*

PR

1965 FERRARI 330GT 2+2 BERLINETTA 5643万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

image

<スポンサーリンク>

Sold for £359,900

元ジョン・レノン
1965フェラーリ330GT 2 + 2ベルリネッタ
ピニンファリーナによって自動車の車体
登録番号。 DUL 4C
シャーシがありません。 6781
エンジンがありません。 6781
脚注
素晴らしいフェラーリ330GTは個人的に彼の最初の車としてビートルズシンガー/ソングライターのジョン・レノンによって選択されたここに提供しました。 1965年2月にはビートルズは、英国と米国の両方のシングルチャートをトッピング、彼らの最大のヒットの一つになる曲」を乗るためにチケット」を記録しました。幸せな偶然の一致では、その同じ月レノンは彼の運転免許試験に合格したというニュースは、全国の見出しを作りました。時間以内に、ウェイブリッジ、サリー州の彼のケンウッドホームのセキュリティゲート外の道路は高級自動車ディーラーとしてマセラティ、アス​​トンマーチンやジャガーで詰まった – ビジネスのための空腹 – 高プロファイルのクライアントを確保する機会を見つけました。歌手は、彼の最初の妻シンシアで22ヶ月のジュリアンへのその後の父によって、車を検査するために出てぶらぶらとインテリアのマッチングとAzzuroに仕上がっ右ハンドルフェラーリ330GT 2 + 2クーペ(青)を選択し、で、価格£6,500(今日のお金で少し超える£110,000相当)。

おそらく、彼の家族を収容する必要がレノンはフェラーリの最新の「2 + 2」、1950年代の終わりまでに1月1964年に導入された比較的新しいモデルであった]を選択し作られた、「家族の宿泊施設」とスポーツカーの市場は成長していました十分にフェラーリが4人乗りモデルの導入を企図するため。 1960年、最初のそのようなフェラーリの夏に導入 – 250GTE 2 + 2 – 非常に成功した250GTに基づいていました。ピニンファリーナのブリーフでは、250のエレガントな美貌やスポーツの特性を犠牲にすることなく、2 + 2を生​​成するようになっていた、とマスターcarrozzierは、このように2のための十分な部屋を作成し、バックフォワードエンジン、ギアボックス、ステアリングギアと燃料タンクを移動し、見事に成功しました時折後部座席。

330GT 2 + 2:250GTEは、その交換のための基礎を提供しました。ピニンファリーナは再びフェラーリの最も重要な輸出市場、米国の味を反映した4-ヘッドランプの正面処理を採用し、スタイリングを委託されました。 330GTの管状のシャーシは、リアの乗客のための条件はあまり窮屈行われ、50ミリメートル長いホイールベースで以前よりありました。バックでライブアクセル/半楕円セットアップがあった一方で、懸濁液は、ウィッシュボーンとコイルスプリングにより前方に独立していました。ディスク・オールラウンドのブレーキシステムの改善は、フロントとリアに採用別々の油圧回路を見ました。

330GTのコロンボ型、60度、V12エンジンは1963年ずらす3,967ccで330アメリカ(効果的に大口径250GTE 2 + 2)に最初に登場した、シングルオーバーヘッドカムシャフト、すべての合金ユニットは良好でした300プラス馬力、毎時152マイルの最高速度(毎時245キロ)それを作る、導入、最速のロードゴーイングフェラーリに330GTを推進するのに十分な出力のために。四速プラスオーバードライブギアボックスに最初に搭載し、330GTは半ば1965年の5速トランスミッションを獲得し、後でその年」シリーズ2になってきて、その4つのヘッドライト、フロントエンドは、2灯配置によって置き換えられていました「500の後に構築されていました。電動窓、合金ホイールとぶら下がっ制御ペダルは、他のシリーズ2の改良でした。遡及「シリーズ1」、早い330GTは今比較的稀であるとしても知られ、多くの人がGT250 SWBまたはテスタ・ロッサレーシングフェラーリのレプリカのためのドナーとして使用されていました。

超排他的Superamericasと並んで建てられ、330GTは「ラ・ドルチェヴィータ」としてヨーロッパで知られている時代に、洗練されたクライアントのためのフェラーリの究極のグランドツアラーました。エンツォ・フェラーリのお気に入りは、それが1,000台を超える販売する彼の車の第一号でした。

自動車は、彼がのファイルに10月1967年にそれをコピーを分けた時点で20,000以上のマイルがカバーし、どれもより多くのように、彼は3年の最良の部分のために使用されるこのフェラーリ、より、ジョン・レノンのための情熱になることでした元のログブックには記載されている最後の所有者が12月1973年にオリジナルのフェラーリを取得Chockendon、読書の1ライアン・ホッジス、ある間に次の所有者は、ランコーン、チェシャー州のDanesfordエンジニアリング有限公司に続くレスターの1ウォルター・クライヤーであったことを示しますログブックは現在、ニュージーランドの民間コレクターに属します。 「DUL 4C ‘もフェラーリのレノン所有サービス履歴と元の順序書類のコピーを豊富な履歴ファイル内に含まれている1977年の周りによく知られているレーシングドライバーニック・フォーレに属していることが知られています。

1980年代後半では、この特別な車は、取得し、それはその後、愛情を込めて元の仕様に回復したときに、それが1989年に現在の所有者に買収されたところから赤塗り、元の登録から離れ、ロンドンの有名なモデナエンジニアリングフェラーリディーラーでした、1996/1997の間に様々な専門家によってなされて、ほとんどの作業(ファイルに多数の請求書や写真の記録を参照してください)​​。最近では、フェラーリはクラシックカー雑誌の最新版での機能のために戻っケンウッドに撮影されました。

DVLAによって再割り当て元の「DUL 4C」の登録とのことで販売のために提供される、このマッチングナンバーフェラーリ330GTは、英国V5C文書ともレノンとの対応関係を含み、その出所や復元を文書化し、前述の豊富な履歴ファイルが付属しています。現代の大衆文化の比類のないアイコンに関連したイタリアのモータリングエキゾチカの良い例を取得するための素晴らしい機会。

The ex-John Lennon
1965 Ferrari 330GT 2+2 Berlinetta
Coachwork by Pininfarina
Registration no. DUL 4C
Chassis no. 6781
Engine no. 6781
FOOTNOTES
The splendid Ferrari 330GT offered here was personally selected by Beatles singer/songwriter John Lennon as his first car. In February 1965 The Beatles recorded ‘Ticket to Ride’, a song that would become one of their biggest hits, topping both the UK and US singles charts. By happy coincidence, that same month the news that Lennon had passed his driving test made headlines across the country. Within hours, the road outside the security gates of his Kenwood home in Weybridge, Surrey was jammed with Maseratis, Aston Martins and Jaguars as luxury car dealerships – hungry for business – spotted an opportunity to secure a high-profile client. The singer, by then father to 22-month-old Julian by his first wife Cynthia, strolled out to inspect the cars and chose a right-hand drive Ferrari 330GT 2+2 coupé finished in Azzuro (blue) with matching interior and priced at £6,500 (equivalent to a little over £110,000 in today’s money).

Perhaps the need to accommodate his family made Lennon choose Ferrari’s latest ‘2+2’, which was a relatively new model having been introduced in January 1964. By the end of the 1950s, the market for sports cars with ‘family accommodation’ had grown sufficiently for Ferrari to contemplate the introduction of a four-seater model. Introduced in the summer of 1960, the first such Ferrari – the 250GTE 2+2 – was based on the highly successful 250GT. Pininfarina’s brief had been to produce a 2+2 without sacrificing the 250’s elegant good looks or sporting characteristics, and the master carrozzier succeeded brilliantly, moving the engine, gearbox, and steering gear forward and the fuel tank back, thus creating sufficient room for two occasional rear seats.

The 250GTE provided the basis for its replacement: the 330GT 2+2. Pininfarina was once again entrusted with the styling, adopting a four-headlamp frontal treatment that reflected the tastes of Ferrari’s most important export market, the USA. The 330GT’s tubular chassis was 50mm longer in the wheelbase than before, which made conditions less cramped for the rear passengers. Suspension was independent at the front by wishbones and coil springs, while at the back there was a live axle/semi-elliptic set-up. Improvements to the discs-all-round braking system saw separate hydraulic circuits adopted for front and rear.

The 330GT’s Colombo-type, 60-degree, V12 engine had first appeared in the 330 America (effectively a big-bore 250GTE 2+2) in 1963. Displacing 3,967cc, the single-overhead-camshaft, all-alloy unit was good for 300-plus horsepower, an output sufficient to propel the 330GT to a maximum velocity of 152mph (245km/h) making it, when introduced, the fastest road-going Ferrari. Equipped at first with a four-speeds-plus-overdrive gearbox, the 330GT gained a five-speed transmission in mid-1965 and later that year had its four-headlight front end replaced by a two-lamp arrangement, becoming the ‘Series 2’ after 500 had been built. Electric windows, alloy wheels and hanging control pedals were other Series 2 improvements. Retrospectively known as the ‘Series 1’, the early 330GT is now relatively rare, many having been used as donors for replicas of the GT250 SWB or Testa Rossa racing Ferraris.

Built alongside the ultra-exclusive Superamericas, the 330GT was Ferrari’s ultimate grand tourer for the sophisticated client during the era known in Europe as ‘la dolce vita’. A favourite of Enzo Ferrari, it was the first of his cars to sell in excess of 1,000 units.

Motor vehicles were to become a passion for John Lennon, none more so than this Ferrari, which he used for the best part of three years, covering more than 20,000 miles by the time he parted with it in October 1967. A photocopy on file of the original logbook shows that the next owner was one Walter Cryer of Leicester followed by the Danesford Engineering Co Ltd of Runcorn, Cheshire, while the last owner listed is one Ryan Hodges of Chockendon, Reading, who acquired the Ferrari in December 1973. The original logbook currently belongs to a private collector in New Zealand. ‘DUL 4C’ is also known to have belonged to well-known racing driver Nick Faure around 1977. Copies of the Ferrari’s Lennon-ownership service history and original order paperwork are contained within the extensive history file.

By the late 1980s, this special car was with the famous Modena Engineering Ferrari dealership in London, from where it was acquired by the current owner in 1989. Painted red and separated from its original registration when acquired, it was then lovingly restored to original specification, most of the work being undertaken by various specialists during 1996/1997 (see numerous invoices and photographic record on file). More recently, the Ferrari was taken back to Kenwood for a feature in the current edition of Classic Cars magazine.

Offered for sale by with its original ‘DUL 4C’ registration reallocated by the DVLA, this matching-numbers Ferrari 330GT comes with UK V5C document and the aforementioned extensive history file documenting its provenance and restoration, which also includes correspondence with Lennon. A wonderful opportunity to acquire a fine example of Italian motoring exotica associated with an unparalleled icon of contemporary popular culture.

http://www.bonhams.com/auctions/20929/lot/311/

関連記事

2003 Ferrari Enzo

$3,000,000 - $3,500,000 ボッシュモトロニックエンジンマネ

記事を読む

2006 Ferrari F430 GT3 777万円

Sold for (£): 42,188 Based on the factory d

記事を読む

1989 Ferrari F40 1億1881万円(SOLD)

Sold for £761,600 ウェーバー・マレリのエンジン管理および燃料噴

記事を読む

フェラーリ F1 F187 ¥ASK

車両価格:ASK 1987年式 フェラーリ F1 F187 この度入庫しましたフ

記事を読む

フェラーリ – F 355 Berlinetta ¥ASK

車両価格:ASK http://www.dpm-motors.com/index11.

記事を読む

1971 Ferrari Dino GT ¥ASK

車両価格:ASK 1971年にはフェラーリディーノGT Vinは#02314.この29

記事を読む

Ferrari 250 GTE 4889万円

車両価格:€365,000 概要: このフェラーリ250 GTEシリーズ私たちの

記事を読む

1997 Ferrari F50 1億1148万円(SOLD)

  Sold for €907.200 520馬力、ボッシュモト

記事を読む

FERRARI F430 GT2 RACE CAR ¥ASK

車両価格:ASK This example of a Michelotto F430 GT

記事を読む

1972 Ferrari Dino 246 GTS 4729万円(SOLD)

Sold for $396,000 195馬力、3ウェーバーキャブレター、5速マ

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク