*

PR

1959 Ferrari 250 GT Pinin Farina Coupé 4400万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

1959 Ferrari 250 GT Pinin Farina Coupé

Sold for £259,100

1959フェラーリ250 GTピニンファリーナクーペ
Carozzieriaピニンファリーナによって自動車の車体
登録番号。英国に登録されていません
シャーシがありません。 1255GT
エンジンがありません。 1255GT
ボディがありません。 22121


脚注
フェラーリの生産は3リッターV12エンジン搭載の250 GTシリーズの発売で1954年に最も重要なマイルストーンを通過しました。 1949年から1954年の間に200以上のツーリングフェラーリが製造されていませんでした。三十五それらの単独では1954年に建設されていました。並行して、同期間中に、約250競争、スポーツフェラーリが完成されていた – 約55マラネロ工場を残し、それらのと1954年の間、しかし1964年、250のGTのキャリアの終わりに、フェラーリの年間生産量は周りでした670マーク、およびデザインの250 GTファミリは、マラネロの生産活動におけるこの10倍爆発の原動力となっていました。


初期の250 GTクーペがBoanoとEllenaによってボディれていたが、この特定の250 GTピニンファリーナクーペは、1959年からさかのぼり、それはフェラーリの好ま生産パートナー、トリノのピニンファリーナは、新しいのための提案を提出した1957年から1958年の冬にありましたスタイルのモデル。 2.36インチ – – ピニンファリーナの提案がいくつか6センチメートルであることの全体の長さにもかかわらずBoano / Ellenabodiedクーペのそれよりも短く、トリネーゼスタイリング家の設計者は、提案された車体のウエストラインを下げる簡単な方法により長く、より洗練された外観を実現しましたそして「温室」キャビン上部構造のガラス面積を増大させます。この屋根部分は、それ自体が少し寛大なラップラウンドリアウィンドウで、エツィオEllenaの先行モデルの治療から変更されました。


このピニンファリーナクーペのデザインの第二のプリプロダクションのプロトタイプは、その後1958年6月25日にミラノで開催された記者会見で発表され、新しい「PFクーペ」の生産も、パリのサロンドゥ自動車の開口部の前に開始しました車は10月中に示された展覧会では、1958年ボディ製造がでピニンファリーナ社のその真新しい作品で発売されました
グルリアスコ、それは素晴らしいトリネーゼスタイリング家が「ピニンファリーナ」に「ピニンファリーナ」からその名とブランドを変更したことを、その同じ頃でした。


410 Superamerica、250 GTカブリオレと250 GTクーペを – パリ・サロンではフランスの輸入カッタネーオ&Cieのは、新しいグルリアスコの作品から新鮮な3台のフェラーリを示しました。後者の例は濃い灰色、黒上部構造を有する金属で終了しました。ファーナム、サリー州TTガレージ – – ブリティッシュ・フェラーリ剤として請求された次のロンドンモーターショーで新しいピニンファリーナクーペの右手ドライブバージョンはドライバーイン待ちの家族のビジネスマイク・ホーソーンは、世界チャンピオンによって立ち上げられました


11月では、メタリックグレーで250 GTクーペはフェラーリによって表示されたときのトリノでイタリアの国内モーターショー、のターン、そしてピニンファリーナ自身による特別注文250 GTクーペバリアントました。


250 GTピニンファリーナ – 後でピニンファリーナ – クーペは、最初に、単一の販売代理店とし、オフセットギアチェンジレバーと逆シフトパターンで、ほとんどのフェラーリティポ128C V12気筒エンジンを使用していました。 128Dエンジンはすぐに ‘C’のバージョンを置き換え、以降128Fは、排気ヘッダーの間の「外」のスパークプラグでたどります。その時点で新たなオーバードライブギアボックスも希望
効果的な5速を提供し、採用されます。 1959年以降、最もクーペは、モデルのオリジナルのドラムの代わりにディスクブレーキを備えていますでしょう。


6月、1960年、アメリカの雑誌の編集」ロード&トラック」の道は、オーバードライブなし128Dエンジンと4速ギアボックスとクーペをテストしました。 3,014lbs – – 重量すぐに実行は1370キロだったとクーペは15.5秒で発進四半期マイルをカバーしました。 「これは愛好家のための愛好家によって設計された車であり、それは示してい… “:アメリカの道路テスターの評決は叫んだ、完全に熱狂的でした。
フェラーリ250 GTピニンファリーナ/ピニンファリーナクーペの生産は3年スパンと約350例となりました。この特定の車 – シャーシいいえ」1255 GTは、 ‘ – それは、少なくとも25年間保存されているマラネロ・ロッソコレクションから、ここで直接提供されています。


これは、構築された合計353台の121番目と51の1は、もともと現代的な人気のグリージョコンチグリアMM 16249コード外装色スキームで塗装です。また、もともとロッソVM 3171色付きの内装トリムや家具で完了89そのようなユニットの一つです。


車のシャーシは、最初1959年1月9日にトリノのカロッツェリアピニンファリーナに委託し、そのCertificatoドール原産地は同年4月10日に工場によって発行されました。月14,1959で、それはローマ、イタリアの最初の所有者ジョルジョPerucchettiに新しい販売されました。 1959年6月では、「ROMA 350390」登録道路だったと1960年4月28日に、車はジェノヴァの第二の所有者ジャンフランコEnzicoに売却されました。彼は、それが1960年5月20日に「GE 132789」を再登録があった、と1961年2月20日に、それは、その宣言された購入価格はリラ1,000,000であることモデナの第三の所有者マリオCandriniに渡されました。


1961年3月2日で、それは「MO​​の63529」としてモデナに再登録され、それが赤の塗り替えと黒のインテリアを装着した直後。 1969年2月14日には、イタリア自動車クラブは、多くの場合、輸出されていた車に適用される用語を使用して、モデナの登録やナンバープレートをキャンセルしました。私たちは、「1255 GT」の可能性のある輸出のない詳細は今ここに提供されていないが、1970年代にそれがはっきり共和国内のパブリックディスプレイ上で、彼のCollezioneマラネロ・ロッソとなった個人的なコレクションに参加するファブリツィオViolatiに買収されました
サンマリノ。


私たちは、車が一致する番号例として、今日を生き残ることを確認することができる – 「インサイド・プラグ」エンジンと車台番号スタンピングマッチング – これらすべての数のスタンプは、良い明確な、妥協のない、正しいフェラーリフォントを実証していることを、絶対期間に使用されますエンジンは3を通して呼吸します


正しい仕様ウェバーツインチョークキャブレター。ここで提供される「1255のファイアウォール上の特徴的なフェラーリのデータプレートも正しいと本物です。車は新しいのように、取り付けられた正しいドラムブレーキを持ち、ボナムズへの配送時に、その走行距離計は、本物であることが完全に可能性が高いと考えられている53560キロを示しました。


車は1961年にモデナへの復帰時に採用し、おそらくとして、赤の非オリジナル外装色を持っており、それは黒い革張りの座席と赤いカーペットのスタイリッシュな組み合わせを持っています。車はまた、クロームメッキリップとボンネットのエアインテークは(新品同様ボンネットエアインテークによって中断されず、スムーズであったであろう)元、およびそれ以降の生活の事件と完全に一致していないという点で、個別の鼻の治療を持っている中でフロントエンドはありました


おそらく破損した状態で、おそらくまだ「1255 GT」を取得直前ファブリツィオViolatiにそのモデナ登録のRACIキャンセルに上昇を与えて、損傷しています。彼は彼が彼のフェラーリの特定のためにいくら払ったと非常に慎重であることのための評判を持っていました…


アンバーターンシグナルウインカーリピータライトはまた、車のフロントサイドにいくつかの段階で添加されています。上述のように、車の鼻はまた、おそらく修理作業中に、いくつかの段階でreprofiledされています。その多くの年後にサンマリノでCollezioneマラネロ・ロッソの構内に展示車ははっきり専門家の検査を必要とし、再委託が、それはまた別の代表的なものであるだろう


本質的によく保存(マッチング数)この他の極めて重要なフェラーリモデルの例。


この車両は、それがEUに残るべき税をインポートすることがありますのでご注意ください。

1959 Ferrari 250 GT Pinin Farina Coupé
Coachwork by Carozzieria Pinin Farina
Registration no. Not registered in the UK
Chassis no. 1255GT
Engine no. 1255GT

Body no. 22121

Footnotes
Ferrari production passed a most significant milestone in 1954 with the launch of the 3-litre V12-engined 250 GT series. Between 1949 and 1954 no more than 200 touring Ferraris had been manufactured. Thirty-five of those had been constructed in 1954 alone. In parallel, during the same period, about 250 competition and sports Ferraris had been completed – with around 55 of those leaving the Maranello factory during 1954. Yet by 1964, at the end of the 250 GTs’ career, annual production for Ferrari was around the 670 mark, and the 250 GT family of designs had been the driving force behind this twentyfold explosion in Maranello’s productive activity.

This particular 250 GT Pinin Farina Coupé dates from 1959. While the early 250 GT Coupés had been bodied by Boano and Ellena, it was into the winter of 1957-58 that Ferrari’s favoured production partner, Pinin Farina of Turin, submitted proposals for a new-style model. Despite the overall length of the Pinin Farina proposal being some 6cm – 2.36-inches – shorter than that of the Boano/Ellenabodied Coupés, the Torinese styling house’s designers achieved a longer, more sleek appearance by the simple expedient of lowering their proposed car body’s waistline and increasing the glass area of the ‘greenhouse’ cabin superstructure. This roof section was itself little changed from Ezio Ellena’s preceding model treatment, with a generous wrap-round rear window.

A second pre-production prototype of this Pinin Farina Coupé design was then launched at a press conference held in Milan on June 25, 1958, and production of the new ‘PF Coupé’ began even before the opening of the Paris Salon de l’Automobile exhibition in which the car was shown during October, 1958. Body manufacture was launched in the Pinin Farina company’s then brand-new works at
Grugliasco and it was around that same time that the great Torinese styling house changed its name and brand from ‘Pinin Farina’ to ‘Pininfarina’.

At the Paris Salon the French importer Cattaneo & Cie exhibited three Ferraris fresh from the new Grugliasco works – the 410 Superamerica, a 250 GT Cabriolet and the 250 GT Coupé. The example of the latter was finished in metallic dark-grey with black upperworks. At the following London Motor Show a right-hand-drive version of the new Pininfarina Coupé was launched by World Champion Driver-in-waiting Mike Hawthorn, whose family business – the TT Garage in Farnham, Surrey – was billed as the British Ferrari agent.

In November it was the turn of Italy’s national Motor Show at Turin, at which a 250 GT Coupé in metallic grey was displayed by Ferrari, and a special-order 250 GT Coupé variant by Pininfarina themselves.

The 250 GT Pinin Farina – later Pininfarina – Coupé initially used the Ferrari Tipo 128C V12-cylinder engine, most with single distributor and with offset gearchange lever and reversed shift pattern. The 128D engine soon superseded the ‘C’ version, and later the 128F would follow with ‘outside’ spark plugs between the exhaust headers. At that time a new overdrive gearbox would also
be adopted, providing an effective fifth speed. Beginning in 1959, most Coupés would also feature disc brakes in place of the model’s original drums.

The June, 1960, edition of the American journal ‘Road & Track’ road tested a Coupé with 128D engine and four-speed gearbox without overdrive. Weight ready-to-run was 1,370kg – 3,014lbs – and the Coupé covered the standing-start quarter-mile in 15.5 seconds. The American road testers verdict was entirely enthusiastic, exclaiming: “This is a car designed by enthusiasts for enthusiasts, and it shows…”.

Production of the Ferrari 250 GT Pinin Farina/Pininfarina Coupé spanned three years and totaled around 350 examples. This particular car – chassis No ‘1255 GT’ – is offered here direct from the Maranello Rosso Collection in which it has been preserved for at least 25 years.

It is the 121st of the total 353 units built and one of 51 originally painted in the contemporarily popular Grigio Conchiglia MM 16249 code exterior colour scheme. It is also one of 89 such units originally completed with Rosso VM 3171 coloured interior trim and furnishing.

The car’s chassis was first consigned to Carrozzeria Pinin Farina in Turin on January 9, 1959, and its Certificato d’Origine was issued by the factory on April 10 that year. On May 14,1959, it was sold new to first owner Giorgio Perucchetti of Rome, Italy. In June 1959 it was road registered ‘ROMA 350390′ and on April 28, 1960, the car was sold to second owner Gianfranco Enzico of Genoa. He had it reregistered ‘GE 132789′ on May 20, 1960, and on February 20, 1961, it passed to third owner Mario Candrini of Modena, its declared purchase price being Lire 1,000,000.

On March 2, 1961, it was re-registered in Modena as ‘MO 63529′ and soon after it was repainted red and fitted with black interior. On February 14, 1969, the Italian Automobile Club cancelled the Modena registration and license plates, using a term often applied to cars that had been exported. We have no details of possible export of ‘1255 GT’ now offered here but in the 1970s it was plainly acquired by Fabrizio Violati to join the personal collection which became his Collezione Maranello Rosso, on public display within the Republic of
San Marino.

We can confirm that the car survives today as a matching numbers example – ‘inside-plug’ engine and chassis number stampings matching – and that all these number stamps are good, clear, uncompromised and demonstrating the correct Ferrari fonts, absolutely as used in period. The engine breathes through three
correct-specification Weber twin-choke carburettors. The distinctive Ferrari data plate on ‘1255’s firewall as offered here is also correct and authentic. The car has the correct drum brakes fitted, as new, and its odometer upon delivery to Bonhams showed 53,560 kms, which is considered perfectly likely to be genuine.

The car has the non-original exterior color of red, probably as adopted upon its return to Modena in 1961, and it has a stylish combination of black leather-upholstered seats and red carpeting. The car also has an individualized nose treatment, in that the bonnet air intake with chromed lip is not original (the bonnet as new would have been smooth, uninterrupted by the air intake), and entirely consistent with a later-life incident in which the front end was
damaged, possibly giving rise to the RACI cancellation of its Modena registration just prior to Fabrizio Violati acquiring ‘1255 GT’ perhaps still in damaged condition. He had a reputation for being quite careful with how much he paid for certain of his Ferraris…

Amber turn-signal blinker repeater lights have also been added at some stage to the car’s front wings. The car’s nose has also been reprofiled at some stage, probably during repair work as discussed above. After its many years on display in the Collezione Maranello Rosso premises in San Marino the car will plainly need expert inspection and re-commissioning but it is yet another representative
and essentially well-preserved (matching numbers) example of this another extremely significant Ferrari model.

Please note this vehicle is subject to import tax should it remain in the EU.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21907/lot/202/

関連記事

250 GT Cabrio P.F. S2

フェラーリ 250 GT Cabrio P.F. S2 ¥ASK

車両価格:ASK Category Cabrio/Roadster

記事を読む

2006 Ferrari FXX Evoluzione

2006 Ferrari FXX Evoluzione 2億1136万円

車両価格:$1,750,000 2006年はフェラーリFXXエボルツィオーネ、

記事を読む

2011 FERRARI 458 GT2 RACE CAR 2

2011 フェラーリ 458 GT2 レーシングカー 現在価格:3510万円 即決:4748万円

現在価格:$295,000 即決価格:$399,000 パトロンテキーラレースチ

記事を読む

c93e42_26e87b0ffa7b467fb6f223e1fbc7001a_jpg_srb_p_800_533_75_22_0_50_1_20_0

FERRARI LaFERRARI ¥SOLD

FERRARI LaFERRARI YEAR : 2015 MILEA

記事を読む

MO14_r109_001

2006 Ferrari FXX Evoluzione 1億6180万円(SOLD)

    Sold for $1,485,000

記事を読む

AZ15_r138_001

1990 Ferrari F40 ¥SOLD

Sold for $1,265,000 ウェーバー・マレリの燃料噴射と478馬力、2

記事を読む

1970 FERRARI 246 GT L-SERIES DINO COUPE

1970 FERRARI 246 GT “L-SERIES” DINO COUPE 7231万円

車両価格:$595,000   --Rosso Corsa with Ta

記事を読む

DSCF6274 (1)

2006 FERRARI F430 GT2 ¥ASK

このフェラーリF430 GT2は、巨大なレースの歴史があり、中にレースしました。 - 20

記事を読む

フェラーリ 348 LMバージョン

フェラーリ 348 LMバージョン ¥ASK

車両価格:ASK 1992年式 フェラーリ アイディング 348LMバージョン ベー

記事を読む

1996 フェラーリ F50

1996 フェラーリ F50 1億8000万円

車両価格:1億8000万円 イエロー/ブラックレザー 走行6,700km htt

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク