*

PR

1964 PORSCHE 904 GTS ENDURANCE RACING COUPE 1億7953万円(SOLD)

公開日: : ポルシェ ,

image

Sold for £1,145,000

元スクーデリアFilipinetti、ハービー・ミュラー、アンドレ・クノール
1964ポルシェ904 GTSエンデュランス・レーシングクーペ
登録番号。 DHJ 556B
シャーシがありません。 904 079
エンジンがありません。 99019分の99071
脚注
よりよいませ中容量グランドツーリングカーのデザインは、PERTと伝説的「ユーザーフレンドリー」フラット4気筒空冷ポルシェ904 GTSよりも1960年代半ばの民間所有者の耐久レースの精神を体現していません。ここでは、最も素晴らしい出所と十分に文書化競争の歴史で特によく提示し、よく準備例を提供して喜んでいます。

シャーシ「079」 – – スイスの起業家とレーシングチームの守護ジョルジュFilipinettiにより1964年4月にシュトゥットガルト – ツッフェンハウゼン工場からのブランドの新しい買ったこれはポルシェ904 GTSです。それは彼のスクーデリアFilipinettiチームの明るい赤のレースのカラーリングに仕上がっ若いスイスのドライバージョー・シフェール、ハーバート・ミュラー、ディーターSpoerryとクロードセージを約束することにより、組織のために運動をすることになりました。

私たちは、「それは総合6位、印象的な家庭叫びとクラスで4月2日31 1964年にハービー・ミュラーとアンドレ・クノールによって共同駆動、ニュルブルクリンク、西ドイツでADAC千キロのレースでそのレースデビューを079’madeことを理解しています。ただ、先にそれを完了するために1一瞬だけ5の車を検討してください。彼らは完全に受賞した3.3リッターV12エンジン搭載のScarfiotti / Vaccarellaのフェラーリ275P、パークス/ギシェーの作品「フェラーリ250GTO / 64、ベン・ポンの妹ポルシェ904ゲルハルト・コッホが共同で駆動、レーシングカーのチームフランコルシャンフェラーリ250GTOの作品でした/ルシアン・ビアンキ/ジェラルド・ラングロワバンOphemとポルシェの64は、式1のドライバヨアキム・ボニエとリッチー・ギンサーによって共有チームの8分の904気筒に動作します。ここでは、本当に、本当に国際身長の競争クーペを提示しています…

スクーデリアFilipinettiその後、アンドレ・クノールはそれで第九最速タイムを設定する6月6日、上の彼らのシャトーの孫-準備Rossfeldで曲がりくねった世界と欧州選手権の山登りで「079」を実行しました。

‘079’の第三の外出は、その後、ミュラーはクロード・セージでこのクラレット-お仕着せを着たクーペを同時運転した1964年ル・マン24時間未満何もなかったです。彼らは、完全な距離を完成畏敬の念を起こさせるサルト回路の309周を完了した、全体的なクラスと11日で四番目に終わります。

彼らはアンドレ・クノールが前にクラスで3位を置い6月28日、上Gaisbergで一見厳しい欧州マウンテン選手権山登りに「079」を実行したとしてルマンのワイドオープン広がりから、スクーデリアFilipinettiのための山に戻った後でした別の古典的な耐久レース日はチームの時に急いで来ました…

これは深夜に始まり、フランス北部シャンパーニュ回路上の昼に仕上げ、ランス12時間でした。そのクラス内でこの時間12日の全体的な、そして第五 – 耐久レースhabituésが期待するようになっていたとして – 車は再びまだ仕上げ、同時駆動ミュラーとクノールによってがありました。 2週間後、ベルギーのゾルダーで、クノールは、クラスの結果で別の第三を追加し、一週間後、まだチェザーナ・セストリエールクノール自宅の登山口にクラスで総合5位と2位を置きました。主要フライブルク-Schauinslandのは「別の山に挑戦climbposed – クラスクノール4日を、全体の8日とクラスでシエール・モンタナの第三に、総合7位はジュネーブのスクーデリアのトロフィーキャビネットに複数の銀器をもたらしました。

1965年にスクーデリアは、ミラノ外モンツァ1,000Kms古典的に期待して旅立ったが、彼らのリーディングドライバトミーSpychigerがFilipinettiのフェラーリ365Pに致命的なクラッシュした後に他のエントリがレースから撤退した、 ‘079’が含まれています。それは準備とスイススクーデリアによって入力され続けているが、その悲しい日にそのドライバは兄弟ジャックとロバートCalderari、車の旧明らかに採用した所有権でした。

その後、道路ラリーは「079の強みとなりました。なお、この車はフランスで1965年ラリー・デ・ラ・ボールを獲得し、ラリーモンブランでのコマンドで同じペアで5位に配置されたジャンマルクMassoneri / Petetinに売却されました。ジャックCalderariは1965オロン – ヴィラール登山のためにこの車の中で記載されていたが、そこに競っているようには見えません。

それはフランスのラリー・ド・ロレーヌに勝ったとき、新しい所有者Dumousseauとナビゲータ・ロケスによって有人車はその後、1966年3月まで休耕置き、同じ乗組員はその後、その10月AGACIラリーで優勝し、この成功を繰り返します。彼らは1967年に高齢化ポルシェをキャンペーンに続けたが、ノールとクリテリウムNeigeetグレースデュ主要なラリー・デ・ルートの両方でフィニッシュすることができませんでした。

1968年車はTourolレーシングと079のオリジナル180bhp 4カムエンジンは6気筒Typ906パワー・ユニットに置き換えられていた「競争力を維持するために取得されていました。新しい所有者Tourolはマニクールで車をレースし、1969年ツール・ド・フランスの自動車にパガーニとそれを同時運転しました。パリ、フランスの南、MontlheryのでAGACI 3000イベントで総合7位を置く – などの下旬1971年7月、この広く運動を古い軍馬は、ハーネスに残りました。

それは1979年にハーバートKukeによって買収されました前にドイツの愛好家マンフレッドFreisingerは、エンジンとギアボックスのオーバーホールと再している間、彼はシャトーの孫(スイス)で車を復元する元スクーデリア・フェラーリ・チーフメカニックフランコSbarroのを委託し、1970年代前半を通じて、車を所有していましたポルシェ工場によって-prepared。もちろん、非常に高い水準に行わ – – この作業が完了すると、車はその後、それが1982年から2002年からディスプレイに保存されていたポルシェ博物館に委託されました。

これは、最終的にはラリーのスターヴァルター・ロールがそれに勝った1982年エルディングの飛行場レース大会、競争力の使用に戻しました。別の工場の伝説 – – シチリアレールとディーターGlemser 1986年タルガ・フローリオイベントには全体で2番目とヴァルター・ロールに配置することによって展開された、「079」スパークリング形態で維持1986年にノイエニュルブルクリンク式1の回路の開口部に車を実証しましたニュルブルクリンクOldtimerグランプリでポルシェフィルムや写真の一連の呼び出しのための博物館、1989年には、それはそのレースで3位を完了するために、マンフレッドJantkeによるものでした。

車はその後、マンフレッドFreisingerは、英国を代表するコレクタジョン・ラストンにそれを販売した2009年まで、ポルシェ博物館内のショーに残りました。彼は車が徹底的に歴史的レースでの使用のために準備していた、と ‘079’これは、グスタードラリーに出場した後、その現在の英国のベンダーに売却された2010年のルマンクラシックイベントでサルトサーキットに戻りました。これは、2012年のルマンクラシックに再び現れ、レース、準備ができた状態で、それ以来維持されています。

ここに提供されるように、それは2011年に専門家マクステッドページ&プリルによって再建、2リッター6気筒エンジンを搭載しており、によって再建希少で激しく望ましいポルシェ標準3分の587 4-カムフラット4エンジンの一つを伴っています2009年に専門家カールHlochとunraced以来。ここに提供されるように、2つのFIA歴史テクニカルパスポートがインストール5,6または4気筒エンジンのいずれかで国際的に運動をするために車を可能にする、 ‘079’を伴います。この並外れhighy指​​定のポルシェ904 GTSにさらに大きな光沢を追加すると、それが現在の英国の道路登録されていることと、すべてのEU税が支払われているという事実です。

このロットはスペア、古い部品や早期後部本体部の選択を含む – と、まだ多くがあります。ボナムズはほとんど工場自身のポルシェ博物館内に非常に多くの、多くの年のために主演しているような包括的かつ継続的なレースの歴史、と重大なポルシェを提供することができなかった、とこれは非常に多くのエキストラを伴っている – はなく、少なくとも二つの代替エンジン – 真の愛好家・コレクター/ユーザのボーナスとして。私たちは、ほとんどの非常にお勧め。

The Ex-Scuderia Filipinetti, Herbie Muller, Andre Knorr
1964 Porsche 904 GTS Endurance Racing Coupe
Registration no. DHJ 556B
Chassis no. 904 079
Engine no. 99071 / 99019
FOOTNOTES
No medium-capacity Grand Touring car design better embodies the spirit of private-owner endurance racing in the mid-1960s than the pert and legendarily ‘user-friendly’ flat-4 cylinder air-cooled Porsche 904 GTS. Here we are delighted to offer a particularly well-presented and well prepared example with the most wonderful provenance and well-documented competition history.

This is the Porsche 904 GTS – chassis ‘079’ – which was bought brand-new from the Stuttgart-Zuffenhausen factory in April 1964 by Swiss entrepreneur and racing team patron Georges Filipinetti. It was to be finished in his Scuderia Filipinetti team’s bright-red racing livery and campaigned for the organization by promising young Swiss drivers Jo Siffert, Herbert Muller, Dieter Spoerry and Claude Sage.

We understand that ‘079’made its racing debut in the ADAC 1,000 Kilometres race at the Nurburgring, West Germany, on April 31, 1964. Co-driven by Herbie Muller and Andre Knorr it clamoured home impressively, sixth overall and 2nd in class. Just consider for one moment the only five cars to finish ahead of it. They were the outright-winning 3.3-litre V12-engined works Ferrari 275P of Scarfiotti/Vaccarella, the works’ Ferrari 250GTO/64 of Parkes/Guichet, Ben Pon’s sister Porsche 904 co-driven by Gerhard Koch, the Ecurie Francorchamps Ferrari 250GTO/64 of Lucien Bianchi/Gerald Langlois van Ophem and the Porsche works team’s 904/8-cylinder shared by Formula 1 drivers Joakim Bonnier and Richie Ginther. Here we really are presenting a competition Coupe of truly International stature…

The Scuderia Filipinetti then ran their Chateau Grandson-prepared ‘079’ in the tortuous World and European Championship hill-climb at Rossfeld on June 6, where Andre Knorr set 9th fastest time with it.

Third outing for ‘079’ was then nothing less than the 1964 Le Mans 24-Hours in which Muller co-drove this claret-liveried Coupe with Claude Sage. They completed the full distance, finishing fourth in class and 11th overall, having completed 309 laps of the awe-inspiring Sarthe circuit.

From the wide-open expanse of Le Mans it was then back to the mountains for Scuderia Filipinetti as they ran ‘079’ in the deceptively demanding European Mountain Championship hill-climb at the Gaisberg on June 28, where Andre Knorr placed 3rd in class before another classic endurance racing date came rushing upon the team…

This was the Reims 12-Hours, starting at midnight and finishing at mid-day on the Champagne circuit in northern France. The car was co-driven there by Muller and Knorr, finishing yet again – as endurance racing habitués had come to expect – this time 12th overall, and 5th within their class. Two weeks later, at Zolder in Belgium, Knorr added another 3rd in class result and a week later still on the home mountain climb at Cesana-Sestriere Knorr placed 5th overall and 2nd in class. The major Freiburg-Schauinsland ‘climbposed another mountain challenge – Knorr 4th in class, 8th overall and at Sierre-Montana 3rd in class, 7th overall brought more silverware to the Scuderia’s trophy cabinets in Geneva.

Into 1965 the Scuderia journeyed with high hopes to the Monza 1,000Kms classic outside Milan, but after their leading driver Tommy Spychiger had crashed fatally in Filipinetti’s Ferrari 365P their other entries were withdrawn from the race, ‘079’ included. Its drivers on that sad day were the brothers Jacques and Robert Calderari, the former having apparently adopted ownership of the car although it continued to be prepared and entered by the Swiss Scuderia.

Thereafter, road rallying became ‘079’s forte. It was sold to Jean-Marc Massoneri/Petetin this car won the 1965 Rallye de la Baule in France and placed 5th with the same pair in command in the Rallye Mont Blanc. Jacques Calderari was listed in this car for the 1965 Ollon-Villars mountain climb but does not seem to have competed there.

The car then lay fallow until March 1966 when, crewed by new owner Dumousseau and navigator Roques it won the Rallye de Lorraine in France, and the same crew subsequently repeated this success by winning the AGACI Rally that October. They continued to campaign the ageing Porsche into 1967, but failed to finish in both the major Rallye des Routes du Nord and the Criterium Neigeet Glace.

By 1968 the car had been acquired by Tourol Racing and in order to remain competitive ‘079’s original 180bhp 4-cam engine had been replaced by a 6-cylinder Typ906 power unit. New owner Tourol raced the car at Magny-Cours and co-drove it with Pagani in the 1969 Tour de France Automobile. As late as July 1971 this widely campaigned old warhorse remained in harness – placing 7th overall in the AGACI 3000 event at Montlhery, south of Paris, France.

German enthusiast Manfred Freisinger owned the car through the early 1970s, before it was acquired by Herbert Kuke in 1979. He commissioned former Scuderia Ferrari chief mechanic Franco Sbarro to restore the car at Chateau Grandson (Switzerland) while the engine and gearbox were overhauled and re-prepared by the Porsche factory. Upon completion of this work – carried out to extremely high standard, of course – the car was then entrusted to the Porsche Museum where it was preserved on display from 1982-2002.

It was eventually returned to competitive use in the 1982 Erding aerodrome race meeting, where rally star Walter Rohrl won in it. On the 1986 Targa Florio event in Sicily Rohrl and Dieter Glemser – another factory legend – placed 2nd overall and Walter Rohrl demonstrated the car at the opening of the Neue Nurburgring Formula 1 circuit in 1986. Maintained in sparkling form, ‘079’ was deployed by the Porsche Museum for a series of film and photo calls and in 1989 at the Nurburgring Oldtimer Grand Prix it was driven by Manfred Jantke, to finish 3rd in its race.

The car then remained on show within the Porsche Museum until 2009 when Manfred Freisinger sold it to leading British collector John Ruston. He had the car thoroughly prepared for Historic racing use, and ‘079’ returned to the Sarthe circuit in the Le Mans Classic event of 2010. It competed in the Gstaad Rally and was then sold to its present UK vendor. It reappeared in the 2012 Le Mans Classic and has been maintained ever since in race-ready condition.

As offered here it is equipped with a 2-litre 6-cylinder engine, rebuilt by specialists Maxted-Page &Prill in 2011 and is accompanied by one of the rare and intensely desirable Porsche Typ 587/3 4-cam flat-4 engines rebuilt by specialist Karl Hloch in 2009 and unraced since. Two FIA Historic Technical Passports accompany ‘079’ as offered here, enabling the car to be campaigned Internationally with either 6- or 4-cylinder engine installed. Adding even greater lustre to this extraordinarily highy-specified Porsche 904 GTS is the fact that it is currently UK road-registered and that all EU taxes are paid.

And there is still more – this Lot includes a selection of spares, older parts and an early rear body section. Bonhams has seldom been able to offer any significant Porsche with such a comprehensive and continuous racing history, which has starred for so many, many years within the factory’s own Porsche Museum, and which is accompanied by so many extras – not least the two alternative engines – as a true enthusiast collector/user’s bonus. We recommend it most highly.

http://www.bonhams.com/auctions/20934/lot/24/

関連記事

1988 Porsche 959 Komfort Coupé

1988 Porsche 959 Komfort Coupé 8584万円(SOLD)

Sold for £505,500 ワンオーナー、新しいから27255キロ 1988

記事を読む

1989 Porsche 911 930 Turbo

1989 Porsche 911 930 Turbo 1699万円

Sold for (£): 92,000 The Porsche 930 Turbo

記事を読む

Porsche 911 Carrera

Porsche 911 Carrera ¥ASK

車両価格:ASK ポルシェ911カレラカブリオレ3.2 裁19872手、オリジナ

記事を読む

6824567

Porsche Boxster S Race Car 423万円

車両価格:£22,995 この2000 MYポルシェボクスターSのレースカーは、2

記事を読む

2010 Porsche 911 997 GT3 Cup Championship winning Race Car

2010 Porsche 911 997 GT3 Cup Championship winning Race Car 1806万円

車両価格:$145,500 Ready to race, 2014 Mission F

記事を読む

PORSCHE GT1

PORSCHE GT1 ¥SOLD

車両価格:SOLD After dark days in the late 80s and

記事を読む

raceline_006_03

PORSCHE 910 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.raceline-feustel.com/u

記事を読む

Porsche 911 Turbo 935-look racecar

Porsche 911 Turbo 935-look racecar 1071万円

車両価格:€79,995 この驚異的なポルシェ935レクリエーションレースカーは、1

記事を読む

Porsche 959 Comfort

Porsche 959 Comfort 1億2117万円

車両価格:£674,995 走行距離:29 353。 BHP:580。 お

記事を読む

Porsche 928 S4 1989

Porsche 928 S4 1989 ¥ASK

車両価格:ASK ポルシェ928 S4 1989 13000ミル。フル機能のスウェーデ

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク