*

PR

1962 Abarth 1000 Sport 131-MC Spider Tubolare 2079万円(SOLD)

公開日: : アバルト ,

1962 Abarth 1000 Sport 131-MC Spider Tubolare

<スポンサーリンク>

Sold for £122,460

 

1962アバルト1000年スポーツスパイダーMC-131の管状
アバルト/ボディBeccarisによって自動車の車体
シャーシがありません。 131から003

脚注
マリオ・コルッチが1960年にアバルト&Cに到着したとき、彼はアルファロメオTZとデザインの関与の経験から新鮮でした。イタリアのプレスは「レーシングカーのための新しい構造的哲学」と説明したものと、その根拠は、多管スペースフレームまたは「トレリス」シャーシ構造とホイールベース内には中央に取り付けられた電源ユニットとを導入し、発売しました。これは、異なる規制カテゴリの需要に依存して様々な容量のアバルトツインカム4気筒エンジン、レース回路に対する-クロック山の登りなどのインストールを許可します

コルッチの指示の下、最初のフィアットアバルトスパイダーチューブラーはまず問わず、工場や民間所有者/ドライバのほとんどにコミットするための最小のスポーツ・プロトタイプレーシングカーとして1961年に参戦しました。シンプルさが手殴らアルミボディパネルがヒンジ付きノーズとテール「クラムシェル」のセクションをcomprendendoで、少しスパイダー管状の構成でコルッチの署名だった敷居とコックピットドアパネルを分離、全身が非常にすでに老舗から、そのリードしてロータス、ローラ、エルヴァ及びその他のような英国のスポーツレーシングカーメーカーの慣行。私たちは、特定することはできませんが、我々は体が地元の専門家カロッツェリアBeccarisによってアバルトの社内デザインに作られたと信じて….しかし、我々は、この帰属時に修正されるために立ちます。

非常に早いSpiderのキャリアの中から管状Abarthdeveloped 5速トランスアクスルギアボックスは、試された標準フィアット600本番システムから開発されました。アマドリ以降カンパニョーロ製のキャストマグネシウム車輪はカルロ・アバルト自身によって設計されたものとして推進されました。元コルッチに設計されたアバルトスパイダー管状はちょうど747ccを変位Bialbero 4気筒ツインカムエンジンを搭載2040ミリメートルホイールベース、劣らず、ル・マン24時間レースに関連する容量クラスである車の目標に基づいて構築されました。 C – その少しエンジンが7,300rpmスパイダー管状でいくつかの75bhpを生成すると毎時200キロすることができると主張しました。毎時124マイル。

イタリアとヨーロッパの登山サークル内で1000ccにツインカムユニットがで最も人気のある証明ながらシムカアバルト1300年のその由来1456-1459cc 4気筒エンジンは、後に、1962年の夏にスパイダーsportsprototype管状のシャーシで使用されるであろう少しスケートボードシャーシ/ボディユニットのこの超低、超軽量でオプション。

この例に付随する文書ファイル内 – シャーシ番号「131から003」は – このマシンの歴史を提供ファブリツィオViolatiにBellach、スイスの仲間アバルト愛好家やコレクターエンゲルモールから6月27.1997書簡があります。我々は、いずれかのジャンニBalzariniによって駆動、それはマリオ・コルッチの実験的な1459ccの電源ユニットの1つで1962年の秋に製造されたことを理解し、その年9月31日にMarchairuzの山登りでスイスで初めて駆動されることを意図していましたまたはファクトリーチームのためのハンス・ヘルマン。これは、後に1000ccにエンジンを再取り付け、ヴィットリオベンチュリ、1963年に、ヴェルガート-Cerelioの登山中に車の中で競合するベンチュリを示すここで使用する写真を取り付けるエンゲルモールに委ねられました。

‘ – シャーシ号131/003アバルト1000年スポーツ」のための原産地証明書 – トリノ – 同じドキュメントファイルもかなりボロボロそれでも興味深いアバルト&Cを提供します。証明書なし264ではない、それは公共のレジストリautomob刻印されています。トリノ – 1月11日、1985年車修理ポッジからの手紙 – よく知られているイタリアの会社の競争 – ファブリツィオViolatiへ1977年10月12日付けの、車の時に仕事のためのより低い法案を囲みます。コー​​スの推論はファブリツィオViolatiが示された1970年代半ばから、この素晴らしいミニチュアのsportsprototypeを所有していたということですどの37年を超える最後の長期的な所有権であろう…

今日、この美しいと最も望ましい小さな宝石を学ぶ代替が以前に引用した電源ユニットを1000ccにするために1459年からエンジン交換とうまくマッチしてしまい、その「中央」エンジンルーム内では、シャーシ、エンジンマウントポイントが含まれていることは明らかです。

エブリシングngの今日はミッドシップエンジンベイの右側にその背後にあるドライサンプタンクに右サイドコックピット燃料タンクから、1960年代の理論と実践を呼吸する車について、持っているウェットサンプエンジンのインストールはっきり過去とわずか1リッターエンジンから後方にスピアリング長いフィアット600D由来のトランスアクスル長い何十年もの間その場に行った事。

Introscopeをすることにより、スパークプラグのオリフィスを通して見た – – 良好な状態であるブラックベリーは車の検査を詳述するとボナムズに配信されるように、エンジンが手で、そのシリンダーボアは、その自由に回転することが明らかです。ウォーターポンプは、これは非常に簡単に修正されたが、押収されるとエンジンの電気系統が現在誤って配線されて表示されます。車のすべてのディスクブレーキシステムは、マスタシリンダは現在押収されて、私はストリップや車を使用することができる前に、システムが必要とされて再構築するために知っている、非動作です。クラッチはまた、明らかに押収され、非動作、すべてのギアを選択​​することが可能です。

1リットルアバルトのスポーツプロトタイプのこの顕著な例は、車種も多いので長い静的表示にした後、その独創性と一般的な条件を賞賛非常に経験豊富な専門家によってボナムズに代わって検査されています。私たちは、最も近い考慮に値するものとして、ここで「003」をお勧めします。新しい所有者が本格的にそれを実行することを検討する必要があります前に、専門家の検査と再試運転は明らかに必要であろう – しかし、これは確かにマラネロ・ロッソコレクションの他の小さな宝石です…

この車両は、それがEUに残るべき税をインポートすることがありますのでご注意ください。

売り場の通知
私たちは、マラネロ・ロッソコレクションからすべてのモーターカーは、ロット221から201には、5%の減少輸入税の対象となっていることを確認するために喜んでいます。

1962 Abarth 1000 Sport 131-MC Spider Tubolare
Coachwork by Abarth/Carrozzeria Beccaris
Chassis no. 131-003

Footnotes
When Mario Colucci arrived at Abarth & C in 1960 he was fresh from the experience of design involvement with the Alfa Romeo TZ. From that basis what the Italian press described as “a new constructional philosophy for racing cars” was launched, introducing multi-tubular spaceframe or ‘trellis’ chassis structures and with the power unit centrally-mounted within the wheelbase. This permitted the installation of the Abarth twin-cam 4-cylinder engines of varying capacity, dependent upon the demands of differing regulation categories, race circuits, against-the-clock mountain climbs, etc.

Under Colucci’s direction the first Fiat Abarth Spider Tubolare was first raced in 1961 as the minimum sports-prototype racing car for the most committed of factory and private owner/drivers alike. Simplicity was Colucci’s signature in the little Spider Tubolare’s configuration, with hand-beaten aluminium body panels comprising the hinged nose and tail ‘clamshell’ sections, separate sills and cockpit door panels, the whole body very much taking its lead from the already long-established practices of such British sports-racing car manufacturers as Lotus, Lola, Elva and others. We cannot be certain but we believe the body was made to an Abarth in-house design by the local specialist Carrozzeria Beccaris….but we stand to be corrected upon this attribution.

From very early in the Spider Tubolare’s career an Abarthdeveloped five-speed transaxle gearbox was tried, developed from the standard production Fiat 600 system. Cast-magnesium road wheels made by Amadori and later Campagnolo were promoted as having been designed by Carlo Abarth himself. The original Colucci-designed Abarth Spider Tubolare was built upon a 2040mm wheelbase, powered by a Bialbero 4-cylinder twin-cam engine displacing just 747cc, the car’s target being the relevant capacity class at the Le Mans 24-Hour race, no less. With its little engine producing some 75bhp at 7,300rpm the Spider Tubolare was claimed to be capable of 200km/h – c. 124mph.

A 1456-1459cc 4-cylinder engine derived from that of the Simca Abarth 1300 would later be used in Spider Tubolare sportsprototype chassis into the summer of 1962, while within Italian and European mountain-climbing circles the 1000cc twin-cam unit proved a most popular option in this ultra low, ultra-light little skateboard of a chassis/body unit.

Within the documentation file accompanying this example – chassis number ‘131-003’ – there is a letter dated June 27,1997, from fellow Abarth enthusiast and collector Engelbert Moll of Bellach, Switzerland, to Fabrizio Violati providing a history for this machine. We understand that it was manufactured in the Autumn of 1962 with one of Mario Colucci’s experimental 1459cc power units, and was intended to be driven for the first time in Switzerland at the Marchairuz hill-climb on September 31 that year, driven by either Gianni Balzarini or Hans Herrmann for the factory team. It was later re-fitted with a 1000cc engine and entrusted to Vittorio Venturi, Engelbert Moll attaching the photograph used here showing Venturi competing in the car during the Vergato-Cerelio mountain climb, in 1963.

The same documentation file also provides a rather battered but nonetheless interesting Abarth & C – Torino – Certificato d’Origine for ‘Abarth 1000 Sport – Chassis N. 131/003’. The Certificate is No 264 and it is stamped Pubblico Registro Automob. Torino – January 11, 1985. A letter from Autofficina Poggi – the well-known Italian competition company – to Fabrizio Violati dated October 12, 1977, enclosing a minor bill for work upon the car. The inference of course is that Fabrizio Violati owned this wonderful miniature sportsprototype from the mid-1970s which would indicate a last long-term ownership exceeding 37 years…

Studying this lovely and most desirable little gem today it is evident that the chassis includes alternative engine mounting points within its ‘centrale’ engine bay, which would match nicely with the engine change from 1459 to 1000cc power unit previously cited.

Everythi ng about the car today breathes the theories and practices of the 1960s, from the right-side cockpit fuel tank to the dry-sump tank behind it on the right-side of the midship engine bay, the wet-sump engine installation which has plainly been in situ for long decades past and the lengthy Fiat 600D-derived transaxle spearing aft from the little 1-litre engine.

Upon more detailed inspection of the car as delivered to BONHAMS it is evident that the engine turns freely by hand and that its cylinder bores – when viewed through the spark plug orifices by introscope – are in good condition. The water pump appears to be seized and the engine electrics are presently incorrectly wired, although this is very easily corrected. The car’s all-disc braking system is non-operational, the master cylinder being currently seized, so a system strip and rebuild is needed before the car could be used. The clutch is also apparently seized and non-operational, but it is possible to select all gears.

This outstanding example of the 1-litre Abarth sports-prototype has been inspected on BONHAMS’ behalf by very experienced marque experts who much admired its originality and general condition after so long on static display. We recommend ‘003’ here as being worthy of the closest consideration. Expert inspection and re-commissioning will obviously be necessary before a new owner should consider running it in earnest – but this is indeed another little jewel of the Collezione Maranello Rosso…

Please note this vehicle is subject to import tax should it remain in the EU.
Saleroom notices
We are pleased to confirm that all motor cars from the Maranello Rosso Collection, Lots 201 to 221, are subject to the reduced import tax of 5%.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21907/lot/216/

関連記事

1966 Fiat-Abarth 1000SP Tipo SE04 Racing Sports-Prototype 2308万(SOLD)

Sold for £135,900 マラネロ・ロッソコレクションから 1966年フィ

記事を読む

1969 Abarth 1300 Sport Spider SE010 ‘Quattro Fari’ Sports-Racing Prototype 3164万円(SOLD)

Sold for £186,300 1969アバルト1300スポーツスパイダーSE01

記事を読む

1972 Abarth-Osella SE 021 Sports Prototype 2783万円(SOLD)

Sold for £163,900 元アルトゥーロ・メルツァリオ、デレック・ベル、欧州

記事を読む

AUTOBIANCHI A112 Abarth GR2 ¥SOLD

車両価格:SOLD Fantastic recreation of the famous

記事を読む

1965 Abarth Simca 1300 GT Corsa ‘Long-Nose World Champion’ Coupe 1395万円(SOLD)

Sold for £82,140 マラネロ・ロッソコレクションから 1965アバルト

記事を読む

Abarth-Osella PA1 2160万円

  車両価格:€190,000 私たちは販売のために、この豪華なアバル

記事を読む

1978 Fiat Abarth Rallye 131 Supermirafiore Group 4  1186万円(SOLD)

Sold for £69,820 1978フィアットアバルトラリー131 Superm

記事を読む

1970 Abarth 2000 Sport SE014 ‘Europeo Montagna’ 2118万円(SOLD)

Sold for £124,700 1970アバルト2000スポーツSE014」エウロ

記事を読む

1960 Fiat Abarth Double Bubble Zagato 1074万円

車両価格:$87,500   1960 Fiat Abarth Dou

記事を読む

FIAT 124 ABARTH ex. Factory ¥SOLD

車両価格:SOLD Targa "TOL 69744" Ex Paganelli RA

記事を読む

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク