランボルギーニ愛好家に即座に認識車です。

 

385 bhp, 3,929 cc DOHC transverse mid-mounted alloy V-12 engine with four Weber twin-choke carburetors, five-speed manual transmission, independent front and rear suspension with A-arms, coil springs with tubular shocks, and anti-roll bars, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 98.42 in.

  • The factory publicity and U.S.-homologation prototype
  • Featured on the factory brochure and at the 1971 Boston Auto Show
  • The cover car of both Lamborghini Miura and The Lamborghini Miura Bible
  • Formerly owned by Joe Sackey and beautifully restored by Miura guru Gary Bobileff
  • Retains its original sperimentale engine; the finest example available for sale

The first “supercar” from Lamborghini, and perhaps the first supercar the world had ever seen, was the P400 Miura. When it was first unveiled at the 1966 Geneva Salon, its impact was nothing short of extraordinary. Simply stated, the Miura looked like no other on the road, and it marked a paradigm shift in the design of high-performance cars. Its sensuous lines were undoubtedly indebted to the placement of its engine, which was mounted transversely, just behind the passenger compartment. The Miura’s performance also matched its looks, and the car would go on to be the poster-child for a petrol-fueled generation. As such, Miuras could often be found in the garages of many of the most fashionable celebrities of the day, including Miles Davis, Rod Stewart, and Frank Sinatra.

Marcello Gandini penned the gorgeous design at the age of 27, and it encapsulated the youthful spirit of the age. The car was beautifully styled throughout and had intricate details that always brought a smile to the driver’s face when interacting with the car, such as the shape of the doors, which were supposedly modeled off of the horns of a raging bull. To many, it boasted the perfect automotive silhouette, as it was just as sensual as it was muscular.

The final iteration of the Miura, the SV, featured numerous improvements over the already spectacular P400S that came before it. The SV featured better handling, thanks to revised suspension, which helped to remove the “front-end lightness” that was so characteristic of the earlier cars; in turn, the rear bodywork was made slightly wider. Perhaps the most notable changes were to the engine, which featured larger carburetors and different cam-timing, as they made the SV much more user-friendly at lower rpms. With its engine producing 385 brake horsepower, the SV boasted incredible performance. A sprint to 60 mph from a standstill took just 5.8 seconds, and its top speed was quoted at 180 mph.

CHASSIS NUMBER 4884: THE FIRST AMERICAN SV

Lamborghini built just 21 examples of the Miura SV specifically for the United States market. These cars were delivered through their new official U.S. distributor, Alberto Pedretti’s Modena Racing Company of New York, and they were specially equipped with a reconfigured engine, which had an air pump and other minor differences that took a little horsepower from the mighty V-12 but were necessary to enable the model to be federalized by the EPA (by the skin of its Italian teeth!).

The car offered here, chassis number 4884, is the prototype that was built to be tested by the EPA, and it was the very first Miura SV sold in the United States. It is one of the first eight cars that were built with a single-sump oil system, and accordingly, it has a 200-mph speedometer, as well as the other features common to all American SVs, such as U.S.-specification headlight lenses and side-marker lights, octagonal center-bolt wheel nuts, a reinforced chassis and steel passenger compartment, and interiors with Borletti air conditioning, leather upholstery, and safety belts. Unique touches on this car include the Modena Racing Car emblem on the rear panel and a factory-installed additional ashtray in the driver’s door sill.

Joe Sackey’s quintessential The Lamborghini Miura Bible—a book which is important to the history of this particular car, as will be seen—notes chassis number 4884 as being a “factory publicity SV” with “engine number 30642 (sperimentale).” Indeed, this car was photographed for the Miura SV brochure and was intended for the New York Auto Show of 1971. However, delays in development resulted in it appearing instead at the Boston Auto Show that year, where it was finished, as it is today, in Rosso Corsa, with gold sills and matching wheels, and a Bleu leather interior with velour seat inserts. The appearance of this car at the Boston show marked the first appearance of a Miura SV in the United States.

Chassis number 4884 was then sold by Pedretti to Jack Robinson of Goddard, Kansas, which was described by Sackey as “a tiny hamlet west of Wichita with a population of less than 2,000 people…and the occasional tumbleweed…As the owner of the town’s only Miura SV, Robinson clearly owned the fastest car in Goddard, as the local highway patrol duly noted.” Robinson would regularly test the Miura SV’s performance on the ruler-flat Kansas terrain and reportedly drove it to Utah, where he occasionally observed speed runs on the Bonneville Salt Flats.

In 1977, the car was sold on Robinson’s behalf by Astro Motors, of Topeka, to Dr. Alan Brown, of Savannah, Georgia. According to Sackey, “[After being] told that the car was the first U.S.A. SV, Brown wrote a letter to Automobili Lamborghini SpA, who responded, confirming that his U.S.A. Homologation Prototype SV was indeed the very first one sent over to obtain type-certification for a limited series of U.S.A.-spec Miura SVs.”

Dr. Brown loved his Miura but was an “off-the-radar” enthusiast who was known only by a few other Miura owners; even still, his car remained completely original and perfectly preserved, down to its original Pirelli CN12 tires. Sackey eventually was able to locate him in Savannah, and the two men struck up a close friendship. However, with the good doctor’s untimely passing in 2005, his widow insisted that Sackey personally purchase chassis number 4884, which he did. Sackey proceeded to then send it to Gary Bobileff’s renowned Bobileff Motorcar Company, of San Diego, California, for a complete and thorough restoration.

The car was returned to its original combination, down to the sourcing of correct Bertone seat material, by the foremost U.S. Miura specialists, and it was finished exactly as it had been when the factory completed it. It went on to be shown at the 2006 Concorso Italiano, where it garnered much acclaim and a First in Class award. Most significantly, Sackey chose it as the cover car for The Lamborghini Miura Bible upon its publication in 2008, and he also devoted an entire chapter of the work to his pursuit, acquisition, and restoration of this significant SV. In 2007, the car was featured in the 25th anniversary issue of Classic and Sportscar magazine. It had appeared earlier on the cover of the famous Lamborghini Miura by Peter Coltrin and Jean-Francois Marchet, and it has been thoroughly described and documented in its entry in the online International Lamborghini Registry.

As this first American-delivery SV is still powered by its original sperimentale engine and is in every respect just as it was in 1971, it is not only historically significant but also one of the most unmolested, beautifully restored, and authentic of all examples. It is a car instantly recognizable to Lamborghini aficionados, one of whom will now have the pleasure of making it a deserving cornerstone of his or her collection.

http://rmsothebys.com/am15/amelia-island/lots/1971-lamborghini-miura-sv/1072851

関連記事

Lamborghini Miura P400 

Lamborghini Miura P400 ¥ASK

車両価格:ASK この見事な三浦は数字に一致している、非常にいい状態です。 過去30

記事を読む

600x450-kurumaerabi_store_1621814_0_1_14371051882093

【ヤフオク】返金保証付:2010年 ガヤルド スーパーレジェーラ@車選び.com

どんな状況においても、ドライバーにピッタリはまる操作性を持つ高性能スポーツカーとしてクラス

記事を読む

imageO2NCKG7I

1988 LAMBORGHINI COUNTACH 5000 QUATTROVALVOLE

US$ 350,000 - 500,000 JPY 41 million - 59 mil

記事を読む

PA16_r112_001

1981 Lamborghini Countach LP400 S Series III by Bertone

予想価格:€380.000 - €450.000 365馬力、6デュアル喉ウェー

記事を読む

LAMBORGHINI COUNTACH 25th - 1989

LAMBORGHINI COUNTACH 25th – 1989 ¥ASK

車両価格:ASK 同社の25周年を記念し、ランボルギーニは、そのスタイルその後才能オラ

記事を読む

Lamborghini - Miura P400

Lamborghini – Miura P400 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.dpm-motors.com/index11.

記事を読む

no image

1971 Lamborghini Miura SVJ by Bertone ¥SOLD

Sold for $1,897,500 コイルスプリングと不等長ウィッシュボーン

記事を読む

1980 Lamborghini LP400S

1980 Lamborghini LP400S ¥ASK

車両価格:ASK A very original 1980s icon • F

記事を読む

Lamborghini Huracan 620-2 Super Trofeo Race Car

Lamborghini Huracan 620-2 Super Trofeo Race Car 3372万円

車両価格:€250,000 Body Type: Race Car / Coche de

記事を読む

topspeed_1114-img600x450-1457325581fzv77s7589

【ヤフオク】ランボルギーニ カウンタック クワトロバルボーレ希少車!

御覧になってありがとうございます。 カウンタックの中でも人気のクワトロバルボーレヨー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 8現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク