*

PR

Ferrari F40 Berlinetta 1990 9552万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

Ferrari F40 Berlinetta 1990

<スポンサーリンク>

Sold for €724,500

フェラーリF40ベルリネッタ1990
ピニンファリーナによって自動車の車体
シャーシ#ZFFGJ34B000084052
メーカーとしてフェラーリの40年を祝うために1987年に発表された、F40はその毎時320キロとの究極のスーパーカーが発表されました。必然的に、我々はそのライバル、ポルシェ959とそれを比較したが、ドイツの自動車は、技術力作前衛を表す場合、F40はフェラーリの伝統的な価値観を具現化。むしろシンプルなデザインで、F40はかなりの電力、限られた質量、経験豊富なレーシングサスペンション、ポルシェ959とほぼ同等の性能レベルを達成するために、洗練され広々タイヤと空力が無限に多くを集め複雑。
限定シリーズで生産288 GTOに基づいて開発された、F40は、V8エンジンを搭載した2人乗りクーペは、シャーシに縦置き(とは横方向に328分の308のように)インストールを簡素化アーキテクチャました2 IHI​​のターボチャージャーの水を冷却し。モーター4 ACT、F40に2936立方センチメートルで288 GTOに2855立方センチメートルから増加し、32バルブは200馬力の約束で7000回転/分(または288よりも20パーセント)で478馬力を配信特別な工場セットをマウントするときに、より。
一方の側に、F40は、技術革新のための959の対抗:それはシャーシの製造方法及び道路フェラーリのための通常の練習からの新しい出発を表す組合でした。式1中の複合技術の実装に大きなフェラーリの経験を活かし、F40シャーシは完成ケブラーパネルが不利なしに金属構造よりも高いねじれ剛性をもたらした筒状のメッシュを釘付けに含ま軽さ。炭素繊維は、ドア、ボンネット、トランクリッドや他のリムーバブルパネルに使用​​しました。
風洞やコンピュータを使用することにより、ピニンファリーナは、レーシングカーのすべての種類に乗算された空気力学的成長を回避しながら、過度の抗力を作成することなく、十分なサポートを生成することが可能な容器を生産しました。それにもかかわらず、我々は非常に包み込む席、パースペックスはこの印象を強化するために貢献スライドカーペットとパッドと氷の欠如に乗り込んだとして激しく、すぐに漫画F40の歴史を間違えることができませんでしたかろうじてレースカーを装いました。
フェラーリは、最も高価なオファーをF40のための潜在的な需要の多くを過小評価し、時には最初の車はカタログ価格よりも3倍高い価格で迅速に変更手を配信しました。生産は1992年に停止した場合には、1300以上のF40を製造した持っていました。
フェラーリF40は1990年2月4日ステファノBonatiに新しい配信された、彼女は初めから3つだけ所有者を持っていただろう。かなりの上昇氷を装備し、それが元の色ロッソ・コルサと床正しいピレリPゼロ・タイヤに描かれています。 (4900キロに)1991年にフェラーリのディーラーによって維持、それは2年後に頑丈だったとプロの修理(オリジナル仕様)バッカリとPeraroこともできます。カウンタは、現在、ほぼ5500キロ、復興以来覆われたものと推定走行距離を表示します。
良好な状態であると説明し、フェラーリは、2013年9月の現在のベンダーによって買収以来、それはAutoficcinaチェシントン、サリーが続いた、タイミングベルトの交換に2012年11月にMunsterhuisスポーツカーSVによって維持されました英国。英国V5C文書やマニュアルやツールのその完全なセットで利用可能な、「84052」は、後半にエンツォ・フェラーリの個人的なスタンプを担う最新機種の低燃費、彼の究極の創造のコピーを取得するための貴重な機会を表しル・マン24時間レースに勝つ伝説の250 LMの精神。
1990年フェラーリF40ベルリネッタ
ピニンファリーナによって自動車の車体
シャーシがありません。 ZFFGJ34B000084052
フェラーリのエンツォに1987年に発表された自動車メーカーとして40年を祝う、毎時200マイルのF40は、究極のスーパーカーました。必然的に、比較はライバルのポルシェ959を用いて作製した、ICTのに対し、ドイツのライバルの目標は、最先端の、技術的力作、伝統的なフェラーリF40例示利益を代理。 F40は無限に、より複雑な959のそれに近い同一の性能レベルを達成達成するために膨大な電力、低体重、レース育ちのサスペンション、タイヤ広々と優れた空力特性を頼っされているため、比較的簡単。
限定生産288GTOから開発、F40は、ICTのV8パワー・ユニットは、(横方向に328分の308のようにではなく)フレームの長さ方向に取り付けられた2シーター、ミッドシップクーペた大幅に簡略化されたレイアウトはツインの客室を持っていること水冷IHIのターボチャージャー。 F40のため288GTOのを2,936ccする2,855ccから拡大し、オプションの工場出荷時のチューニングキットは、さらにトップ200bhpの約束とプロデュース7,000rpmモーター(288上のいくつかの20パーセント増)で4カム、32バルブ478bhpた場合指定されました。
側面のICTのF40の1 959革新のためにライバルをDID、そしてそれは、本体/フレーム工法たで、QUIは、フェラーリのロードカーのための新たな出発を代理。フェラーリのかなりの式1における複合技術の経験、使用中に描画、F40のフレームがで鋼管スペースフレームを構成接合-に大きく金属のみの構造のそのconduire結果のケブラーのパネル、およびねじり剛性に余分な体重のペナルティなし炭素繊維は、ドア、ボンネット、トランクリッドと – その他の取り外し可能なパネルに使用​​されました。
風洞やコンピュータの投影を使用して、ピニンファリーナは、非常に多くのアウトアウト・アンド・競技車を飾る空力突出物を回避しながら、過度のドラッグせずにダウンフォースを生成し、十分なボディを生産しています。それにもかかわらず、好戦的にスタイルのF40の先行詞はプレキシガラスの窓をスライドだけ薄く装ったレースカーとしてのICTの画像を強化するのに役立つ、内部に登った山、ボディ輪郭の座席、カーペットの欠如を持っているとトリム全く間違いではありませんでした。
フェラーリは大幅に早い配達を3回購入価格を超えるために、手を変えて、F40、ICT最も高価なモデルの需要を過小評価し、生産に1992年に停止したときに1300を少し超えるが行われていました。
この特定のフェラーリF40は1に1990年2月4日に新しい配信されたとステファノ・Bonatiは新しいからわずか3人の所有者があったと理解されています。それは望ましい巻き上げの窓があり、ロッソ・コルサのICTを元の色に仕上がっており、ピレリPゼロ適切なタイヤを履くれます。報道によるとバッカリとPeraroにより(元の仕様に)1991年にフェラーリ取扱店にて修理(4.900キロで)それは2年後の事故に巻き込まれたと専門的に修理しました。年頃5.500キロの現在の走行距離計の読みは、再構築以来、同伴者の距離であると推定されます。
一般的に良好な状態のように説明したフェラーリは、2012年11月にMunsterhuisスポーツカーSVによってタイミングベルトのcomprenant未変化にサービスを提供し、2013年9月の現在のベンダーによって以来、情報通信技術(ICT)の取得は-された後のバイチェシントンのAutoficcina、サリー州、イギリス見えました。英国V5C登録文書や書籍やツールのその完全なセットで提供される、「84052」は精神で_him_によって作成された後半にエンツォ・フェラーリの個人的なインプリントを、負担する最後のモデルのほとんど-​​使用例を取得する希少な機会を表します伝説のル・マンを受賞250LMの。
売り場の通知
車は英国で登録され、付加価値税は購入価格には適用されません。このモーターカーは、英国登録とハンマー価格に付加価値税の対象ではありません。

Ferrari F40 Berlinetta 1990

Carrosserie par Pininfarina
Châssis n° ZFFGJ34B000084052

Annoncée en 1987 afin de célébrer les 40 ans de Ferrari comme constructeur, la F40 était alors la supercar par excellence avec ses 320 km/h annoncés. Inévitablement, on la compara avec sa rivale, la Porsche 959, mais si la voiture allemande représentait un tour de force technologique d’avant-garde, la F40 concrétisait les valeurs traditionnelles de Ferrari. D’une conception assez simple, la F40 réunissait une puissance considérable, une masse limitée, une suspension expérimentée en course, des pneus généreusement dimensionnés et une aérodynamique raffinée afin d’atteindre un niveau de performance presque égal à celui de la Porsche 959 infiniment plus complexe.

Développée sur la base de la 288 GTO produite en série limitée, la F40 était un coupé biplace doté d’un moteur V8 monté longitudinalement dans le châssis (et non pas transversalement comme sur les 308/328), une architecture qui simplifiait l’installation des deux turbocompresseurs IHI refroidis par eau. Porté de 2 855 cm3 sur la 288 GTO à 2 936 cm3 sur la F40, le moteur à quatre ACT et 32 soupapes délivrait 478 ch à 7 000 tr/min (soit 20 pour cent de plus que le 288) avec promesse de 200 ch de plus en cas de montage du kit spécial d’usine.

Sur l’un des points, la F40 rivalisait avec la 959 pour l’innovation : il s’agissait de la méthode de fabrication du châssis et de la caisse qui représenta une nouvelle dérogation aux pratiques habituelles pour une routière Ferrari. Exploitant la grande expérience de Ferrari dans la mise en œuvre de la technologie des composites en Formule 1, le châssis F40 comprenait un treillis tubulaire complété de panneaux de Kevlar collés qui apportaient une rigidité en torsion supérieure à celle d’une structure en métal sans pénaliser la légèreté. La fibre de carbone fut utilisée pour les portes, le capot, la porte de coffre et autres panneaux démontables.

Grâce à l’utilisation d’une soufflerie et de l’informatique, Pininfarina produisit une caisse capable de générer suffisamment d’appui sans créer une traînée excessive tout en évitant les excroissances aérodynamiques qui se multiplient sur toutes sortes de voitures de compétition. Néanmoins, il était impossible de se méprendre sur les antécédents de la F40 dessinée avec vigueur dès qu’on montait à bord, les sièges très enveloppants, l’absence de moquettes et de garnitures et les glaces coulissantes en Perspex concourant à renforcer cette impression de voiture de course à peine déguisée.
Ferrari sous-estima énormément la demande potentielle en faveur de la F40, son offre la plus coûteuse, et les premières voitures livrées changèrent vite de main parfois à un prix trois fois supérieur au prix du catalogue. Lorsque la production fut arrêtée en 1992, un eu plus de 1 300 F40 avaient été produites.

Cette Ferrari F40 a été livrée neuve le 4 février 1990 à Stefano Bonati et elle n’aurait eu que trois propriétaires depuis l’origine. équipée des appréciables glaces montantes, elle est peinte dans sa teinte d’origine Rosso Corsa et chaussée des corrects pneus Pirelli P Zero. Entretenue par un concessionnaire Ferrari en 1991 (à 4 900 km), elle a été accidentée deux ans plus tard et réparée professionnellement (aux spécifications d’origine) par Vaccari et Peraro. Le compteur affiche actuellement près de 5 500 km, kilométrage présumé parcouru depuis la reconstruction.

Décrite comme étant en excellent état général, la Ferrari a été entretenue par Munsterhuis Sportscars SV en novembre 2012 avec remplacement des courroies de distribution et, depuis son achat par le vendeur actuel en septembre 2013, elle a été suivie par Autoficcina de Chessington, Surrey , au Royaume-Uni. Offerte avec le document V5C britannique et son jeu complet de manuels et d’outils, « 84052 » représente une rare occasion d’acquérir un exemplaire à faible kilométrage du dernier modèle portant la marque personnelle du regretté Enzo Ferrari, son ultime création dans l’esprit de la légendaire 250 LM gagnante des 24 Heures du Mans.

1990 Ferrari F40 Berlinetta
Coachwork by Pininfarina
Chassis no. ZFFGJ34B000084052

Announced in 1987 to celebrate Enzo Ferrari’s forty years as a carmaker, the 200mph F40 was the ultimate supercar. Inevitably, comparisons were made with the rival Porsche 959, but whereas its German rival represented a cutting-edge, technological tour de force, the F40 exemplified traditional Ferrari values. A relatively straightforward car, the F40 relied on enormous power, low weight, race-bred suspension, generously sized tyres and excellent aerodynamics to achieve a level of performance near-identical to that of the infinitely more complex 959.

Developed from the limited-production 288GTO, the F40 was a two-seater, mid-engined coupé that mounted its V8 power unit longitudinally in the chassis (rather than transversely like the 308/328) a layout that greatly simplified the accommodation of the twin water-cooled IHI turbochargers. Enlarged from the 288GTO’s 2,855cc to 2,936cc for the F40, the four-cam, 32-valve motor produced 478bhp at 7,000rpm (some 20 percent up on the 288) with the promise of a further 200bhp if the optional factory tuning kit was specified.

In one of its aspects the F40 did rival the 959 for innovation, and that was the method of body/chassis construction, which represented a new departure for a Ferrari road car. Drawing on Ferrari’s considerable experience in the use of composite technology in Formula 1, the F40 chassis comprised a tubular steel spaceframe with bonded-on panels of Kevlar, resulting in torsional stiffness greatly exceeding that of a metal-only structure without the penalty of excess weight. Carbon fibre was used for the doors, bonnet, boot lid and other removable panels.

Using a wind tunnel and computer projection, Pininfarina produced a body that generated sufficient downforce without excessive drag, while avoiding the aerodynamic excrescences that adorn so many out-and-out competition cars. Nevertheless, there was no mistaking the pugnaciously styled F40’s antecedents as one climbed inside, the body-contoured seats, absence of carpeting and trim, and sliding Plexiglas windows only serving to reinforce its image as a thinly disguised race-car.

Ferrari greatly underestimated demand for the F40, its most expensive model, with early deliveries changing hands for in excess of three times the purchase price, and when production ceased in 1992 a little over 1,300 had been made.

This particular Ferrari F40 was delivered new on 4th February 1990 to one Stefano Bonati and is understood to have had only three owners from new. It has the desirable wind-up windows, is finished in its original colour of Rosso Corsa, and is shod with the correct Pirelli P Zero tyres. Reportedly serviced by a Ferrari dealer in 1991 (at 4,900 kilometres) it was involved in an accident two years later and professionally repaired (to original specification) by Vaccari and Peraro. The current odometer reading of circa 5,500 kilometres is presumed to be the distance travelled since the rebuild.

Described as in generally excellent condition, the Ferrari was serviced by Munsterhuis Sportscars SV in November 2012, including a change of timing belts, and since its acquisition by the current vendor in September 2013 has been looked after by Autoficcina of Chessington, Surrey, UK. Offered with UK V5C registration document and its complete set of books and tools, ‘84052’ represents a rare opportunity to acquire a little-used example of the last model to bear the personal imprint of the late Enzo Ferrari, created by him in the spirit of the legendary Le Mans-winning 250LM.

Saleroom notices
Cette automobile est inscrite au Royaume-Uni, et la TVA n’est pas applicable sur le prix d’adjudication. This motor car is UK registered and not subject to TVA on the hammer price.

http://www.bonhams.com/auctions/22528/lot/363/

関連記事

フェラーリ F50 1億4220万円

車両価格:€1,100,000 Category Coupe Ma

記事を読む

【ヤフオク】テスタロッサ ディーラー車

今回限りの出品です。 現在市場に出ているテスタロッサの中では最も安いのではないでしょう

記事を読む

FERRARI Dino 246 GTS (Cabriolet) 6539万円

車両価格:500'000スイスフラン Fahrzeugdaten Inverkehr

記事を読む

フェラーリ ディーノ 206SP ¥ASK

車両価格:ASK 著名なレースの歴史を持つ最高級206SPディノレプリカを提示します。

記事を読む

【ヤフオク】■フェラーリF40純正ドアミラー左右中古■

Ferrari F40に対応する中古のドアミラー左右です。 折りたたむ事はできますが、

記事を読む

Ferrari Testarossa 2571万円

車両価格:£134,990 Launched in 1984 with the well

記事を読む

1971 Ferrari 365GTB4 Daytona 8643万円

車両価格:$725,000 この1971年のフェラーリ365GTB/4デイトナシャーシ

記事を読む

1989 Ferrari F1-89 Formula One 7571万円(SOLD)

    Sold for €616.000 ダブ

記事を読む

2006 Ferrari F430 GT3 777万円

Sold for (£): 42,188 Based on the factory d

記事を読む

1971 Ferrari 365 GTB/4 Daytona ¥ASK

車両価格:ASK 登録番号:シャーシ番号を有料EU税:13865 60年代後半では、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク