*

PR

1965 Abarth Simca 1300 GT Corsa ‘Long-Nose World Champion’ Coupe 1395万円(SOLD)

公開日: : アバルト ,

1965 Abarth Simca 1300 GT Corsa 'Long-Nose World Champion' Coupe

Sold for £82,140

マラネロ・ロッソコレクションから
1965アバルトシムカ1300 GTコルサ」ロングノーズワールドチャンピオン」クーペ
Beccarisによって自動車の車体
登録番号。 (以前はイタリアに登録:CT122837)DVLAに登録されていません
シャーシがありません。 130S / 00047
エンジンがありません。 238040001

脚注
アバルトとシムカのフランスの企業間の提携契約の噂は1961年後期の1961年にシムカ会社を循環し始めた – イタリアの起業家エンリコ・テオドロPigozziによって設立された、最も成功したモデルを発売し – シムカ1000は、これがそのでした第1後エンジン搭載車と、選択された電源ユニット標準形式で35bhpを提供944cc 4気筒として浮上し、フィアット600由来したきちんとした4ドアサルーン。

カルロ・アバルトの古いウィーンのスパーリングパートナー、ルディHruskaのは、シムカへの技術コンサルタントとなり、定期的に会社の上司の注意にそのフィアットベース車とアバルトの成功を持っていました。ソース・自動車メーカーは本当に訴えとアバルトが、その後プロモーションパートナーになるに招待された時にクレジットを反映した競争の成功のアイデア。アバルトは、そのベースとしてシムカ1000年のコンポーネントを使用して、グランツーリスモの車を生産することであった、従って「シムカ・アバルト」または「アバルト・シムカ」 – 用語には互換性があります – 1300が登場しました。

カルロ・アバルトのチームは身体ながら、シムカ1000年生産から引き出された新モデルのフロアパン、トランスミッション、ステアリングとサスペンションながらしようとした1288ccのツインカムの広いアーキテクチャをテストした1000年Bialberoを使用して、新しいベンチャーのための完全に新しいエンジンを設計しました最新のフィアット・アバルトクーペの設定と一致しました。

シムカ・アバルト1300はリラ330万の定価で1962年2月に発足しました。車は1962年の間にライバルアルファロメオジュリエッタの周りのリングを実行することができる証明し、すべてのラウンド7,800rpmでとガーリングディスクブレーキと138bhpとその後の1600バリアントは毎時240キロすることができた – 毎時149マイル。これらは確かに、ロケット船でした。

しかし、まだシムカアバルトシリーズはかかるだろうさらなるステップがありました。このような今ここに提供されるこの部分-組み立てられていない例として – ア​​バルトの1963年のレースレコード90はシムカアバルトの1300年代によって単独で得点したの驚異的な535の勝利を、含まれています。

新しいフランコ – イタリア語グランツーリスモクーペのボディデザインもアバルトの有名なコルソマルケ工場でマリオコルッチにより、社内スタイルの最新小容量のGTによって影響を受け、オドアルド・ベッカーリの専門家carrozeriaことであり、「角を曲がったところに “造られました

これは、ドライサンプ潤滑と7,200rpmの回転限界があったが、その主張電力出力は6,000rpmで125bhpでした。 1,388lbs – – そのフロアパン、トランスミッション、ステアリング、サスペンション、すべての計量-でかろうじて630キロでシムカ1000由来で毎時142マイル – 新しいモデルは毎時230キロすることができました。 1962年2月中に導入されると、そのリストの価格はリラ330万だった – との両方の国際および国内競争の中で、それは即座にビートに1300ccクラスの車になりました…

ここに提供される例 – シャーシ130S / 47 – 大手アバルトの専門家によって、早期競争モデルを合理的に完全であると記載されているように検討されています。インストールされていないが、車はエンジンが供給されます。注意不足している項目は、ハンドブレーキキャリパー(ペアごとに千ユーロで再生)とダイナモです。シートは、非搭載され、この車両には、​​長年使用にも際に加工されていません。

今日このアバルト・シムカ1300GTを見られるように、かなりのポテンシャルがアップ側に一度完全に復元し、再組み立てで、提供、およびその個々の歴史を完全に確立されています。車は長期的な博物館の表示にされていると自然に再試運転が必要になります。我々はまた、車がEU税EU内の自由な流通に従って支払われていることを将来の購入者に助言して喜んでいます。

From the Maranello Rosso Collection
1965 Abarth Simca 1300 GT Corsa ‘Long-Nose World Champion’ Coupe
Coachwork by Beccaris
Registration no. Not registered with DVLA (previously registered in Italy: CT122837)
Chassis no. 130S/00047
Engine no. 238040001

Footnotes
Rumours of a collaborative agreement between Abarth and the French company of Simca began to circulate in 1961. Late in 1961 the Simca company – which had been founded by Italian entrepreneur Enrico Teodoro Pigozzi, launched its most successful model – the Simca 1000. This was its first rear-engined car and also a neat four-door saloon whose chosen power unit was Fiat 600-derived, emerging as a 944cc 4-cylinder providing 35bhp in standard form.

Carlo Abarth’s old Viennese sparring partner, Rudi Hruska, had become a technical consultant to Simca, and regularly brought Abarth’s successes with its Fiat-based cars to the company boss’s attention. The idea of competition success reflecting credit upon the source-vehicle manufacturer really appealed and Abarth was then invited to become a promotional partner. Abarth was to produce a Gran Turismo car using Simca 1000 components as its base, and hence the ‘Simca-Abarth’ or ‘Abarth-Simca’ – the terms are interchangeable – 1300 emerged.

Carlo Abarth’s team designed a completely new engine for the new venture, using the tried and tested broad architecture of the 1288cc twin-cam 1000 Bialbero while the new model’s floor pan, transmission, steering and suspension were drawn from Simca 1000 production, while the body matched the latest Fiat-Abarth Coupe configuration.

The Simca-Abarth 1300 was launched in February 1962 at a list price of Lire 3,300,000. The cars proved capable of running rings around the rival Alfa Romeo Giulietta during 1962, and the subsequent 1600 variant with 138bhp at 7,800rpm and with Girling disc brakes all round was capable of 240km/h – 149mph. These were rocket ships, indeed.

But still there was a further step that the Simca Abarth series would take. Abarth’s 1963 racing record included a staggering 535 victories, of which 90 were scored alone by the Simca Abarth 1300s – such as this part-unassembled example now offered here.

The body design of the new Franco-Italian Gran Turismo Coupe was also influenced by the latest small-capacity GTs styled in-house by Mario Colucci at Abarth’s famous Corso Marche factory, and built “just around the corner” there by Odoardo Beccari’s specialist carrozeria.

It had dry-sump lubrication and a rev limit of 7,200rpm, and its claimed power output was 125bhp at 6,000rpm. With its floor-pan, transmission, steering and suspension all derived from the Simca 1000. Weighing-in at barely 630kg – 1,388lbs – the new model was capable of 230km/h – 142mph. Its list price upon introduction in February 1962 was Lire 3,300,000 – and in both International and national competition it instantly became the 1300cc class car to beat…

The example offered here – chassis 130S/47 – has been examined by a leading Abarth specialist and as an early competition model is described as being reasonably complete. The car is supplied with an engine although it is not installed. Missing items noted are the hand brake calipers (reproduced at 1000 Euros per pair) and dynamo. The seats are un-mounted and this vehicle has not been used nor worked upon for many years.

Today this Abarth-Simca 1300GT is being offered as seen, with considerable potential up-side once fully restored and re-assembled, and with its individual history fully established. The car has been on long term museum display and will naturally require re-commissioning. We are also pleased to advise prospective purchasers that the car is EU taxes paid and therefore in free circulation within the EU.

 

http://www.bonhams.com/auctions/22718/lot/24/

関連記事

1969 Abarth 1300 Sport Spider SE010 'Quattro Fari' Sports-Racing Prototype

1969 Abarth 1300 Sport Spider SE010 ‘Quattro Fari’ Sports-Racing Prototype 3164万円(SOLD)

Sold for £186,300 1969アバルト1300スポーツスパイダーSE01

記事を読む

1972 Abarth-Osella SE 021 Sports Prototype

1972 Abarth-Osella SE 021 Sports Prototype 2783万円(SOLD)

Sold for £163,900 元アルトゥーロ・メルツァリオ、デレック・ベル、欧州

記事を読む

1965 Abarth Simca 1300 GT Corsa 'Long-Nose World Champion' Coupe

1965 Abarth Simca 1300 GT Corsa ‘Long-Nose World Champion’ Coupe 1428万円(SOLD)

Sold for £82,140 マラネロ・ロッソコレクションから 1965アバルト

記事を読む

Abarth Grande Punto Super 2000

Abarth Grande Punto Super 2000 1345万円

車両価格:€100,000 Chassis # 29 Sadev Ohlins b

記事を読む

FIAT 124 ABARTH ex. Factory

FIAT 124 ABARTH ex. Factory ¥SOLD

車両価格:SOLD Targa "TOL 69744" Ex Paganelli RA

記事を読む

1970 Abarth 2000 Sport SE014 'Europeo Montagna'

1970 Abarth 2000 Sport SE014 ‘Europeo Montagna’ 2118万円(SOLD)

Sold for £124,700 1970アバルト2000スポーツSE014」エウロ

記事を読む

1967 Abarth 1300OT Periscopica Coupé

1967 Abarth 1300OT Periscopica Coupé 3639万円(SOLD)

Sold for £214,300 1967アバルト1300 OT Periscopi

記事を読む

AUTOBIANCHI A112 Abarth GR2

AUTOBIANCHI A112 Abarth GR2 ¥SOLD

車両価格:SOLD Fantastic recreation of the famous

記事を読む

1966 Fiat-Abarth 1000SP Tipo SE04 Racing Sports-Prototype

1966 Fiat-Abarth 1000SP Tipo SE04 Racing Sports-Prototype 2308万(SOLD)

Sold for £135,900 マラネロ・ロッソコレクションから 1966年フィ

記事を読む

1978 Fiat Abarth Rallye 131 Supermirafiore Group 4

1978 Fiat Abarth Rallye 131 Supermirafiore Group 4  1186万円(SOLD)

Sold for £69,820 1978フィアットアバルトラリー131 Superm

記事を読む

PR

    • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク