*

PR

1949 Delahaye 135M Cabriolet  3756万円(SOLD)

公開日: : 未分類

image

 

Sold for €293,250

1949ドライエ135Mカブリオレ
Guilloréによって自動車の車体
シャーシがありません。 800863
エンジンがありません。 6S103-800863

ツアーで最初に基づいており、パリで1906年から、ドライエは1894年に初の自動車を構築し、すぐに商用車生産に多様化。その初期の製品ではなく、精彩を欠いた傾向にあったが、その後1935年にブランドのイメージを変更する新しい世代の最初に来た:T135クーペデザルプ。微細なスポーツカーは、T135はやや逆説的にそのメーカーのトラックのいずれかから、そのエンジンを借りました。トリプルソレックスキャブレターに3.2リットル、6気筒、オーバーヘッドバルブユニット生産110bhp、シャーシは、横断葉独立したフロントサスペンション、4速のシンクロやCotalギアボックス、センターロックワイヤーホイールとベンディックスブレーキを特色にしています。

ドライエは3.6リットル、120 / 130bhpのT135MSで次の年式に改善し、スポーツバージョンはすぐに実行に-sportscar-に第二、第三、第四および第五の場所を取って、大会で自身の名前を作っていました規制1936年フランスGPモンテカルロラリーは、それぞれ1937年と1938年にあからさまなル・マン24時間レースで優勝。プリンスビラは王子チュラの例では、1938年ドニントン12時間スポーツカーレースで優勝し、いくつかの手ごわい野党との戦い」イングランドで最速のロードカー「ブルックランズ」での勝利を取るようになりました。モデルは、3.6リッターエンジンと135MとしてポストWW2を再び現れたし、1951年まで生産に続きました。

ドライエには、社内coachworksを持っていたので、そのすべてのシャーシが135車台番号「800863」は、彼のボディクルブヴォアベースのcoachbuilder AGuilloréでエレガントなカブリオレの自動車の車体を運ぶタイプの彼らの最も魅力的なデザインの一部を作成した独立系によってボディました商用車体の製造は、その後しばらくの間継続しているがタルボット、ドライエとドラージュシャーシにほぼ独占的に集中1937年の最初の車、Guilloréは、年頃1950年までアクティブでした。

期間の多くの高品質のフランス車のような右ハンドル車は、このドライエ135MはCotal半自動変速機を有しており、レザーインテリアにマッチすると2-青に仕上がっています。ステアリングホイールとダッシュボードのボタンの透明なプレキシグラスの使用は、これらの項目は、水晶で作られているという印象を与え、特に注目すべきです。マッチング数例は、車はよく(ファイルに電子メールで送信対応参照)ドライエクラブレジスタに知られています。これは、最初のデパート・デ・ラ・セーヌで1949年に登録され、1985年に1フレデリック・ブーフにディーラーアンリLALANNEで販売されていました。

1998年にドライエは完全に尊敬されているフランスの専門家アンドレ・ルコックによって復元された、それは一般的に非常に良好な状態で、今日残っています。私たちは、復元されたシャーシが腐食や事故被害の証拠を示さず、塗装や内装は、使用だけ些細な兆候を示し、後者の、非常に良好な状態で両方であることをことをお勧めします。マッチング青ソフトトップがリニューアルし、「きれいに復元された」と説明したエンジンは、すべて元の付属品を保持しながら、排気システムは、ステンレス製のアイテムに変更されました。付属のドキュメントは、詳細な評価報告書(2013年8月)で構成され、フランスのカルテグリスとベルギーの登録申請フォームをキャンセルしました。

1949 Delahaye 135M Cabriolet
Coachwork by Guilloré
Chassis no. 800863
Engine no. 6S103-800863

Based initially at Tours and from 1906 in Paris, Delahaye built its first automobile in 1894 and soon diversified into commercial vehicle manufacture. Its early products tended to be rather lacklustre, but then in 1935 came the first of a new generation that would change the marque’s image: the T135 Coupe Des Alpes. A fine sporting car, the T135 somewhat paradoxically borrowed its engine from one of its maker’s trucks. The 3.2-litre, six-cylinder, overhead-valve unit produced 110bhp on triple Solex carburettors, while the chassis featured transverse-leaf independent front suspension, four-speed synchromesh or Cotal gearboxes, centre-lock wire wheels and Bendix brakes.

Delahaye improved on the formula the following year with the 3.6-litre, 120/130bhp T135MS, and the sports version was soon making a name for itself in competitions, taking 2nd, 3rd, 4th and 5th places in the run-to-sportscar-regulations 1936 French Grand Prix and winning the Monte Carlo Rally and Le Mans 24-Hour Race outright in 1937 and 1938 respectively. Prince Bira won the 1938 Donington 12-Hour Sports Car Race in Prince Chula’s example and went on to take victory in Brooklands’ ‘fastest road car in England’ race against some formidable opposition. The model reappeared post-WW2 as the 135M with the 3.6-litre engine and lasted in production until 1951.

Delahaye had no in-house coachworks, so all its chassis were bodied by independents who created some of their most attractive designs on the Type 135. Chassis number ‘800863’ carries elegant cabriolet coachwork by the Courbevoie-based coachbuilder A Guilloré, who bodied his first cars in 1937. Concentrating almost exclusively on Talbot, Delahaye and Delage chassis, Guilloré was active until circa 1950, although manufacture of commercial vehicle bodies continued for some time thereafter.

Right-hand drive like many high quality French cars of the period, this Delahaye 135M has the Cotal semi-automatic gearbox and is finished in two-blue with matching leather interior. The use of transparent Plexiglas for the steering wheel and dashboard buttons is particularly noteworthy, giving the impression that these items are made of crystal. A matching numbers example, the car is well known to the Delahaye Club register (see emailed correspondence on file). It was first registered in 1949 in the Département de la Seine and in 1985 was sold by dealer Henri Lalanne to one Frédéric Buch.

In 1998 the Delahaye was completely restored by the respected French specialist André Lecoq and it remains in generally very good condition today. We are advised that the restored chassis shows no evidence of corrosion or accident damage, and that the paintwork and interior are both in very good condition, the latter showing only insignificant signs of use. The matching blue soft-top has been renewed and the exhaust system changed to a stainless steel item while the engine, described as ‘nicely restored’, retains all its original ancillaries. Accompanying documentation consists of a detailed valuation report (August 2013), cancelled French Carte Grise and Belgian registration application form.

 

http://www.bonhams.com/auctions/21768/lot/360/

関連記事

pic_1

Argo JM19D ¥ASK

    私たちは販売のため、この後期仕様アルゴJM19Dグル

記事を読む

1992 OLDS OLDSMOBILE MATCO DRAG RACING FUNNY CAR ROLLING GASSER RACE CAR 1990's

1992 OLDS OLDSMOBILE MATCO ドラッグレーシングカー ROLLING GASSER RACE CAR 1990’s 現在価格:95万円

車両価格:オークション 今、それを購入したり、この1990年のオールズおかしい車ローリ

記事を読む

Dastle Mk 12

Dastle Mk 12 203万円

車両価格:£11,000 Description: Unique 1977 Dast

記事を読む

Baby Grand Race Car

Baby Grand Race Car 【オークション】

Baby Grand race car was completely rebuilt ove

記事を読む

MO14_r169_001

1972 AAR Eagle 7200 Indianapolis 3754万円(SOLD)

Sold for $341,000 750馬力、2,619 CC DOHCドレイ

記事を読む

Concept Sky Commuter

Concept Sky Commuter ¥ASK

車両価格:ASK Ever since the Wright Brothers too

記事を読む

【ヤフオク】40m級はしご付消防自動車

登録事項等証明書の記載内容(発行日:平成26年 2月25日) 自動

記事を読む

1970 Lenham P70 Spider

1970 Lenham P70 Spider 2275万円

車両価格:£125,000 スポーツプロトタイプと通常のクラスの優勝者のためのHSCC

記事を読む

MO14_r175_001

1981 AAR Eagle Indianapolis 424万円(SOLD)

Sold for $38,500 スモールブロックシボレーのV-8エンジン、ヘビ

記事を読む

parts1camaro-img600x398-1449889238jdupxo16462[1]

【ヤフオク】VITA 01 (レースカー) 2011製造 即,走行OK!

  ウエストレーシングカーズ(株)製のレーシングカーVITA01 2011製造

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク