*

PR

1973 Fiat Abarth 124 Rallye Two-Seat Rally Competition Coupé 879万円(SOLD)

公開日: : フィアット ,

1973 Fiat Abarth 124 Rallye Two-Seat Rally Competition Coupé

<スポンサーリンク>

Sold for £51,750

1973フィアットアバルト124ラリー二シートラリー競技クーペ
英国に登録されていないことにより、自動車の車体
(以前はイタリアに登録:PV 296410)
シャーシがありません。 0064893

脚注
フィアット/ランチアツインカムエンジンを搭載車およびその誘導体は、25年以上にわたり世界ラリー競争を支配しました。今日では、フィアットとランチアチームの組み合わせは、まだ他のどのブランドよりも多くの世界選手権を獲得しています。本当にこの前例のない成功に向けて、それらを開始した車は124スパイダーアバルトました。

124スパイダーは、1968年から1969年に結集に導入される前、フィアットは、自分の車をラリーに興味がプライベーターのためのサービスを構築していました。ヴィンテージとベテランの車は長距離ツーリングイベントのために準備されるためにこのフィアットラリーサービスは、主に技術的なアドバイスを提供しました。独立フィアットの、アバルトは、同調コンポーネント、およびますます専門家、高性能かつ深刻な競争車の独自の成長範囲で多くのイタリアの愛好家を提供しました。時代のイタリアの道路集会では、Fiatsは時折Alfasとエントリーリストを完成優れたランチアFulviasで、最も人気があることが判明しました。 1967年からはフィアットのラリーサービスは、継続的な支援や車のサービス機能を提供するために拡張されました。海外集会のためのフィアットの工場ラリーのサポートは、設定されていました。

1968年熱心なスタッフのグループは、トリノの事務所、倉庫をベースにチームを形成し、そのワークショップいた – 1920年代にバックを – かつてフィアットのレーシングチームを務めていました。 1969年に巨大なトリネーゼ会社の関心はより集中になりました。

強化された金融投資は、設定されているより特化したワークショップにつながった、とAlcideパガネッリとドミニコルッソは1438ccスポーツスパイダーの最初にイタリアのラリータイトルを獲得した1970年、公式チームの形成。後半に1969年に第二の一連124スパイダーは、1438ccシングルキャブレターの元を置き換え、新しい1608ccツインカムエンジンとツインウェーバーキャブレターで、リリースされました。これは、トップクラスのラリーで成功するために必要なオールラウンド性能を提供すること、このモデルでは、「124スポーツスパイダー1600 ‘でした。

1970年の間に、企業の信頼はトリノ操作がイタリアの国際ために競合9乗組員を含むプログラム、作り、ヨーロッパのドライバーを、処理済みとして、車とチームの両方で成長し、ミトローパカップラリー選手権のタイトル。 40以上のデザイナーや機械の専門家は、職務をチームに出向し、1971年にフィアットが初めて全国集会で正式ファクトリーチームに入りました。 125Sは、124スパイダーは、ターマックと滑らかな砂利会場で使用された一方で、砂利、非常に粗い表面のイベントに選挙運動をすることになりました。

急速な研究、開発、設計、製造の専門家の懸念の専門知識を – 1971年8月にフィアットは、同社の世界クラスの開発努力がラリーに排他的に導か次いでアバルト&Cを買ったときに、国際的な使用のためのラリーフィアットを認定するための作業がすでに進行中でしたそして決定的な証明特別なコンポーネントのテスト。

真のワールドクラスのレベルへのパートナーシップアバルトの入力上昇競争の努力で彼らの最初の年以内。彼らの指導のもと124ラリーが作成されました。

深刻な開発努力のthe124アバルトラリーは、国際および国内のイベントのための秋1972年FIAのホモロゲに発売された後 – 11月ということに続きます。最小400整合ユニットを製造するための受入れ要件がありました。標準的な124スパイダーシャーシは、道路に行く(Stradale)の両方を満たすためにアバルトでバッチで構築し、必要なラリーカーに動作しました。約30フィアット124スパイダーの殻は、作品のラリーの準備のために取っておきました。残りはフィアットのディーラーを通じて販売のためのロードゴーイングStradaleのバージョンのように調製しました。

1973年シーズンを通して、124アバルトはまだペースと信頼性に欠けていた – とフィアットは、その結果で確立されたルノー・アルパインエキップに世界選手権を失いました。 Through1974-75、アバルトは次第に強くサスペンション、より大きな、より良い冷却ブレーキ、ホイールとタイヤの改善と広範囲に明るくされたシェルが付いている車を開発した – との特別な16バルブツインカムエンジンを遊ばし1975のワイドボディキットバージョンで最高潮に達しますKugelfischer機械式燃料噴射。 1975年の終わりまでに、この電源ユニットは、信頼性の高い210bhpを​​提供すると主張しました。車のカラーリングも黄色のトリムと赤明るくなりする黒ハードトップ、ブーツとボンネットと初期アバルト赤から変更されました。

これらの車は、ヨーロッパラリー選手権を獲得したが、別のフィアットグループのラリーカー – エキゾチックランチア・ストラトス – 世界ラリー選手権レベルで他社の追随を許さないことが判明しました。 124 Abarthsは、1974年に受賞したイベントを継続し、1975年シーズンに向けて構築された究極の変異体はまた、機械的な燃料噴射とアバルト16バルブヘッドを持っていながら、この例では、8バルブヘッドとウェーバーキャブレターと、以前の構成です。

このロットに添付ファイル内に保存されたドキュメントは、1973年7月10日に最初のパヴィアのフランチェスコCaprioniに登録されていた、ここで提供されるものシャーシ「0064893」を公開し、後でそれをしていた1981年4月18日、1975年にベッカリーアのパオロ・アントニオVercesiに渡さリノモロナイは、まだライセンスシリアル」PV 296410」の下パヴィアに登録されています。オリジナルのナンバープレートは、ロトのドキュメントファイルに保存されています。

静的博物館のディスプレイ上でその多くの年後の検査時には、このフィアットアバルト124ラリーの4気筒ツインカムエンジンは、自由に回転することがわかりました。そのシリンダーボアはガラス張りですが、一般的に良好な状態にあるように見えます。オーバーヘッド・カムシャフト駆動ベルトの現在の状態と年齢が確認できないと我々はそれが前にエンジンが実行さに交換する必要があるだろうと確信しています。スロットル操作が原因で、部分的に押収されてキャブレターに悪いです。フルストリップと再構築端的に必要ですが、全体的には、エンジンが電気、燃料システム、付属物及びタイミングベルトにさらに注意した後に開始される可能性を持っていると思われます。クラッチが作動して、すべてのブレーキの結合が、動作している間は、すべてのギアを選択​​することが可能です。

この歴史ラリー電位は一般によく使用されるが、きれいに保存され、非常にオリジナルのフィアットアバルト124は自明です。新しい所有者が車を実行することができる前に専門家の検査と再試運転は明らかに必要であるが、我々はそれが最も近い対価を与えられるべきであることをお勧めします。

この車両は、それがEUに残るべき税をインポートすることがありますのでご注意ください。

売り場の通知
私たちは、マラネロ・ロッソコレクションからすべてのモーターカーは、ロット221から201には、5%の減少輸入税の課税対象であることを確認して喜んでいます。

 

1973 Fiat Abarth 124 Rallye Two-Seat Rally Competition Coupé
Coachwork by Not registered in UK
(previously registered in Italy: PV 296410)
Chassis no. 0064893

Footnotes
Cars powered by the Fiat/Lancia twin-cam engine and its derivatives dominated World rallying competition for over 25 years. Today, the combination of Fiat and Lancia teams have still won more World Championships than any other marque. The car that really launched them towards this unprecedented success was the 124 Spider Abarth.

Before the 124 Spider was introduced to rallying in 1968-69, Fiat had been building a service for privateers interested in rallying their cars. This Fiat Rally Service provided mainly technical advice for vintage and veteran cars being prepared for long distance and touring events. Independently of Fiat, Abarth provided many Italian enthusiasts with tuning components, and their own growing range of increasingly specialist, high-performance and serious competition cars. In the Italian road rallies of the era, Fiats proved most popular, with occasional Alfas and the outstanding Lancia Fulvias completing the entry lists. From 1967 Fiat’s Rally Service was extended to provide a continuous support and car servicing capability. Fiat’s factory rally support for overseas rallies had been set-up.

By 1968 a group of enthusiastic staff members had formed a team based around the Turin offices, warehouse and workshops that – back in the 1920s – had once served the Fiat racing team. In 1969 the giant Torinese company’s attention became more focused.

Enhanced financial investment led to a more specialised workshop being set up, and the formation of an official team in 1970, when Alcide Paganelli and Dominico Russo won their first Italian rally title in a 1438cc Sport Spider. Late in 1969 the second series 124 Spider was released, with a new 1608cc twin-cam engine and twin Weber carburettors, replacing the 1438cc single-carburettor original. It was this model, the ‘124 Sport Spider 1600’, that provided the all-round performance necessary to succeed in top-class rallying.

During 1970, corporate confidence grew in both the cars and the team, as the Turin operation handled a programme involving nine crews, competing for the International Makes, European Drivers, Italian, and Mitropa Cup Rally Championship titles. Over 40 designers and mechanical specialists were seconded to team duties and in 1971 Fiat for the first time entered an official factory team in National Rallies. The 125S was to be campaigned on gravel and very rough surface events, while the 124 Spiders were used on tarmac and smoother gravel venues.

Work to homologate a rally Fiat for international use was already underway when, in August 1971 Fiat bought Abarth & C. The company’s world-class development efforts were then channelled exclusively into rallying – the specialist concern’s expertise in rapid research, development, design, manufacture and testing of special components proving decisive.

Within their first year in partnership Abarth’s input elevated competition efforts onto a truly World-class level. Under their guidance the 124 Rally was created.

After a serious development effort the124 Abarth Rally was launched in Autumn 1972. FIA homologation for international and national events – followed that November. The acceptance requirement was for a minimum 400 matching units to be manufactured. The standard 124 Spider chassis were built up in batches at Abarth to meet both the road-going (Stradale) and works rally cars required. Around 30 Fiat 124 Spider shells were set aside for works rally preparation. The rest were prepared as road-going Stradale versions for sale through Fiat dealerships.

Through the 1973 season, the 124 Abarth still lacked pace and reliability – and Fiat lost the World Championship to the established Renault-Alpine equipe in consequence. Through1974-75, Abarth progressively developed the car with stronger suspension, larger, better cooled brakes, wheel and tyre improvements and an extensively lightened shell – culminating in the wide body kit version of 1975 which sported a special 16-valve twin-cam engine with Kugelfischer mechanical fuel injection. By the end of 1975 this power unit was claimed to be delivering a reliable 210bhp. The car’s livery was also changed from the initial Abarth red with black hard top, boot and bonnet to brighter red with yellow trim.

These cars won the European Rally Championship, but another Fiat Group rally car – the exotic Lancia Stratos – proved unbeatable at World Rally Championship level. The 124 Abarths continued winning events into 1974 and while the ultimate variant built for the 1975 season also had an Abarth 16-valve head with mechanical fuel injection this example is in earlier configuration with 8-valve head and Weber carburettors.

Documents preserved within the file accompanying this Lot reveal that chassis ‘0064893’ offered here was first registered to Francesco Caprioni of Pavia on July 10, 1973, and later passed to Paolo Antonio Vercesi of Beccaria on April 18, 1975. By 1981 it was with Lino Moroni, still registered in Pavia under the licence serial ‘PV 296410’. The original licence plates are preserved within the Lot’s documentation file.

Upon inspection after its many years on static museum display, this Fiat Abarth 124 Rallye’s 4-cylinder twin-cam engine was found to turn freely. Its cylinder bores are glazed but appear to be in generally good condition. The current state and age of the overhead-camshaft drive belt cannot be confirmed and we are confident it would need to be replaced prior to the engine being run. Throttle operation is poor due to the carburettors being partially seized. A full strip and rebuild is plainly required but overall it seems that the engine has the potential to be started after further attention to the electrics, fuel system, ancillaries and timing belt. The clutch is operating and it is possible to select all gears, while all brakes are binding but operational.

The Historic rallying potential of this generally well-used but nicely preserved and highly original Fiat Abarth 124 is self-evident. Expert inspection and re-commissioning is obviously necessary before a new owner could run the car, but we recommend that it should be given the closest consideration.

Please note this vehicle is subject to import tax should it remain in the EU.
Saleroom notices
We are pleased to confirm that all motor cars from the Maranello Rosso Collection, Lots 201 to 221, are subject to the reduced import tax of 5%.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21907/lot/215/

関連記事

【ヤフオク】ベルトーネ X1/9 ダラーラ仕様

ダラーラ仕様 ブリスターフェンダー 【ヤフオク】ベルトーネ X1/9 ダラーラ仕様

記事を読む

FIAT 124 ABARTH ex. Factory ¥SOLD

車両価格:SOLD Targa "TOL 69744" Ex Paganelli RA

記事を読む

1960 Fiat Abarth Double Bubble Zagato 1074万円

車両価格:$87,500   1960 Fiat Abarth Dou

記事を読む

Fiat X19 Race Car 746万円

車両価格:£39,995 マイクKasonの顕著フィアットX19スポーツレーサーは、

記事を読む

Fiat 850TC ’68 422万円

車両価格:€32,500 パーフェクトアバルトTC Derivazione 1968を

記事を読む

FIAT X1/9 ¥ASK

    1970年にベルトーネはジョットBizzarrini

記事を読む

Fiat 124 Spider – 1982 190万円

車両価格:€14,500 124 Spider er vel Fiat's måske

記事を読む

1958 Fiat-Abarth 750 GT ‘Double Bubble’ Coupé by Zagato 966万円(SOLD)

Sold for €75.600 48馬力、767 ccのオーバーヘッドバルブ直列4

記事を読む

FIAT X1/9 GTS / Gruppo 4 – Periodo I ¥ASK

1970年にベルトーネはジョットBizzarriniによって提供された技術的な手がかりに、

記事を読む

1966 Fiat-Abarth 1000SP Tipo SE04 Racing Sports-Prototype 2308万(SOLD)

Sold for £135,900 マラネロ・ロッソコレクションから 1966年フィ

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク