*

PR

1910 Mercedes 45hp 4-Seat Tourabout 1億1802万円(SOLD)

公開日: : メルセデスベンツ

image

<スポンサーリンク>

Sold for US$ 1,100,000

1910メルセデスの45hp 4-シートTourabout
シャーシがありません。 7686
エンジンがありません。 10288
6,785cc T-ヘッド4気筒エンジン
シングルキャブレター
1,100rpmで45bhp
4速マニュアルトランスミッション、チェーンドライブ
ライブリアアクスルと4輪半楕円リーフスプリング
リアドラムブレーキ

*有名な高品質の自動車
*米国に新しい配信
*以前は有名なコレクターリチャードC.パイネジュニアが所有しています
*プライベートヨーロッパの美術館のコレクションから提供されます
穏やかな緑青を示す*楽しい古い復元
メルセデス・シンプレックス

十分な本を埋めるためにゴットリープ・ダイムラー、ヴィルヘルム・マイバッハとそのメルセデスの自動車について書かれています。カール・ベンツが最初のシリーズ生産内燃機関車の信用を与えている間に、ダイムラーとマイバッハは、自動車の商業性を実証したとダイムラーMOTORENゲゼルシャフトの製品は世界全体で有名されるまで、洗練開発し、それを改善し続け、その品質と性能。

最初の量産型4気筒エンジンとインライン8気筒を含む概念のラッシュは、投資家を受け入れるために彼を強制的に、ダイムラーの資本を消費するように、それは、簡単ではありませんでした。彼らはすぐにすぐに左マイバッハと衝突しました。年以内であってもダイムラーは、彼の名を冠した会社を放棄したが、2つは徐々に彼の責任を引き継いだポールとアドルフ・ダイムラー、ゴットリーブの息子と一緒に、3年後に返すように説得しました。

マイバッハだけ年後に多作マイバッハは、主にはるかに軽いエンジンを彼らの改善を強調するために、メルセデス・シンプレックス命名したメルセデス車の再設計シリーズを発表1901年にメルセデスの導入のために大きな役割を果たし、デザイナー、イノベーターであり続けまた、重さと複雑さを低減し、冷却を改善しました。メルセデス・シンプレックスモデルは、企業に新たな可視性をもたらし、大成功でした。

5つのモデルは、18 / 22hpから大規模な60HPの巨獣に至るまで、ありました。米国ではウィリアム・キッサム・ヴァンダービルトよりも少ない人物が彼のメルセデス・シンプレックス(「レッドデビル」)のホイールの後ろにロングアイランド、ニューポートおよびマサチューセッツ州の道路上悪名高い光景がなかった一方でカウントZborowskiのような裕福なスポーツマンは、顧客となりました。

ヴァンダービルトの経験が示すように、最速の最大未満何も、と裕福なアメリカ人があった、最も豪華な自動車が十分であった、とアメリカのメルセデスの所有者のリストが紳士録のように読み始めました。バーナード・バルーク、ヘンリークレイフリック、アイザック・グッゲンハイム、ハリー・ペイン・ホイットニー、と大佐ジョン・ジェイコブ・アスター – すべてはメルセデスシンプレックス所有者として自分自身を数えました。 1906メルセデスはそれが同社の長年の代理人、ピアノ作りの家族のウィリアム・スタインウェイで表されたタイムズスクエアに独自のショールームを持っていました。

マイバッハのデザインは重い現代の競合他社よりも優れたパフォーマンスを確保するために、可能な限り軽量化したものの車は、最高級の素材で造られました。

DIF-差動のクロス軸上の二重後輪駆動チェーンを持つユニットで4速マニュアルトランスミッションと4気筒T-ヘッドエンジンを搭載したメルセデス・単体は、品質、区別と性能のマシンでした。メルセデスの思慮深いデザインにより付与重量の優位性から最大の利益を得るために、彼らは頻繁に疎が、それでも豪華な自動車の車体に取り付けました。
提供される自動車

メルセデスの工場出荷時の記録によると、エンジン番号10288とカーナンバー7686は、彼らのドイツ語の作品から出荷されたと自動車の車体の準備ができて完全なローリングシャーシとして1910年1月に米国のディストリビューターで到着しました。この期間では、上述したように、そのエージェントは、そのベースはニューヨークエリアで選択する最初の所有者のために利用できるようにブリュースター、ホルブルック、およびロスチャイルド・アンド・カンパニーとしての可能性が高いコーチビルダー、の全体のホストを許可していたウィリアム・スタインウェイ、でしたから。

米国での自動車の歴史の後続のレコードは、メルセデスでは存在しませんが、車は1950年代後半に東海岸にScher社に買収されたと考えられているので、車が国のその領域に存在していることが十分に可能です新しいから。 1958年と1960年に、博士Scher社は7分の1906メルセデス45のためのキャブレターのためのアンティークの自動車でアドバタイズそれは彼がその時代にこの車を復元可能性が高いと思われるので、「オリジナルでなければなりません」。

メルセデスは博士Scherのはリチャード・C.パイネジュニアに彼のマルチカーの販売を締結し、それが明確にその販売の41の車のリストにその契約の一部として表示されている1960年代半ば、によって再びショー状態に確かにありま​​した、「完全復元」としてではなくAACAまたはトランザクションに含まれる他の車で行く他の賞の記録なし説明。それはまだ博士Scher社の様式化された「S」のモノグラムで飾られています。

車は2007年に亡くなるまでパイネのコレクションに残って、それが現在の所有者に渡されたときに、その後、当社の2008年9月フクロウヘッド、メイン州のオークションでボナムズで販売されていました。この管理権では、車はメルセデスの工場SSスポーツツアラーと並んでドイツのバーデンバーデンのカジノを含め、限られた使用、および臨時のディスプレイを見ています。

1910メルセデス45hp 4人乗りTouraboutは、一度にアメリカで顧客をスポーツに好まれる高性能4人乗り自動車の種類の見事な例です。これは、栗色の車台とボディーアクセントとベージュで仕上げ、美しい深いタフト革張りとベージュの布トップによって強調されています。これは、ゲルハルトブルズアイ灯油ヘッドライト、sidelampsとテールライト、デュアルリアのスペア、革覆われた上部フレーム、blackwallタイヤと真鍮のトランペットホーンを備えています。その45hpエンジンの付勢力に対抗するためには、靴の後輪ドラムブレーキを拡大して設けられています。もちろん、右ハンドル車です。

限り、この車はコレクタ車の世界で知られているとして、それが今日着てスタイリッシュな「ダブル・ロードスター」自動車の車体を着用しています。 1908-1910期間のこのファッショナブルでスポーティなボディスタイルは、通常、一日の究極の高性能マシン用に予約されていました。ヒーリー・アンド・カンパニー、メルセデス車のために好まコーチビルダーの一つは、二重ロードスタースタイルの特に好きだったし、メルセデスのモーターショーの表示車のための多くの遺体を構築しました。他の著名なアメリカのスポーツのコーチビルダークインビーとホルブルックも多数ダブルロードスター体を生産しました。トーマス・フライヤーは、二重ロードスターと同様にシンプレックスを提供しました。今日シンプレックスダブルロードスターの有名なと見事な例では、クリーブランド・ウェスタン・リザーブ博物館で生き残っています。

体の精密検査が一致したバケットシートは確かに期間項目と高品質の構造であることが明らかになりました。敷居の仕事の多くは古く、おそらくオリジナルです。ステアリングボックス角が新しいと変速レバーの位置が変更されていないから変わらずに見えます。フロアボードとシートライザ構造の多くは、新規または大部分が再構築に見えます。車上bracketryの多く。特にスペアタイヤエリアに古いか非常に本格的な再生のいずれかです。

フェンダーは、単純なフラットパネルですが、独特の前面にフレアと劇的な効果のために後方にまっすぐ水平に続けました。疎自動車の車体は、パフォーマンスと目的の雄弁な陳述をする、これは、道路上侮れない自動車であることは間違いありません。

これは、時間の最高の品質と最も洗練されたデザインの例外的な自動車です。その巨大なメルセデス・シンプレックスエンジンから45馬力で、それは持続的な高速で楽に巡航ます。慎重に最近ではオーバーをチェックして再起動し、車が順番に実行している中で、現在ですが、完全にツーリングや使用する前にrecommissionedする必要があります。達成すると、それは間違いなくツアーやイベントのために非常に楽しいし、やりがいの車を作りません。その希少性、品質、スタイル、緑青はショーやコンクールで歓迎の参加者になります。それは、1950年代と1960年代初頭の回復基準の素晴らしい例であり、ほぼ準備ができている45hpのメルセデスを使用し、誇りと自信を持って楽しむことができます。

以前は博士サミュエルScher社とリチャードC.ペイン、ジュニアの階のコレクションから、このメルセデスの出所は、非の打ちどころのないですし、これらの二つの特別なコレクターの間で楽しんで所有権の経験を共有する貴重な機会を提供します。

1910 Mercedes 45hp 4-Seat Tourabout
Chassis no. 7686
Engine no. 10288
6,785cc T-Head 4-Cylinder Engine
Single Carburetor
45bhp at 1,100rpm
4-Speed Manual Transmission, Chain Drive
4-Wheel Semi-Elliptic Leaf Springs with Live Rear Axle
Rear Drum Brakes

*Renowned high quality automobile
*Delivered new to the U.S.
*Formerly owned by famed collector Richard C. Paine Jr.
*Offered from Private European Museum collection
*Delightful older restoration showing gentle patina
The Mercedes-Simplex

Enough has been written about Gottlieb Daimler, Wilhelm Maybach and their Mercedes automobiles to fill a book. While Karl Benz is given credit for the first series-produced internal combustion vehicle, Daimler and Maybach, demonstrated the commercial viability of the automobile and continued to refine, develop and improve it until the products of Daimler Motoren Gesellschaft were renowned throughout the world for their quality and performance.

It wasn’t easy, as a rush of concepts including the first mass-produced four-cylinder engine and an inline eight-cylinder consumed Daimler’s capital, forcing him to accept investors. They quickly clashed with Maybach who soon left. Within a year even Daimler abandoned his eponymous company but the two were persuaded to return three years later, along with Paul and Adolf Daimler, Gottlieb’s sons, who gradually took over his responsibilities.

Maybach continued to be the designer and innovator, largely responsible for the introduction of the Mercedes in 1901. Only a year later the prolific Maybach introduced a redesigned series of Mercedes cars which were named Mercedes-Simplex to highlight their improvements, primarily a much lighter engine and improved cooling which also reduced weight and complexity. The Mercedes-Simplex models were a great success, bringing renewed visibility to the company.

There were five models, ranging from 18/22hp to a massive 60hp behemoth. Wealthy sportsmen like Count Zborowski became customers, while in the United States no less a personage than William Kissam Vanderbilt was a notorious sight on the roads of Long Island, Newport and Massachusetts behind the wheel of his Mercedes-Simplex (“Red Devil”).

As Vanderbilt’s experience shows, there were wealthy Americans to whom nothing less than the largest, fastest, most luxurious automobile was sufficient, and the list of American Mercedes owners began to read like the social register. Bernard Baruch, Henry Clay Frick, Isaac Guggenheim, Harry Payne Whitney, and Colonel John Jacob Astor – all counted themselves as Mercedes-Simplex owners. By 1906 Mercedes had its own showroom in Times Square where it was represented by the company’s longtime agent, William Steinway of the piano-making family.

The cars were built of the finest materials, though Maybach’s designs were as lightweight as possible to ensure performance superior to heavier contemporary competitors.

Powered by four-cylinder T-head engines with 4-speed manual transmissions in unit with the dif-ferential on the cross-shaft to the double rear wheel drive chains, the Mercedes-Simplexes were machines of quality, distinction and performance. In order to get the maximum benefit from the weight advantage conferred by Mercedes’ thoughtful design they were frequently fitted with sparse but still luxurious coachwork.
The Motorcar Offered

According to Mercedes factory records, Car Number 7686 with engine number 10288 was shipped from their German works and arrived with the U.S. Distributor in January 1910 as a complete rolling chassis ready for coachwork. In this period, as noted above, that agent was William Steinway, whose base in the New York City area would have permitted a whole host of likely coachbuilders, such as Brewster, Holbrook, and Rothschild & Co. available for its first owner to choose from.

Subsequent records of the car’s history in the US do not exist with Mercedes, but because the car is thought to have been bought by Scher on the East Coast in the late 1950s, it is quite possible that the car existed in that region of the country from new. In 1958 and 1960, Dr. Scher advertised in The Antique Automobile for a carburetor for a 1906/7 Mercedes 45 ‘must be original’, so it seems likely that he restored this car in that era.

The Mercedes was certainly in show condition again by the mid-1960s, when Dr. Scher concluded his multi-car sale to Richard C. Paine Jr. and it is clearly listed as being part of that deal on the 41 car listing of that sale, described as “Completely restored” but without a record of AACA or other awards which go with other cars included in the transaction. It is still adorned with Dr. Scher’s stylized “S” monogram.

The car remained in Paine’s collection until his death in 2007 and was subsequently sold by Bonhams at our September 2008 Owls Head, Maine auction when it passed to the current owners. In this custodianship, the car has seen limited use, and occasional display, including at the Casino in Baden-Baden in Germany alongside a Mercedes Factory SS Sports Tourer.

The 1910 Mercedes 45hp Four-Seat Tourabout is a stunning example of the kind of high performance four-seat automobile preferred by sporting customers in America at the time. It is finished in beige with a maroon undercarriage and body accent and highlighted by beautiful deep tufted leather upholstery and a beige cloth top. It features Gerhardt bullseye kerosene headlights, sidelamps and taillight, dual rear spares, leather covered top frame, blackwall tires and a brass trumpet horn. To counter the urge of its 45hp engine it is provided with expanding shoe rear wheel drum brakes. It is, of course, right hand drive.

As long as this car has been known in the collector car world it has worn the stylish “Double Roadster” coachwork it wears today. This fashionable and sporty body style of the 1908-1910 period was typically reserved for the ultimate high performance machines of the day. Healey & Co., one of the favored coachbuilders for Mercedes cars, was particularly fond of the double roadster style and built many bodies for Mercedes motor show display cars. The other prominent American sporting coach builders Quimby and Holbrook also produced numerous double roadster bodies. Thomas Flyer offered a double roadster as well as Simplex; today a famous and stunning example of a Simplex double roadster survives at the Western Reserve Museum in Cleveland.

Close examination of the body reveals that the matched bucket seats are certainly period items and of high quality construction. Much of the sill work is old and likely original. The steering box angle looks unchanged from new and the gear change lever locations have not been altered. The floor boards and much of the seat riser structure looks new or largely rebuilt. Much of the bracketry on the car. particularly in the spare tire area is either old or an unusually authentic reproduction.

The fenders are simple flat panels, but distinctively flared at the front and continued horizontally straight out at the rear for a dramatic effect. The sparse coachwork makes an eloquent statement of performance and purpose and there is no doubt that this is an automobile to be reckoned with on the road.

This is an exceptional automobile of the highest quality and most refined design of the time. With 45 horsepower from its huge Mercedes-Simplex engine it will cruise effortlessly at sustained high speeds. Carefully checked over in recent times and restarted, the car is presently in running order, but should be fully recommissioned prior to touring and use. When accomplished, it will no doubt make a very enjoyable and rewarding car for tours and events. Its rarity, quality, style and patina will make it a welcome participant in shows and concours. It is a wonderful example of the restoration standards of the 1950s and early 1960s, a 45hp Mercedes that is nearly ready to be used and enjoyed with pride and confidence.

Formerly from the storied collections of Dr. Samuel Scher and Richard C. Paine, Jr., the provenance of this Mercedes is impeccable and presents a rare opportunity to share the ownership experience enjoyed by these two extraordinary collectors.

 

http://www.bonhams.com/auctions/20994/lot/180/

関連記事

1996 Mercedes-Benz C-Class DTM Competition Saloon

€350,000 - 450,000 JPY 46 million - 59 millio

記事を読む

1990 Mercedes-Benz 190 E 2.5-16 Evolution II

登録:TO シャーシ番号:WDB2010361F738656 エンジン番号:00048

記事を読む

1955 Mercedes-Benz 300 SL Gullwing

予想価格:$1,100,000 - $1,500,000 215馬力(DIN)、

記事を読む

Mercedes McLaren SLR 3289万円

車両価格:£179,950 ローマ人は「シルバーアローレッドレザー'で「クリスタルガラ

記事を読む

2009 Mercedes-Benz SLR McLaren 8371万円

車両価格:$699,950 2009 Mercedes-Benz SLR McLare

記事を読む

メルセデスベンツ 190SL 2174万円

車両価格:€167,500 Category Cabrio/Roadster

記事を読む

メルセデスベンツ SLRマクラーレン 722エディション ディーラー車 ¥ASK

車両価格:ASK ブラックアルカンタラ(レッドステッチ) AT フル装備 左H ディー

記事を読む

MERCEDES-BENZ 300SL Roadster (Cabriolet) 1億8915万円

車両価格:1'450'000スイスフラン Inverkehrsetzung 03.196

記事を読む

2014 AMG SLS GT3 3653万円

車両価格:€270,000 Description: Sold as a 2014

記事を読む

2012 Mercedes-Benz SLS Jetstream FAB ¥ASK

車両価格:ASK Details Make Mercedes-Ben

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク