*

PR

1993 Porsche 911 Type 964 Carrera RSR 3.8-Litre Competition Coupé  7633万円(SOLD)

公開日: : ポルシェ , , ,

1993 Porsche 911 Type 964 Carrera RSR 3.8-Litre Competition Coupé

<スポンサーリンク>

Sold for £449,500

1993ポルシェ911タイプ964カレラRSR 3.8リッターコンペティションクーペ
シャーシがありません。 WPOZZZ96ZPS496067
エンジンがありません。 62P85569

脚注
「直接Weissach出荷箱から、のRSRはスパの24時間と鈴鹿の千キロで完全に獲得しています。散在はルマンでクラス優勝しました。その後、インテルラゴスの24時間後に別の総合優勝を来ました。

「デイトナ24時間レースでは、RSR 3.8はIMSAのGTUクラスの最初の4つのスポットを総なめにしただけでなく、4の先導車はまた、全体の三番目に終わった – 最速WSCプロトタイプの前に6ヶ所。週間後…別のRSRはセブリング12時間レースでクラス優勝しました。それは全体の五でした。」 – 自動車・ドライバー。

国際GTレースに行くプライベーターのために建てられた、驚異的に成功したRSRは、その発射in1989が上にポルシェの長時間実行されているスポーツカーの開発に大きな前進を表していたポルシェ911タイプ964の最終的な開発の1つでした。 2つのバージョンが提供された – カレラ4とカレラ2 – 前者は四輪駆動は、シリーズ生産モデルに見られていたことを初めてをマーク。ポルシェは959スーパーカーに4輪駆動で実験していた、と教訓の多くは、新しいカレーラス「​​シャシーとサスペンションの設計に影響を与え、後者から学びました。顔持ち上げたが、そのおなじみの形状を保持するには、新規参入者はより広範囲の作業オーバー機械、部品の87%は完全に新しいとして主張さを与えられていました。パワーステアリング(「最初の」別の911)、アンチロックブレーキと5速マニュアルトランスミッションはティプトロニック自動」ボックスAと、両方に標準であったペアは、同じ3.6リッター、水平対向6気筒を共有しましたカレラ2専用オプション。その新しいエンジンは、まだ、まだ ‘3.2’古いアウトを実行するために964を有効に最新の排出ガス規制に適合しました。

伝説の2.7と3.0リットルのRSと1970年代のRSR」ホモロゲーションスペシャル」の思い出を呼び起こし、1992年にポルシェは、タイプにその輝かしい祖先のような軽量のバリアントた964カレラRSを導入しました。それはカレラカップ」競技車に基づいており、欧州市場で独占的に販売されました。カレラRSは260bhpに最大出力に昇圧しますが、次のカレラRS ‘3.8’、穴の大きさのために3,746ccの容量のために2ミリメートルに増加したにもかかわらず、3.6リッターエンジンを保持しました。最大消費電力は300bhpまで行き、このM64 / 04エンジンは、また、RSRの競争のバージョンで使用し、より広い、ターボスタイルのボディに搭載しました。これらの3.8リットル車の唯一の55が行われたと推定されます。

自動車・ドライバーは、それが実際には375馬力、車のネックスナップ3.7秒の毎時0〜60マイル時間によって生まれ推定寄りだった清算、「彼らの “RSRのための工場の主張320bhpは、一般的に保守的だと感じた大幅に速くそれを作りますフェラーリF40のダッジバイパーより。同様に印象的な唯一の150フィートで毎時70マイルから2,679lb RSRを停止させることが可能な証明ブレーキでした。

この特定のRSRはヨースト・レーシング、有名なポルシェ指数、多くの回ルマン勝者に1993年5月に工場から納入されました。ファイル上のヨースト・レーシングの手紙はRSRが新たに考案ヴァルシュタイナー-ADAC GTカップシリーズで使用するために購入されていたと述べています。これは、ゾルダーでAVUSと13日、月1993年RSRでこれらのイベントの両方を再び使用されなかったし、初期の1994年に氏(ハラルド)ウェイランドに売却された時に第15回を終え、ドライバーとしてロニーMeixerを持つ2つのイベントを争いました。それに付随するONS-Wagenpaß(競争ログブック)は1995年にウェイランドはゾルダー、スパ、Osterreichring、ホッケンハイムとニュルブルクリンクで車に入ったことを示しています。 2013年2月15日を日付別の文書には、アマシャム、バッキンガムシャーのトーマス・ベッチャーにボーラーによってポルシェの販売を記録しながら、次の所有者は、マドリード、スペイン、09.10.00を刻印されているエントリのクラウス・ボーラーとして記録されています。上記のドキュメントで提供され、コレクターのいずれかを取得するための真正のポルシェ証明書は、この車は、おそらく一生に一度の機会を表し、これらの超希少性の高いRSRレーサー後を求めました。

1993 Porsche 911 Type 964 Carrera RSR 3.8-Litre Competition Coupé
Chassis no. WPOZZZ96ZPS496067
Engine no. 62P85569

Footnotes
‘Directly from their Weissach shipping crates, RSRs have won outright at the 24 Hours of Spa and the 1000km of Suzuka. Interspersed was a class victory at Le Mans. Then came another overall victory at the 24 Hours of Interlagos.

‘At the 24 Hours of Daytona, the RSR 3.8 not only swept the first four spots in IMSA’s GTU class, but the lead car of the four also finished third overall – six places in front of the fastest WSC prototype. Weeks later… another RSR won its class at the 12 Hours of Sebring. It was fifth overall.’ – Car & Driver.

Built for privateers to go international GT racing, the phenomenally successful RSR was one of the final developments of the Porsche 911 Type 964, which on its launch in1989 had represented a major step forward in the development of Porsche’s long-running sports car. Two versions were offered – the Carrera 4 and Carrera 2 – the former marking the first time that four-wheel drive had been seen on a series-production model. Porsche had experimented with four-wheel drive on the 959 supercar, and many of the lessons learned from the latter influenced the design of the new Carreras’ chassis and suspension. Face-lifted but retaining that familiar shape, the newcomers had been given a more extensive work-over mechanically, 87% of parts being claimed as entirely new. The pair shared the same 3.6-litre, flat-six engine, while power-assisted steering (another 911 ‘first’), anti-lock brakes and a five-speed manual transmission were standard on both, with the Tiptronic auto ‘box a Carrera 2-only option. Its new engine enabled the 964 to out-perform the old ‘3.2’ yet still met the latest emissions regulations.

Evoking memories of the legendary 2.7 and 3.0-litre RS and RSR ‘homologation specials’ of the 1970s, in 1992 Porsche introduced a Type 964 Carrera RS, which was a lightweight variant like its illustrious forebears. It was based on the ‘Carrera Cup’ competition car and sold exclusively in the European market. The Carrera RS retained the 3.6-litre engine, albeit boosted in maximum output to 260bhp, but for the following Carrera RS ‘3.8’, the bore size was increased by 2mm for a capacity of 3,746cc. Maximum power went up to 300bhp and this M64/04 engine was installed in a wider, Turbo-style body, also used for the RSR competition version. It is estimated that only 55 of these 3.8-litre cars were made.

Car & Driver felt that the factory’s claimed 320bhp for ‘their’ RSR was typically conservative, reckoning it was nearer 375 horsepower in actual fact, an estimate born out by the car’s neck-snapping 3.7-second 0-60mph time, making it significantly quicker than a Dodge Viper of Ferrari F40. Equally impressive were the brakes, which proved capable of stopping the 2,679lb RSR from 70mph in only 150 feet.

This particular RSR was delivered from the factory in May 1993 to Joest Racing, the famous Porsche exponents and many-times Le Mans winners. Joest Racing’s letter on file states that the RSR had been purchased for use in the newly conceived Warsteiner-ADAC GT Cup series. It contested two events with Ronny Meixer as driver, finishing 15th at Avus and 13th at Zolder, both of these events in May 1993. The RSR was not used again and in early 1994 was sold to a Mr (Harald) Weiland. Its accompanying ONS-Wagenpaß (competition logbook) shows that in 1995 Weiland entered the car at Zolder, Spa, the Osterreichring, Hockenheim and the Nürburgring. The next owner is recorded as Klaus Bohrer of Madrid, Spain, the entry being stamped 09.10.00, while another document, dated 15.2.2013, records the Porsche’s sale by Bohrer to Thomas Boettcher of Amersham, Buckinghamshire. Offered with the aforementioned documentation and Porsche Certificate of Authenticity, this car represents a possibly once-in-a-lifetime opportunity for collectors to acquire one of these ultra-rare and highly sought after RSR racers.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21907/lot/272/

関連記事

PORSCHE 959 (Coupé) 1億6906万円

車両価格:1'300'000スイスフラン Inverkehrsetzung 03.198

記事を読む

Porsche GT3 Cup 1424万円

車両価格:£75,000   GT3 Cup car MY2011 u

記事を読む

1974 Porsche 914 Coupe

車両価格:ASK 3.2 liter Porsche Carrera engine

記事を読む

1963 Porsche 356B Cabriolet 1423万円

車両価格:$119,500 この美しい1963356Bカブリオレシャーシ#157255

記事を読む

Porsche 962-200 ¥ASK

車両価格:ASK PORSCHE 962 - 200  The 1988 &

記事を読む

2009 Porsche 997 GT3 Cup ¥ASK

車両価格:ASK 2009 Porsche 997 GT3 Cup Vin Numb

記事を読む

ポルシェ 962CR シュパン ¥ASK

車両価格:ASK 1994年式 ポルシェ シュパン962CR シュパン962CRは、

記事を読む

Porsche 997 GT3 CUP S 480Cv 1755万円

車両価格:€130,000 Motore originale Porsche con 480

記事を読む

Porsche 914/6 GT ¥ASK

車両価格:ASK http://www.raceline-feustel.com/u

記事を読む

PORSCHE 904 / 6 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.raceline-feustel.com/u

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク