*

PR

1985 MARCH PORSCHE 85 G – Victory in the category IMSA GTP at the Le Mans 24 hours of 1986 – Group C ¥ASK

公開日: : ポルシェ, ルマン , , ,

b5ed70_6e850e926f1b47afb032ca84b1053e42_jpg_srz_870_489_75_22_0_50_1_20_0 b5ed70_53d3d91c694845fe914038a65a318d0f_jpeg_srz_640_435_75_22_0_50_1_20_0

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

The MARCH 85 G was developed by the celebrated British engineer Adrian Newey, whose cars have clocked up an impressive number of victories over the years. After designing the famous MARCH racing cars for endurance racing, he enabled the Williams, McLaren and, more recently, Red Bull teams to win numerous World Championship titles in Formula 1.  To date, his Formula 1 cars have won no less than 10 World Championship titles, the most recent one being no later than 2013.

Back  in 1982, Adrian Newey started by developing the March 82 G. The car immediately created a sensation by winning the IMSA GTP category of the world endurance championship outright, the very year of its launch, and again the following year.

In 1985, a new car, the MARCH 85 G, saw the light of day. Ten cars were built in all to take part in endurance racing. Only four of them were fitted with the famous Porsche engine inherited from the works Porsche 956s. The 2.8 litre mono turbo Porsche engine was mated to the gearbox which equips the Porsche 962, a veritable model of robustness and user-friendliness.

The MARCH 85 G 06 is the best-known of the series, having marked itself out in 1985 in the United States with John Kalagian’s team before taking part in the 1986 endurance racing world championship with the Richard Cleare team.

Its feats of arms include a victory in the category IMSA GTP at the Le Mans 24 hours race of 1986 (14th overall) ahead of the works Nissans competing in the same category and also the works Porsche 956s and the XJR-type Jaguars, amongst others.  The race-team included the young French driver Lionel Robert who thus obtained a fine reward for his first participation in the Le Mans 24 hours race.

The car has been entirely restored and is now in perfect mechanical and body condition (detailed invoice record available).

The power train (engine and gearbox) was restored by the American Porsche specialist Jerry Woods, widely recognized for his outstanding work on the most prestigious specimens of the German manufacturer’s engines (the 8 cylinder Porsche 908, the Porsche 917 and above all, the Porsche 956 and 962 engines).

Since being restored, the car has only done test drives for a total of 3 hours running time, thus leaving it with considerable engine potential before the next service.

Another advantage of the car is that it is eligible for entry in the C1B category of the current Group C races, meaning that it can realistically race for victory in its allotted category, which would be more difficult to obtain in the C1 category with

Peugeot 905s, Mercedes and other such cars also competing.

The car comes with various spare parts and numerous other items, in particular the (long tailed) bonnet from the 1986 Le Mans 24 hours race and several cartons of technical documents concerning car settings for different race-tracks.

Price available on request

MARCH85 Gは、その車の年間での勝利の印象的な数をクロック駆動している有名な英国のエンジニアエイドリアン·ニューイ、によって開発されました。耐久レースで有名MARCHレーシングカーを設計した後、彼は彼のフォーミュラ1の車が獲得している、これまでに式1で数々の世界選手権のタイトルを獲得するためにウィリアムズ、マクラーレンと、より最近では、レッドブルがチームを有効に劣らず10世界選手権よりませんタイトルは、最新のものは、遅くとも2013年よりものはありません。

戻る1982年に、エイドリアン·ニューイは車がすぐに再び完全に世界耐久選手権のIMSA GTPカテゴリ、その打ち上げの非常に年、翌年の勝利によって感覚を作成月82 G.を開発することによって開始した。

1985年には、新しい車、MARCH85 Gは、日の光を見た。テン車は耐久レースに参加するすべての中で建設された。唯一のそれらの4は956sポルシェの作品から継承された有名なポルシェエンジンを取り付けた。 2.8リットルモノターボポルシェエンジンはポルシェ962、堅牢性と使いやすさの真のモデル装備ギアボックスに釣り合わせた。

MARCH85、G06は、リチャードCleareチームと1986耐久レース世界選手権に参加する前に、ジョンKalagianのチームと米国で1985年に自身をマークした、シリーズの最もよく知られている。

腕のその偉業は、(第14回全体の)前にも同じカテゴリーに参戦作品日産と他の中で作品のポルシェ956sとXJRタイプジャガー、1986のルマン24時間レースでのカテゴリIMSA GTPでの勝利を含める。レースチームは、このようにル·マン24時間レースでの初参加の罰金の報酬を得た若いフランス人ドライバーライオネル·ロバートが含まれていた。

車は完全に復元され、完璧な機械的および身体条件(利用可能な詳細な請求書レコード)に今あるされています。

パワートレイン(エンジンとギアボックス)が広くドイツのメーカーのエンジン(の最も権威のある標本に彼の優れた作品のために認識、アメリカのポルシェ専門家ジェリー·ウッズによって回復した8気筒ポルシェ908、ポルシェ917と、上記のすべて、ポルシェ956と962のエンジン)。

復元されて以来、車が唯一のため、次のサービスの前にかなりのエンジンの可能性とそれを残して、時間を実行している3時間の合計のためのテストドライブを行っている。

車のもう一つの利点は、それが現実的にC1カテゴリでログイン得ることがより困難であろう、その割り当てられたカテゴリーの勝利のためにレースができることを意味、Cのレース現在のグループのC1Bカテゴリ内のエントリの対象であるということである

プジョー905s、メルセデスや他のそのような車はまた、競合する。

車はさまざまなスペアパーツ、その他多数のアイテムが付属しています、特に1986年のル·マン24時間レースと異なるレーストラックの車の設定に関する技術文書のいくつかのカートンから(ロングテイル)ボンネット。

リクエストに応じてご利用価格

http://www.ascottcollection.com/#!march-85g-gb/c1zz7

関連記事

1997 Porsche 911 993 Targa – Manual 913万円

Sold for (£): 49,450 When the 993 was first

記事を読む

2015 Porsche 918 Spyder

予想価格:$1,300,000 - $1,600,000 887合計馬力(608

記事を読む

1992 Porsche 911 (964) Carrera RS Touring 2078万円

Sold for (£): 112,500 Based on the original

記事を読む

Porsche 993 RS 4273万円

車両価格:£225,000   The Porsche 993 RS

記事を読む

ポルシェ 911 GT3 RS D車 フルオプション (オレンジ) 2325万円

車両価格:2325万円 ブラックレザー&カーボン&カーボンダッシュ&スポーツクロノPG

記事を読む

Porsche 991 GT3 CUP MY 2014 2182万円

車両価格:€160,000 ジョブのゼロ時間でポルシェ991 GT3 CUP MY

記事を読む

PORSCHE Carrera GT ¥ASK

車両価格:ASK Mileage 7,000 miles

記事を読む

1981 Porsche 924 Carrera GT 406万円

Sold for (£): 22,080 Porsche wanted to ente

記事を読む

1975 Porsche 911 Turbo

$350,000 - $450,000 930 260馬力を入力し、2993のc

記事を読む

Porsche Carrera GT, 2004 ¥ASK

車両価格:ASK This particular Porsche Carrera GT

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク