*

PR

1970 Mazda Cosmo Sport Series II L10B Coupe 1328万円(SOLD)

公開日: : マツダ ,

1970 Mazda Cosmo Sport Series II L10B Coupe

Sold for US$ 110,000

1970マツダコスモスポーツシリーズII L10Bクーペ
シャーシがありません。 L10B-10900
エンジンがありません。 10A-2062


982 ccのツインローターバンケルエンジン
単一の4バレルゼニスキャブレター
7,000rpmで128bhp
5速マニュアルトランスミッション
フロント独立サスペンション – DeDionリアアクスル
フロントディスク – リアドラムブレーキ


*広島県のマツダの故郷に新しい配信
*礎石日本の古典の実質的に元の例
*より強力なシリーズIIの設定
*正式に米国で販売しないでください
*すべての時間の最も望ましい日本のスポーツカーの一つ


MAZDA COSMO
1920年代に設立されたが、1960年はわずか4年後に日本企業はNSUのバンケル・設計生産する権利を取得した、初のロータリーエンジン搭載のプロトタイプを出展するまで、マツダ株式会社となる会社は、乗用車の量産を開始しませんでしたエンジン。 1966年にマツダは、その第一回転、翌年生産に入ったコスモL10Aを、開始しました。マツダのフラッグシップモデル、コスモは毎時185キロの最高速度にはかなり2シータークーペを買う余裕が十分にあった、ツインローターエンジン変位982ccによって給電され、110bhpを​​生産しました。 1968
年7月には、より長いホイールベースに、より強力でより速く(128bhp、毎時193キロ)L10Bバージョンが導入されました。


、トヨタとその2000GTと同じように、コスモトリム行く道で快適なグランドツーリングカーでしたが、マツダは、モデルの競争力を証明することに熱心でした。マツダは、さらに彼らのワンケルロータリーエンジンの信頼性を証明しようとしました。この目的を達成するために、工場は1968マラソン・デ・ラ・ルート、ドイツの有名なニュルブルクリンクサーキットで開催された耐久性の84時間の試験で2台の車に入りました。コスモスは、他の2作品が入力したポルシェ911sの後ろ総合4終了するに行くとランチア・フルヴィア1.3 HFの作品、第82時間で引退1で、全体のレース中にフィールドの上部付近に走りました。
1176シリーズII L10Bバージョンそのうち、生産は限られていた、とコスモは1972年に段階的に廃止された場合にのみ1519が行われていました。コレクターの日本車の世界では、マツダコスモは、その高性能トヨタと日産、競合他社、2000GT、スカイラインGT-Rと並んで、一番上の層にランクされています。元コスモが正式に米国で販売されていませんでしたので、アメリカの道路上でこれらの車の目撃情報はほとんど存在しません。従って、これは、これらの未来的な探して、ジェット機時代の回転駆動のスポーツカーの1を取得するためのエキサイティングな機会です。


OFFERED自動車
このシリーズIIコスモは最初だけ右側のドライブ構成で生産1970年、マツダが基づいて広島県に登録された、コスモスは、主に(新しいロードスターより長い半分未満フィート)その小柄なサイズ指定された国内市場の車でしたユニークなルックス – のみ6は、米国への新規派遣された – といくつかのこの日に母国を離れました。最も人気のある色 – – 白に仕上がっ千鳥格子布インサートと黒のビニールの上に、彼らの宇宙船のような外観と小説パワートレインを与えられたこれらの稀な車の魅力を見ることは容易です。


日本のいくつかの所有者を通過し、このコスモは、そのゼニスキャブレターの復元、新しいスパークプラグ、ガスタンクの清掃、新しいフロントヘッドライトとリアテールランプのレンズ枠、新しい電池、およびAを含め、2011年にいくつかの機械的な改修を受けました徹底した外観とエンジンディテール。定期的なメンテナンスや機械改修の外では、しかし、車はほぼオリジナルです。後から追加された機能の中で木材縁のステアリングホイールと非常にまれ林レーシングホイールのセットがあります。


アリゾナ州にここに来るために初めて日本を残して、これは今までに生産さ最も望ましい日本のスポーツカーの1を取得するための貴重な機会です。トヨタ2000GTsで今しっかりとブルーチップ・コレクタ車の希薄空気と日出づる国からの車のための無限の熱意とコレクターの若い世代では、これらの初期のローター搭載のマツダのスポーツカーを持っていることを少し驚きでありますとてもファッショナブルで引っ張りだこになります。


売り場の通知
この車両用のタイトルが途中であることに注意してください。

 

1970 Mazda Cosmo Sport Series II L10B Coupe

Chassis no. L10B-10900
Engine no. 10A-2062
982cc Twin-Rotor Wankel Engine
Single 4-Barrel Zenith Carburetor
128bhp at 7,000rpm
5-Speed Manual Transmission
Front Independent Suspension – DeDion Rear Axle
Front Disc – Rear Drum Brakes

*Delivered new to Mazda’s hometown of Hiroshima Prefecture
*Substantially original example of a cornerstone Japanese classic
*More powerful Series II configuration
*Never officially sold here in the US
*One of the most desirable Japanese sports cars of all time
THE MAZDA COSMO

Although founded in the 1920s, the company that would become Mazda Motor Corporation did not commence series production of passenger cars until 1960. Only four years later the Japanese firm exhibited its first rotary-engined prototype, having acquired the rights to produce NSU’s Wankel-designed engines. In 1966 Mazda launched its first rotary, the Cosmo L10A, which went into production the following year. Mazda’s flagship model, the Cosmo was powered by a twin-rotor engine displacing 982cc and producing 110bhp, which was enough to afford the pretty two-seater coupé with a top speed of 185km/h. In July 1968 a more powerful and faster (128bhp, 193km/h) L10B version on a longer wheelbase was introduced.

While, as with Toyota and their 2000GT, the Cosmo was a comfortable grand touring car in road going trim, Mazda was keen to prove the model’s competition abilities. Mazda additionally sought to prove the reliability of their wankel rotary engine. To this end, the factory entered two cars in the 1968 Marathon de la Route, an 84-hour test of endurance held at Germany’s famed Nürburgring circuit. The Cosmos ran near the top of the field during the entire race, with one retiring in the 82nd hour, the other going on to finish 4th overall behind two works-entered Porsche 911s and a works Lancia Fulvia 1.3 HF.

Production was limited, and when the Cosmo was phased out in 1972 only 1,519 had been made, of which 1,176 were the Series II L10B version. In the world of collectible Japanese cars, the Mazda Cosmo ranks in the top tier, alongside its high-performance Toyota and Nissan competitors, the 2000GT and the Skyline GT-R. Because the original Cosmo was never officially sold in the US, sightings of these cars on American roads are almost nonexistent. This is therefore an exciting opportunity to acquire one of these futuristic looking, jet age rotary-powered sports cars.

THE MOTORCAR OFFERED

This Series II Cosmo was first registered in the Hiroshima Prefecture, where Mazda is based, in 1970. Only produced in right hand drive configuration, Cosmos were primarily home market cars given their diminutive size (less than half a foot longer than a new Miata) and unique looks — only six were dispatched new to the US — and to this day few have left their home country. Finished in white — the most popular color — over black vinyl with houndstooth cloth inserts, it is easy to see the appeal in these rare cars given their spaceship-like appearance and novel powertrain.

Passing through several owners in Japan, this Cosmo received some mechanical refurbishment in 2011, including a restoration of its Zenith carburetor, new spark plugs, a cleaning of the gas tank, new front headlight and rear taillight lens frames, a new battery, and a thorough exterior and engine detailing. Outside of routine maintenance and mechanical refurbishment, however, the car is substantially original. Among the features that have been added later are the wood rimmed steering wheel and a set of very rare Hayashi Racing wheels.

Leaving Japan for the first time to come here to Arizona, this is a rare opportunity to acquire one of the most desirable Japanese sports cars ever produced. With Toyota 2000GTs now solidly in the rarified air of blue-chip collector cars and a younger generation of collectors with a boundless enthusiasm for cars from the Land of the Rising Sun, it is of little surprise that these early rotor-powered Mazda sports cars have become so fashionable and sought after.

Saleroom notices
Please note that the title for this vehicle is in transit.

 

http://www.bonhams.com/auctions/22205/lot/158/

 

関連記事

【ヤフオク】超レア車両 元ESBデモカー CLS Alto フルカスタム 美車両

【ヤフオク】超レア車両 元ESBデモカー CLS Alto フルカスタム 美車両

元ESBデモカー アルト(キャロル) 大阪内側環状線専用車両の出展になります! 家庭

記事を読む

Mazda RX-8 3 Rotor SpeeedSource Riley MKXV N004 GrandAm Rolex GT car

【ebay】Mazda RX-8 3 Rotor SpeeedSource Riley MKXV N004 GrandAm/Rolex GT car

Riley Technologies chassis MK XV N004 Mazda RX-

記事を読む

37685_00a00f5704_low_res

1984 LOLA T616 PROTOTYPE

ハイライト ルマンでクラス優勝を獲得した最初の日本のメーカー(#68第一、第67

記事を読む

2006 Mazda MX-5 2.0 Sport Race Car ( Built 2012 )

2006 Mazda MX-5 2.0 Sport Race Car ( Built 2012 ) 236万円

車両価格:£12,999 フルな2015仕様にアップデートされて 2006/06

記事を読む

マツダロータリーレーシングカー

【ヤフオク】マツダロータリーレーシングカー 現在価格:20万円 

こちらの商品は代理出品になりますが最後まで責任持って対応しますのでよろしくお願い致します。

記事を読む

マツダ 初代 コスモスポーツ 後期 S46 L10B 車両 車体 書類有り_画像1

【ヤフオク】マツダ 初代 コスモスポーツ 後期 S46 L10B 車両 車体 書類有り

車種 ☆マツダ コスモスポーツ L10B 車両状態 前オーナー様が大事にレストアを

記事を読む

2015年展示車両 RX-7 フルチューン

【ヤフオク】2015年展示車両 RX-7 フルチューン 入札無し

8年かけて仕上げましたが、この度目標を達成できたため売却することにしました。 2015年

記事を読む

昭和45年 マツダ コスモスポーツ

昭和45年 マツダ コスモスポーツ ¥ASK

車両価格:ASK 昭和45年 走行距離 不明 ホワイト/ブラック 5

記事を読む

昭和45年 マツダ コスモ スポーツ

昭和45年 マツダ コスモ スポーツ ¥ASK

車両価格:ASK 昭和45年 68,490km ホワイト/ブラック 5速MT 後期

記事を読む

Mazdaspeed 3 Race Car

Mazdaspeed 3 Race Car 236万円

現在価格:$19,500 即決:$26,500 チームのi-MOTOマツダスピー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク