*

PR

1988 Porsche 959 Komfort Coupé 8584万円(SOLD)

公開日: : ポルシェ ,

1988 Porsche 959 Komfort Coupé

<スポンサーリンク>

Sold for £505,500

ワンオーナー、新しいから27255キロ
1988ポルシェ959 KOMFORTクーペ
登録番号。 TPJ 325(スウェーデン)
シャーシがありません。 WPOZZZ 95ZJ5900210


脚注
エンジンが起動したら「これは猛烈に速いマシンです。それは邪魔になることはありません美しい泣き叫んを発し、山を通してポルシェは、高速かつ構成される、「感じている – ポルシェ959でオクタン価の雑誌を。


ポルシェの先進技術を披露だろう四輪駆動グループBのライバルとして1980年代初頭に考案、「959 ‘は、第1 1983年のフランクフルトモーターショーで「コンセプトカー」形式で表示され、イベントのその後の放棄にもかかわらず、されましたそれが意図されていたために、数年後に限られた生産に入りました。 2つのバージョンが提供されていました: ‘スポーツ’と ‘KOMFORT」、内装の各モデルのレベルを反映して、その名前。自動車設計の究極の表現、959が正常に道路の使用のために最先端のレーシングテクノロジーを適応し、今日でもその仕様は、比類のないまま。


車の心臓部には水冷式、ダブルオーバーヘッドカムシャフト、4バルブシリンダーヘッドを搭載した古典的な、6気筒、空冷「ボクサー」エンジンのユニークな、2,849ccのバージョンでした。後者は1981年ル・マン歴936のために最初に開発されていたし、さらに959仕様生産この手ごわいツインターボユニットでは1987年に1982年から毎年ラ・サルトで勝利し、さらに成功962分の956に精密化しました

450bhp、ちょうど0.32の軽量部品の複合体の抗力係数と組み合わされ、出力は、959過去の毎時195マイルとすべての時間のスーパーカーのフロントランク上を推進するのに十分であることが判明しました。確かに、その導入時に959は世界最速の公道生産車でした。


959の洗練された4輪駆動6速トランスミッションは、カレラ4のための道を開きました。コンピュータ制御、それは、ドライ、ウェット、凍っまたはオフロード条件のための代替プログラムで可変トルクスプリットを提供しました。ダブルウィッシュボーンサスペンションは、電気的に制御された車高調整と、すべてのラウンドがありました。遅滞とランフラットタイヤのABSブレーキ配信レースカーのレベルが最高のポルシェの伝統では、まだ速くちょうど道路上の何か約車のために作られた、快適で実用的だったし、そのすべてが、圧力損失をモニターしました信頼性の高いです。その電気窓や鏡、室温調節器、電気加熱席と優れたステレオシステムでは、959は贅沢のために多くのリムジンを匹敵しました。


他のスーパーカーメーカーの製品は駆動する妥協、生不快とハードワークであったが、ポルシェ959は、滑らかな乗り心地、光コントロールとフル内装品との息をのむようなパフォーマンスを組み合わせ、それらすべてを上回ることができました。噂はポルシェは、エンジニアリングの専門知識のためのショーケースとしてモデルに関しては、生産するコストよりもはるかに少ないために959を販売していること、それを持っています。英国では959は約£145,000で販売したところ、投機筋がかなり高い価格を運転したものの(各1を構築するためにポルシェを要するものの半分未満)新しいです。


そのグループBの存在意義が消滅していたが、ポルシェ959は、一つの主要な競争の勝利を達成した、ルネ・Metgeとドミニクルモインは、第二及び第六の場所で同様の車を持つ彼らの作品959で1986年に厳しいパリ・ダカールラリーを受賞し、一方でレースが開発した961の変異体は、IMSA GT2クラスで優勝、その年のル・マンで総合7位を終え、唯一のグループCポルシェ、驚くべき結果が率います。合計では、これらの排他的なスーパーカーの300未満が行われた – 公式の工場の図は、さらに8が1993分の1992にスペアのストックを使用して、工場で組み立てられた292です。


このKOMFORTの例では、ボローニャ、イタリア、車が登録されているストックホルム、スウェーデンの自宅で彼のビジネスにから通勤する車を使用している人は、新しいから一つだけ所有者がありました。近年、使用頻度の低い、959は現在、走行距離計の上の唯一の27255キロ(約16900マイル)の合計を表示します。販売のための準備では、車は最近、ポルシェスウェーデンで完全無経費免れサービスを受け、一般的に良好な状態にあると記載されています。ツールキット、所有者のハンドブックとスウェーデンの登録ペーパーが完全に提供される、この象徴的な80年代のスーパーカーは、最も近い検査の価値があります。

One owner, 27,255 kilometres from new
1988 Porsche 959 Komfort Coupé
Registration no. TPJ 325 (Sweden)
Chassis no. WPOZZZ95ZJ5900210

Footnotes
‘This is a ferociously fast machine once the engine wakes up. It emits a lovely wail which is never intrusive, and through the mountains the Porsche feels fast and composed,’ – Octane magazine on the Porsche 959.

Conceived in the early 1980s as a four-wheel-drive Group B competitor that would showcase Porsche’s advanced technology, the ‘959’ was first displayed in ‘concept car’ form at the 1983 Frankfurt Motor Show, and despite the subsequent abandonment of the events for which it had been intended, entered limited production a couple of years later. Two versions were offered: ‘Sport’ and ‘Komfort’, their names reflecting each model’s level of interior trim. Representing the ultimate in automobile design, the 959 successfully adapted state-of-the art racing technology for road use, and even today its specification remains unparalleled.

At the car’s heart was a unique, 2,849cc version of the classic, six-cylinder, air-cooled ‘boxer’ engine equipped with water-cooled, double-overhead-camshaft, four-valve cylinder heads. The latter had been developed initially for the 1981 Le Mans-winning 936 and were further refined on the even more successful 956/962 that triumphed at La Sarthe every year from 1982 to 1987. In 959 specification this formidable twin-turbo-charged unit produced 450bhp, an output which, combined with the lightweight part-composite body’s drag coefficient of just 0.32, proved sufficient to propel the 959 past 195mph and onto the front rank of all-time supercars. Indeed, at the time of its introduction the 959 was the world’s fastest street-legal production car.

The 959’s sophisticated four-wheel-drive six-speed transmission paved the way for that of the Carrera 4; computer controlled, it provided variable torque split with alternative programmes for dry, wet, icy or off-road conditions. There was double wishbone suspension all round, with electrically controlled ride height adjustment; the ABS brakes delivered race-car levels of retardation and the run-flat tyres were monitored for pressure loss, all of which made for a car faster than just about anything else on the road yet, in the best Porsche tradition was comfortable, practical and reliable. With its electric windows and mirrors, climate control, electrically heated seats and superb stereo system, the 959 rivalled many a limousine for luxury.

While other supercar manufacturers’ offerings were uncompromisingly raw, uncomfortable and hard work to drive, the Porsche 959 managed to surpass them all, combining breathtaking performance with a smooth ride, light controls and full interior equipment. Rumour has it that Porsche sold the 959 for far less than it cost to produce, regarding the model as a showcase for its engineering expertise. In the UK the 959 was priced at around £145,000 when new (less than half what it cost Porsche to build each one) though speculators drove the price considerably higher.

Although its Group B raison d’être had ceased to exist, the Porsche 959 did achieve one major competition victory, René Metge and Dominique Lemoyne winning the gruelling Paris-Dakar Rally in 1986 in their works 959 with similar cars in 2nd and 6th places, while the race-developed 961 variant finished 7th overall at Le Mans that year, winning the IMSA GT2 class and headed only by Group C Porsches, an amazing result. In total, fewer than 300 of these exclusive supercars were made – the official factory figure is 292. A further eight were assembled by the factory using the spares stock in 1992/1993.

This Komfort example has had only one owner from new, who has used the car to commute to and from his business in Bologna, Italy and his home in Stockholm, Sweden where the car is registered. Used less frequently in recent years, the 959 currently displays a total of only 27,255 kilometres (approximately 16,900 miles) on the odometer. In preparation for sale, the car recently underwent a full no-expense-spared service at Porsche Sweden and is described as in generally excellent condition. Offered complete with tool kit, owner’s handbook and Swedish registration papers, this iconic 1980s supercar is worthy of the closest inspection.

http://www.bonhams.com/auctions/21904/lot/9/

関連記事

RUF CTR 2 Racing ¥ASK

車両価格:ASK 1996年式 RUF CTR2です。 「RUF」はポルシェのチューニン

記事を読む

1964 Porsche 356 C 1600 SC Cabriolet by Reutter

$400,000 - $600,000 95馬力、1582のcc OHV空冷水平

記事を読む

ポルシェ 993 GT2 1億335万円

車両価格:€799,000 Category Coupe Make

記事を読む

Porsche 911 Turbo 935-look racecar 1071万円

車両価格:€79,995 この驚異的なポルシェ935レクリエーションレースカーは、1

記事を読む

1995 Porsche 911 (993) Carrera RS 2951万円

Sold for (£): 159,750 The 993 Carrera RS in

記事を読む

2008 Porsche RSR / 2013 GT3R 2912万円

車両価格:€215,000 Description: We have for sal

記事を読む

DP Motorsport 935 3949万円

車両価格:£219,995 トランスミッション:マニュアル。 BHP:650。

記事を読む

Porsche 911-935 Jaune ’73 1168万円

車両価格:€89,950 911ターボの競争の開発として1976年にポルシェによってn

記事を読む

1982 Porsche 956 Group C Sports-Prototype 2億8496万円(SOLD)

  Sold for €2.352.000 620馬力、モトロニ

記事を読む

Porsche Kremer CK7  1682万円

車両価格:€125,000 Chassis und Karosserie Teile

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク