*

PR

1961 Fiat Abarth 1000 Bialbero ‘Record Monza’ 1097万円(SOLD)

1961 Fiat Abarth 1000 Bialbero 'Record Monza'

<スポンサーリンク>

Sold for £63,100

1961フィアットアバルト1000年Bialbero ‘レコードモンツァ」
カロッツェリアザガートによって自動車の車体
登録番号。英国に登録されていません
(以前はイタリアに登録:LU 43130)
シャーシがありません。 987382

脚注
このアバルト1000年Bialberoは、サンマリノ共和国の有名なマラネロ・ロッソコレクション博物館のホールで非常に長期的な博物館のディスプレイから直接ここに提供されています。これは、現代の時代の歴史的なレースのために準備し、装備されている今、非常に望ましいフィアット・アバルト1000年Bialberoクーペのハンサムな例です。これは今2014年規制の下で時代遅れになりますが、その仕様は、ロールオーバーケージと4点運転席ハーネスが含まれています。車ははっきりと、そのクラス内の歴史的なレベルでかなりの成功と競合しており、我々はそれがさらに競争のためにそれを使用することに興味の任意-だろう所有者によって最も近い対価を受け取るお勧めします。

これは4月12,1981のモンツァ国際会議で1150ccのGTSクラスを勝つためにエットレ・Mandelliによって駆動フィアットアバルト1000年Bialbero ‘レコードモンツァ」クーペであることを理解しています。それを調製し、「スクーデリアスーパーBellancauto ‘によってその際に入力され、そのイベントはまた、自身がSpartacoディーニ、両方の駆動フェラーリ250GTショートホイールベースBerlinettasので、この最も魅力的な小さな背後に2500cc以上のGTSクラスで第二の仕上げ車の所有者ファブリツィオViolatiを見ました1リットルのクーペは確かに非常に最高の会社に高い生活を経験しています…

1981年5月24日には、エットーレMandelliはVaranaで1981年6月14日に第三の勝利を追加し、1150ccグランツーリスモStoricoのクラスを獲得するために、再度このBialberoを運転しました。山に登るのカレンダーにその年、エットーレMandelliも6月21日にScalataコレマッダレーナで、4月26日にPredappioの-ロッカ・デッレCaminateでこの車の中で彼のクラスを獲得し、8月グッビオ – マドンナ・デッラ・シーマでクラスで三次いで2。

フィアット・アバルト1000年Bialbero RMクーペザガートはアバルトによって開発された750cc Bialbero電源ユニットから直接開発された新しい1000年ツインカムエンジンを取り付けました。この新しいモデルは、カロッツェリアザガートスタイリング家を獲得した1960.Theフィアット600由来の4気筒水冷エンジン用のCompasso d’Oroの賞は982ccを変位、65メートルのXの74ミリメートルのボアとストロークを持っていました。 9.3の圧縮比の場合:1と2のツインチョークウェバー36DCL4キャブレターを通じて呼吸、1000年Bialberoは7,100rpmで90bhpの周りに配信しました。トランスミッションは4速ギアボックスを介した、ブレーキは、フロントとリアの両方のドラム式でした。ホイールベースは2000ミリメートル、フロントとリアのトラック幅1150と1160mmmました。 550キロの周りに秤量した車が-1,212lbs – レースする準備ができています。最高速度は小型、低前面面積、および軽量化の際にカルロ・アバルトの多くの場合、宣言された濃度の知恵を強調毎時124マイル未満no、毎時200キロと伝えました。

、ここに提供されるこの特定の例では、(シャーシの987382 ‘)もともと1961年8月14日にUffi​​cioデルPubblico Registro Automobilisticoディ・ルッカに登録し、それを12月23日限り、前に、ローマに拠点を置くファブリツィオViolatiのBellancauto SpAの会社に買収されました1981。

これは、車Collezioneマラネロ・ロッソの最長所有Abarthsになったものの一つになり、効果的にその最後の所有権の無未満33年から直接ここに提供されています。

専門家の検査時に、電源装置を手で回すのにタイトであることが証明されており、シリンダ1、2及び4は、良好な順になるように思われる穴が、3ライナーの上部の周りにいくつかの錆を示すボア。一つのシリンダヘッドナットがエンジンの後部から欠落しています。全てのギアを選択​​することができるが、結合もすべてブレーキは、動作可能です。クラッチ操作を機械的に摩耗した感じ、はっきりと注意を必要とする、ノイズが多いです。 Wethereforeは – このような長期的な博物館の車のために期待されるように – 新しい所有者が本格的に車を使用して検討するかもしれない前に専門家の検査と再コミッショニング慎重をお勧めします。この車のためのオリジナルルッカ登録プレートはロットを伴います。

このロットは支払われ、したがって、EU内の自由な流通におけるEU税です。

1961 Fiat Abarth 1000 Bialbero ‘Record Monza’
Coachwork by Carrozzeria Zagato
Registration no. Not registered in the UK
(previously registered in Italy: LU 43130)
Chassis no. 987382

Footnotes
This Abarth 1000 Bialbero is offered here direct from very long-term museum display in the celebrated Maranello Rosso Collection museum halls in the Republic of San Marino. This is a handsome example of the now highly desirable Fiat-Abarth 1000 Bialbero Coupé which has been prepared and equipped for modern-era Historic racing. Its specification includes a roll-over cage and four-point driver seat harness, although this will now be out of date under 2014 regulations.

The car has plainly competed with considerable success at Historic level within its class and we recommend it receives the closest consideration by any would-be owner interested in using it for further competition.

We understand that this is the Fiat Abarth 1000 Bialbero ‘Record Monza’ Coupé driven by Ettore Mandelli to win the 1150cc GTS class in the Monza International meeting of April 12,1981. It was prepared and entered on that occasion by the ‘Scuderia Supercar Bellancauto’ and that event also saw car owner Fabrizio Violati himself finishing second in the over 2500cc GTS class behind Spartaco Dini, both driving Ferrari 250GT Short-Wheelbase Berlinettas so this most attractive little 1-litre Coupe has certainly experienced high living in the very best company…

On May 24, 1981, Ettore Mandelli drove this Bialbero again to win the 1150cc Gran Turismo Storico class, adding a third victory on June 14, 1981 at Varana. On the mountain-climb calendar that year, Ettore Mandelli also won his class in this car at Predappio-Rocca delle Caminate on April 26, at the Scalata Colle Maddalena on June 21 and was then third in class at Gubbio-Madonna della Cima on August 2.
The Fiat-Abarth 1000 Bialbero RM Coupé Zagato was fitted with the new 1000 twin-cam engine that had been developed directly from the 750cc Bialbero power unit developed by Abarth. This new model won the Carrozzeria Zagato styling house the Compasso d’Oro prize for 1960.

The Fiat 600-derived 4-cylinder water-cooled engine had bore and stroke of 65m x 74mm, displacing 982cc. On a compression ratio of 9.3:1 and breathing through two twin-choke Weber 36DCL4 carburettors, the 1000 Bialbero delivered around 90bhp at 7,100rpm. Transmission was via a four-speed gearbox, the brakes were drum-type both front and rear. Wheelbase was only 2000mm, and front and rear track widths 1150 and 1160mmm.

The car weighed around 550Kg -1,212lbs – ready to race. Top speed was quoted as 200km/h,no less than 124mph, which emphasises the wisdom of Carlo Abarth’s often-declared concentration upon compact size, low frontal area, and lightweight construction.

This particular example offered here (chassis ‘987382’) was originally registered at the Ufficio del Pubblico Registro Automobilistico di Lucca on August 14, 1961 and it was acquired by Fabrizio Violati’s Bellancauto SpA company, based in Rome, as long ago as December 23, 1981.

This makes the car one of what became the Collezione Maranello Rosso’s longest-owned Abarths, and it is offered here effectively direct from no fewer than 33 years in its last ownership.

Upon expert inspection, the power unit has proved to be tight to turn by hand, and while cylinder bores 1, 2 and 4 appear to be in good order, bore 3 shows some rust around the top of the liner. One cylinder head nut is missing from the rear of the engine. All brakes are operational, though binding, while all gears can be selected. Clutch operation feels mechanically worn and is noisy, plainly needing attention. We
therefore – as is to be expected for such long-term museum cars – recommend expert inspection and careful re-commissioning before a new owner might consider using the car in earnest. The original Lucca registration plates for this car accompany the Lot.

This Lot is EU taxes paid and therefore in free circulation within the EU.

関連記事

Fiat 8V ¥ASK

車両価格:ASK ペブルビーチ·コンクール·デレガンス2002年ファーストクラスフィア

記事を読む

1972 Abarth-Osella SE 021 Sports Prototype 2783万円(SOLD)

Sold for £163,900 元アルトゥーロ・メルツァリオ、デレック・ベル、欧州

記事を読む

1967 Abarth 1300OT Periscopica Coupé 3639万円(SOLD)

Sold for £214,300 1967アバルト1300 OT Periscopi

記事を読む

Fiat 124 Spider – 1982 190万円

車両価格:€14,500 124 Spider er vel Fiat's måske

記事を読む

1969 Abarth 1300 Sport Spider SE010 ‘Quattro Fari’ Sports-Racing Prototype 3164万円(SOLD)

Sold for £186,300 1969アバルト1300スポーツスパイダーSE01

記事を読む

FIAT 126 Group 2 127万円

車両価格:€9,900 概要: 1978フィアット126のグループ2 50馬力の周

記事を読む

Abarth-Osella PA1 2160万円

  車両価格:€190,000 私たちは販売のために、この豪華なアバル

記事を読む

AUTOBIANCHI A112 Abarth GR2 ¥SOLD

車両価格:SOLD Fantastic recreation of the famous

記事を読む

1978 Fiat Abarth Rallye 131 Supermirafiore Group 4  1186万円(SOLD)

Sold for £69,820 1978フィアットアバルトラリー131 Superm

記事を読む

FIAT 1100A Barchetta, 1946/68. ¥ASK

車両価格:ASK This one-off barchetta was constru

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク