*

PR

1975 Ford Escort RS1800 Rally Car 1486万円(SOLD)

公開日: : フォード , ,

1975 Ford Escort RS1800 Rally Car

<スポンサーリンク>

Sold for £85,500

元ペンティAirikkala、ロジャー・クラーク、アリ・バタネン、ビョルン・ワルデガルド、デビッド・サットン(カーズ)株式会社
1975フォードエスコートRS1800ラリーカー
登録番号。 MLD 999P
シャーシがありません。 1CBA84889
エンジンがありません。 HML2000 / 1

脚注
アリ・バタネンは、世界ラリーチャンピオンがエスコート駆動になったとき、それは本当に正しい1981年に至るまで、ツインカムモデルは作品「最前線ラリーカーだった1968年から世界選手権のイベントを獲得することが可能な証明、ラリーマップ上にフォードを置くことエスコートましたRS。 RS1600を – – 1970年にフォードツインカムエンジンは決定的なエスコートラリーカーを作成するために、コスワースBDA 16バルブユニットに交換したエンジンは、実際には、2リットルまでの将来の拡大を可能にするために1,601ccで公認されたもののクラスの容量制限。最初の完全な2.0リッターエンジンは、1972年に公認され、作品に235-240bhpを​​生産トリム。この形式ではエスコートRS1600は、1972年と1974年の間トロット、ならびにその他の世界選手権のイベントのホスト上でRACラリー3回に勝つには十分証明しました。 RS1600のスタイルを望んでいたが、その膨大なパフォーマンスのための必要性を全く持っていないものに対応するために意図されていたオーバーヘッドバルブケントエンジン搭載メキシコ、:密接に関連して「スピンオフ」バリアントもありました。

エスコートは、1975年のための「MkIIの」として再発足したとき、ラリーカーは、ほぼ同じランニングギアを保持しながら、新しいルックボディシェルを採用し、「RS1800」、1,800ccの容量の増加を反映して、後者の変更改名されました。 RS1600の成功を基に、RS1800は、さらに開発された2.0リットルのフォームは、1980年代に入っても競争力を維持、その先祖よりもさらに多くの成功したキャリアを楽しみました。 RS1800は、1975年4月に花崗岩ラリー上の作品群2車としての受賞デビューした勝利はウェールズの国際ラリーで優勝しフォローアップロジャー・クラーク、に行きます。その年のロンバード – RACラリーでは、ティモ・マキネンは、車の最初の主要な国際的な成功を獲得するために先にフィールドの彼のRS1800ホームをもたらしました。これはRS1800とそのエスコートRSグループ4デリバティブのための5つの連続ロンバード-RACの勝利の最初のでしょう。ワークスドライバービョルン・ワルデガルドが最初の公式の世界ラリーチャンピオンになった一方で、1979年にエスコートは作るためにフォード初の世界ラリー選手権をもたらしました。

ワークスチームが1979年シーズンの終わりに国際ラリーから撤退した後、エスコートバトンはBoreham工場との強いつながりを楽しんだデビッド・サットンによって実行ロスマンズがスポンサーのチームに渡されました。そのドライバアリ・バタネンが最初となり、これまでのところ唯一、世界ラリーチャンピオンが非動作したときに1981年にロスマンズチームは歴史を作りました。

デビッド・サットン自動車株式会社によって新しい買って、ここで提供さRS1800は、1976ロンバード – RACラリーで使用ペンティAirikkalaによって駆動され、その後1977年にもその年の上でそれを運転したアリ・バタネン、によって駆動Mintexラリーの総合優勝でした1977ガンディーブレーキのスポンサーとスコットランドのラリー。 1977年と1978年「MLD 999P」でマールボロの後援で1978ロンバード – RACラリーにリンディスファーンラリー上のロジャー・クラークとアリ・バタネンによるものでした。デビッド・サットンによって保持され、この護衛もロスマンズ主催の車として使用し、また、1979年スコットランドのラリーに後者によって、スティグ・ブルムクヴィストとビョルン・ワルデガルドによって駆動されています。広範囲にWaldegårdによって損傷を受け、車が再砲撃され、1981年にテイラー/スピラーによって駆動され、RS2000の仕様でコートジボワールラリーに出場。

2004年には、車はスポンサーのロゴが書いたに署名することもダウンして、細部に骨の折れる注意を払ってデビッド・サットンによって再建されました。同年「MLD 999P」はスティグ・ブルムクヴィストとアンナゴーニ、その後、所有者によって駆動就任のロジャー・アルバート・クラーク歴史的な集会を獲得し、翌年同じドライバ/ナビで第二を終えました。デビッド・サットン車が独自に建てられ、この護衛を維持し、その生涯を通じてデビッドによって経営されています。車が販売されたまで、V5は、デビッド・サットンの名前に残りました。

その仕様は、デビッド・サットンによってすべてGartracコンポーネントで構築された完全なグループ4 Gartracのボディシェルを含んでいます。ポール・フィッシャーによって再構築以来エンジンは、その穴にのみ50マイルを持っています。仕様を結集するために建てられた、1,993c​​c BDAモータはコスワースNikasil合金シリンダブロック、新しい(非接地)ダグ・キディのクランクシャフトと新しいコンロッド、ピストン、リング、バルブ/スプリング/席など、すべてのコンポーネントがによって供給されているが組み込まれてジェフ・リチャードソン。ダイナモメーターシートは車のMSAヒストリックラリー車のアイデンティティフォームと英国V5の登録文書と一緒にファイルにあります。

ギアボックスはちょうど完全な再構築を受けています。すべての軸受であり、リングを拒絶するように両方のフロントとリアセンターケーシングは、新しく追加されました。このギアボックスは、元のZFダイレクトトップキットを装着され、エンジンのような唯一の50マイルが再構築されて以来使用してきました。リアアクスルは、エンジンとギアボックスと同時に再建本物の完全浮動Gartracアイテムです。など1クラウンホイール・アンド・ピニオン、ZFモータースポーツ限定スリップディファレンシャルとクラッチパック、XTRACハーフシャフトと、すべてのハブベアリング、ベントリアディスクブレーキが装着されています。取り付けた新しい部品には5が含まれます。リアサスペンションは4位置決めリンクとパナールロッドに新しいスリッパスプリングブッシュと新しい本物のフォードの茂みを誇っています。ビルシュタイングループ4森林仕様ダンパーが新たにインストールされていながら、5葉「森」リアスプリングは、完璧な状態のように説明し、取り付けた新しいリアシャックルや茂みを持っています。

新しいコンポーネントは、アップフロントツインカムアンチロールバーがあります。本物のフォードトラックコントロールアーム。グループ4ステアリングアーム。 Gartracステアリングラック、トラックロッドが終了します。新しい60分の260ビルシュタインの挿入と190lb「砂利」スプリングとフロントストラットケーシング;トップマウントローラーベアリング。サスペンションは、単なる50マイルの使用を見ていると、全体としての車は、一般的に良好な状態にあると記載されています。いくつかは、もしあれば、生き残っRS1800sは非常に多くのトップスカンジナビアだけでなく、後半にロジャー・クラークによって駆動されています。

The ex-Pentti Airikkala, Roger Clark, Ari Vatanen, Björn Waldegård, David Sutton (Cars) Ltd
1975 Ford Escort RS1800 Rally Car
Registration no. MLD 999P
Chassis no. 1CBA84889
Engine no. HML2000/1

Footnotes
It was the Escort that really put Ford on the rallying map, proving capable of winning World Championship events from 1968, when the Twin Cam model was the works’ frontline rally car, right through to 1981 when Ari Vatanen became World Rally Champion driving an Escort RS. In 1970 the Ford Twin Cam engine was replaced by a Cosworth BDA 16-valve unit to create the definitive Escort rally car – the RS1600 – though the engine was, in fact, homologated at 1,601cc to enable future enlargement up to the 2-litre class capacity limit. The first full 2.0-litre engines were homologated in 1972 and in works trim produced 235-240bhp. In this form the Escort RS1600 proved good enough to win the RAC Rally three times on the trot between 1972 and 1974, as well as a host of other World Championship events. There was also a closely related ‘spin off’ variant: the overhead-valve Kent-engined Mexico, which was intended to cater for those that wanted the RS1600’s style but had no need for its stupendous performance.

When the Escort was re-launched as the ‘MkII’ for 1975, the rally car adopted the new-look bodyshell while retaining virtually the same running gear and was renamed ‘RS1800’, the latter change reflecting the capacity increase to 1,800cc. Building on the RS1600’s success, the RS1800 was further developed and in 2.0-litre form enjoyed an even more successful career than its forebear, remaining competitive well into the 1980s. The RS1800 made its winning debut as a works Group 2 car on the Granite Rally in April 1975, victory going to Roger Clark, who followed up by winning the Welsh International Rally. In that year’s Lombard-RAC Rally, Timo Makinen brought his RS1800 home ahead of the field to score the car’s first major international success. It would be the first of five consecutive Lombard-RAC victories for the RS1800 and its Escort RS Group 4 derivative. In 1979 the Escort brought Ford its first World Rally Championship for Makes while works driver Björn Waldegård became the first official World Rally Champion.

After the works team withdrew from international rallying at the end of the 1979 season, the Escort baton was passed to the Rothmans-sponsored team run by David Sutton, which enjoyed strong links with the Boreham factory. In 1981 the Rothmans team made history when its driver Ari Vatanen became the first, and so far only, non-works World Rally Champion.

Bought new by David Sutton Cars Ltd, the RS1800 offered here was used on the 1976 Lombard-RAC Rally, driven by Pentti Airikkala, and then in 1977 was overall winner of the Mintex Rally driven by Ari Vatanen, who also drove it on that year’s 1977 Scottish Rally with Gandy Brakes sponsorship. In 1977 and 1978 ‘MLD 999P’ was driven by Roger Clark on the Lindisfarne Rally and by Ari Vatanen in the 1978 Lombard-RAC Rally with Marlboro sponsorship. Retained by David Sutton, this Escort was also used as a Rothmans-sponsored car and has also been driven by Stig Blomqvist and Björn Waldegård, by the latter on the 1979 Scottish Rally. Extensively damaged by Waldegård, the car was re-shelled and in 1981 competed in the Ivory Coast Rally in RS2000 specification, driven by Taylor/Spiller.

In 2004, the car was rebuilt by David Sutton with painstaking attention to detail, even down to sign-written sponsorship logos. That same year ‘MLD 999P’ won the inaugural Roger Albert Clark historic rally driven by Stig Blomqvist and Anna Goni, its then owner, and finished 2nd with the same driver/navigator the following year. Built originally by David Sutton Cars, this Escort has been maintained and run by David throughout its life. The V5 remained in the name of David Sutton until the car was sold.

Its specification includes a full Group 4 Gartrac bodyshell built with all Gartrac components by David Sutton. The engine has only 50 miles on its bores since a rebuild by Paul Fisher. Built to rally specification, the 1,993cc BDA motor incorporates a Cosworth Nikasil alloy cylinder block, new (un-ground) Doug Kiddie crankshaft and new con-rods, pistons, rings, valves/springs/seats, etc, all components being supplied by Geoff Richardson. A dynamometer sheet is on file together with car’s MSA Historic Rally Vehicle Identity Form and UK V5 registration document.

The gearbox has just undergone a complete rebuild; both front and rear centre casings are new, as are all the bearings and baulk rings. This gearbox is fitted with an original ZF direct-top kit and like the engine has seen only 50 miles use since being rebuilt. The rear axle is a genuine fully floating Gartrac item rebuilt at the same time as the engine and gearbox. New parts fitted include the 5:1 crown-wheel-and-pinion, ZF motor sport limited-slip differential and clutch pack, Xtrac half shafts and all hub bearings, etc. Vented rear disc brakes are fitted. The rear suspension boasts new slipper spring bushes and new genuine Ford bushes to the four locating links and the Panhard rod. The five-leaf ‘forest’ rear springs are described as in perfect condition and have new rear shackles and bushes fitted, while the Bilstein Group 4 forest-specification dampers are newly installed.

New components up front include the Twin Cam anti-roll bar; genuine Ford track control arms; Group 4 steering arms; Gartrac steering rack and track rod ends; front strut casings with new 260/60 Bilstein inserts and 190lb ‘gravel’ springs; and roller-bearing top mounts. The suspension has seen a mere 50 miles use and the car as a whole is described as in generally excellent condition. Few, if any, surviving RS1800s have been driven by so many top Scandinavians as well as the late Roger Clark.

http://www.bonhams.com/auctions/22718/lot/32/

 

関連記事

1985 Ford Sierra Cosworth Group N Rally Car 743万円

Sold for (£): 40,660 When Stuart Turner was

記事を読む

Ford Fiesta ST Race Car Track Day Rally Modified 168万円

車両価格:£9,250 フォードフィエスタSTレースカー(2005) エンジンは

記事を読む

Ford Escort MK1 2000RS Rally ¥ASK

車両価格:ASK This Pinto-engined LHD Ford Escort

記事を読む

Ford Capri Ex Gordon Spice ¥SOLD

彼のモータースポーツとパフォーマンスカーアクセサリービジネスの成功に助けゴードンスパイス

記事を読む

1979 Ford Capri Grp 1

登録:指定なし シャーシ番号:CC13 エンジン番号:指定なし 気筒数:6

記事を読む

1995 Ford Escort Cosworth Gp N Rally Car 360万円

Sold for (£): 19,550 Stuart Turner of Ford

記事を読む

1986 Ford RS200

$475,000 - $600,000 250馬力、1,803 ccのDOHCコ

記事を読む

2006 Ford Ford GT 6170万円

http://www.ebay.com/itm/Ford-Ford-GT-Leather

記事を読む

フォード マスタング マッハ1 コンバーチブル295万円

フォードマスタングマッハOneコンバーチブルクリーブランド1973オリジナルH-コードカブリ

記事を読む

1964 FIA Ford Falcon

登録:指定なし 車台番号:指定なし エンジン番号:指定なし シリンダーの数:V8

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク