*

PR

BENETTON-COSWORTH FORD B194 FORMULA 1 RACING SINGLE-SEATER 9682万円(SOLD)

image

Sold for £617,500

元ミハエル・シューマッハ、1994 FIAフォーミュラ1世界選手権を受賞
ベネトン・コスワースフォードB194フォーミュラ1レースシングルシーター
シャーシがありません。 B194-05
脚注
ごくたまに、その全体の歴史の間にボナムズモータリング部門持っている – 紛れもなく世界で最も広く経験した古典的な、ヒストリックレーシングカーのオークションハウス – 内で具体身長の「現代の時代の「世界選手権に輝いたF1マシンを提供する機会があったが驚くべき – と完全に動作可能 – 私たちは今ここに提示マシン。

この絶妙によく提示1994ベネトン・コスワースフォードB194は伝説ミハエル・シューマッハを生きている非常に自動車である – 7回のF1世界チャンピオンのドライバ – 個々のいずれかの最高点のスコアを蓄積し、彼はその時に出場したチームのシャーシに動作しますいわゆる重大なレースシーズン。重要なのは、これが最初のため、彼の最も重要な世界選手権でした。

ここに提供されるシャーシのB194-05」は4世界選手権 – 予選グランプリレースの勝利を獲得し、さらに2つの2位の仕上げを追加するためにドイツの偉大なスーパースタードライバーによって使用されました。

周りにモントリオールでのIleノートルダム回路に、モナコグランプリのカナダGPをミハエル・シューマッハがイモラでのサンマリノの1994グランプリを受賞した実際のモノコック胴体を採用し、加えて製造し、レースにレースから再構築としてこの車通りやモンテカルロのquaysides、およびマニクールでのフランスGPインチ

イモラミハエル・シューマッハで – フォーミュラ1-内に新しい成り上がりタレントとしてこの車を修飾二最速のトリプル世界チャンピオンアイルトン・セナのウィリアムズ・ルノーと一緒にスターティンググリッドの最前列に。モーターレースの歴史悲劇的なレコードとして、レースを停止し、アイルトン・セナの生命を奪った死亡事故後に再起動し、プラス毎時180マイルにで自分の車を犯した先にセナとシューマッハのようなこのベネトンB194の見栄えのノーズコーンの単なるヤードを発生しましたTamburelloカーブ。再起動後ミハエル・シューマッハは、第六の膝の上ゲルハルト・ベルガーの工場フェラーリからリードを奪いました。シューマッハは彼のピットが停止作ったときの短い期間のためにフェラーリの二文字列ドライバニコラ・ラリーニはリードを継承したが、若いドイツ人はすぐに彼の優位性を再アサートし、グランプリの残りの部分を支配するようになりました。実際、このベネトンB194は、最も悲劇的な状況では、ほとんどの愛好家が想像できるにもかかわらず、彼の8世界選手権ラウンド勝利その季節の最初で、その若々しいドライバを提供し、第二に置かフェラーリから50secsの上で勝利しました。

モナコGPミハエル・シューマッハやマクラーレンのミカ・ハッキネンの予選では、このベネトンB194が決闘に勝利して、ポールポジションのために戦いました。ドイツの星はすぐにデイモン・ヒルのウィリアムズと絡まっハッキネンからの脅威を明確に引っ張って、彼の慣習の良いスタートを切りました。これは、すべての追っ手のウェル透明ミハエル・シューマッハを去り、彼は午後の残りの部分に向かうことはないだろう…

レース中盤ではオイルはコーナーを捧げるのSteでこぼしました。 B194-05でのシューマッハは、ここに提供されるスライドしてほぼ障壁を打つが、さらにアラームなしに、彼はいくつかの37秒マーティン・ブランドルのマクラーレンプジョーから勝つために公国の周りに引き裂きました…

カナダGPさらにルール変更がイモラ事故の結果として適用されたために、チームはポンプの燃料を使用しなければならないという決断最も重要。それまで彼らは沿道サービスステーションで使用可能な通常のガソリンとは関係を退屈しない特別に調合 “ロケット燃料」を使用していました。

この変更は、まだ別のポールポジションを取るためにフェラーリドライバージャン・アレジとゲルハルト・ベルガーによって設定された時間を良化」B194-05」に様々なリーディングチームの車とミハエル・シューマッハの相対的なパフォーマンスに劇的な効果を持っているように見えました。

レースでトップ3を維持グリッド順とミハエル・シューマッハを開始彼の後ろアレジが離れて彼のチームメイトバーガーからエッジに始めながら、しっかりとコントロールを維持し、オーストリアが彼の後ろクルサードとヒルを維持するために懸命に仕事を持ちます。

雨はレース中盤に落下始めたが、シューマッハと彼の慎重に準備ベネトンB194は、トラック条件にかかわらず、驚くべきペースを表示し、正式にデイモン・ヒル、ジャン・アレジとゲルハルト・ベルガーウォン – ドイツ星の手にベネトン・コスワースフォードの完全な支配を主張しましたウィリアムズ・ルノーとフェラーリが提供できることのベスト。

ミハエル・シューマッハが「B194-05」で3位だったしながら、3週間後、マニクールでのフランスGPの予選は、デイモン・ヒルが劇的なポールポジションを取るために彼のチームリーダーナイジェル・マンセルのウィリアムズ・ルノーの時間を破った脈動決定セッションを見ました行2の内側に最速。

ライトが合図のようにしかし、それはホットで若い英国人との直接のリードを取るために2つのウィリアムズ・ルノーFW16sの間、そのなめらかな鼻をすり割り、単に素晴らしい休暇をした人、この、緑、青と白-liveriedベネトンB194でシューマッハだっ開始マンセルのような追求は、第三、後退しました。マンセルは、いくつかのドライバは、2つの注文が減退し、流れたために行く3が停止し、他の人を計画してラップ18上の新しいタイヤのためにピットに入ったまではフロントまでこの順序は安定していました。ラップ37でシューマッハがリードでヒルを残して彼の2回目のピットストップのためにピットレーンに総なめにしました。しかし、再結合した後、5周以内に、シューマッハは再びヒルの尾にありました。

デイモン・ヒルはその後、その後、ウィリアムズ・ルノーから13secsによって、今シーズンの4番目の勝利を記録するために家「B194-05」ごろごろ、シューマッハのベネトンの後ろに彼の2回目のピットストップと再結合し20secsを作りました。このF1カーもシーズンはバルセロナでとデイモン・ヒルのウィリアムズ・ルノーFW16によりシルバーストンで両方向かっされ、両方のスペインと英国のGP第二終了することをミハエル・シューマッハによるものでした。

車の1994年シーズンの世界選手権ポイントが得点、したがって、ミハエル・シューマッハは、その年彼の全体のタイトルを受賞したキャンペーン期間中に蓄積された92のうち46よりも少ないとなりましたありません。ミハエル・シューマッハのキャリアの中で重要性の観点から、ここで「B194-05」をライバルことができる唯一の​​車が、彼は開口部に彼の7番目と最後の世界の5グランプリレースを受賞したと2004年フェラーリシャーシ「234」であることが指摘されています選手権を受賞したレースシーズン。

1994年シーズンの終了後、「B194-05 ‘は、それがいくつかの静的ディスプレイから離れた安全な除湿されたストレージに保持したエンストン、オックスフォードシャー州にあるベネトンの基部に保持されました。 2000年、ベネトンチームはルノーに売却され、その2年後、正式に「ルノーF1チーム」として再ブランド化しました。この車は、一緒に他の人の数と、それは静的にスピードのグッドウッドフェスティバルで展示された「B194-05」その年の7月では2008年1月に現在の所有者が購入した人からのマシュー・モートロック、に2000年に売却されました。

2008年の終わりに、その再構築には、すべてのサスペンション部品、リムと翼の亀裂試験に続いてストリップダウンし、検査で開始しました。すべてのサスペンションアップライト、ドライブシャフト、マスターシリンダー、ギアボックスとダンパーは完全に再建されました。 2009年にラングフォードパフォーマンスエンジニアリングは完全にそれが動力計テストされた後に、新しいピストン、バルブ、バルブスプリング、ベアリング、でエンジンを再構築。一方、バンベリーの歴史フォーミュラ1カー専門家チームアスカリは新しいフロントブレーキキャリパーを装着し、新しい燃料タンク。新しいエンジンスターター、バッテリートロリーと給湯器。新しいカーボンクラッチ(ティルトン)。 ECUとハーネス、シャーシ織機、エンジン織機(Pectelとヴァイパーエレクトロニクス)およびダッシュボード(GEMS)を含む更新された電子機器。そして、新たなパドルシフトシステム(Equipmake)、工事の約800時間を消費するプロセス。

フレッド・ゴダードレーシング株式会社は、最終組立とテストに着手し、2010年の終わりにベネトンはロンダ、スペインのアスカリレースリゾートに出荷されました。 2011年に車が(ボナムズのためのビデオ、写真、撮影ランが今年の初めに完成した2012年にテストの更なる10周で、最終的なエンジンマッピングのテストおよび電子機器のセットアップを数周を完了www.bonhams.com /ベネトン)。

元の1994マイルドセブンカラーリングに提示、このベネトン・コスワースフォードB194は骨の折れる復元2年以上の次の完全な走行状態でここに提供されており、レース準備として、ベンダーによって記述されています。車は完全に再構築コスワース・フォード・コスワース・Zetec-Rエンジン、新鮮なギアボックスと近代的な高速パドルシフトギアチェンジシステムとここに提供されています。

販売のために提案されたパッケージには、スペアと完全なピット機器とのレース準備の車が含まれています。その輝かしいとして、新しい歴史が示唆しているとしてそれは、あらゆる点で行わ車ボナムズ「カメラチームのためにそこロンダ、スペインでの現在のホームベース、アスカリ人種リゾートで販売後のテスト機会を提供し、最近に動作しています – 完璧に。

これは、あらゆる点で最近の歴史の最も重要なグランプリレーシングカーの一つです。そのレコードは、その最高の歴史的重要性を確認し、世界記録破り、7回のフォーミュラ1世界チャンピオンドライバーミハエル・シューマッハの長い、長い現場のレースキャリアの中で育った任意のコレクタ/愛好家のためにこれは完璧な象徴的な目玉である、彼の最初の世界選手権優勝車。私たちは、最も近い検査と検討をお勧めします。

The ex-Michael Schumacher, 1994 FIA Formula 1 World Championship-Winning
Benetton-Cosworth Ford B194 Formula 1 Racing Single-Seater
Chassis no. B194-05
FOOTNOTES
Only very occasionally during its entire history has the Bonhams motoring department – undeniably the world’s most widely experienced classic and Historic racing car auction house – had the opportunity to offer a ‘modern-era’ World Championship-winning Formula 1 car of the stature embodied within the remarkable – and fully operable – machine we now present here.

This exquisitely well-presented 1994 Benetton-Cosworth Ford B194 is the very car in which living legend Michael Schumacher – seven-times Formula 1 World Champion Driver – amassed the highest points score of any of the individual works team chassis in which he competed during that so-momentous racing season. Importantly, this was the first and therefore his most significant World Championship.

Chassis ‘B194-05′ offered here was used by the great German superstar driver to score four World Championship-qualifying Grand Prix race wins and to add two further second-place finishes.

This car as prepared and rebuilt from race to race employs the actual monocoque fuselage in which Michael Schumacher won the 1994 Grand Prix of San Marino at Imola, plus the Canadian Grand Prix on the Ile Notre Dame circuit at Montreal, the Monaco Grand Prix around the streets and quaysides of Monte Carlo, and in the French Grand Prix at Magny-Cours.

At Imola Michael Schumacher – as the new upstart talent within Formula 1- qualified this car second-fastest on the front row of the starting grid alongside triple-World Champion Ayrton Senna’s Williams-Renault. As motor racing history tragically records, the race was stopped and restarted after the fatal accident which took Ayrton Senna’s life, and which occurred mere yards ahead of this Benetton B194’s shapely nose cone as Senna and Schumacher had committed their cars at 180mph-plus into the Tamburello Curve. After the restart Michael Schumacher took the lead from Gerhard Berger’s factory Ferrari on the sixth lap. For a brief period when Schumacher made his pit stop Ferrari’s second-string driver Nicola Larini inherited the lead but the young German quickly reasserted his superiority and went on to dominate the remainder of the Grand Prix. In fact this Benetton B194 won by over 50secs from the second-placed Ferrari, providing its youthful driver with the first of his eight World Championship round victories that season, albeit in the most tragic circumstances most enthusiasts could imagine.

In qualifying for the Monaco Grand Prix Michael Schumacher and McLaren’s Mika Hakkinen fought for pole position, with this Benetton B194 winning the duel. The German star made his customary good start, pulling clear of any threat from Hakkinen who soon tangled with Damon Hill’s Williams. This left Michael Schumacher well clear of all pursuers and he would not be headed for the rest of the afternoon…

In mid-race oil was spilled at Ste Devote corner. Schumacher in B194-05 offered here slid and nearly hit the barrier, but without further alarms he tore on around the Principality to win from Martin Brundle’s McLaren-Peugeot by some 37 seconds…

For the Canadian Grand Prix further rule changes were applied as a result of the Imola accidents, the most significant being the decision that teams must use pump fuel. Until then they had used specially formulated ‘rocket fuel’ which bore no relation to ordinary gasoline available at the roadside service station.

This change seemed to have a dramatic effect on the relative performance of various leading team cars and Michael Schumacher in ‘B194-05′ only just bettered the times set by Ferrari drivers Jean Alesi and Gerhard Berger to take yet another pole position.

At race start the top three maintained grid order and Michael Schumacher maintained firm control while behind him Alesi began to edge away from his team-mate Berger, the Austrian having to work hard to keep Coulthard and Hill behind him.

Rain began falling at mid-race but Schumacher and his carefully prepared Benetton B194 displayed remarkable pace regardless of track condition and duly won from Damon Hill, Jean Alesi and Gerhard Berger – the Benetton-Cosworth Ford in the German star’s hands having asserted complete dominance over the best that Williams-Renault and Ferrari could provide.

Three weeks later, qualifying for the French GP at Magny-Cours saw a pulsating deciding session in which Damon Hill beat his team leader Nigel Mansell’s Williams-Renault time to take a dramatic pole position, while Michael Schumacher in ‘B194-05′ was third fastest on the inside of row two.

But as the lights signaled the start it was Schumacher in this green, blue and white -liveried Benetton B194 who made a simply amazing getaway, slotting its sleek nose between the two Williams-Renault FW16s to take an immediate lead with the younger Briton in hot pursuit as Mansell fell back, third. This order up front remained stable until Mansell went into the pits for new tyres on lap 18. With some drivers planning three stops and others going for two the order ebbed and flowed. On lap 37 Schumacher swept into the pitlane for his second stop leaving Hill in the lead. But after rejoining, within five laps, Schumacher was on Hill’s tail again.

Damon Hill then made his second pit stop and rejoined 20secs behind Schumacher’s Benetton, ‘B194-05′ purring home thereafter to record its fourth victory of the season, by 13secs from the Williams-Renault. This Formula 1 car was also driven by Michael Schumacher that season to finish second in both the Spanish and British GPs, being headed both at Barcelona and at Silverstone by Damon Hill’s Williams-Renault FW16.

The car’s 1994 season World Championship points score, therefore, totaled no fewer than 46 out of the 92 that Michael Schumacher accumulated during his entire title-winning campaign that year. It has been pointed out that the only car which could rival ‘B194-05′ here in terms of importance in Michael Schumacher’s career is the 2004 Ferrari chassis ‘234’ with which he won the opening five Grand Prix races of his seventh and final World Championship-winning racing season.

After the conclusion of the 1994 season, ‘B194-05′ was retained at Benetton’s base at Enstone, Oxfordshire where it was kept in secure dehumidified storage apart from a few static displays. In 2000, the Benetton team was sold to Renault, and two years later was officially re-branded as the ‘Renault F1 Team’. This car, together with a number of others, was sold in 2000 to Matthew Mortlock, from whom it was purchased by the current owner in January 2008. In July of that year ‘B194-05′ was statically exhibited at the Goodwood Festival of Speed.

At the end of 2008 its rebuild commenced with a strip down and inspection followed by crack testing of all suspension parts, rims and wings. All suspension uprights, drive shafts, master cylinders, gearbox and dampers were fully rebuilt. In 2009 Langford Performance Engineering completely rebuilt the engine with new pistons, valves, valve springs and bearings, after which it was dynamometer tested. Meanwhile, historic Formula 1 car specialists Team Ascari of Banbury fitted new front brake calipers; a new fuel tank; new engine starter, battery trolley and water heater; new carbon clutch (Tilton); updated electronics including ECU and harness, chassis loom, engine loom (Pectel and Viper electronics) and dashboard (GEMS); and a new paddle shift system (Equipmake), a process that consumed approximately 800 hours of engineering work.

Fred Goddard Racing Ltd undertook final assembly and testing, and at the end of 2010 the Benetton was shipped to the Ascari Race Resort in Ronda, Spain. In 2011 the car completed a few laps of testing for final engine mapping and setting up the electronics, with a further ten laps of testing in 2012. A video and photo-shoot run for Bonhams was completed earlier this year (www.bonhams.com/benetton).

Presented in its original 1994 Mild Seven livery, this Benetton-Cosworth Ford B194 is offered here in complete running condition following more than two years of painstaking restoration, and is described by its vendor as race-prepared. The car is offered here with a completely rebuilt Cosworth-Ford Zetec engine, a fresh gearbox and a modernised high-speed paddle-shift gear change system.

The package proposed for sale includes a race-ready car with spares and complete pit equipment. It is offered with a post-sale testing opportunity at its current home base, the Ascari Race Resort in Ronda, Spain, and in recent running there for Bonhams’ camera team the car performed in every respect as its illustrious as-new history would suggest – to perfection.

This is in every respect one of the most significant Grand Prix racing cars of recent history. Its record confirms its supreme historical importance, and for any collector/enthusiast who grew up during the long, long frontline racing career of world record-breaking, seven-time Formula 1 World Champion Driver Michael Schumacher, this is the perfect iconic centerpiece, his first World Championship winning car. We recommend the closest inspection and consideration.

http://www.bonhams.com/auctions/20934/lot/32/

関連記事

Ford Mustang Cabrio

Ford Mustang Cabrio 503万円

車両価格:€39,500 などの新しい「パーチメントクリンクルビニール「豪華なインテリ

記事を読む

Ford Fiesta ST Race Car Track Day Rally Modified

Ford Fiesta ST Race Car Track Day Rally Modified 168万円

車両価格:£9,250 フォードフィエスタSTレースカー(2005) エンジンは

記事を読む

F1 BMW Williams FW22

F1 BMW Williams FW22  ASK

車両価格:ASK Description: F1 BMW Williams FW22

記事を読む

1-650x420

アイルトンセナ TOLEMAN-HART F1 1億8255万円

車両価格:£1,000,000 The Monaco Grand Prix,

記事を読む

Ford RS200

Ford RS200 4653万円

車両価格:£245,000   Amidst the rise of

記事を読む

1993 Footwork Arrows FA14

1993 Footwork Arrows FA14 ¥SOLD

車両価格:SOLD 1993 Footwork Arrows FA14 complet

記事を読む

Ford Escort RS1600 very rare LHD

Ford Escort RS1600 very rare LHD 1242万円

車両価格:€85,000   Description: very r

記事を読む

Cape Cobra GT40 track-car, 2005.

Cape Cobra GT40 track-car, 2005. ¥ASK

車両価格:ASK この特定の車はケープコブラ車SA、主にコブラの南アフリカではよく知ら

記事を読む

IMG_3355

1970 Ford Escort RS1600 1278万円

車両価格:£79,995 非常に成功したRS1600レース/ラリーカー... こ

記事を読む

2014 Ford Cobra Jet 5.0L Supercharged

【ebay】2014 Ford Cobra Jet 5.0L Supercharged

2014 Ford Mustang Cobra Jet 5.0L Supercharged

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク