*

PR

1984 Ferrari 126 C4 M2 Formula 1 Monoposto 6186万円(SOLD)

公開日: : F1, フェラーリ , ,

image

<スポンサーリンク>

Sold for €483,000

元ミケーレ・アルボレート
フェラーリClassiche認定
1984フェラーリ126 C4 M2フォーミュラ1モノポスト
シャーシがありません。 072

フェラーリのティポ126 Cは、イタリアのメーカーのフォーミュラ1車の進化における重要な段階を表す過給機を搭載したエンジンに対応するために特別に設計された初のです。 1966年以来、フォーミュラ1の規制は、3.0リッター自然吸気ユニットと一緒に実行する1.5リッタースーパーチャージャーエンジンを許可していたが、それは誰もがの元の可能性を悪用しようとしたことを1977年にスポーツへのルノーのエントリまでではなかったです。 「ターボ」の時代が到来していた:1979シーズンの中間点では、ルノーの電力の利点は、グリッドの残りにおよび式1の主要候補のすべてが過給機のエンジンを搭載することであろう数年以内に痛いほど明白になっていました。その開発は、現代式1の中で最も重要な技術流域の1またがるようティーポ126 Cは、他の方法で重要である:「地面効果」エアロダイナミクスと、すべての車が今後平底を有していなければならない規定の禁止します。その126C3の形態では、また、炭素複合材料で完全に構成されたモノコック、イギリス人デザイナー以前はマクラーレンとハーベイ・ポスルスウェイト、によってマラネロにもたらし技術を持つ最初のフェラーリF1マシンです。

120度V6エンジンの最初の信頼性の問題は、バックツーバックメーカーの世界選手権を確保し、選別された後に考案さと偉大な技術激動の時に運動をしているにもかかわらず、126 Cは、フェラーリの最も成功したデザインの一つであると証明します(1982年および1983年)。 1984年シーズンに向けて、「平底」時代の2年目、フェラーリは126 C4は少し軽いれながら少し異なる探して、直前の126 C3の比較的マイナーなアップグレードを選択しました。ナイン126のC4は、内蔵だけ7は、実際に使用された( ‘077’に ‘071’を番号付け)しました。 1984年シーズンのフェラーリのドライバーは、フランス人ルネ・アルヌーとイタリアのミケーレ・アルボレートでした。この時までにツインターボV6は予選トリムで利用可能な最大1,000馬力650bhpの周りに生成されました。

シーズンは有望始めたが、途中の段階によっては大幅な改善が復活したマクラーレンの顔で競争力を維持するために必要とされるであろうことが明らかになりました。後者のMP4 / 2車はしっかりとエンジンとギアボックスを囲む、ドライバのすぐ後ろに内側に角度が付けられた1の賛成で支配的な矢じり状体を放棄していました。エンジン/トランスミッションと「地面効果」ディフューザーパネルのペアのための後輪の間のこの左部屋:いわゆる「マクラーレンテール」。どちらもレースが、すぐにそれは、他のチーム、シャーシ番号「072」にモンツァに現れる(車はここに提供される)と ‘074’フェラーリ初のこのような努力によってコピーされます。これら2台の車は最初126C4 M(Modificato用)シャーシは、ラジエータ、インタークーラとサイドポッドに変更を組み込むオーストリアに登場した、「126 C4 M2 ‘を指定されました。

フェラーリとアルボレートのデビューシーズンは1966年、この内のルドヴィコScarfiottiは彼の年の高いポイントであることが判明するであろうから、彼はフェラーリのためのフォーミュラ1グランプリを獲得した最初のイタリア人ドライバーとなっゾルダーにおける第3ラウンドでの勝利でも開始していました;次の10レースの過程で、彼は7回引退し、オーストリアで、一度だけ表彰台に仕上げました。最後の3ラウンドは、2つの第2の場所(モンツァ、ニュルブルクリンク)と第4(エストリル)で幸運のリターンを見ました。 57.5ポイントでチャンピオンシップ」フェラーリはメーカーで二番目に終わっている間30.5ポイントでワールドチャンピオンシップ」アルボレートは、ドライバーでの4位で1984年シーズンを終えたもののうまく支配的なマクラーレンの143.5の漂流。ブラジル(引退)、南アフリカ(12日)とモナコ(第七): ‘072’は、アルボレートで駆動される都度、唯一の3レースでのスタートラインを作りました。今シーズンの残りのほとんどのためには、訓練車を務めていました。

1986年にフェラーリは車を使わず、家族が別のコレクタ、ロレンツォPrandinaにそれを販売したところ、2007年に彼の死まで完全に元の状態でそれを維持して決してピエロTonioliを、コレクタに「072」を販売しました。 「072」氏Prandinaの所有権にいる間は、自動イタリアの雑誌のためにロベルトGiordanelliによってテストトラック(2月/ 2010年3月版は、利用可能なコピー)でした。 126C M2はトン当たり1,482bhpのパワーウェイトレシオを持っていたことを計算すると、2009年F1マシンと同じ周り、ロベルトが観察され; 「いいえスーパーカーは、トン当たり490bhpで、F1カーのパワーウェイトレシオと1,000bhpブガッティヴェイロンに近づいていない比較して微弱な割合です。」

フォーミュラ1車の後続世代とは異なり、実行し、維持するために、比較的単純な、このフェラーリ126 C4は2不完全なエンジンを含むようにスペアの量が付属しています。 1ギアボックス(壊れました)。 2リアのハブ。ブレーキキャリパーとディスク;マレリRaceplex点火システム。トロリとバッテリーと電気始動。車のカバーとタイヤウォーマー。輸送のための狭いリムと4を含む車輪の量;その他の部分の選択。添付書類事務は車をフィーチャーした様々な雑誌のコピーが含まれます。 126 C4の工場出荷時のパンフレット。フェラーリ年鑑1984 / ’85。この車のレース結果のリストを含む、すべての重要なフェラーリClassicheのマニュアルを参照してください。

2009年には「072」(三)現在の民間所有者に渡されます。ピエロTonioliのコレクションから、その販売以来フェラーリは(2008年から現在まで)ルッカのモデナのダリオゴッツィ(2008年まで)とランディ・エンジニアリングによって維持されてきました。車は最後の2011年にフィレンツェでの現在のベンダーによって駆動され、レースやデモの準備ができて、順序を実行に提示されています。デモのテーマに:式の最大の集まりの一部を形成すると予想されるときは、シャーシ番号「072」、2014年3月29/30日に復活グッドウッド」メンバー会議」(1966年以来)に参加するよう招待されていますターボ時代からの1台。このような数字にポスト1966年フォーミュラ1の機械を見たことがなかった素晴らしいグッドウッドモータ回路、周りの高速デモンストレーションラップの一連があります。それは確かに幸運新しい所有者が欠場するとは思わないだろう機会です。

 

The ex-Michele Alboreto
Ferrari Classiche certified
1984 Ferrari 126 C4 M2 Formula 1 Monoposto
Chassis no. 072

Ferrari’s Tipo 126 C represents an important stage in the evolution of the Italian manufacturer’s Formula 1 cars, being its first designed specifically to accommodate an engine equipped with forced induction. Since 1966, Formula 1 regulations had permitted 1.5-litre supercharged engines to run alongside 3.0-litre normally aspirated units but it was not until Renault’s entry into the sport in 1977 that anyone sought to exploit the former’s potential. By the mid-point of the 1979 season, Renault’s power advantage had become painfully obvious to the rest of the grid and within a couple of years all of Formula 1’s major contenders would be powered by forced induction engines: the ‘Turbo’ era had arrived. The Tipo 126 C is also significant in other ways, as its development spans one of the most important technological watersheds in modern Formula 1: the banning of ‘ground effects’ aerodynamics and the stipulation that all cars must henceforth have a flat bottom. In its 126C3 form it is also the first Ferrari Formula 1 car to have a monocoque constructed entirely of carbon-composite materials, a technology brought to Maranello by the British designer Harvey Postlethwaite, formerly with McLaren.

Despite being conceived and campaigned at a time of great technological upheaval, the 126 C would prove to be one of Ferrari’s most successful designs once the 120-degree V6 engine’s initial reliability problems had been sorted out, securing back-to-back Manufacturer’s World Championships (in 1982 and 1983). For the 1984 season, the second year of the ‘flat bottom’ era, Ferrari opted for relatively minor upgrades of the immediately preceding 126 C3, the 126 C4 looking little different while being slightly lighter. Nine 126 C4s were built but only seven (numbered ‘071’ to ‘077’) were actually used. Ferrari’s drivers for the 1984 season were the Frenchman René Arnoux and the Italian Michele Alboreto. By this time the twin-turbo V6 was producing around 650bhp with up to 1,000 horsepower available in qualifying trim.

The season started promisingly but by the halfway stage it was clear that drastic improvements would be needed to maintain competitiveness in the face of a resurgent McLaren. The latter’s MP4/2 car had abandoned the prevailing arrowhead-shaped body in favour of one that was angled inwards immediately behind the driver, tightly enclosing the engine and gearbox. This left room between the engine/transmission and the rear wheels for a pair of ‘ground effects’ diffuser panels: the so-called ‘McLaren tail’. Soon it would be copied by other teams, Ferrari’s first such effort appearing at Monza on chassis numbers ‘072’ (the car offered here) and ‘074’, although neither raced. These two cars were designated ‘126 C4 M2′, the first 126C4 M (for Modificato) chassis having appeared in Austria incorporating alterations to the radiators, inter-coolers and side pods.

Alboreto’s debut season with Ferrari had started well with victory in the third round at Zolder where he become the first Italian driver to win a Formula 1 Grand Prix for Ferrari since Ludovico Scarfiotti in 1966. This would turn out to be the high point of his year; over the course of the next ten races he retired on seven occasions and finished on the podium only once, in Austria. The last three rounds saw a return of good fortune with two second places (Monza, Nürburgring) and a fourth (Estoril). Alboreto finished the 1984 season in fourth place in the Drivers’ World Championship with 30.5 points while Ferrari finished second in the Manufacturers’ Championship with 57.5 points, though well adrift of dominant McLaren’s 143.5. ‘072’ made the start line in only three races, on each occasion driven by Alboreto: Brazil (retired), South Africa (12th) and Monaco (7th). For most of the rest of the season it served as a training car.

In 1986 Ferrari sold ‘072’ to collector Piero Tonioli, who never used the car and kept it in totally original condition until his death in 2007, whereupon the family sold it to another collector, Lorenzo Prandina. While in Mr Prandina’s ownership ‘072’ was track tested by Roberto Giordanelli for Auto Italia magazine (February/March 2010 edition, copy available). Calculating that the 126C M2 had a power-to-weight ratio of 1,482bhp per tonne, around the same as a 2009 Formula 1 car, Roberto observed; ‘No supercar gets close to the power-to-weight ratio of an F1 car and a 1,000bhp Bugatti Veyron at 490bhp per tonne is a feeble fraction by comparison.’

Relatively simple to run and maintain, unlike succeeding generations of Formula 1 cars, this Ferrari 126 C4 comes with a quantity of spares to include two incomplete engines; one gearbox (broken); two rear hubs; brake calipers and discs; Marelli Raceplex ignition system; an electric starter with trolley and battery; car cover and tyre warmers; a quantity of wheels including four with narrow rims for transportation; and a selection of other parts. Accompanying paperwork includes copies of various magazines featuring the car; a factory brochure for the 126 C4; Ferrari Yearbook 1984/’85; and the all-important Ferrari Classiche documentation containing a list of this car’s race results.

In 2009 ‘072’ passed to the current (third) private owner. Since its sale from Piero Tonioli’s collection the Ferrari has been maintained by Dario Gozzi of Modena (up to 2008) and Landi Engineering of Lucca (from 2008 to the present day). The car was last driven by the current vendor in Florence in 2011 and is presented in running order, ready for racing or demonstrations. On the subject of demonstrations: chassis number ‘072’, has been invited to participate in the revived Goodwood ‘Members Meeting’ (the first since 1966) on 29/30th March 2014 when it is expected to form part of the largest gathering of Formula 1 cars from the Turbo era. There will be a series of high-speed demonstration laps around the wonderful Goodwood Motor Circuit, which has never seen post-1966 Formula 1 machinery in such numbers. It is surely an opportunity that the fortunate new owner will not want to miss.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21768/lot/408/

関連記事

【ヤフオク】超希少★世界限定501台★フェラーリ512M★レストア済み★

★お車の詳細★ ・初年度 平成9年11月 ・車名フェラーリ 512M ・走行距離 2

記事を読む

Ayrton Senna Toleman TG184-2 1984 F1 car ¥ASK

車両価格:ASK アイルトン·セナトールマンTG184-2 F1カー これは完全

記事を読む

1982 Ferrari 512 BBi 2030万円

Sold for (£): 110,400 The Ferrari 512 BB wa

記事を読む

Ferrari 365 GTB / 4 Daytona ¥ASK

車両価格:ASK http://thecarexperience.com/ferrra

記事を読む

【ヤフオク】★国内唯一!起亜!ビガード!フェラーリ仕様!整備済!検28.4★

代理出品になります。 車専門のネットオークションを利用した販売代行を行っております「くる

記事を読む

1992 J トヨタ MR2 2.0 turbo フェラーリ 355 レプリカ 147万円

車両価格:£7,995 MR2、2リットルのターボに基づくフェラーリ355のレプリカ。

記事を読む

Redbull Racing RB3 4564万円

車両価格:4564万円 Description: Proud to offer this

記事を読む

FERRARI Barchetta (Cabriolet) 5885万円

車両価格:450'000スイスフラン Fahrzeugdaten Inverkehr

記事を読む

1980 Ferrari 308 GTB 945万円

Sold for (£): 51,188 Produced between 1975

記事を読む

1956 Ferrari 290 MM by Scaglietti

$28,000,000 - $32,000,000 プレミアムロット - インタ

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク