*

PR

1999 Williams-Supertec Renault FW21 Formula 1 Racing 1547万円(SOLD)

公開日: : F1, ルノー , ,

1999 Williams-Supertec Renault FW21 Formula 1 Racing

Sold for £91,100

元アレッサンドロ・ザナルディ – 14グランプリレース
1999ウィリアムズ-SupertecルノーFW21フォーミュラ1レースシングルシーター
シャーシがありません。 FW21-05

脚注
ジャック・ビルヌーブとハインツ=ハラルド・フレンツェンはドイツのラルフ・シューマッハーとイタリアのアレッサンドロ・ザナルディに置き換えられて、上に移動していた一方で1999年シーズンは、ブリヂストンタイヤへのグッドイヤーからスイッチとウィリアムズのために始めました。前年度のFW20モデルから派生したもので、かなり軽量た新しいFW21の車は、それは重力と多くの小説の新しい詳細機能の下部中央を持っていたし、それは、その前任者よりもかなり高速になると予想されました。

FW20とFW21の車は、両方の名前を ‘Supertec」の下にレースからルノー・スポールの公式撤退後に再ブランド化されていた2歳の71度ルノーV10気筒エンジンの顧客のバージョンによって供給されました。のにもかかわらず、その今顧客の供給ととWGPE – などマクラーレン・メルセデスとフェラーリ(フィアット)など – これらのFB01の電源ユニットは、主要産業のエンジンサプライヤーとのそれらのチームの間で開発するためにかなりのギャップを許可し、新しいシーズンに向けて少し発展を見ていました非常によく設計され、基本的な電源ユニット。信頼性が優秀であったが、常にチームが直面している50〜60馬力のパワーという欠点がありました。

「私はF1カーがこれらのタイヤに非常にエッジの効いていると思う:これらのFW21車でラルフ・シューマッハは、通常、彼のチームメイトザナルディとパトリック・ヘッドは、次のようにウィリアムズチームとイタリアの二重CARTのインディカーレースにチャンピオンの経験を総括アウト資格。それはそれは、そのダウンフォースにそのグリップのための非常に多くを依存している。非常に少ない低速のグリップを持っており、あなたがダウンして低速に取得する場合には、エッジに非常に多くのだとそれが彼のために困難に適応されています。しかし、後半を通じて今シーズンは、彼はスパでのペースに合理的だった、と彼は第四の資格と7位でフィニッシュモンツァでのペースに非常に多く、今年のベスト。彼は土曜日に合理的な形状であることを探していたニュルブルクリンクでは…しかし、彼適切なタイミングでの明確なラップを取得できませんでした…」。

アレッサンドロ・ザナルディはSupertecが新しいA-仕様のエンジンを導入し、彼はジョニー・ハーバートの流出油に回転させたときにそこに少なくとも一つの選手権ポイントのために向かっていたイモラでラルフ・シューマッハよりもただ一つの場所遅く資格。彼はモナコでグリッド上に5つの場所控えラルフの資格、および第8終え、カナダで先に場所でしたが、レースからリタイアを余儀なくされました。ハンガリーでは、ザナルディは再び前方に彼の闘争チームメイトの代わりに資格。

一方、1999年は2000年前方から大手メーカーのBMWとの新しい長期的な関係の始まりを楽しみにして、非常に多くのウィリアムズチームの中間年でした。この車両は、以下の条件で提供されています。エンジンおよび関連コンポーネントのステータス – 最後の実行で、完全な、ブレーキシステムのステータス – – 交換用のスペースフレーム、ギアボックスと送信状態前回の実行時と完全に。

このウィリアムズSupertec FW21-シャーシ「05」の1999年のレースレコードが – 次のとおりです。

アレッサンドロ・ザナルディによって駆動:

サンマリノGP – 修飾10日 – 完成し11日
モナコGP – 修飾11日 – 完成した第8回
スペインGP – 修飾17日 – RTD(送信)24周
カナダGP – 修飾12日 – RTD(送信)50周
フランスGP – 修飾15日 – RTD(エンジン)26周
イギリスGP – 修飾13日 – 完成した第11回
オーストリアGP – 修飾14日 – RTD(燃料のうち)35周
ドイツGP – 修飾14日 – RTD(送信)21周
ハンガリーGP – 修飾15日 – RTD(送信)10周
ベルギーGP – 修飾15日 – 完成した第8回
イタリアGP – FOURTH修飾は – THIRD RAN – 完成した第七の
ヨーロッパGP – 修飾18日 – RTD(送信)10周
マレーシアGP – 修飾16日 – 完成した第10回
日本GP – 修飾16日 – RTD(電気系統)0周

 

The ex-Alessandro Zanardi – 14 Grand Prix races
1999 Williams-Supertec Renault FW21 Formula 1 Racing Single-Seater
Chassis no. FW21-05

Footnotes
The 1999 season began for Williams with a switch from Goodyear to Bridgestone tyres, while drivers Jacques Villeneuve and Heinz-Harald Frentzen had moved on, being replaced by the German Ralf Schumacher and Italian Alessandro Zanardi. The new FW21 car derived from the previous year’s FW20 model, and was considerably lighter, it had a lower centre of gravity and many novel new detail features and it was expected to be considerably faster than its predecessor.

The FW20 and FW21 cars were both powered by the customer version of the two-year old 71-degree Renault V10-cylinder engine which had been re-branded after Renault Sport’s official withdrawal from racing under the name ‘Supertec’. These FB01 power units had seen little development for the new season which permitted a considerable gap to develop between those teams with major industry engine suppliers – such as McLaren-Mercedes and Ferrari (Fiat) – and WGPE with its now customer supply, albeit of a very well-engineered basic power unit. But while reliability was excellent there was always a 50-60 horsepower power disadvantage confronting the team.

In these FW21 cars Ralf Schumacher usually out-qualified his team-mate Zanardi and Patrick Head summed up the Italian double-CART Indycar racing Champion’s experiences with the Williams team as follows: “I think a Formula 1 car is very edgy on these tyres. It has very little low-speed grip. It relies for its grip very much on its downforce, and when you get down to low speed it’s very much on the edge and it’s been a difficult adaptation for him. But through the second half of the season he was reasonably on the pace at Spa, and very much on the pace at Monza where he qualified fourth and finished seventh, best of the year. At the Nurburgring he was looking to be in reasonable shape on the Saturday…but he didn’t get a clear lap in at the right time…”.

Alessandro Zanardi qualified just one place slower than Ralf Schumacher at Imola where Supertec introduced new A-specification engines and was heading for at least one Championship point there when he spun on Johnny Herbert’s spilled oil. He qualified five places ahead of Ralf on the grid at Monaco, and finished eighth, and was a place ahead in Canada, but was forced to retire from the race. In Hungary, Zanardi again qualified a place ahead of his combative team-mate.

Meanwhile, 1999 was very much an interim year for the Williams team, looking forward to the beginning of a new long-term relationship with major manufacturer BMW from 2000 forward. This vehicle is offered in the following condition: engine and related component status – replacement space frame, gearbox and transmission status – complete as at last run, brake system status – complete as at last run.

The 1999 racing record of this Williams-Supertec FW21- chassis ’05’ – is as follows:

Driven by Alessandro Zanardi:

San Marino GP – qualified 10th – finished 11th
Monaco GP – qualified 11th – finished 8th
Spanish GP – qualified 17th – Rtd (transmission) 24 laps
Canadian GP – qualified 12th – Rtd (transmission) 50 laps
French GP – qualified 15th – Rtd (engine) 26 laps
British GP – qualified 13th – finished 11th
Austrian GP – qualified 14th – Rtd (out of fuel) 35 laps
German GP – qualified 14th – Rtd (transmission) 21 laps
Hungarian GP – qualified 15th – Rtd (transmission) 10 laps
Belgian GP – qualified 15th – finished 8th
Italian GP – qualified FOURTH – RAN THIRD – finished 7th
European GP – qualified 18th – Rtd (transmission) 10 laps
Malaysian GP – qualified 16th – finished 10th
Japanese GP – qualified 16th – Rtd (electrics) 0 laps

 

http://www.bonhams.com/auctions/21907/lot/237/

関連記事

1995 Simtek Jos Verstappen Formula 1

1995 Simtek Jos Verstappen Formula 1 2093万円

車両価格:£115,000 伝説は、販売のためのヨス·フェルスタッペン1995 Sim

記事を読む

f1_front_01

【楽天市場】ミハエルシューマッハ使用 Scuderia Ferrari Marlboro F399 (1999) Front Wing 税込 4,011,428 円

価格:税込 4,011,428 円   1999年 フェラーリ F1

記事を読む

Formule 1 LIGIER JS25 3

【F1】Formule 1 LIGIER JS25/3  1189万円

車両価格:€100,000 ジャック·ラフィットが操縦リジェ·JS25/31985

記事を読む

F1 FERRARI 126 C 2

【F1】F1 FERRARI 126 C 2 ¥ASK

車両価格:ASK 年:1982 車生産:8 エンジン:V6ターボ 電源:11.0

記事を読む

Honda F1 RA106-4 Formula One Jenson Button Honda 2006 F1 race car side

Honda F1 RA106-4 Formula One Jenson Button Honda 2006 F1 race car

価格:£75,000.00(約1350万円)   Offered for

記事を読む

20150902_151808

1984 Formula I Formula 1 Spirit 101- Ford DFV 3120万円

1984年スピリット101-1コスワースのDVF この車は、1984年世界選手権

記事を読む

1978 FERRARI 312 T3 FORMULA 1 RACING SINGLE-SEATER

1978 FERRARI 312 T3 FORMULA 1 RACING SINGLE-SEATER 2億6954万円(SOLD)

Sold for US$ 2,310,000 元カルロス・ロイテマン、ジルヴィルヌーヴ

記事を読む

1225771

March 2-4-0 F1 Car ¥ASK

内蔵の2つだけのプロトタイプの1つ。近年、シルバーストーンクラシックとグッドウッドフェスティ

記事を読む

EJ13_F1_Car_for_Sale_sqr

Jordan EJ13 F1 Car 6725万円

        車両価格:£420,000

記事を読む

ferrari_f1_412_t1_for_sale

FERRARI F1 412 T 1  ASK

車両価格:ASK   Description: FERRARI F

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク