*

PR

1937 Maserati Tipo 6CM Single-Seat Racing Vetturetta 1億295万円(SOLD)

公開日: : マセラティ , ,

1937 Maserati Tipo 6CM Single-Seat Racing Vetturetta

<スポンサーリンク>

Sold for £606,300

元オースティンドブソン、A.A. 「バスター」ベアリング・
1937マセラティティーポ6CMシングルシート・レーシングVetturetta
シャーシがありません。 1547

脚注
1935によってマセラティ4CM 4気筒ヴォワチュレット – またはイタリアVetturetta中 – レーシングカーのデザインは、新しい英国の6気筒のERAによってアウトモード化されていました。ローヴェレはマセラティ会社に新たな資金を注ぎながら、ボローニャベースのファクトリーチームは、スクーデリアSubAlpinaとして、それを実行したルイジ・デラ・カーサとジーノロヴェーレによって引き継がれました。 1936年1月にはローヴェレは、マセラティの社長となり、さらなる財政支援を提供しました。

エルネスト・マセラティものERAから1500ccシングルシートのレースカテゴリ内の増大する脅威に対抗するために、より競争力のあるVetturettaの必要性を認識しました。彼は、速やかに65ミリメートルX 75ミリメートルのボアとストロークの寸法とスーパーチャージャーツインオーバーヘッドカムシャフトエンジンを特色にした彼の6気筒マセラティ6CMのデザインを制作。 130ミリメートルに4CMに使用される過給機自体は115ミリメートルから増加しました。デザインではなく、ビームアクスルの独立したフロントサスペンションを搭載で新境地を破りました。 「…だっvoiturettesの新世代の最初になって:ヴォワチュレット権限デビッドVenablesは彼の本の中で「レーシングフィフティーン-何百 ‘(交通ブックマン出版、1984年)を書いたように、構成のダブルウィッシュボーンとトーションバーを選択されたサスペンションシステム背後にある… “ヴィンテージ画像を残します。

実際には、エルネスト・マセラティはすでに1935 V8-RIグランプリカーのトーションバーサスペンションのようなものを使用していたとマセラティ6CMによって達成された初期の成功は、主に与えロードホールディングとコーナリング速度の向上に起因する必要があります新システムにより車。

その後、スターリング£1050 – – 真新しい6CMのための工場渡し価格はリラ95000だったし、車は£1,800で高価ERAに比べて割安とみなされました。また、その民間の所有者のボローニャ工場のサポートは、エネルギッシュはるかに一貫していた、とボーンERA会社のものよりも優れた信頼します。マセラティ6CMはまた、その曲を保持するのにし、それが確実にレースをスタート、賞金とボーナスお金を稼ぐことができ人種間の注意の最小と非常に一致して証明しました。その期間内のすべてのマセラティは見なされていた – ときに近い新しい – スポーツ貴族のための信頼性の高いレーサー、競技車であるとして。

期間ではマセラティ6CM、TrossiなどルイジVilloresiとして有能なドライバーの手の中に、カウント、のERAが提供していたものを最大限に値する競争相手でした。イタリアのイベントでは、特に、マセラティ6CMは無敵証明し、それは準備ができて、市場を発見しました。 1936年4年末までに民間参入に配信されていたし、さらに12が完成し、そこに1937年の間にレースをすることになります。

6CMは、マセラティの主力はトライデント車種の希望はまた、常にボローニャの工場に非常に近いのリンクを持っていた大手民間のイタリアのチーム、最も顕著ミラノベースのスクーデリア・アンブロジアーナに支えられた1938年にワークスチームとなりました。

マセラティ6CMは、我々は今日、車台番号「1547」は、よく知られ尊敬され、新しいからの連続歴史をされています。これは、数多くのイベントでダブリン、アイルランドでのダービー近くのドニントンパーク、フェニックスパークなど、その季節に車を運動を英語民間オーナードライバーオースティンドブソン、に1937年に新たに供給しました。 ‘1547’戦後別の英語のプライベーターに渡され、グッドウッド、シルバーストーンでのイギリスGPと名前にセントジャージーロードレースなどのイベントを含む、1948年まで1946年から運動を氏アンソニーアラステア「バスター」ベアリング・、単に少数。

早ければ1950年のように、それはリノ、ネバダ州、米国に拠点を置く彼の世界的に有名な車のコレクションのためにビルハラーズに売却されました。それはそれは、英国を代表するマセラティの専門家ショーン・ダナハーへの復元を委託ヒストリックレーシングオーナードライバーピーターHannenを導くことによって取得された最終的には1985年に英国に戻す前に、無未満35年間そこに保存しました。車は苦労歴史的競争のために再委託し、それは車がその元のエンジン、ギアボックス、アクスル、サスペンション、フレームと、車体パネルを保持し、顕著に元の状態であることが見出された。この時間の間にありました。 6CMはその後、大きな成功を収めて車をキャンペーンし続け目利きステファンSchollwoeckをマセラティに渡されます。今日、車はほとんどオリジナルとの歴史的な競争の長寿命により少なくとも甘やかされて育ったの一つであるとして知られています。

近年では、少なくとも3年連続でシェルの歴史的なチャレンジに登場し、様々なモナコヒストリック・グランプリとグッドウッド・リバイバルミーティングで実行して、そのカテゴリ内の非常に成功しました。また、2000年からフェラーリ/マセラティ・チャレンジシリーズに参戦し、それは2007年に再びフェラーリ・チャレンジでレースなどのリストが進む2003年、2000年、2002年に「グリッドA ‘を受賞してきました。

6CMは、最後の3人の所有者のために1980年代以降、ショーン・ダナハー修復リミテッドによって維持されてきました。最後のイベント「1547」出席者が会議中に8月2013年ニュルブルクリンクOldtimer会議だった、エンジンは新しい所有者によるストリップダウンと検査が必要となる気筒の1に圧縮を失いました。 Danahersは自然にこの仕事を引き受けるために理想的な候補であるとの利害関係者に助言ことを嬉しくなります。

今日それはちょうど考えられているこれらの6CMsの27を構築し、間違いなく少ない生き残るません。 1547年の出所で、これは今日存続最も尊敬と賞賛6CMsの1を獲得する貴重な機会を表しています。これは偉大な血統を持つ魅力的な、非常に競争力と実績のある、重要な戦前の歴史的レースマセラティであり、我々は市場にそれを称賛します。

The Ex-Austin Dobson, A.A. ‘Buster’ Baring
1937 Maserati Tipo 6CM Single-Seat Racing Vetturetta
Chassis no. 1547

Footnotes
By 1935 the Maserati 4CM 4-cylinder Voiturette – or in Italian Vetturetta – racing car design had been out-moded by the new British 6-cylinder ERAs. The Bologna-based factory team was taken over by Luigi della Casa and Gino Rovere who ran it as the Scuderia SubAlpina, while Rovere poured new funding into the Maserati firm. In January 1936 Rovere became President of Maserati and provided further financial support.

Ernesto Maserati also recognized the need for a more competitive Vetturetta to combat the growing threat within the 1500cc single-seat racing category from the ERAs. He promptly produced his 6-cylinder Maserati 6CM design which featured a supercharged twin-overhead camshaft engine with bore and stroke dimensions of 65mm x 75mm. The supercharger itself was increased from 115mm as used on the 4CM to 130mm. The design broke new ground in featuring independent front suspension instead of a beam axle. The suspension system chosen comprised double wishbones and torsion bars, as Voiturette authority David Venables wrote in his book ‘The Racing Fifteen-Hundreds’ (Transport Bookman Publications, 1984):” …becoming the first of a new generation of voiturettes which was to leave the vintage image behind…”.

In fact, Ernesto Maserati had already used that kind of torsion-bar suspension on its 1935 V8-RI Grand Prix car and the early successes that were achieved by the Maserati 6CM must be attributed largely to the improvement in roadholding and cornering speed conferred upon the car by the new system.

The ex-factory price for a brand-new 6CM was Lire 95,000 – then Sterling £1,050 – and the car was regarded as a bargain compared to the expensive ERA at £1,800. In addition, the Bologna factory’s support of its private owners was far more consistent, energetic, and better-trusted than that of the ERA company in Bourne. The Maserati 6CM also proved very consistent in retaining its tune and with the minimum of attention between races it could race reliably and earn start, prize and bonus money. All Maseratis in that period were regarded – when near-new – as being reliable racers, competition cars for the sporting gentry.

In period the Maserati 6CM, in the hands of talented drivers such as Luigi Villoresi and Count Trossi, were worthy competitors to the best of what the ERAs had to offer. In Italian events, in particular, the Maserati 6CM proved invincible and it found a ready market. By the end of 1936 four had been delivered to private entrants and a further twelve would be completed and out there racing during 1937.

The 6CM became the mainstay of the Maserati works team in 1938. The hopes of the Trident marque were also bolstered by the leading private Italian teams, most notably the Milan-based Scuderia Ambrosiana which always had very close links to the Bologna factory.

The Maserati 6CM we offer today, chassis number ‘1547’, is well known, respected and with continuous history from new. It was supplied new in 1937 to English private owner-driver Austin Dobson, who campaigned the car in numerous events that season including Donington Park near Derby and Phoenix Park in Dublin, Eire. Postwar ‘1547’ passed on to another English privateer, Mr Anthony Alastair ‘Buster’ Baring, who campaigned it from 1946 until 1948 including such events as Goodwood, The British Grand Prix at Silverstone and the St. Helier Jersey Road Races to name merely a few.

As early as 1950 it was sold to Bill Harrah for his world-renowned car collection based in Reno, Nevada, USA. It was preserved there for no fewer than 35 years, before eventually being returned to the UK in 1985. It was acquired by leading Historic racing owner-driver Peter Hannen who entrusted its restoration to the leading British Maserati expert Sean Danaher. The car was painstakingly re-commissioned for Historic competition, and it was during this time that the car was found to be in remarkably original condition, retaining its original engine, gearbox, axles, suspension, frame, and body panels. The 6CM subsequently passed to Maserati connoisseur Stefan Schollwoeck who continued to campaign the car with great success. Today the car is renowned as being one of the most original and least spoiled by a long life of Historic competition.

In recent years it has proved very successful within its category, appearing in the Shell Historic Challenge for at least three consecutive years, and running in various Monaco Historic Grand Prix and the Goodwood Revival Meetings. It has also been raced in the Ferrari/Maserati Challenge series since 2000, and won ‘Grid A’ in 2000, 2002, 2003. It raced in the Ferrari Challenge again in 2007 and so the list goes on.

The 6CM has been maintained by Sean Danaher Restorations Limited since the 1980s for the last three owners. The last event ‘1547’ attended was the Nurburgring Oldtimer Meeting in August 2013. During the meeting, the engine lost compression in one of the cylinders that will necessitate a strip-down and inspection by the new owner. The Danahers are naturally the ideal candidates to undertake this work and would be pleased to advise interested parties.

It is thought just 27 of these 6CMs were built, and no doubt fewer survive today. With 1547’s provenance, this represents a rare opportunity to acquire one of the most respected and admired 6CMs surviving today. This is an appealing, important, very competitive and proven pre-war Historic racing Maserati with great pedigree, and we commend it to the market.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21907/lot/267/

関連記事

【ヤフオク】売切り!マセラティ メラクSS 3.0L V6 15incAW 黒革シート 5速MT

◇型式  不明 ◇乗車定員   4人 ◇排気量  2960CC 【ヤフオク】売切

記事を読む

1968 MASERATI GHIBLI 4.7 COUPE

US$ 320,000 - 360,000 JPY 38 million - 43 mil

記事を読む

マセラティ MC12 ディーラー車 SOLD

車両価格:SOLD Maserati MC12 This is one of t

記事を読む

マセラティ MC12 ¥ASK

車両価格:ASK Category Coupe Make Mas

記事を読む

Maserati Ghibli SS ¥ASK

車両価格:ASK Stunning 1972 Maserati Ghibli SS;

記事を読む

1960 Maserati 3500 Vignale Spyder  1億1625万円

車両価格:$975,000 これは非常に稀で、エキサイティングな1960マセラティ35

記事を読む

1974 Maserati Merak Chassis no. AM122US1382 472万円(SOLD)

Sold for US$ 44,000 1974マセラティメラク イタルデザイン自動

記事を読む

1969 Maserati Ghibli 4.7 Coupé by Ghia

予想価格:€210.000 - €250.000 310馬力、4719のcc D

記事を読む

マセラティ ボーラ Europa Version 3164万円

車両価格:€235,000   1969年にジョルジェットジウジアーロ

記事を読む

1968 Maserati Mistral 1274万円

車両価格:$107,000 この1968マセラティミストラルクーペは簡単修復のための優

記事を読む

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク