*

PR

1978 Fiat Abarth Rallye 131 Supermirafiore Group 4  1186万円(SOLD)

1978 Fiat Abarth Rallye 131 Supermirafiore Group 4

<スポンサーリンク>

Sold for £69,820

1978フィアットアバルトラリー131 Supermirafioriグループ4仕様世界選手権ラリー大会サルーン
登録番号。英国に登録されていません
(以前はイタリアに登録:R92450 TO)
シャーシがありません。 2045727


脚注
フィアットは、伝説の元フェラーリのチーフ・エンジニアアウレリオ・ランプレディが唯一のマネージング・ディレクターになってきて1971年にアバルト&Cを取得しました。 1979-1980コルソ月38、トリノでのアバルトの本社に、11000平方メートルに走った工場施設内の一部の350のスタッフを収容します。同社は他のアクセサリーと一緒にFiats車の排気システムを生産、AUTOBIANCHIの70hpのためにエンジンを作り、3の主要な分野で活躍した、それはまた、フィアットとランチアの両方のための「レーシング部門」を務めました。これは、すべてのフィアットアバルト131ラリー車、そして洗練されたランチア・ストラトスチームの車がすべて登場しアバルト部門実験部門からのものでした。


1978年、1977年、そして1980年にドライバーマルク・アレン、ティモ・サロネンとヴァルター・ロールで、他の多くの間で、車輪で:フィアットアバルトラリー131は、3回連続よりも少ない世界ラリー選手権を獲得しないことで伝説的な成功を達成しました。 1976年から1981年の間にフィアットアバルト131Sは18世界ラリー選手権、予選ラウンドを獲得しました。ヴァルター・ロールは、ギリシャのアクロポリス・ラリー、ケベッククリテリオムモルソン、モンテカルロ、ポルトガル、Codasurサンを獲得しながら、作品ではフィアットアバルトの131Sは、マルク・アレンは、フィンランドの千湖ラリーノー未満4倍、およびポルトガルラリー3回獲得レモラリー。


フルビオバッケッリはフィアットアバルト131にサウスパシフィックラリーを獲得し、ティモ・サロネンはクリテリウムモルソン・デュ・ケベック、ジャン=クロード・Andruet別のサンレモ・ラリー、ベルナール・ダルニッシュツール・ド・コルスの2つのエディション、アントニオZanini Rajdポルスキ、そしてこの上なくことを追加しました-talented女性ドライバーミシェル・ムートン1978ツアー
フランス自動車。基本的なフィアット131ミラフィオリは、1974年から1984年まで生産さ中小ファミリーセダンとして発売されました。


これは、1974年トリノサローネdell’Automobile展で発表し、それはまた、2ドアと4ドアサルーンまたは5ドアの財産として利用できた成功フィアット124のための交代で入ったされていました。 131は、車が生産されたトリノ郊外後ミラフィオリの名前を与えられました。このように、モデルに名前を付けると旧フィアット大会で休憩をマークし、
唯一の3桁の数字との主流モデルに名前を付けるの、1960年代に設立され、フィアットは、その後、その車のモデルに名前を付けるためにこのような行為は、パターンを設定します。


当初、131は1.3リットルと1.6リットルoverheadvalve 4気筒パワー・ユニットで提供されました。新しいツインオーバーヘッドカムシャフトのヘッドは1978年に導入されたとき、関連するモデルは131 Supermirafioreとして知られ、1981年6月に新しいスポーツバージョンになった、Volumetricoアバルトは、おなじみのその時点での過給バージョンで、一部の市場に導入された2 -litreツインカムエンジン。
ラリー・開発した過給アバルト変異体はまた、2000 TC Compressoreとして知られていた、唯一のいくつかの200は特別な同族として生産されています。主流のモデルへのメジャーアップデートは、1978年と1981年に行われた、そして生産は最終的に合計1513800台がフィアットのイタリアの工場で生産されていた時間によって、1984年に停止しました。この特定のラリーバージョン非常に軽量アルミニウムと、燃料噴射と16弁のベルト駆動のツインカムの電源ユニットを搭載し、グループ4ラリー仕様であると考えられるものに表示され、


glassfibreボディパネル、及びフルロールオーバーケージとクラッシュヘルメットなどのためのビニール被覆スポンジブロックの背面収納付き広く結集適応し、ストリッピングし、荒涼車室内競争力のあるステージセクションに装着されていません。 「SpAのフィアットSAEASA」に登録された1978年4月5日、トリノ、日付登録文書は、この純粋にグループ4仕様フィアットアバルトラリー131に関連付けられた詳細なドキュメントファイル内にあるプリザーブドフラワー。ファイルには、その後、1989年と1990年、1988年12月に有効な車のための課税文書が含まれています。


サッサリのヴィットリオCarlinoのことで、車の買収を記録1983年2月25日付けの所有権移転文書もあります。車は働くチームをフィアット131妹にのみ当選者ヴァルター・ロールのような男性スターが率いる1980年モンテカルロラリーで7位にミシェル・ムートン他でもないことで駆動される機械、あったとして、この文書ファイル内にリストされているように思われますアバルト – ベルナール・ダルニッシュによってランチアストラトスHFと第二位で – 別のフィアット131アバルトでビョルン・ワルデガルドの第三、アンダースKullangのオペル
Aascona 400、パーエクルンドのフォルクスワーゲンゴルフGTIとアッティリオベッテガのフィアットリトモ。彼女の車はレーシングカーのチームCalbersonすることによって、そのラリーに入力されたと競争番号「12」を実施しました。


私たちは、ここに提供されるように、エンジンが押収されているの兆候を示しており、間違いなくフルストリップを必要とし、それはおそらく注文を実行に戻ることができる前に再構築されていることを理解しています。クラッチシステムが動作しており、ブレーキは結合が、動作している間、すべての歯車は、選択することができます。このような状態は残念しかしはっきり非常に難しいと動作寿命を要求したものの後に何年もの間、静的な博物館の表示にされている任意の車の中で予想外ではありません。それはKugelfischer燃料噴射との正しい、完全な16バルブドライサンプ作品型ラリーエンジンです。車内には、作品のスタイルを提供しています


ダッシュアレイと英国のアバルトの専門家トニー・城・ミラーをリードするには、初めて車を検査する際に、「それはエンジンが押収された場合でも、ラリー車のための素晴らしい状態でだ!」と宣言しました。様々なスペアはglassfibreフロントウィングとボンネットパネルを含む、このロットでもご利用いただけます。


ここでは、そのカリスマ的な世界ラリー選手権を受賞したタイプの長期Collezioneマラネロ・ロッソの例であったの余分な名声を失うことはありません車です。それははっきりとそれが競争力のためにもう一度復元することができる交感神経、理解と技術的に可能な新しい家を必要としています。右の手では、はっきりと頭を回し、世界にそれが運動をするかもしれないどこにトロフィーを蓄積するフロントランニングヒストリックラリー車になる可能性があります。


この車両は、それがEUに残るべき税をインポートすることがありますのでご注意ください。
売り場の通知
私たちは、マラネロ・ロッソコレクションからすべてのモーターカーは、ロット221から201には、5%の減少輸入税の課税対象であることを確認して喜んでいます。

 

1978 Fiat Abarth Rallye 131 Supermirafiore Group 4 Specification World Championship Rally Competition Saloon
Registration no. Not registered in the UK
(previously registered in Italy: TO R92450)
Chassis no. 2045727

Footnotes
Fiat acquired Abarth & C in 1971 with the legendary former Ferrari Chief Engineer Aurelio Lampredi becoming sole managing director. Into 1979-1980 the Abarth headquarters at Corso March 38, Turin, accommodated some 350 staff within a factory facility which ran to 11,000 square metres. The company was active in three major areas, making the engines for the Autobianchi 70hp, producing exhaust systems for Fiats cars together with other accessories, and it also served as the ‘racing department’ for both Fiat and Lancia. It was from the Abarth division experimental department that all the Fiat Abarth 131 rally cars, and the sophisticated Lancia Stratos team cars all emerged.

The Fiat Abarth Rallye 131 achieved legendary success by winning the World Rally Championship no fewer than three consecutive times: in 1977, 1978, and in 1980 with drivers Markku Alen, Timo Salonen and Walter Röhrl, among many others, at the wheel. Between 1976 and 1981 the Fiat Abarth 131s won 18 World Rally Championship-qualifying rounds. In works Fiat Abarth 131s, Markku Alen won the Finnish Thousand Lakes Rally no fewer than four times, and the Portuguese Rally three times, while Walter Rohrl won the Greek Acropolis Rally, the Quebec Criterium Molson, the Monte Carlo, Portugal, Codasur and San Remo Rallies.

Fulvio Bacchelli won the South Pacific Rally in a Fiat Abarth 131, Timo Salonen added a Criterium Molson du Quebec, Jean-Claude Andruet another San Remo Rally, Bernard Darniche two editions of the Tour de Corse, Antonio Zanini the Rajd Polski, and that supremely-talented lady driver Michele Mouton the 1978 Tour
de France Automobile. The basic Fiat 131 Mirafiori was launched as a small-to-medium family saloon produced from 1974 to 1984.

It had been launched at the 1974 Turin Salone dell’Automobile exhibition and was the replacement for the successful Fiat 124. It was also available as a two-door and four-door saloon or a five-door estate. The 131 was given the Mirafiori name after the Turin suburb in which the cars were produced. Naming the model in this way marked a break with the former Fiat convention,
established in the 1960s, of naming their mainstream models only with a three-digit number, and this practice set the pattern for Fiat to name its car models thereafter.

Initially, the 131 was offered with 1.3-litre and 1.6-litre overheadvalve 4-cylinder power units. When new twin-overhead camshaft heads were introduced in 1978 the relevant model became known as the 131 Supermirafiore and in June 1981 a new sport version, the Volumetrico Abarth, was introduced to some markets, with a supercharged version of the by that time familiar 2-litre twin-cam engine.

The Rally-developed supercharged Abarth variant was also known as the 2000 TC Compressore, only some 200 being produced as a homologation special. Major updates to the mainstream models were made in 1978 and 1981, and production finally ceased in 1984 by which time a total 1,513,800 units had been produced in Fiat’s Italian plants. This particular rally version features the 16-valve belt-driven twincam power unit with fuel injection and appears in what is believed to be Group 4 rally specification, with very lightweight aluminium and
glassfibre body paneling, and an extensively rally-adapted, stripped and stark cabin interior with full roll-over cage and vinyl-covered sponge block rear stowage for crash helmets etc when not being worn on competitive stage sections. Preserved within the extensive documentation file associated with this genuinely Group 4-specification Fiat Abarth Rallye 131 is a registration document dated April 5, 1978, Turin, registered to ‘SpA Fiat SAEASA’. The file also contains taxation documents for the car valid to December 1988, then 1989 and 1990.

There is also an ownership-transfer document dated February 25, 1983, recording the car’s acquisition by Vittorio Carlino of Sassari. The car appears to be listed within this documentation file as having been the machine driven by none other than Michele Mouton into 7th place in the 1980 Monte Carlo Rally, headed only by such male stars as winner Walter Rohrl in the sister works-team Fiat 131 Abarth – by Bernard Darniche in second place with the Lancia Stratos HF – Bjorn Waldegard third in another Fiat 131 Abarth, Anders Kullang’s Opel
Aascona 400, Per Eklund’s Volkswagen Golf GTI and Attilio Bettega’s Fiat Ritmo. Her car was entered in that Rally by Ecurie Calberson and carried competition number ’12’.

We understand that as offered here the engine shows signs of being seized and will definitely require a full strip and rebuild before it can possibly be returned to running order. The clutch system is operating and all gears can be selected, while the brakes are binding but operational. Such condition is regrettable but not unexpected in any car that has been on static museum display for many years after what was plainly a very hard and demanding operating life. It is a correct, full 16-valve dry-sump works-type Rally engine with Kugelfischer fuel injection. The car interior features the works-style
dash array and leading British Abarth specialist Tony Castle-Miller, upon inspecting the car for the first time, declared “It’s in great condition for a rally car even if the engine is seized!”. Various spares are also available with this Lot, including glassfibre front wing and bonnet panels.

Here is a car which will never lose the extra cachet of having been the long-term Collezione Maranello Rosso example of its charismatic World Rally Championship-winning type. It is plainly in need of a sympathetic, understanding and technically capable new home in which it can be restored once again to competitive order. In the right hands it could become a front-running Historic Rally car that would plainly turn heads and accumulate trophies wherever in the world it might be campaigned.

Please note this vehicle is subject to import tax should it remain in the EU.
Saleroom notices
We are pleased to confirm that all motor cars from the Maranello Rosso Collection, Lots 201 to 221, are subject to the reduced import tax of 5%.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21907/lot/218/

関連記事

Fiat 8V ¥ASK

車両価格:ASK ペブルビーチ·コンクール·デレガンス2002年ファーストクラスフィア

記事を読む

1962 Abarth 1000 Sport 131-MC Spider Tubolare 2079万円(SOLD)

Sold for £122,460   1962アバルト1000年スポ

記事を読む

FIAT 500 Abarth Assetto Corse 665万円

車両価格:51,000スイスフラン Fahrzeugdaten Inverkehrset

記事を読む

Abarth 500 Assetto Corse 270万円

車両価格:€20,000 Winner of Motorshow 2011 Turbo

記事を読む

1960 Fiat Abarth Double Bubble Zagato 1074万円

車両価格:$87,500   1960 Fiat Abarth Dou

記事を読む

AUTOBIANCHI A112 Abarth GR2 ¥SOLD

車両価格:SOLD Fantastic recreation of the famous

記事を読む

FIAT X1/9 GTS / Gruppo 4 – Periodo I ¥ASK

1970年にベルトーネはジョットBizzarriniによって提供された技術的な手がかりに、

記事を読む

Fiat Topolino barchetta, 1951.  ¥ASK

車両価格:ASK This is a very pretty and well-p

記事を読む

De Tomaso Pantera Gr4 (ex-works) ¥ASK

  これには、「普通の」GR4パンテラはされています唯一の作品の車であるこ

記事を読む

De Tomaso Pantera Group 4 FIA race car – 1972 ¥ASK

車両価格:ASk This 1972 De Tomaso Pantera is

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク