*

PR

1963 Ferrari 400 Superamerica LWB Coupe Aerodinamico by Pininfarina 3億4397万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

AC15_r121_001 AC15_r121_002 AC15_r121_003 AC15_r121_004

Sold for $2,860,000

340馬力、3ウェバー40 DCZ 6キャブレター、オーバードライブ付き4速マニュアルトランスミッション、不等長さA-腕とコイルスプリングとの独立したフロントサスペンション、半楕円リーフスプリングとのライブ後車軸と平行な3967 ccのSOHC V-12エンジントレーリングアーム、及び四輪油圧ディスクブレーキ。ホイールベース:で102.3。

•18シリーズIIロングホイールベースの​​例の第15回
•細心の注意を払っレッドレザーの上にグリージョ・アルジェントの元の色に復元
•実績のあるヴィンテージラリーやコンクールの応募。 2011カヴァッリクラシックでプラチナの勝者
•マッチングナンバー例。グランドツーリングフェラーリ卓越

400 SUPERAMERICA AERODINAMICO

1963によって、フェラーリはスポーツレーシングカーの世界クラスのメーカーとしてだけでなく、道路のための世界最高のグランドツーリングカーのメーカーとしてだけでなく、自分自身を確立していました。エンツォ・フェラーリは完全に彼のレースのプログラムの成功を継続するために、彼は、市場を作成することができ、かつ均等に例外的な道路の車を販売するために必要なことを実現するために来ていました。 1950年代を通して、フェラーリGTカーは贅沢をスポーツで最後の言葉となった一流の高級ツーリングカー、すなわち342アメリカと410 Superamerica、に非常に進化していました。しかし、これらの車を駆動するために重いと容赦のないとして知られ、多くは、このような権威ある自動車は、より洗練されたドライビングダイナミクスを持つべきであると考えられました。

これらの変更に対処するために、フェラーリは40​​0 Superamerica 1959年トリノモーターショーを導入しました。 400 SAは新しいコロンボショートブロックV-12エンジンであった間、前任者からの変更の数、チーフを組み込みました。新しいパワープラントは、ほぼ4.0リットルに3.0リットルのその250 GTの寸法から退屈していた、そしてそれはテスタロッサスポーツレーサーで非常に有効であることが証明された外部のプラグ配置を取り付けました。この新しいSuperamericaも410 Superamericaにドラムブレーキを置き換えるすべての四隅、でダンロップのディスクブレーキの恩恵を受け、そして28パーセントによって先端比率を増加させているオーバードライブ。これらの変化は著しく、車の性能や道路マナーを改善し、高級感のクルマの全体的なレベルに沿って、その駆動特性をもたらしました。

最古の400 Superamericasはフェラーリの短い2420ミリホイールベースに構築され、ピニンファリーナによって開いた自動車の車体に着せました。超高速II吹き替えシャーシ2207 SAは、1960年11月にトリノで導入したとき、それは前Superamericaで見たことがなかった自動車の車体を取り上げ、それが観衆を魅了。車のボディは微妙Superamericaが空気を切って支援し、空力特性に向かって仕出し料理ファストバックテールを急襲に収束滑りやすい屋根とベルトラインにつながった尖ったオープン口鼻を特色にしました。

2年後、1962年9月中のロンドンモーターショーで、フェラーリは、第二シリーズ400 Superamericaを導入しました。この車は、前任者の独特のAerodinamicoの自動車の車体を保持しますが、それは今、最終的に以前と短いホイールベースシャーシを取り替え250 GTEの2600ミリメートルシャーシ、上に乗りました。生産は1964年に近くに来たときに、約18の長いホイールベースの​​クーペAerodinamicosも早くSWB Superamericasを含め35シリーズII例、の合計に追加して、構築しました。

CHASSIS番号5029 SA

シャーシ5029 SAを構築三〇から五400 Superamericasの合計の第三十二としてフェラーリによって造られました。注意フェラーリの歴史家マルセル・マッシーニによると、それはまた、内蔵18長いホイールベースの​​例の15日で、。車はそれが望ましいAerodinamicoの自動車の車体に取り付け、ヘッドライトをカバーし、赤いカーペットが一致する、赤革の上にグリージョ・アルジェントに仕上がった11月14日、1963年にピニンファリーナによって完成しました。

1964年2月には、このSuperamericaはその最初の所有者、フィレンツェ、イタリアに位置していたAutoserviziマッジョーレSrlは、して、新しい購入した、と一ヶ月後、それはそれは所有権に残るだろうFI 244188.を読むイタリアのナンバープレート、上に登録されましたそれはその第二のイタリア所有者、ローマのヴィットリオ・ジョヴァンニ・マッジョーレに売却された、そして彼の名前で再登録される前にちょうど年以上の会社の。

5年後、車がそれが車にダークブルーメタリックを塗り替えパームビーチ、フロリダ州、の、ベンジャミンCaskeyによって購入された米国に輸出されたとして5029 SAのイタリア登録は、キャンセルされたことに留意されたいです。 Caskey、商業開発者は、また、クラシックカーの熱心な愛好家やCCCAとAACAの両方のメンバーでした。彼は車が彼の未亡人の名前、エドナH. Caskeyに改題された時点で、1987年に逝去するまでSuperamericaを所有するために行くだろう。夫人Caskeyは、1997年2月まで、別の10年のために車を保ちました。

その後まもなく、Superamericaが条件を実行しているに戻って車をもたらしたSk​​ippackの、ペンシルベニア州のマーク・スミス、に売却された、車がマッシモ・ロッシにその後すぐに売却された1997年10月にフェラーリ・マーケットレターに配置された広告に記載されているように、今黒のインテリアと、ニヨン、スイスの、そしてそれは、ヨーロッパに戻った1998年1月7日にインポートされると、まだ暗い青色の塗料を身に着けています。

今後数年間で、シャーシ5029 SAは完全にスイスとイタリアの両方に位置する専門家のチームによって回復しました。マラネロでカロッツェリアザナージは、車体を課された、モデナのTappezzeria Luppiはインテリアを扱う、そしてフェラーリスイスSAは、エンジンの仕事のために委嘱されました。自動車は、その元の色の組み合わせに戻し、その結果は本当に壮観でした。 2004年3月、Superamericaは回復の能力を証明し、コッパ・ミラノサンレモラリーでロッシによるものでした。

その後、車はロッシによって販売された、そして2005年には、注意コレクタ・リーヘリントンによって購入された後、それは米国に戻って旅しました。これは、その後アンドリュース ‘で購入しました。それ以来、車は控えめに細心の注意を払って以来、維持しているが、使用されてきた、そしてそれは本当に驚くべき状態のまま。

それはそれはパームビーチカヴァッリクラシックでコレクション内のことで再び示された。さらに、2010年にアメリアアイランドコンクール・デレガンスで、前に ‘アンドリュースで示されることにゲインズヴィル、テキサス州のボブ・スミスCoachworksによってフルサービスを受けましたそれは、さらに車の復元の品質を主張プラチナ賞を、獲得した2011年1月、。車はボブ・スミスCoachworksことによって、そのサービスから適切なツールキットとジャックと元のマニュアルだけでなく、請求書を保持します。

それはあらゆる意味で全く妥協のないですとして400 Superamericaは、多くの場合、フェラーリのグランドツーリング車の壮大であると考えられています。 Superamericaは、最先端のデザイン、性能、豪華で、自動車技術の面で最高のが、その所有者は何も提供していませんでした。この特定のフェラーリを構築、最終的な例の一つであり、それはその次の所有者が望むものを真に可能です。

340 bhp, 3,967 cc SOHC V-12 engine with three Weber 40 DCZ 6 carburetors, four-speed manual transmission with overdrive, independent front suspension with unequal length A-arms and coil springs, live rear axle with semi-elliptical leaf springs and parallel trailing arms, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 102.3 in.

  • The 15th of 18 Series II long-wheelbase examples
  • Meticulously restored in its original colors of Grigio Argento over Red leather
  • Proven vintage rally and concours entrant; Platinum winner at the 2011 Cavallino Classic
  • Matching-numbers example; a grand touring Ferrari par excellence

THE 400 SUPERAMERICA AERODINAMICO

By 1963, Ferrari had established itself not only as a world-class manufacturer of sports racing cars but also as a manufacturer of the world’s best grand touring cars for the road. Enzo Ferrari had come to fully realize that in order to continue the success of his racing program, he needed to be able to create, market, and sell equally exceptional road cars. Throughout the 1950s, the Ferrari GT car had evolved immensely into a top-shelf luxury touring car, namely the 342 America and the 410 Superamerica, which became the last word in sporting luxury. However, these cars were known as heavy and unforgiving to drive, and many believed that such a prestigious automobile should have more refined driving dynamics.

To address these changes, Ferrari introduced the 400 Superamerica the 1959 Turin Motor Show. The 400 SA incorporated a number of changes from its predecessor, chief amongst which was a new Colombo short-block V-12 engine. The new powerplant was bored from its 250 GT dimensions of 3.0 liters to almost 4.0 liters, and it was fitted with the outside-plug arrangement that had proven to be so effective in the Testarossa sports racers. This new Superamerica also benefitted from Dunlop disc brakes at all four corners, which replaced the drum brakes on the 410 Superamerica, and an overdrive that increased the top end ratio by 28 percent. These changes markedly improved the car’s performance and road manners and brought its driving characteristics in line with the car’s overall level of luxury.

The earliest 400 Superamericas were constructed on Ferrari’s shorter 2,420-millimeter wheelbase and clothed in open coachwork by Pininfarina. When chassis 2207 SA, dubbed the Superfast II, was introduced at Turin in November 1960, it featured coachwork that had never before been seen on a Superamerica, and it stunned the crowd. The car’s body featured a pointed open-mouth nose that led to a slippery roof and belt lines that converged into a delicately swooped fastback tail that catered towards aerodynamics, helping the Superamerica cut through the air.

Two years later, at the London Motor Show in September 1962, Ferrari introduced a second-series 400 Superamerica. This car retained the distinctive Aerodinamico coachwork of its predecessors, but it now rode on the 250 GTE’s 2,600-millimeter chassis, which eventually replaced the earlier and shorter wheelbase chassis. Approximately 18 long-wheelbase Coupe Aerodinamicos were constructed when production came to a close in 1964, adding to a total of 35 Series II examples, which also included the earlier SWB Superamericas.

CHASSIS NUMBER 5029 SA

Chassis 5029 SA was built by Ferrari as the thirty-second of a total of thirty-five 400 Superamericas constructed. According to noted Ferrari historian Marcel Massini, it is also the 15th of 18 long-wheelbase examples built,. The car was completed by Pininfarina on November 14, 1963. It was fitted with desirable Aerodinamico coachwork and covered headlights and finished in Grigio Argento over Red leather, with matching red carpets.

In February 1964, this Superamerica was purchased new by its first owner, Autoservizi Maggiore S.r.l., which was located in Florence, Italy, and a month later, it was registered on Italian license plates, which read FI 244188. It would remain in the ownership of the company for just over a year before it was sold to its second Italian owner, Vittorio Giovanni Maggiore of Rome, and was reregistered in his name.

Five years later, it is noted that 5029 SA’s Italian registration was cancelled, as the car was exported to the United States, where it was purchased by Benjamin Caskey, of Palm Beach, Florida, who repainted the car a dark blue metallic. Caskey, a commercial developer, was also an avid enthusiast of classic cars and a member of both the CCCA and AACA. He would go on to own the Superamerica until his passing in 1987, at which time the car was retitled in his widow’s name, Edna H. Caskey. Mrs. Caskey kept the car for another 10 years, until February 1997.

Shortly thereafter, the Superamerica was sold to Mark Smith, of Skippack, Pennsylvania, who brought the car back to running condition, as described in an ad placed in the Ferrari Market Letter in October 1997. The car was sold shortly thereafter to Massimo Rossi, of Nyon, Switzerland, and it returned to Europe, being imported on January 7, 1998, and still wearing its dark blue paint, but now with a black interior.

Over the next few years, chassis 5029 SA was fully restored by a team of specialists located in both Switzerland and Italy. Carrozzeria Zanasi in Maranello was tasked with bodywork, Tappezzeria Luppi in Modena handled the interior, and Ferrari Suisse SA was commissioned for the engine work. The car was also returned to its original color combination, and the results were truly spectacular. In March 2004, the Superamerica was driven by Rossi in the Coppa Milano San Remo rally, proving the competency of the restoration.

Afterwards, the car was sold by Rossi, and in 2005, after being purchased by noted collector Lee Herrington, it travelled back to the United States. It was subsequently purchased by the Andrews’. Since then, the car has been sparingly used, although meticulously maintained, ever since, and it remains in truly remarkable condition.

It received a full service by Bob Smith Coachworks in Gainesville, Texas, prior to being shown by the Andrews’ at the Amelia Island Concours d’Elegance in 2010. Furthermore, it was shown once again by the collection at the Palm Beach Cavallino Classic in January 2011, where it earned a Platinum award, which further asserted the quality of the car’s restoration. The car retains a proper tool kit and jack and its original manual, as well as invoices from its service by Bob Smith Coachworks.

The 400 Superamerica is often considered to be the grandest of Ferrari’s grand touring automobiles, as it is utterly uncompromising in every sense. The Superamerica offered its owners nothing but the finest in terms of automotive technology, with cutting-edge design, performance, and luxury. This particular Ferrari is one of the final examples constructed, and it is truly capable of anything its next owner desires.

http://www.rmsothebys.com/ac15/the-andrews-collection/lots/1963-ferrari-400-superamerica-lwb-coupe-aerodinamico-by-pininfarina/1071922

関連記事

used-1995-ferrari-333_sp-worldsportscar-9423-10056644-1-640

1995 Ferrari 333 SP World Sports Car ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Tit

記事を読む

フェラーリ テスタロッサ ケーニッヒエボリューション1000PS

フェラーリ テスタロッサ ケーニッヒエボリューション1000PS 3850万円

車両価格:3850万円   ★ヨーロッパ新車並行車 ★ケーニッヒ

記事を読む

1986 Ferrari 328 GTS

1986 Ferrari 328 GTS 1268万円

Sold for (£): 68,625 The Ferrari 328 first

記事を読む

AZ15_r189_001

1984 Ferrari 288 GTO 3億3786万円(SOLD)

Sold for $2,750,000 400馬力、ツインIHIのターボチャージ

記事を読む

Ferrari 166MM Wireframe

Ferrari 166MM Wireframe 1139万円

車両価格:£60,000   The Ferrari 166MM wa

記事を読む

★OP700万★F12★改造費500万★新古車★限定カラー★D車★限定

【ヤフオク】★OP700万★F12★改造費500万★新古車★限定カラー★D車★限定  現在価格:550万円

初年度登録 26年(2014y) ・車名    フェラーリF12 ベルリネッタ ・走行距

記事を読む

MC14_r126_001

1967 Ferrari Dino 206 S Spider 2億5466万円(SOLD)

    Sold for €2.072.000

記事を読む

Ferrari 458 Challenge Evo

Ferrari 458 Challenge Evo 2277万円

車両価格:2277万円 Description: Ferrari 458 Challen

記事を読む

1982 Ferrari 512 BBi

1982 Ferrari 512 BBi 2030万円

Sold for (£): 110,400 The Ferrari 512 BB wa

記事を読む

2006 Ferrari FXX Evoluzione

2006 Ferrari FXX Evoluzione 2億1136万円

車両価格:$1,750,000 2006年はフェラーリFXXエボルツィオーネ、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク