*

PR

1961 Jaguar E-Type ‘Flat Floor’ Roadster  2504万円(SOLD)

公開日: : ジャガー ,

image

<スポンサーリンク>

Sold for €195,500

1961ジャガーE-Type ‘とフラットフロア」ロードスター
シャーシがありません。 876188
エンジンがありません。 R 2678から9
ボディがありません。 R 2476

1961年に3.8リットルの形で導入され、ジャガーE-Typeが瞬時にクラシックなラインと毎時150マイルのトップスピードで、それが現れセンセーションを巻き起こしました。筒状スペースフレームは、エンジンをサポートするために前方に拡張しながら、主要な構造を形成するモノコック浴槽:新人のデザインはレーシングDタイプのものに多くを負って。後者は、最初に前のXK150のオプションとして提供され、同じ3.8リッター、トリプルキャブレター ‘S’ユニットでした。楽観的な265bhpを主張しましたが、どのようなインストール馬力、E-Typeのパフォーマンスは期待を裏切りませんでした。空気力学者マルコム・セイヤーが経験を使用するので、それは周りの500lb(227キロ)XK150未満と第二の重さがあったので、まず、モーター車を飾るためにこれまでで最もエレガントかつ効率的な形状のものを作成するために、Dタイプで得ました。

E-Typeのゴージャスな外観にもかかわらず、背の高いドライバーは、その内部がやや空間に欠けて見つけることができる、初期の1962年しかし、ジャガーの長命のすべてのバージョンのフットウェル(および他の、より軽微な変更)の導入によって対処批判そして最愛のスポーツカーは、それは多くの愛好家のために、最も望ましいままである、1962年2月より前に建てられ、非常に初期の「平らな床」3.8リットル車です。

それに付随するジャガー・ヘリテージ・トラスト証明書は、左ドライブシャーシ番号「876188」はジャガーカーズ、ニューヨーク行きの1961年12月12日にブラウンズレーン工場から発送されたことを確認します。これは、これらの工場の登録は非常に英国のジャガー愛好家によって珍重されている派遣する前に登録され、したがって、コベントリー番号( ‘472 WK’)を有していました。もともとブラックレザーインテリアとのマッチングフード付きカルメンレッドで仕上げ – その現在のカラーリングを – 車は最初の「個人的な輸出 “としてそれを購入していたパラタイン、イリノイ州、のいずれかのJ Rクレドローが所有していました。それは、(たとえbodyタグが所定の位置にまだある)に一致する番号を保持します。

現在の所有者2012年3月によって購入され、E-Typeが過去20ヶ月間2,000以上の時間仕事を関与トワイフォード、レスターシャー州のRHクラシックスによって「A1 +」規格に完全な「最後のナットとボルト「復元から新鮮な提供されています。任意の車体修理は従来の方法ではなく、現代の充填材を使用して有鉛し、特に注意があっても、元のプラスチック製のエアダクトを復元するまで、独創性に支払われ、新しいまたはパターンの部分とそれらを置き換えるのではなく、スイッチました。席とフードは認め専門家サフォーク&ターリー、および工場出荷時に適切な塗装仕上げに復元、元のワイヤーホイールによって再トリミングしました。工場出荷時の仕様から唯一の修正は、ステンレス鋼の排気システムとラジアルタイヤ(ダンロップSP、E-Typeでの正しいラジアルオプション)です。 £10万(約€一二一〇〇〇)および(CD-ROM上の)復元の完全な写真記録を超える合計回復の領収書はまた、取扱説明書、英国V5C登録文書が付属しています車、付属しています。

1961 Jaguar E-Type ‘Flat Floor’ Roadster
Chassis no. 876188
Engine no. R 2678-9
Body no. R 2476

Introduced in 3.8-litre form in 1961, the Jaguar E-Type caused a sensation when it appeared, with instantly classic lines and 150mph top speed. The newcomer’s design owed much to that of the racing D-Type: a monocoque tub forming the main structure, while a tubular spaceframe extended forwards to support the engine. The latter was the same 3.8-litre, triple-carburettor ‘S’ unit first offered as an option on the preceding XK150. An optimistic 265bhp was claimed, but whatever the installed horsepower, the E-Type’s performance did not disappoint; firstly, because it weighed around 500lb (227kg) less than the XK150 and secondly because aerodynamicist Malcolm Sayer used experience gained with the D-Type to create one of the most elegant and efficient shapes ever to grace a motor car.

Despite the E-Type’s gorgeous appearance, taller drivers could find its interior somewhat lacking in space, a criticism addressed by the introduction of foot wells (and other, more minor modifications) early in 1962. But of all the versions of Jaguar’s long-lived and much-loved sports car, it is the very early ‘flat floor’ 3.8-litre cars built prior to February 1962 which, for many enthusiasts, remain the most desirable.

Its accompanying Jaguar Heritage Trust Certificate confirms that left-hand drive chassis number ‘876188’ was despatched from the Browns Lane factory on 12th December 1961 bound for Jaguar Cars, New York. It was registered prior to despatch and thus had a Coventry number (‘472 WK’), these factory registrations being highly prized by British Jaguar enthusiasts. Originally finished in Carmen Red with black leather interior and matching hood – its present livery – the car was first owned by one J R Clitheroe of Palatine, Illinois, who had purchased it as a ‘personal export’. It retains matching numbers (even the body tag is still in place).

Purchased by the current owner March 2012, the E-Type is offered fresh from a full ‘last nut and bolt’ restoration to ‘A1+’ standard by RH Classics of Twyford, Leicestershire that involved more than 2,000 hours work over the last 20 months. Any bodywork repairs were leaded in the traditional way rather than using modern fillers, and particular attention was paid to originality, even down to restoring the original plastic air ducts and switches rather than replacing them with new or pattern parts. The seats and hood were re-trimmed by acknowledged experts Suffolk & Turley, and the original wire wheels restored to the factory-correct painted finish. The only modifications from factory specification are a stainless steel exhaust system and radial tyres (Dunlop SP, the correct radial option for the E-Type). Restoration receipts totalling in excess of £100,000 (approximately €121,000) and a full photographic record of the restoration (on CD-ROM) come with the car, which also comes with an owner’s manual and UK V5C registration document.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21768/lot/393/

関連記事

1964 Jaguar D-Type Long-Nose Replica by Wingfield 3068万円

車両価格:$249,500 ウィングフィールド1964ジャガーDタイプのレクリエー

記事を読む

1994 Jaguar XJ220

登録:P738 GPA シャーシ番号:SAJJEAEX8AX220640 エン

記事を読む

Jaguar XK 1878万円

車両価格:€145,800 ジャガー·XK140 OTS シャーシ番号:S81251

記事を読む

2014 Jaguar XK XKR-S GT (1 of 25) 1911万円

車両価格:$159,995 1252014ジャガーXKR-S GTの超レア、利用可能に

記事を読む

1956 Jaguar XK140 Roadster 1196万円

車両価格:$97,500   1956 Jaguar XK140 Ro

記事を読む

1962 Jaguar E-Type Series 1 3.8 Fixedhead Coupe 1368万円

Sold for (£): 74,250 Introduced in May 1961

記事を読む

TWR XJR-9 ¥ASK

車両価格:ASK J12C-187 60Deg V12、6995cc、2バルブ、N/

記事を読む

1991 Jaguar XJ220  5377万円(SOLD)

登録:JAZ 220シャーシ番号:SAJJEAEX7AX220693 エンジン番号:

記事を読む

1953 JAGUAR XK120C ‘C-TYPE’ SPORTS-RACING TWO-SEAT ROADSTER 8億9512万円(SOLD)

Sold for €7,245,000 元レーシングカーのチームフランコルシャン、ロジ

記事を読む

1953 Jaguar C-Type Sports Racing Car 1億8726万円(SOLD)

Sold for $1,512,500 “Commander John Rutherf

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク