*

PR

1966 Fiat-Abarth 1000SP Tipo SE04 Racing Sports-Prototype 2308万(SOLD)

1966 Fiat-Abarth 1000SP Tipo SE04 Racing Sports-Prototype

<スポンサーリンク>

Sold for £135,900

マラネロ・ロッソコレクションから
1966年フィアット・アバルト1000SPティポSE04レーシングスポーツ・プロトタイプ
登録番号。英国に登録されていません
(以前はイタリアに登録:461844 NA)
シャーシがありません。 SE04 / 024


脚注
まず1967年7月13日にナポリに登録し、この楽しく提示し、最も魅力アバルトのスポーツプロトタイプのバルケッタは、戦後30年以上のためのイタリア語の全国大会では、このような幅広い支持を持っていた小さなエンジン搭載の競技クラスを例示しています。今週末のスポーツのための両方のサーキット走行でフルに使用され、公道上でしばしば曲がりくねった山の丘の登りは単に閉じ、競技車のこのカテゴリーは平凡な生産フィアット経済をより良く利用して広範かつ深く埋め込まれたチューニング設立から次第に開発しましたサロンオリジナルのメーカーは、これまで意図したより車、または期待されます。


チーフエンジニアマリオコルッチによって設計された内部コード化された「SE04」モデル、 – 1966モーターレースのシーズンのためにトリノのアバルトは、その最初の多管シャーシのシャーシとエンジンを生産しました。コックピットの後ろが、先にリアアクスルラインの取り付けられた電源ユニットで – – 彼の雇用主とは異なり、カルロ・アバルト自身は、マリオ・コルッチは何が従来のミッドシップの設定になっていたと考えられて前方に方法でした。自身がオーバーハングリアエンジン、リアアクスルの投げられた船外機・ラ・ポルシェの練習の概念を信奉アバルト、低速コーナーのうち、優れたトラクションを促進するであろう。定義上 – – アバルトの民間所有者/ドライバの顧客の大半は、そのような例外的な才能をによって提供されるより高い安定性と予測可能性を持っていないだろうコルッチは非常に才能のあるドライバーは、このような船外機エンジン搭載のコンフィギュレーションのほとんど作ることができ、それがあるためと主張レイアウトはクーパー、ロータス、フェラーリ、ローラ、フォード高度な車によってそう首尾よく使用され、ほとんどすべての他の主流purebloodレーシングカーメーカーが利用する価値がありました。


カルロ・アバルトとマリオ・コルッチとの間のこの哲学的な部門は、全体のアバルトの物語の中で最も、説得力のある厄介な、まだ魅力的な側面の1つです。コルッチの小ぎれいなSE04は、その軽量多管シャーシフレームは、剛性かつ実用的な証明とそのすべての独立したコイルスプリング付きサスペンションが良いと軽快なハンドリングを提供し、非常に成功したモデルとなりました。エンジンの冷却はちょうどコックピットアバフト各側面に取り付け腰にツインラジエターコアによって達成している間に顕著な設計上の特徴は、その上部ハッチ実装で鼻に取り付けられたオイルクーラーが含まれていました。
電源はフィアット600Dシリンダブロック上になく、982ccに取り出す能力に基づいて、3主軸受とアバルトのお馴染みと非常によく実績のあるツインオーバーヘッドカムシャフト4気筒パワー・ユニットによって提供されました。 10.5の圧縮比で:1と2のツインチョークウェバーキャブレターを通って呼吸し、このエンジンは元気な8,000rpmでいくつかの105bhpをpoffered。大ラップアラウンドウインドスクリーンは、現代のFIAグループ6スポーツプロトタイプの規制に適合し、低めの、エレガントなボディパネルは、成形glassfibreにありました。


1,058lbs – – 唯一のいくつかの480キロの重量を量るスポーツプロトタイプで105bhpの周り馬力あたり10lbs上だけのパワーウェイトレシオを与え、これらの、スタイルの-スマートにも詳細で実際には非常にうまく組み込まれて少しスポーツプロトタイプカーが可能でした毎時136マイル – – ギアに依存し、いくつかの毎時220キロの。


非常に才能英語ドライバージョナサン・ウィリアムズはピストイアで14日コッパ・デラコリーナのイベントで新しいアバルト1000SPにその大会デビューを与えたが、それはトラブルの歯が生えるに悩まされていたとアップする1,000cc prototipoクラス内でのみ五置くことができます。しかし、月27,1966に、ジュリオTommasiによって駆動1000SPはsalitaシリーズのコルサに成功したシーズンを起動するためにローマのコッパガレンガの山登りで優勝し、マウロNestiは、伝説的なパルマ・ポッジョディでの姉妹車で優勝Bercetoの「登ります。葉巻ムシャムシャ少しスイススターレーシング回路ではハービー・ミュラーは、別の1000SP上で重要なニュルブルクリンク500Kmsの10​​00ccにスポーツ・プロトタイプクラスを獲得しました。


ここに提供されるシャーシ「024」はアバルトのコルソMarchione工場から新登場 – – 1967年モデルは、CividaleでボルテラでStallavena-ボスコ・キエザヌオーヴァ、ピエトロラドで車輪、「Matich」で新興オランダ星Toine Hezemansで、ルクセンブルクLorentzweilerで勝ちました-Castelmonte、およびパッソデッラRaticosa、別の偉大な古典的なイタリア山登山コースで、将来フェラーリの欧州チャンピオンとチームマネージャーのピーターSchetty。 Tommasiはソレント-サンタガタ、リエティ、モノポリ、ポーポリでようとコッレサン・マルコに、彼の1000SPで繰り返し獲得しました。セルジオカラシベッタシチリア島モンテ・ペッレグリーノで彼らフィアット成功ボーナスアバルトとコッパNissenaで稼いながらSchettyは、トリエステ-Opicinaで別の古典を獲得しました。エンリコBuzzettiは7月に頑丈で厳しいムジェロ公共道路回路に大きくその後、強大なトレント・ボンドーネ」登りに勝ったと。ルネStierliは8月にスイスオロン – ヴィラールイベントでクラスを獲得し、そのため彼らの騒々しい8,000rpmのエキゾーストノートと、軽快なバランスのとれた、安定したハンドリング特性を持つこれらのかわいい車は本当に輝いていました。


ラド/ドナ9月にイモラの500kmsで彼らの中で獲得しながら、1969年に「パルジョー」/ Botallaは、彼らのアバルト1000SPの世界選手権、予選モンツァ1,000Kmsで1リットルスポーツプロトタイプクラスを獲得しました。 1969年モンツァ1,000kmsもアバルト1000SP、「ホワイト」/ウンベルト・グラーノが共有するその時間に1リッタークラスの落下を見ました。


ここに提供されるシャーシ「024」を付属文書ファイルは1967年6月9日付けの、および982ccのモデル229A 4気筒としてナポリのジュゼッペBarrellaとして車の元の所有者、およびそのエンジンを記録し、元のイタリアカルタディCircolazione登録小冊子を含み6,400rpmで70bhpとして(控えめに)評価しました。ドキュメントファイルに追加さフォグリオComplementare文書はリラ412万されたものとして「024」の元の価格を確認し、さらにヴィアデッラコンチリアツィオーネ、ローマのファブリツィオViolatiのスパBellancauto会社に1980年1月中に名義変更を確認します。


その後、ここに提供される「024 ‘は、彼はその後、サンマリノで開発マラネロ・ロッソ博物館の基礎を作成し、細かいアバルト車のファブリツィオViolatiの個人と急成長しているコレクションの一部として保存しました。車は今年初めまで、コレクション内に留まりました。ここに提供されるエンジンのシリンダーボアが検査されているように今 – 静的な表示に限り、未使用の後に期待されるように – 表面錆の証拠と軽くガラス張りであると報告されているが、ユニットが手で自由に回転します。また、明らかに漏れて冷却液を保持しています。様々な水、油や燃料ホースが亡くなり表示され、使用前に交換が必要となります。いくつかの真鍮の汚染がギアボックスオイルで発見された、クラッチが動作不能であり、車を実行する前に、すべてのそのような長期的な博物館の車のように詳細な機械的検査と慎重な準備が必要になります。


それは、しかし、いくつかの欧州の大手レーシングドライバーの初期のキャリアに大きな役割を果たし、最も興味深く、今稀アバルトスポーツプロトタイプモデルの抜群に魅力的な例です。コンクール大会で世界有数の歴史的なスポーツカーのイベントだけでなく、内のエントリへのパスポートだけでなく、(その紛れもない美貌を持つ)のように、この非常にオリジナルとよく保存少しイタリアの美しさは、最も近い考慮に値します。


この車両は、それがEUに残るべきである5%の減少輸入税の対象となりますのでご注意ください。

From the Maranello Rosso Collection
1966 Fiat-Abarth 1000SP Tipo SE04 Racing Sports-Prototype
Registration no. Not registered in the UK
(previously registered in Italy: 461844 NA)
Chassis no. SE04/024

Footnotes
First registered in Naples on July 13, 1967, this delightfully presented and most attractive Abarth sports-prototype barchetta exemplifies the small-engined competition class that had such widespread support in Italian national competition for more than thirty years postwar. Used to the full in both circuit racing, and often tortuous mountain hill-climbs on public roads merely closed for a weekend’s sport, this category of competition car had developed progressively from a widespread and deeply embedded tuning establishment making better use of mundane production Fiat economy saloon cars than the original manufacturer ever intended, or expected.

For the 1966 motor racing season Abarth of Turin produced its first multi-tubular chassised chassis and engine – internally coded the ‘SE04’ model, designed by chief engineer Mario Colucci. Unlike his employer, Carlo Abarth himself, Mario Colucci believed that what had become the conventional mid-engined configuration – with the power unit mounted behind the cockpit but ahead of the rear axle line – was the way ahead. Abarth himself espoused the notion of an overhung rear engine, slung outboard of the rear axle a la Porsche practice, would promote better traction out of slow corners. Colucci argued that only exceptionally gifted drivers could make the most of such an outboard-engined configuration, and that since – by definition – the vast majority of Abarth’s private owner/driver customers would not possess such exceptional talent the greater stability and predictability offered by the layout used so successfully by Cooper, Lotus, Ferrari, Lola, Ford Advanced Vehicles and almost every other mainstream pureblood racing car manufacturer was worth exploiting.

This philosophical division between Carlo Abarth and Mario Colucci is one of the most compelling, perplexing and yet charming aspects of the entire Abarth story. Colucci’s neat little SE04 became a very successful model, its lightweight multi-tubular chassis frame proving rigid and practical and its all-independent coil-sprung suspension providing good and nimble handling. Notable design features included the nose-mounted oil cooler in its top-hatch mounting, while engine cooling was achieved by twin radiator cores in a hip mounting on each side just abaft the cockpit.

Power was provided by Abarth’s familiar and very well-proven twin-overhead camshaft 4-cylinder power unit with three main bearings based upon the Fiat 600D cylinder block but with its capacity taken out to 982cc. With a compression ratio of 10.5:1 and breathing through two twin-choke Weber carburettors, this engine poffered some 105bhp at a lusty 8,000rpm. The large wrap-around windscreen conformed with contemporary FIA Group 6 sports-prototype regulations and the low-slung, elegant body paneling was in moulded glassfibre.
Around 105bhp in a sports-prototype weighing only some 480kg – 1,058lbs – gave a power-to-weight ratio of just on 10lbs per horsepower, and these sleekly-styled, well detailed and really very nicely built little sports-prototype cars were capable of some 220km/h – 136mph – dependent upon gearing.

The very talented English driver Jonathan Williams gave the new Abarth 1000SP its competition debut at the 14th Coppa della Collina event at Pistoia, but it was plagued by teething troubles and could place only fifth within the up-to-1,000cc prototipo class. However, on March 27,1966, a 1000SP driven by Giulio Tommasi won at the Roman Coppa Gallenga hill-climb to launch a successful season on the corsa in salita series, and Mauro Nesti won in a sister car at the legendary Parma-Poggio di Berceto ‘climb. In circuit racing the cigar-chomping little Swiss star Herbie Muller won the 1000cc sports-prototype class of the important Nurburgring 500Kms in another 1000SP.

In 1967 – when chassis ‘024’ offered here emerged new from Abarth’s Corso Marchione factory – the model won at Lorentzweiler in Luxembourg, with emerging Dutch star Toine Hezemans at the wheel at Stallavena-Boscochiesanuova, Pietro Lado at Volterra, ‘Matich’ at Cividale-Castelmonte, and future Ferrari European Champion and team manager Peter Schetty on the Passo della Raticosa, another great classic Italian mountain-climb course. Tommasi won repeatedly in his 1000SP, as at Sorrento-Sant’Agata, Rieti, Monopoli, Popoli and on the Colle San Marco. Schetty won another classic at Trieste-Opicina, while Sergio Calascibetta earned Abarth their Fiat success bonus at Monte Pellegrino in Sicily and in the Coppa Nissena. Enrico Buzzetti won on the mighty Trento-Bondone ‘climb and then significantly on the rugged and grueling Mugello public-road circuit in July. Rene Stierli won the class at the Swiss Ollon-Villars event in August, and so these pretty little cars with their raucous 8,000rpm exhaust note and nimble, well-balanced and stable handling characteristics really shone.

Into 1969 ‘Pal Joe’/Botalla won the 1-litre sports-prototype class in the World Championship-qualifying Monza 1,000Kms in their Abarth 1000SP, while Lado/Dona won in their’s at the Imola 500kms in September. The 1969 Monza 1,000kms also saw the 1-litre class fall to an Abarth 1000SP, that time shared by ‘White’/Umberto Grano.

The documentation file accompanying chassis ‘024’ offered here includes its original Italian Carta di Circolazione registration booklet, dated June 9, 1967, and recording the car’s original owner as Giuseppe Barrella of Naples, and its engine as a model 229A 4-cylinder of 982cc rated (modestly) as 70bhp at 6,400rpm. A Foglio Complementare document appended within the documentation file confirms the original price of ‘024’ as having been Lire 4,120,000 and further confirms a change of ownership in January 1980 to Fabrizio Violati’s SpA Bellancauto company in the Via della Conciliazione, Rome.

Thereafter ‘024’ offered here was preserved as part of Fabrizio Violati’s personal and fast-growing collection of fine Abarth cars, creating the basis of the Maranello Rosso Museum he subsequently developed in San Marino. The car remained within the Collection until earlier this year. Now as offered here the engine’s cylinder bores have been inspected and – as is to be expected after so long unused on static display – are reported as being lightly glazed with evidence of surface rust, but the unit turns freely by hand. It also holds coolant with no leaks evident. Various water, oil and fuel hoses appear perished and would require replacing before use. Some brass contamination was found in the gearbox oil, the clutch is inoperable and as with all such long-term Museum cars a detailed mechanical inspection and careful preparation will be necessary before the car can be run.

It is, however, an outstandingly attractive example of a most interesting and now rare Abarth sports-prototype model that played a major role in the early careers of several leading European racing drivers. As a passport to entry in not only the world’s leading Historic sports car events, but also (with its undeniable good looks) in Concours competition, this highly original and well-preserved little Italian beauty deserves the closest consideration.

Please note this vehicle is subject to the reduced import tax of 5% should it remain in the EU.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21904/lot/8/

関連記事

【ヤフオク】ベルトーネ X1/9 ダラーラ仕様

ダラーラ仕様 ブリスターフェンダー 【ヤフオク】ベルトーネ X1/9 ダラーラ仕様

記事を読む

Abarth Grande Punto Super 2000 1345万円

車両価格:€100,000 Chassis # 29 Sadev Ohlins b

記事を読む

Fiat 8V ¥ASK

車両価格:ASK ペブルビーチ·コンクール·デレガンス2002年ファーストクラスフィア

記事を読む

Abarth 1000 TCR 889万円

  車両価格:€80,000 それは、TC850として生まれ、アバルト

記事を読む

Fiat 124 Spider – 1982 190万円

車両価格:€14,500 124 Spider er vel Fiat's måske

記事を読む

1958 Fiat-Abarth 750 GT ‘Double Bubble’ Coupé by Zagato 966万円(SOLD)

Sold for €75.600 48馬力、767 ccのオーバーヘッドバルブ直列4

記事を読む

FIAT 124 ABARTH ex. Factory ¥SOLD

車両価格:SOLD Targa "TOL 69744" Ex Paganelli RA

記事を読む

Fiat X19 Race Car 746万円

車両価格:£39,995 マイクKasonの顕著フィアットX19スポーツレーサーは、

記事を読む

FIAT X1/9 GTS / Gruppo 4 – Periodo I ¥ASK

1970年にベルトーネはジョットBizzarriniによって提供された技術的な手がかりに、

記事を読む

FIAT 126 Group 2 127万円

車両価格:€9,900 概要: 1978フィアット126のグループ2 50馬力の周

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 7現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク