*

PR

Ferrari 288 GTO ¥ASK

公開日: : フェラーリ , ,

NDS5166745_B39CBW_26 NDS5166745_B39CBW_27 NDS5166745_B39CBW_25 NDS5166745_B39CBW_28

<スポンサーリンク>

1983年9月にエンツォ・フェラーリが発表と1984年3月のジュネーブモーターショーで発表、GTO(も288接頭辞で非公式に知られている)は、熱意の波をオフに巻き起こしました。伝説の名、ピニンファリーナによって見事なスタイリングは、その一見無尽蔵のパワーを持つエンジン(2.8リットルと8気筒)と複合材料の普及、GTOレーシングカーに近いもの作りました。顧客の需要を満たすために、272は、限定生産モデルの最後で、代わりに50年代後半にはより多くのシリーズ型の生産に道を譲った一連の限られた生産フェラーリの歴史ほとんどの道路の車、年の初めに計画された200の建設されました1966年から1967年には365カリフォルニアています。 1984年ジュネーブサロンで導入GTOは、少量生産シリーズへの復帰を予告しました。当初の理由は、交通機関の排他的な形で選ばれた少数の顧客に提供することではなく、グループ “B”コンテストカーとして公認の目的のために200単位のビルド番号を満たすためにはありませんでした。しかし、規制はので、ここで変更競争するためにどこで車を志向競争でした。車は計画生産の実行はすぐに買ったことがジュネーブサロンで、そのような感覚を作成したとして心配する必要は、ありませんでした。 288アペラシオンは、エンジンや気筒数、8気筒と2.8リットルの総容積を指します。明らかに、「GTO」のモデル名はいえ、死産、それがGTレースで精神的な後継者であることを意図していたために、60年代前半の伝説的な250 GTOを参照レトロなタッチだったとして、すでに指摘しました。

Announced by Enzo Ferrari in September 1983 and unveiled at the Geneva Motor Show in March 1984, the GTO (also known unofficially with the 288 prefix) sparked off a wave of enthusiasm. The legendary name, the stunning styling by Pininfarina, the engine with its seemingly inexhaustible power (2.8 litres and 8 cylinders) and the widespread use of composite materials, made the GTO the closest thing to a racing car. To meet customer demand, 272 were built instead of the planned 200. In the early years of Ferrari history most road cars produced were limited series, which gave way to more series type production in the late fifties, with the last of the limited production models being the 365 California in 1966-67. The GTO, introduced at the 1984 Geneva Salon, heralded a return to the low volume production series. Initially the reason was not to provide a select few clients with an exclusive form of transportation, but to satisfy the two hundred unit build number for homologation purposes as a Group “B” competition car. However, the regulations changed so here was a competition orientated car with nowhere to compete. There was no need to worry, as the car had created such a sensation at the Geneva Salon that the planned production run was soon bought up. The 288 appellation refers to the total cubic capacity of the engine and number of cylinders, 2.8 litres with 8 cylinders. Obviously, the “GTO” model name was a retro touch referring to the legendary 250 GTO of the early sixties, to which it was intended to be the spiritual successor in GT racing, albeit stillborn as already noted.

http://www.hrowen.co.uk/used-stock/4556/

関連記事

1982 FERRARI 512 BBi BERLINETTA BOXER 5773万円

車両価格:$475,000   --Grigio Ferro with

記事を読む

フェラーリ F50 ¥ASK

車両価格:ASK 1997年式 フェラーリ F50 フェラーリ社が作り出した究極

記事を読む

Ferrari Dino 246 GT ¥ASK

車両価格:ASK This Dino 246 GT from 1971 is in

記事を読む

Ferrari 365 GT4 2+2 1333万円

車両価格:£69,990                                 

記事を読む

1956 Ferrari 250 GT Berlinetta Competizione ‘Tour de France’ by Scaglietti 7億6851万円(SOLD)

Sold for £4,872,000 7000 rpmで225馬力、3ウェーバ

記事を読む

フェラーリ 365 GTB/4 デイトナ コンペティション コンバージョン ¥ASK

車両価格:ASK 1969年式 フェラーリ 365 GTB/4 デイトナ コンペティション

記事を読む

Ferrari 250 PF Cabriolet S11 ¥ASK

車両価格:ASK Unveiled to the public at the 1959

記事を読む

Ferrari P4 330 Replica 1904万円

車両価格:€130,000   Description: Th

記事を読む

2012 Ferrari 458 GTD Coupe ¥ASK

  車両価格:ASK Year:  2012 . Make:  Ferr

記事を読む

1963 Ferrari 400 Superamerica LWB Coupe Aerodinamico by Pininfarina 3億4397万円(SOLD)

Sold for $2,860,000 340馬力、3ウェバー40 DCZ 6キ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク