*

PR

1972 Ferrari Dino 246GT Coupé 4503万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

1972 Ferrari Dino 246GT Coupé

<スポンサーリンク>

Sold for £259,100

エルトン・ジョンのもともとプロパティ、新しい1972年のフェラーリディーノ246GTクーペから29200マイル
ピニンファリーナ/スカリエッティによって自動車の車体
登録番号。 JDS 580K
シャーシがありません。 03300
エンジンがありません。 03300


脚注
「能力遠くても、専門家のドライバが最も現実世界のモータリングに使用できるものを超えており、それがあるためにディノの理由であるディノ、1のような車を運転するためのスリルです。良いミッドシップ車の本当の喜びは、そのハンドリングとブレーキングであり、我々はそれが期待どおりにディーノは輝いていました。ステアリングは、超迅速されることなく、迅速であり、それはタイヤで起こっているまさにフィードバックの慎重に計画量を思われるものによって送信されます。慣性のレイアウトの低極性瞬間のおかげで車はそれに即座に応答します。ディノのコーナリング限界が非常に高いです…」 – ロード&トラック。


これは、1967年にトリノモーターショーで、ディーノV6」のクワッドのラインで最新の「ジュニア」フェラーリ、ディノ206 GTの導入を促していた新しいフォーミュラ2の生産ベースのエンジンの必要性でしたアンドレア・デ・Adamichは1968年アルゼンチンTemporadaシリーズに勝利しながら、1950年代後半にさかのぼる-cam」エンジンは、新しいユニットは、ヨーロッパ選手権の両方で優勝レースデレック・ベルとエルネスト・ブランビラ、ショールームのように競馬場のような成功を証明しました。


1966年のその成功した限定版ディーノ206Sスポーツレーサーで得た経験を踏まえ、フェラーリは、道路の車のためのレーサーのミッドシップレイアウトを保持したが、横方向ではなく縦方向に電源装置を設置しました。印象的な外観のコンパクト、アルミボディのクーペは、ピニンファリーナスタイルディノ – フェラーリAlfredinoエンツォフェラーリの後半の息子にちなんで名付けられた、独立したが、関連ブランドの最初として意図は – 2.0リットル、4-カムV6の駆動により電力を供給されイン・ユニット5速トランスアクスルを介して。モーターの180ブレーキ馬力は毎時142マイルに軽量、空気力学的効率のディノを推進するのに十分よかったので、クルマのパフォーマンスに関するいくつかの苦情があった一方で、そのアルミニウム構造によって強制高いコストが売上を妨げました。


長いホイールベースに2.4リットルのバージョン – 246GTは – スカリエッティによって建てられた後期1969年に元のディーノ206を交換し、体は今鋼とシリンダブロック鋳鉄製ではなく、アルミニウムが、より大きなエンジンの電力の増加だった – 195bhp 7,600rpmで – 十分に体重増加のための補償。タルガトップバージョン、246GTSは、1972年に続いディーノ3つのシリーズに建てられた246: ‘L’、 ‘M’と ‘E’、仕様の詳細の変更を反映するこれらの名称。なく、かなりの速直線でその大きいV12エンジン搭載stablematesなどが、軽快ディノは曲がりくねっ以上のかかとのクリーンペアが起こってほとんど何を示すことができました。本当にドライバーの車飛び抜けて優秀。


のみ498ディノ246GTsの一つはマラネロコンセッショネアによって新しい注文し、ネロビニル内装トリム、電動窓リフト、6 1/2 “×14″ホイールとロッソキアロに完成した配信された「03300」、右側のドライブ構成に英国に供給されます。車は1972年2月にホアンチュアチ、エセックス州ハロルド・ウェッブ・モーターズに売却し、最初の「SOO 25K」として1972年3月1日に自分の名前で登録されました。 1972年11月にディーノはによって購入されたとウェントワース、サリーのエルトン・ジョンヘラクレスに登録されています。ジョン・リード、エルトンの元マネージャーから1973年6月15日付けのファイル上の文字によって確認されるように明らかにエルトン、今エルトンは、ジョンは、彼のドラマー、ナイジェル・オルソンに車を才能。この手紙は、所有権は「エルトン・ジョンの代わりに ”合意する姿で ‘と転送されるだろうと述べています。関連ログブックは、ファイルにあります。この時点での走行距離は5600として引用されました。


ディノの次の所有者が1974年5月に約12500マイルで車を購入した氏ダグホドソン、でした。氏ホドソンは、それが14468マイルでサリーのミスターJ J Baynesに売却された1979年5月まで車を保ちました。氏ホドソンは月1979年前に売却にそれが彼の所有権の5年間で約2000マイルを覆っていたし、各冬と1978年の全体を敷設されていることを述べた1979年10月には氏Baynesは、グラスゴーのミスV Jカーローにディーノを販売しました。ミスカーローは「3 GTO」として車を登録し、直前の所有者、ロンドンの氏R J・マシューズは、それを購入しました。1993年12月、までそれを維持しこの時点で記録された走行距離は約16,000であったであろう。氏マシューズは、その後(17179マイルで1994年3月10日付けのファイルに請求書を参照してください)​​£9,751.65の費用で12,000マイルサービスと豊富な追加工事のためにマラネロコンセッショネアに車を取りました。完了すると、マラネロは(ファイルを1994年8月12日付けの請求書を参照)、さらに£18,674.41ための法案をもたらした、必要に応じて腐食パネルを交換し、ベアメタル再スプレーを行いました。イタリアへの旅行でフェラーリは、オルタネータの問題にフランスで決裂しました。 5つ星のホテル内に数日間は、マラネロの費用で、置き換えオルタネータと嵌修正配線織機を見ました。 (20766記録されたマイルで)1996年8月にはギアボックスはカララでフェラーリのディーラーPrampoliniマウロによってイタリアに再建されました。その後、車はそれを維持し続け、また、ダッシュボードを再トリミングモトテクニックのケビン・オルーク、に委託しました。


2002年には、24200マイルで、デ​​ィノは買収以降のみいくつかの5000マイルの合計に加算している現在のベンダーによって購入された、現在の走行距離計の読みは29200年頃です。付属のマニュアルには、前述の手形、対応など、現在のMOT証明書と古いスタイルV5の登録文書から構成されています。一般的に非常に良い/良好な状態として説明し、「03300」は「Aリスト」有名人の所有権の追加の名声を持つ、この象徴的なV6フェラーリの完全に文書化、低燃費の例を獲得する貴重な機会を表しています。

 

Originally the property of Sir Elton John, 29,200 miles from new
1972 Ferrari Dino 246GT Coupé
Coachwork by Pininfarina/Scaglietti
Registration no. JDS 580K
Chassis no. 03300
Engine no. 03300

Footnotes
‘It is a thrill to drive a car like the Dino, one whose capabilities are far beyond what even an expert driver can use in most real-world motoring, and that is the Dino’s reason for being. The real joy of a good mid-engined car is in its handling and braking and the Dino shone as we expected it to. The steering is quick without being super quick, and it transmits by what seems a carefully planned amount of feedback exactly what is going on at the tyres. Thanks to the layout’s low polar moment of inertia the car responds instantly to it. The Dino’s cornering limits are very high… ‘ – Road & Track.

It was the need for a production-based engine for the new Formula 2 that had prompted the introduction of a ‘junior’ Ferrari, the Dino 206GT, at the Turin Motor Show in 1967. The latest in a line of Dino V6 ‘quad-cam’ engines stretching back to the late 1950s, the new unit proved as successful on the racetrack as in the showroom, Derek Bell and Ernesto Brambilla both winning races in the European Championship, while Andrea de Adamich triumphed in the 1968 Argentine Temporada series.

Building on experienced gained with its successful limited edition Dino 206S sports-racer of 1966, Ferrari retained the racer’s mid-engined layout for the road car but installed the power unit transversely rather than longitudinally. A compact, aluminium-bodied coupé of striking appearance, the Pininfarina-styled Dino – named after Enzo Ferrari’s late son Alfredino Ferrari and intended as the first of a separate but related marque – was powered by a 2.0-litre, four-cam V6 driving via an in-unit five-speed transaxle. The motor’s 180 brake horsepower was good enough to propel the lightweight, aerodynamically-efficient Dino to 142mph, and while there were few complaints about the car’s performance, the high cost enforced by its aluminium construction hindered sales.

A 2.4-litre version on a longer wheelbase – the 246GT – replaced the original Dino 206 in late 1969. Built by Scaglietti, the body was now steel and the cylinder block cast-iron rather than aluminium, but the bigger engine’s increased power – 195bhp at 7,600rpm – adequately compensated for the weight gain. A Targa-top version, the 246GTS, followed in 1972. The Dino 246 was built in three series: ‘L’, ‘M’ and ‘E’, these designations reflecting detail changes in the specification. While not quite as fast in a straight line as its larger V12-engined stablemates, the nimble Dino was capable of showing almost anything a clean pair of heels over twisty going. Truly a driver’s car par excellence.

One of only 498 Dino 246GTs supplied to the UK in right-hand drive configuration, ‘03300’ was ordered new by Maranello Concessionaires and delivered finished in Rosso Chiaro with Nero vinyl interior trim, electric window lifts and 6½” x 14″ wheels. The car was sold to Harold Webb Motors in Hornchurch, Essex in February 1972 and first registered in their name on 1st March 1972 as ‘SOO 25K’. In November 1972 the Dino was purchased by and registered to Elton Hercules John of Wentworth, Surrey. Apparently Elton, now Sir Elton, John gifted the car to his drummer, Nigel Olsson, as confirmed by a letter on file dated 15th June 1973 from John Reid, Sir Elton’s former manager. This letter states that ownership would be transferred ‘at a figure to be agreed’ and ‘on behalf of Elton John’. The relevant logbook is on file also. The mileage at this point was quoted as 5,600.

The Dino’s next owner was a Mr Doug Hodson, who purchased the car in May 1974 at approximately 12,500 miles. Mr Hodson kept the car until May 1979 when it was sold to Mr J J Baynes of Surrey at 14,468 miles. Mr Hodson stated that it had covered approximately 2,000 miles in five years of his ownership and been laid up each winter and the whole of 1978 prior to its sale in May 1979. In October 1979 Mr Baynes sold the Dino to Miss V J Carlaw of Glasgow. Miss Carlaw registered the car as ‘3 GTO’ and kept it until December 1993, when the immediately preceding owner, Mr R J Matthews of London, purchased it. The recorded mileage at this time would have been approximately 16,000. Mr Matthews then took the car to Maranello Concessionaires for a 12,000-mile service and extensive additional works at a cost of £9,751.65 (see invoice on file dated 10th March 1994 at 17,179 miles). On completion, Maranello carried out a bare metal re-spray, replacing corroded panels where necessary, which resulted in a bill for a further £18,674.41 (see invoice dated 12th August 1994 on file). On a trip to Italy the Ferrari broke down in France with an alternator problem. Several days in a five-star hotel, at Maranello’s expense, saw the alternator replaced and a modified wiring loom fitted. In August 1996 (at 20,766 recorded miles) the gearbox was rebuilt in Italy by Ferrari dealer Prampolini Mauro in Carrara. Subsequently, the car was entrusted to Kevin O’Rourke of Moto-Technique, who continued to maintain it and also re-trimmed the dashboard.

In 2002, at 24,200 miles, the Dino was purchased by the current vendor, who since acquisition has added only some 5,000 miles to the total, the current odometer reading being circa 29,200. Accompanying documentation consists of the aforementioned bills, correspondence, etc, current MoT certificate and a old style V5 registration document. Described as in generally very good/excellent condition, ‘03300’ represents a rare opportunity to acquire a fully documented, low-mileage example of this iconic V6 Ferrari, possessing the additional cachet of ‘A-List’ celebrity ownership.

http://www.bonhams.com/auctions/21904/lot/3/

関連記事

FERRARI F40 1億9437万円

車両価格:£995,950 Rosso Corsa Registered 198

記事を読む

1953 Ferrari 250 Europa 2億8125万円

車両価格:$2,288,888 FERRARI EUROPA - Chassis 0321

記事を読む

Ferrari P4 330 Replica 1904万円

車両価格:€130,000   Description: Th

記事を読む

1989 Ferrari F40 1億1881万円(SOLD)

Sold for £761,600 ウェーバー・マレリのエンジン管理および燃料噴

記事を読む

Ferrari Testarossa 2571万円

車両価格:£134,990 Launched in 1984 with the well

記事を読む

Ferrari 348 Competizione Corsa ¥ASK

車両価格:ASK スポーツカー/クーペ 内部番号:ferrari_348 265キ

記事を読む

Ferrari 328 GTB 

スポーツカー/クーペ 内部番号:ferr_328gtbr 25600キロ、199キロワッ

記事を読む

1980 Ferrari F40 2億6753万円

車両価格:$2,200,000   Please do not bid

記事を読む

Ferrari Dino V6 1.5L Formula 1 engine 864万円(SOLD)

Sold for US$ 80,500 フェラーリディーノV6 1.5Lフォーミュラ1

記事を読む

1965 FERRARI 330GT 2+2 ‘SERIES 1’ BERLINETTA 2219万円(SOLD)

Sold for £141,500 フェラーリ330GT 2 + 2 'シリーズ1」ベ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク