*

PR

1972 Lancia Stratos Stradale 2832万円(SOLD)

公開日: : ランチア ,

image

<スポンサーリンク>

Sold for US$ 264,000

納屋の検索
1972ランチアストラトスStradale
ベルトーネによって自動車の車体
シャーシがありません。 829ARO 001941
2418ccのV-6エンジン
7,000rpmで192bhp
5速マニュアルトランスミッション
4輪独立サスペンション
4輪ディスクブレーキ

*事実上元は、のように送達さ
*新しいから約5万キロ
1998年以来、ストレージに駐車*長期所有権、
*完全かつ健全な、交感神経復元の準備ができて
*レア「Stradale」バージョン
ランチアストラトス

ランチアストラトスは多くのものである – それらの間で、史上最も成功したラリーカーの1、これまで生産最も貴重なLanciasの1、挑戦と困難な車を運転するために、共有する巧妙な企業の部品の一例であり、道路のための宇宙船。すべてのことは本当ですが、それは完全な話をしていません。ホモロゲーションのために構築され、ランチアストラトス」Stradale」や「通り」のモデルは、「ラリー」やレーシングバージョンで見られるのと同じ2.4リッターフェラーリディーノV-6を使用しますが、曲の著しく低い状態インチでも「だけ」192馬力で、ストラトスStradaleの軽量、未満2200ポンドは、くさび形のロケットは、いくつかの毎時140マイルの最高速度に向かう途中で、5秒未満で0-60 MPHから加速助けました。

記録保持が正確に和解することは困難であるが、すべての亜種の約492ランチアストラトスモデルは車の簡単な製造運転中に構築されたものと考えられます。多くはいずれかであったレース、クラッシュした、またはその両方が、それは多くの存続の例は、特にStradaleの変異体、残っているかを知ることは不可能です。正確な数は不明であるが、多くのストラトスの組み込みと「Stradale」モデルが長年にわたって競争のために変更されてのいずれか、またはグループ4ラリーレプリカになっているとして配信。
提供される自動車

新しいからほぼ完全に元の状態に無傷で生き残る非常に少数のStradale例が確かにありま​​す。これは、1つのそのような車です。このストラトスはもともと歴史的にランチアの最高の輸出市場の1、ドイツで提供されていました。これは、その年の11月に、カリフォルニア州の居住者であった英国の市民、後半に1982年に米国に輸入し、ベンダーによって購入されました。彼はアルバカーキでストラトスの配信を取り、鮮やかサンフランシスコ、山の中で最も深いモハーヴェ砂漠でアロヨスだけでなく、雪の両方を通って彼を連れて行った旅行に車で家に帰るをリコール。

すべての条件では、ランチアは、パイロットにスリルでした。彼は多くの場合、時折インターステートに、時にはパシフィック・コースト・ハイウェイ上で、サンフランシスコの自宅やサンタバーバラの彼の牧場間で通勤する車を使用しました。彼の家族が成長し、その他の義務は彼が海外でより多くの時間を費やして見られるように、ストラトスは最終的に、1998年6月中の牧場でストレージに行き、少なくを使用しました。

ストラトスは開始またはその時間以降に実行するがボナムズの専門家による最近の検査で、体は非常に健全な状態であるように思われ、それが機械的に完了していません。オドメーターは、検査時に50116キロ(31072マイル)を読み、ランチアは、元の布の代わりに革にreupholsteredされて1982年より前のある時点で持っていた席を除いて、すべての工場配信終了と詳細を示しました、アフターマーケットギアシフトノブと一緒に。ステッカーカリフォルニアの自動車修理の局は「これらの車のいずれも正式に米国に持ち込まれなかったとして、インポート時にその連邦化を証明するドア枠にあるように必要なドイツ語のデータプレートが整備されています。

総再試運転は、車の前に必要とされるであろう、再び実行され、それが賢明ではなく、絶対にすべての機械システムが完全に安全にこのスーパーカーのパフォーマンス能力を活用するために開始する前に再構築し、リフレッシュすることが必要になるだけではなく。ストラトスは、驚くべきことに、使用可能な車であることができます。それは、それが非常に正確に配置することができるように、大きな前方視界を有しています。そこラゲージルームの良い取引が背面にあり、コックピットもドアでヘルメットポケットに十分な余裕のおかげを持っています。

適切にソートすると、その日に、彼らは長く、厳しいラリーステージで信頼性があるために、必要に応じて、それらは、機械的にも驚くほどおっとりしています。

ランチアストラトスは、すべての時間古典的な専用のラリーカーの一つとして認められています。配信として、主にタイムワープである希少Stradaleを、見つけるために、から本質的に聞いたことがありません。この楽しいの例では、再び健康にそれを持って来るために敏感な手を待ちます。もう一度キーを回すの経験を満喫するためのいずれかになります。

Barn Find
1972 Lancia Stratos Stradale
Coachwork by Bertone
Chassis no. 829ARO 001941
2418cc V-6 Engine
192bhp at 7,000rpm
5-Speed Manual Transmission
4-Wheel Independent Suspension
4-Wheel Disc Brakes

*Virtually original, as delivered
*Approximately 50,000 kilometers from new
*Long-term ownership, parked in storage since 1998
*Complete and sound, ready for sympathetic restoration
*Rare ‘Stradale’ version
The Lancia Stratos

The Lancia Stratos is many things – among them, one of the most successful rally cars ever built, one of the most valuable Lancias ever produced, an example of clever corporate parts sharing, challenging and daunting to drive and a spaceship for the road. All of that is true, but it doesn’t tell the full story. Constructed for homologation purposes, Lancia Stratos ‘Stradale’ or ‘street’ models used the same 2.4-liter Ferrari Dino V-6 found in ‘Rally’ or racing versions, but in a significantly lower state of tune. Even with ‘only’ 192 horsepower, the Stratos Stradale’s light weight, less than 2,200 pounds, helped the wedge-shaped rocket accelerate from 0-60 MPH in less than five seconds, on its way to a top speed of some 140mph.

While record keeping is difficult to exactly reconcile, it is thought that approximately 492 Lancia Stratos models of all variants were constructed during the car’s brief production run. As many were either raced, crashed, or both, it’s impossible to know how many surviving examples remain, especially of the Stradale variant. While the exact number is unknown, many of the Stratos’s built and delivered as ‘Stradale’ models have over the years been either modified for competition or turned into Group 4 rally replicas.
The Motorcar Offered

There are certainly very few Stradale examples which survive intact in almost completely original condition from new. This is one such car. This Stratos was originally delivered in Germany, historically one of Lancia’s best export markets. It was imported to the US in late 1982 and purchased by the vendor, a citizen of the UK who was a resident in California, in November of that year. He took delivery of the Stratos in Albuquerque and recalls vividly the drive home to San Francisco, a trip which took him through both the deepest arroyos in the Mohave Desert as well as snow in the mountains.

In all conditions, the Lancia was a thrill to pilot. He often used the car to commute between his home in San Francisco and his ranch in Santa Barbara, sometimes on the Pacific Coast Highway, occasionally on the Interstate. As his family grew and other obligations found him spending more and more time abroad, the Stratos was used less and less, finally going into storage at the ranch in June, 1998.

The Stratos has not been started or run since that time but on a recent inspection by Bonhams specialists, the body appeared to be in very sound condition and it is mechanically complete. The odometer read 50,116km (31,072 miles) at the time of inspection and the Lancia showed all factory delivered finishes and details, with the exception of the seats, which had at some point prior to 1982 been reupholstered in leather in place of the original cloth, along with an aftermarket gear shift knob. The required German-language data plate is in place as is the California ‘Bureau of Automotive Repair’ sticker in the door jamb attesting to its Federalization on import, as none of these cars were officially brought into the US.

A total re-commissioning would be required before the car is run again, and it would not only be prudent but absolutely required that all mechanical systems be thoroughly rebuilt and refreshed before beginning to safely exploit the performance capability of this supercar. The Stratos can be a surprisingly usable car. It has great forward visibility, enabling it to be very accurately placed. There is a good deal of luggage room in the rear and the cockpit also has ample elbow room thanks to the helmet pockets in the doors.

When properly sorted, they are also surprisingly unfussy mechanically, as in their day they needed to be reliable on long and grueling rally stages.

The Lancia Stratos is acknowledged as one of the all-time classic purpose-built rally cars; to find a rare Stradale, which is largely a time warp as delivered, is essentially unheard of. This delightful example awaits a sensitive hand to bring it back to good health again; the experience of turning the key again will be one to be savored.

http://www.bonhams.com/auctions/20994/lot/189/

関連記事

【ヤフオク】95 ランチア デルタ HF インテグラーレ エボルツィオーネⅡ D車

【年式】1995(平成7年) 【走行距離】23600km 【カラー】レッド

記事を読む

Lancia Integrale Martini 5 1519万円

車両価格:£79,995   The Lancia Delta was

記事を読む

1980 LANCIA RALLY SE 037 PROTOTYPE GROUP B COMPETITION CAR 予想価格:3900-4900万円

€320,000 - 400,000 最初の工場のプロトタイプ 1980ランチアラリ

記事を読む

1989 Lancia Delta Integrale Group N Rally Car 497万円

Sold for (£): 27,025 Well-known genuine Gro

記事を読む

1983 Lancia LC-2 Group C ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title

記事を読む

1993 Lancia Delta Integrale Evoluzione Group A ‘Jolly Club’ Replica

登録:9751 TO シャーシ番号:ZLA831AB000582457 エンジ

記事を読む

LANCIA DELTA Gruppo A EX WORKS 3162万円

車両価格:€235,000 Car Auriol - Occelli (Portogallo 1

記事を読む

LANCIA 037 Stradale 4420万円

車両価格:378,000スイスフラン mehr Fotos unter ww.ku

記事を読む

Lancia Stratos HF Corsa Group IV ¥ASK

車両価格:ASK Palmarès de Course d’époque S

記事を読む

1982 Lancia 037 Stradale 4290万円(SOLD)

Sold for €336.000 205馬力、ボッシュKugelfischer

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク