*

PR

1991 FERRARI F40 1億6043万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

1991 FERRARI F40

<スポンサーリンク>

Sold for US$ 1,430,000

1991 FERRARI F40
ピニンファリーナによって自動車の車体

VIN。 ZFFMN34AXM0089767
エンジンがありません。 27523
2,936cc DOHCツインターボV8エンジン
電子式燃料噴射
7,000rpmで478bhp
5速マニュアルトランスミッション
4輪独立サスペンション
4輪ディスクブレーキ
*伝説のF40の例外元と保存の例
*未満1300マイルと新しい以来、わずか3人の所有者
*ちょうど213 US-配信F40sの第141は、これまで生産します
*工場出荷元の状態にあるとアウト
*フェラーリClassiche認定
FERRARI F40

「次のギアへの巻き取りは完璧であり、ターボは、ハードクランキングで、加速度の爆発がちょうど再び行くとあなたが距離、ギアシフトやノイズを征服時間のぼけであるように見える。それはの音質を持っていますF1エンジン、そうでない場合は薄手の残忍さ。外から、あなたが立って、聴けばターボは、オハイオ州、それほどハード」AUTOCAR誌、1988年5月を駆動するために開始するとして、あなたは必死のヒューという音が聞こえます。

モータメーカとしてエンツォフェラーリの40年を祝うために1988年に導入され、毎時200マイルのF40は、究極のスーパーカーでした。必然的に、比較はライバルのポルシェ959を用いて作製したが、そのドイツのライバルは、最先端の、技術的な力作を表すのに対し、F40は、伝統的なフェラーリの値を例示しました。比較的簡単な車、F40は無限に、より複雑な959 F40の所有者のものに近い同一の性能レベルを達成するために膨大な電力、低体重、レース育ちのサスペンション、広々タイヤと優れた空力特性に依存していた、しかし、持っていました自分の車は959の197に毎時201マイルの最高速度を誇る、わずかに速かったことを知るの満足感。

ミッドシップ、2シーターベルリネッタ、F40は、限られた生産288GTOの開発した、後者のような – しかし、前述の328分の308シリーズとは異なり – 縦方向ではなく横方向にその電源ユニットを搭載しています。気筒あたり4バルブを有する4カム3リットルのV8、F40のエンジンは、7,000rpmで478bhpを解放するためにツインIHIのターボチャージャーを採用。真剣スピード中毒これは工場出荷時のチューニングキットによって200bhpによって昇圧することができます。

等しく、そうでない場合はそれ以上の、技術的な関心は、ボディ/シャシー構造、複合技術の使用でフェラーリのフォーミュラ1の経験に描画F40の方法でした。ワンピースのプラスチック成形体は、全金属構造に優れた巨大な剛性の軽量構造を作成するために、鋼管シャーシに接合しました。ドア、ボンネット、トランクリッドや他のリムーバブルパネルはカーボンファイバーでした。好戦的にピニンファリーナによる内装、風洞開発したF40は、ダム状の鼻と高後部翼型の形で最新の空力補助を組み込みました。かなりのダウンフォースを発生させる必要性にもかかわらず – と多くの軽飛行機の離陸速度よりも高いトップスピードで、F40はそれを得ることができるすべてのダウンフォースを必要 – 結果はちょうど0.34の立派低抗力係数でした。

F40の内部は、ボディ輪郭の席で、薄く装っレースカーのようにカーペットの不在を、そのイメージを強化し、トリム、およびプレキシグラスウィンドウをスライディング。それは実際の競争に来たとき、より開催された独自のよりグローバルGTシリーズのレース準備F40sはマクラーレンのF1 GTRよりも多くの回路に迅速に証明しました。

AUTOCARは、このようにそのテストを締結:「滑らかな道路で、その自然の中で従順かつ魅力的ですscintillatingly速い車です。それのように恵まれ要求しているが、難しいことではありません駆動する車は、大規模なグリップと、さらに重要な、優れたバランスとマナーです。あなたは、その性能を使用することができます – 最も近い任意の生産の自動車メーカーは、まだレースカーのレベルに来ている – そしてそれに浸ります。 …それは長期的なスポーツカーの非常に化身であるほとんど疑いがあります。」
OFFERED自動車

マラネロでの米国市場の車は1991年5月に働き、生産213の米国市場のF40sの合計から構築第141自動車であるとしてフェラーリの伝説的なF40のこの顕著な例が完了しました。オリジナルと非常によく保存され、この車はまだ工場出荷時の適用ロッソフェラーリペイントを身に着けている、とStoffa Vigognaレースの席。

新しいF40は、それが唯一の特別な機会にドリブン1991年12月に最初の所有者に登録されたダラス、テキサス州、に配信された、F40は、最終的には他の彼の印象的な安定と一緒に住んでいた1996年にペンシルベニアフェラーリコレクターによって購入されました第二のF40とF50を含むフェラーリのスーパーカー。委託者が購入するまでの車は、この所有権に残るだろう。

2014年、ペンシルベニア州のアルガルフェラーリは非常にオリジナルと極めて低いマイレージF40に関する包括的なサービスを行うよう依頼されました。機械システムを検査し、必要に応じて維持され、時間に敏感なサービス部品は、タイミングベルトとテンショナー、そして時折時間からF40s上の時間に失敗することがタンク内の燃料ポンプを含む、改装され、置き換えられたました。アルガルによる徹底チェックアップ中、車を調べたし、フェラーリのClassiche認定プログラムに入会し、F40の次の所有者がかつてフェラーリによって発行された赤Classicheバインダーを受信されます。

新しい未満から1300元マイルで、これは最低の走行距離のいずれかである必要があり、最も熱心に存在してF40年代サービスを提供します。このタイムカプセルフェラーリはまだ場所に工場出荷時にインストールタイヤ、ホイールの重み、すべての工場の内部と外部コンポーネントとの合金ホイール、および工場のデカールや排出コンポーネントを保持します。オリジナル図書、完全なツールセットと工場配信荷物セットとの完全な、この素晴らしいF40は、どこでも利用できる絶対的な最高の例の一つとして際立っています。

1991 FERRARI F40
Coachwork by Pininfarina

VIN. ZFFMN34AXM0089767
Engine no. 27523
2,936cc DOHC Twin-Turbocharged V8 Engine
Electronic Fuel Injection
478bhp at 7,000rpm
5-Speed Manual Transmission
4-Wheel Independent Suspension
4-Wheel Disc Brakes
*Exceptionally original and preserved example of the legendary F40
*Less than 1,300 miles and just three owners since new
*The 141st of just 213 US-delivery F40s ever produced
*Factory original condition in and out
*Ferrari Classiche Certified
THE FERRARI F40

“The take-up into the next gear is flawless and, with the turbos cranking hard, the blast of acceleration just goes on again and you seem to be in a blur of time conquering distance, gearshifts and noise. It has the tonal quality of an F1 engine, if not the sheer ferocity. From outside, if you stand and listen, you hear the frantic whoosh as the turbos start to drive oh-so-hard” Autocar magazine, May 1988.

Introduced in 1988 to celebrate Enzo Ferrari’s 40 years as a motor manufacturer, the 200mph F40 was the ultimate supercar. Inevitably, comparisons were made with the rival Porsche 959 but whereas its German rival represented a cutting-edge, technological tour de force, the F40 exemplified traditional Ferrari values. A relatively straightforward car, the F40 relied on enormous power, low weight, race-bred suspension, generously sized tires and excellent aerodynamics to achieve a level of performance near-identical to that of the infinitely more complex 959. F40 owners, though, had the satisfaction of knowing that their car was slightly faster, boasting a top speed of 201mph to the 959’s 197.

A mid-engined, two-seater Berlinetta, the F40 was a development of the limited-production 288GTO and like the latter – but unlike the preceding 308/328 series – mounted its power unit longitudinally rather than transversely. A four-cam 3-liter V8 with four valves per cylinder, the F40 engine employed twin IHI turbochargers to liberate 478bhp at 7,000rpm. For the seriously speed-addicted this could be boosted by 200bhp by means of a factory tuning kit.

Of equal, if not greater, technical interest was the method of body/chassis construction, the F40 drawing on Ferrari’s Formula 1 experience in its use of composite technology. A one-piece plastic molding, the body was bonded to the tubular steel chassis to create a lightweight structure of immense rigidity superior to an all-metal structure. The doors, bonnet, boot lid and other removable panels were carbon fiber. Pugnaciously styled by Pininfarina, the wind tunnel-developed F40 incorporated the latest aerodynamic aids in the form of a dam-shaped nose and high rear aerofoil. Despite the need to generate considerable downforce – and with a top speed higher than the take-off speed of many light aircraft, the F40 needed all the downforce it could get – the result was a commendably low drag coefficient of just 0.34.

The F40’s interior reinforced its image as a thinly disguised racecar, with body-contoured seats, an absence of carpeting and trim, and sliding Plexiglas windows. When it came to actual competition, race-prepared F40s more than held their own and in the Global GT series proved quicker on many circuits than McLaren’s F1 GTR.

Autocar concluded its test thus: ‘On a smooth road it is a scintillatingly fast car that is docile and charming in its nature; a car that is demanding but not difficult to drive, blessed as it is with massive grip and, even more importantly, superb balance and manners. You can use its performance – the closest any production carmaker has yet come to racecar levels – and revel in it. …there’s little doubt it is the very personification of the term sports car.’
THE MOTORCAR OFFERED

This outstanding example of Ferrari’s legendary F40 was completed as a US market car at the Maranello works in May 1991, and is the 141st car built out of a total of 213 US-market F40s produced. Original and extremely well preserved, this car still wears its factory-applied Rosso Ferrari paint, and Stoffa Vigogna racing seats.

The new F40 was delivered to Dallas, Texas, where it was registered to its first owner in December 1991. Driven only on special occasions, the F40 was eventually purchased by a Pennsylvanian Ferrari collector in 1996, where it lived alongside his impressive stable of other Ferrari supercars including a second F40 and an F50. The car would remain in this ownership until purchased by the consignor.

In 2014, Algar Ferrari of Pennsylvania was commissioned to carry out a comprehensive service on the highly original and extremely low mileage F40. Mechanical systems were inspected and maintained as needed, and time-sensitive service parts were refurbished and replaced, including the timing belt and tensioners, and the in-tank fuel pumps that can occasionally fail from time to time on the F40s. During the thorough check-up by Algar, the car was inspected and inducted into Ferrari’s Classiche Certification program, and the F40’s next owner will be receiving the red Classiche binder once issued by Ferrari SpA.

With less than 1,300 original miles from new, this must be one of the lowest mileage and most diligently serviced F40’s in existence. This time capsule Ferrari still retains its original factory installed tires, alloy wheels with wheel weights, all factory interior and exterior components, and factory decals and emissions components in place. Complete with the original books, the complete tool set and the factory delivered luggage set, this superb F40 stands out as one of the absolute best examples available anywhere.

http://www.bonhams.com/auctions/21917/lot/263/

関連記事

1980 Ferrari 512 BB 5065万円(SOLD)

Sold for $418,000 360馬力、4942のcc DOHCは、水平

記事を読む

フェラーリ 288 GTO ¥ASK

車両価格:ASK G、T、Oは最も望ましいと間違いなく最も貴重なフェラーリの世界を飾る

記事を読む

1956 FERRARI 250 GT ALLOY COUPE

US$ 1.5 million - 1.8 million JPY 180 million

記事を読む

1964 Ferrari 250 LM by Scaglietti 11億8226万円(SOLD)

Sold for $9,625,000 320馬力、6ウェバー38 DCNキャブ

記事を読む

1958 Ferrari 412 S Sports Racing Car 6億9582万円(SOLD)

Sold for $5,610,000 The ex-Scuderia Ferrari,

記事を読む

1989 Ferrari 328 GTS 1423万円

Sold for (£): 77,050 The Ferrari 328 first

記事を読む

【F1】F1 FERRARI 642 ¥ASK

車両価格:ASK 年:1991 エンジン:V1265° 電源:710 PS ギア

記事を読む

1981 FERRARI 512 BOXER BERLINETTA BELLANCAUTO LE MANS ENDURANCE RACING COMPETITION COUPE 1億1552万円(SOLD)

Sold for US$ 990,000 元ファブリツィオViolati、マウリツィオ

記事を読む

250 GT PF Cabriolet Series I ¥ASK

車両価格:ASK Coachwork by Pinin Farina The Las

記事を読む

FERRARI 308 GRB Michelotto ¥SOLD

車両価格:SOLD   One of only 15 Ferrari

記事を読む

PR

    • 6現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク