*

PR

1959 ASTON MARTIN 4.2-LITRE DB4GT SPORTS SALOON 2億4609万円(SOLD)

image

<スポンサーリンク>

Sold for £1,569,500

最初の生産右ハンドル
1959アストンマーティン4.2リッターDB4GTスポーツサルーン
登録番号。 230 AYE
シャーシがありません。 DB4 / GT / 0102 / R
エンジンがありません。 370/0102 / GT
脚注
「多くのアストンマーチン愛好家のためにDB4は、戦後の車の最高でした。前の車は後DB5とDB6は、体重に入れながら、パワーに欠け、より高速なサラブレッドよりも高速ツアラーのようだった – とDB4sの中DB4GTは、多くの最も徹底したオールラウンドグランドツーリングカーでした…」 – マイクキバシヒワ、「自動車」、1967年。

1958年にロンドンモーターショーで発表され、アストンマーティンDB4はきっぱりとそれが究極のグランツーリスモの構築に来たときに英国のメーカーが独自のゲームでイタリアをより良くできることを実証しました。その仕様は、ディスクブレーキと完全に新しいスチールプラットフォームシャーシのすべてのラウンド、レースが開発したツインカム6気筒エンジン、すべてのミラノのカロッツェリア・トゥーリングによって設計された完全に均整のアルミボディをまとっが含まれていました。全体的に、DB4は、その時間のために絶妙なイタリアのスタイリングと組み合わせる堅牢な英国のエンジニアリングの傑作最先端のでした。

ハロルドブナの監視の目の下で設計され、非常に強力なプラットフォーム型シャーシを交換DB2 / 4のマルチチューブラースペースフレーム、後者は手で形成されたアルミニウムをサポートするために、独自の軽量な管状構造を採用したツーリングのSuperleggeraのボディ構造と互換性が考慮されています-alloyボディパネル。背面にDB4は、ワットリンク機構の代わりに、その前身のパナールロッドによって位置ライブアクセルを遊ばしながらDB2 / 4のトレーリングリンクの独立したフロントサスペンションはダブルウィッシュボーンに道を譲りました。

新しい車の競争の可能性は当初から認識されていた、工場はレース、1959年ロンドンモーターショーでデビューし、得られたDB4GTに適した軽量版の開発には時間を失っていません。スターリング・モス( ‘DP / 199’)によって駆動されるプロトタイプはシルバーストンでの最初のレースを勝ったときのモデルは、すでにその年の初めに競争の中で証明されていました。標準車への大規模な修正がホイールベースの​​外に “5を取り、車の数が少ないが、すべての上の荷物プラットフォームと後部座席を交換した。一緒に軽く、18ゲージのボディワークで、これらの変化は、(周り200lbによって自動車の軽量化を実現しました91キロ)。

GTは、ツインプラグシリンダーヘッドとトリプルウェーバー45DCOEキャブレターを装備し、チューニングされたエンジンを使用6,000rpmで主張302bhp、標準車の主張240bhp以上の有用な増加をもたらしました。最高速度は、当然のことながら、全体的なギアリング​​に依存するが、毎時153マイルを記録6.1秒の毎時0〜60マイル時間でテスト中に達成されました。時代のアストンマーティンのスポーツレーサーで使用されるようDB4は100mph、その後死んだにブレーキがその最大定格ガーリングのブレーキに、部分的には、20秒、トリビュートの下に停止するように停止状態から行くためにも、最初の車の一つでした。

正面から見た、GTはパースペックスとのフェアリングインヘッドライトによって容易に識別した後にDB5とDB6に標準作られた、機能をカバーしています。リアスクリーン及び1/4窓が多くの例でパースペックスました。オーバーライダーバンパーが削除されたと風ダウンウィンドウは、フレームレスドア内にありました。ツインモンツァクイックリリース競争燃料フィラーはリアウイングの上に追加された、大容量の燃料タンクに導くには、ブート中に平らに取り付けられました。 GTは、合金リムと三耳」ノックオフ」と軽量Borrani 42スポークのワイヤーホイールを標準装備しました。 GTは、標準的な相補体に油温計の追加の恩恵を受けながら、フルアストン・マーティン、道路の車の仕様にトリミングされ、内部は、細かいコノリーレザー張りと深いパイルウィルトンカーペットを誇りました。

DB4GTは作品やジョン・オジェのエセックス・レーシングの安定は、数多くの勝利を楽しんによって入力された例で、GTレースで支配的なフェラーリの支配に強力な挑戦を提供します。ロイ・サルバドーリ、スターリング・モス、ジム・クラークとイネスアイルランドの同類によって駆動され、DB4GTはレース回路上のストライプ毎週末を獲得しました。 1959年12月には、バハマスピードウィークで、スターリング・モスはモスのDBR2を意図したの終焉以下の作品によって標準顧客DB4GT「借り」を駆動獲得しました! DB4GTも同様に競馬場とグランド・ツアーの両方に安心して、実際に真のデュアルパーパス車でした。

DB4GTシャーシ番号「0102 / R ‘が完了し、最初の右ハンドル車の例であり、それは前1960年の歴史的なイベントの対象ため、すべてのより望ましいものにその1959ビルド日付。 1959年12月19日にブルックランズ(ラングレーモーターズ)に配信、車は「230 AYE」に登録し、最初のグロブナーハウス、ロンドンW1のノエルカニンガムレイドが所有していました。工場出荷時のビルドシートによると、元のカラースキームは、オフホワイトのコノリー隠す内部とブリストルレッドました(ファイルのコピー)。二つの後続の所有者が(前に現在のベンダーに)記載されています:Fulwood、シェフィールドのJ D Wロングデンとカトリーヌ・ド・バーンズ、ソリハルのP A Densham。

1981年にアストンは、1986年にピーターDenshamからケンジントン、ロンドンのデビッド・フォレスターソレルに氏とソレルからノッティンガムのフランクSytnerに渡されたいくつかの6年後、1992年5月に、氏Sytnerは(ブルックス「モナコオークションで販売のための車を提供しました最初の左側のドライブDB4GTを所有するために起こる良い友人が車を買うように説得されたそれは、現在のベンダによって購入されたロット88)、!

車は非常によくアストンマーティンの専門家リチャード・ウィリアムズに世話されています。それは何のためたかったし、使用しないときに加熱されたガレージに保管されています。ご購入後アストンはRSWに直接送信された、新しいタイミングチェーン、キャブレターのオーバーホール、新しい水ポンプ、新しいラジエーター、新しいクラッチ、新しいショックアブソーバー、改装ホイール、サスペンションの再構築とブレーキオーバーホールを受け、委託再。

1最終駆動比(以前は3.54:1)その巡航能力を向上させるために定期的にサービスを受けるその後、車は1997年に大規模なアップグレードに処理し、リアアクスルは、新しいクラウンホイールとピニオン、新しいハブと3.31で再構築されています。同時に、エンジンは4.2リットルの容量を拡大し、その過程で無鉛互換行われ、カリージョのコンロッドとコスワースピストンで再建されました。伝送はまた、最大定格クラッチを装着しました。コー​​スで走行距離計がゼロにされた再構築。それは現在、8500マイルの合計を表示します。

定期的にサービスを提供し、完全無欠毎年かかわらず、コストのRSWによって維持、アストンは、イベント後の作品でRSWに戻ったその次、2003年リエージュ・ローマ・リエージュラリーに参加しました。 2006年には、ドアや窓は再建車輪と様々なトリム作品が行われ、オーバーホール消音して、新しいシールが設置されました。定期的な点検とメンテナンスがRSWで毎年続けています。車の最も最近の遠出は、2013年5月にストラスブールツアーへアストンマーティンドーバーにありました。

同様にRSWによって行わ前述の作品のための法案として、履歴ファイルは、フランクSytnerの所有権に関連するアストン・エンジニアリングから法案のコピーが含まれています。 1987年に遡る最もMOTS(9万マイルで)。そして、パーチメントレザーインテリアとRSWグリーンに仕上がりました1990年9月に「AUTOCAR&モーター」に発表されたこの非常に車についてロードテストの記事、「0102 / R ‘のコピーは全体的に良好な状態で提示され、現在のMOT /税で提供されていますそして、スウォンジーV5C文書。

アストンマーティンは、単なる75 DB4GTsプラスさらに19ザガートボディバリアント、1ベルトーネボディの特殊や5 ‘チーム’または ‘開発プロジェクト」のGTを構築しました。これらの75例のうち、45は、右ハンドルの形で供給され、30は左たドライブ。すべてアストンズの最も愛さ中で、DB4GTは、性能と走行性のそのユニークな組み合わせのための比類のないまま。

その驚異的な希少性と価値にもかかわらず、DB4GTは、グッドウッド・リバイバルと英国の数多くの(と競争力の高い)アストン・マーティンオーナーズクラブ選手権レース会議などの主要な歴史的なレースのイベントで人気の入まま。 DB4GTは、競争と ‘0102 / R’のために設計された歴史的なモータリングイベントの様々な区別と競合することができるオリジナルの右ハンドルの例を獲得する貴重な機会を提供しています。

 

The first production right-hand drive
1959 Aston Martin 4.2-Litre DB4GT Sports Saloon
Registration no. 230 AYE
Chassis no. DB4/GT/0102/R
Engine no. 370/0102/GT
FOOTNOTES
‘For many Aston Martin enthusiasts the DB4 was the best of the post-war cars. Previous cars were lacking in power while the later DB5 and DB6 put on weight and were more like fast tourers than high-speed thoroughbreds – and amongst the DB4s the DB4GT was the most thorough all-round Grand Touring car of the lot…’ – Mike Twite, ‘Motors’, 1967.

Launched at the London Motor Show in 1958, the Aston Martin DB4 emphatically demonstrated that a British manufacturer could better the Italians at their own game when it came to constructing the ultimate Gran Turismo. Its specification included a completely new steel platform chassis with disc brakes all round, and a race-developed twin-cam six-cylinder engine, all clothed in a perfectly proportioned aluminium body designed by Carrozzeria Touring of Milan. Overall, the DB4 was state-of-the-art for its time, a masterpiece of robust British engineering combined with exquisite Italian styling.

Engineered under the watchful eye of Harold Beech, the immensely strong platform-type chassis replaced the DB2/4’s multi-tubular spaceframe, the latter being considered incompatible with Touring’s Superleggera body construction that employed its own lightweight tubular structure to support the hand-formed aluminium-alloy body panels. The trailing-link independent front suspension of the DB2/4 gave way to unequal-length wishbones while at the rear the DB4 sported a live axle located by Watts linkage instead of its predecessor’s Panhard rod.

The new car’s competition potential had been recognised from the outset and the factory lost no time in developing a lightweight version suitable for racing, the resulting DB4GT debuting at the 1959 London Motor Show. The model had already been proven in competition earlier that year when the prototype driven by Stirling Moss (‘DP/199’) won its first race at Silverstone. Extensive modifications to the standard car took 5” out of the wheelbase and replaced the rear seats with a luggage platform on all but a small number of cars. Together with lighter, 18-gauge bodywork, these changes reduced the car’s weight by around 200lb (91kg).

The GT used a tuned engine which, equipped with a twin-plug cylinder head and triple Weber 45DCOE carburettors, produced a claimed 302bhp at 6,000rpm, a useful increase over the standard car’s claimed 240bhp. Maximum speed, of course, depended on overall gearing but 153mph was achieved during testing with a 0-60mph time of 6.1 seconds recorded. The DB4 was also one of the first cars to go from standstill to 100mph and then brake to a dead stop on under 20 seconds, a tribute, in part, to its up-rated Girling brakes as used on Aston Martin’s sports racers of the era.

Viewed from the front, the GT was readily distinguishable by its faired-in headlamps with Perspex covers, a feature later made standard on the DB5 and DB6. The rear screen and quarter windows were Perspex on many examples; bumper over-riders were deleted and the wind-down windows were frame-less within the doors. Twin Monza quick-release competition fuel fillers were added atop the rear wings, leading to a large-capacity fuel tank mounted flat in the boot. GTs were fitted as standard with lightweight Borrani 42-spoke wire wheels with alloy rims and three-ear ‘knock-offs’. Trimmed to full Aston Martin road car specification, the interior boasted fine Connolly leather upholstery and deep-pile Wilton carpeting, while the GT benefited from the addition of an oil temperature gauge to the standard complement.

The DB4GT offered a strong challenge to the prevailing Ferrari dominance in GT racing, with examples entered by the works and John Ogier’s Essex Racing Stable enjoying numerous victories. Driven by the likes of Roy Salvadori, Stirling Moss, Jim Clark and Innes Ireland, the DB4GT earned its stripes every weekend on the racing circuit. In December 1959, at the Bahamas Speed Week, Stirling Moss won driving a standard customer DB4GT ‘borrowed’ by the works following the demise of Moss’s intended DBR2! The DB4GT was indeed a true dual-purpose car, equally at ease on both the racetrack and Grand Tour.

DB4GT chassis number ‘0102/R’ is the first right-hand drive example completed, its 1959 build date making it eligible for pre-1960 historic events and thus all the more desirable. Delivered to Brooklands (Langley Motors) on 19th December 1959, the car was registered ‘230 AYE’ and first owned by Noel Cunningham-Reid of Grosvenor House, London W1. According to the factory build sheet (copy on file) the original colour scheme was Bristol Red with off-white Connolly hide interior. Two subsequent owners are listed (prior to the current vendor): J D W Longden of Fulwood, Sheffield and P A Densham of Catherine-de-Barnes, Solihull.

In 1981 the Aston passed from Peter Densham to David Forrester Sorrell of Kensington, London and from Mr Sorrell to Frank Sytner of Nottingham in 1986. Some six years later, in May 1992, Mr Sytner offered the car for sale at Brooks’ Monaco auction (Lot 88) where it was purchased by the current vendor, who was persuaded to buy the car by a good friend who happens to own the first left-hand drive DB4GT!

The car has been exceptionally well looked after at Aston Martin specialist Richard Williams. It has wanted for nothing and is kept in a heated garage when not in use. Upon purchase the Aston was sent straight to RSW and re-commissioned, receiving new timing chains, a carburettor overhaul, new water pump, new radiator, new clutch, new shock absorbers, refurbished wheels, suspension rebuild and brake overhaul.

Regularly serviced thereafter, the car was treated to extensive upgrading in 1997, the rear axle being rebuilt with a new crown wheel and pinion, new hubs and a 3.31:1 final drive ratio (previously 3.54:1) to improve its cruising capability. At the same time the engine was rebuilt with Carrillo con-rods and Cosworth pistons, being enlarged to 4.2 litres capacity and made unleaded compatible in the process. The transmission was also fitted with an up-rated clutch. In the course of the rebuild the odometer was zeroed; it currently displays a total of 8,500 miles.

Regularly serviced and immaculately maintained by RSW annually regardless of cost, the Aston took part in the 2003 Liège-Rome-Liège Rally, following which it went back to RSW for post-event works. In 2006, the doors and windows were overhauled, sound deadening and new seals installed, the wheels rebuilt and various trim works undertaken. Regular servicing and maintenance has continued annually at RSW. The car’s most recent outing was on the Aston Martin Dover to Strasbourg Tour in May 2013.

As well as bills for the aforementioned works carried out by RSW, the history file contains copies of bills from Aston Engineering relating to Frank Sytner’s ownership; most MoTs dating back to 1987 (at 90,000 miles); and a copy of a road test article about this very car published in ‘Autocar & Motor’ in September 1990. Finished in RSW Green with Parchment leather interior, ‘0102/R’ is presented in generally excellent condition and offered with current MoT/tax and Swansea V5C document.

Aston Martin built a mere 75 DB4GTs plus further 19 Zagato-bodied variants, one Bertone-bodied special and five ‘Team’ or ‘Development Project’ GTs. Of these 75 examples, 45 were supplied in right-hand drive form and 30 were left-hand drive. Amongst the most beloved of all Astons, the DB4GT remains unmatched for its unique combination of performance and roadability.

Despite its tremendous rarity and value, the DB4GT remains a popular entrant at major historic racing events such as the Goodwood Revival and the numerous (and highly competitive) Aston Martin Owners’ Club Championship race meetings in the UK. The DB4GT was designed for competition and ‘0102/R’ offers a rare opportunity to acquire an original right-hand drive example capable of competing with distinction in a variety of historic motoring events.

http://www.bonhams.com/auctions/20934/lot/14/

 

 

関連記事

1967 Aston Martin DB6 – One family owned from new 2247万円

Sold for (£): 122,980 Considered by many to

記事を読む

2006 Aston Martin DBRS9 2066万円(SOLD)

Sold for $170,500 600馬力、5935 ccのDOHCアルミV

記事を読む

Aston Martin DB4 ¥ASK

車両価格:ASK 1961 Aston Martin DB4 Series III,

記事を読む

1979 Aston Martin V8 Auto 603万円

Sold for (£): 33,000 Newport Pagnell based

記事を読む

1965 ASTON MARTIN DB SHORT CHASSIS VOLANTE ¥ASK

車両価格:ASK --Winchester Blue with Blue leathe

記事を読む

Aston Martin Vantage V12 GT3 (x 2) For Sale ¥ASK

2012アストンマーチンヴァンテージV12 GT3シャーシ#007(黄色と緑のカラーリング

記事を読む

1973 Aston Martin V8 Series II

登録:TGU 235L 車台番号:V8 / 10653 / RCA エンジン番

記事を読む

1961 ASTON MARTIN DB4 SERIES IV COUPE ¥ASK

車両価格:ASK --Fiesta Red with Fawn leather int

記事を読む

Aston Martin – Vanquish 6L 3021万円

車両価格:€230,000 2004年に発売された「V12ヴァンキッシュS」はアストン

記事を読む

1968 Aston Martin DB6 5548万円

車両価格:£289,995 This immaculate Aston Martin ha

記事を読む

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク