*

PR

2004 PORSCHE CARRERA GT 3789万円(SOLD)

公開日: : ポルシェ ,

image

<スポンサーリンク>

Sold for £241,666

新しいから5900マイル
2004ポルシェカレラGT
登録番号。未定
シャーシがありません。 WPOZZZ98Z4L000183
エンジンがありません。 99430770
脚注
「コンテキストにこの素晴らしい車を置く、カレラGTは、356カレラスピード​​スターのヒントと早期公道550の現代版を表します。この最先端のスーパーカーを通じて、ポルシェは再びカレラの精神を捕獲し、それがカレラの評判と血統が繁栄し続けていることをこれらの初期の技術者の信用にあります。」 – グレンスメール、「ポルシェ:カレラ王朝」。

モータリングの歴史の中で最も刺激的なモデルの名称、「カレラ」の一つは、メキシコで1954年カレラパンアメリカーナのドイツメーカーの勝利、次の採択された、1950年代半ば以来、ポルシェを飾るされています。あの有名な勝利はタイプ550スポーツレーサーではなく、多数の一般公衆に提供されるので、「カレラ」の名前が最初にまた550の競争を持っポルシェ356Aクーペ、上1955年に登場することができた車によって達成されました〜育ちの4カムエンジン。それ以来、性能の向上や競争性のあるモデルの指定として使用されており、その後、1983年に全体の911の範囲に適用しました。

ポルシェは2004年に「カレラ」に「GT」名称を添付することを決めたとき、それはその競争のルーツへの復帰をマークし、元のタイプ50年以上前の550のものをリコール新しいフラッグシップスーパーカーのルックス。 「プロジェクトコード80」として知られ、フロントランキングスーパーカーはダースGT1sのカップルは、道路の使用のために適合された、より実用的な何かがために必要とされるであろうが、ポルシェのル・マンは1998年に911 GT1に勝つ次始まった開発するためのプログラム大量生産、それはGT1の先進技術を新しいモデルに引き継がれることを意図していたのに。
ポルシェは非常に特別な何かを計画していたという最初のヒントは、アメリカのグラントラーソンによって設計されたコンセプトカーは、パリモーターショーでシュトゥットガルトの製造元のスタンドに登場し、2000年に滴下しました。その圧倒的好評を生産するのに適したバージョンの開発を開始するためにポルシェに緑色の光を与えました。

これは、順番に、その最後のスーパーカーを開発する際にポルシェが行っていた911とボクスターで使用しようとした試験をフラット6エンジンの設計、959、有意に異なることが必要な新しいモデルに固執するすべて簡単にされているだろう希望の影響を達成するために。幸いなことに、適切な電源ユニットが手にあった:5.5リットルの四つのカムV10は、まだ生まれのルマンレーサーのために数年以前に開発されました。後者は、GT1を持っていたとして、炭素繊維モノコックを組み込まれていた、と建設のこの最先端の方法は、道路の車の要件を満たした形ではあるが、カレラGTに持ち越されました。ポルシェのエンジニアはそれ自体がエンジン支持構造体に、この材料の使用を拡張することによって解決する問題の追加セットを与えました。小径の開発は、セラミック複合材料を組み込んだ多板クラッチは、V10エンジンが平坦6で可能であったであろうよりも低重心に生じる、シャーシに低く搭載する有効。生産が開始する前に、V10は8,000rpmで、612bhpのその最大の生産、5.7リットルに拡大されることになります。 6速マニュアルトランスミッションは、利用可能なだけでした。

明らかに、このような重要性の車が販売用にリリースされる前に、完璧な道路のマナーを保有しなければならない、とポルシェは厳しいニュルブルクリンク回路の無数のラップを含め、開発、を支援するためにレースドライバーヴァルター・ロールを採用し、この完璧を確保するために。高速安定性の利益のために後部車体速度が毎時50マイルに戻って低下した場合に後退、毎時75マイルの周りに自動的に上昇させ、翼を内蔵しています。これには単なるギミックが、毎時200マイルを超えることのできる車の中で重要な必要性はなかったです。

カレラGTのサスペンションは、不等長コントロールアームをプッシュロッドとロッカーを介して操作水平に取り付けられたガスショックアブソーバーとのすべてのラウンドを搭載し、純粋な競技車です。そのブレーキはあまりに競馬場は耐性より多くの熱と鋳鉄製の同等物よりも軽い50%15 “直径セラミック複合ディスクを把持6ピストンのアルミキャリパーからなる、開発されています。より多くの重量は、鍛造マグネシウムで作られている車輪、から救われました(19「フロント、20 “リア)ステアリング用パワー・アシストがあったようにABSは、標準装備でした。

生産カレラGTは2004年に発売されたとき、それはまだ無数の点で微妙に異なっていた2000年のパリショー車と非常に似て見えました。もう一つの明らかな違いは、フロントラゲッジコンパートメントに収納するために除去することができた2つの部分から構成され、オープンプロトタイプ、上で不足している機能GTの屋根でした。ギアレバーノブは伝説のポルシェ917耐久レーサーで、この伝統的な材料の可能性は低い使用を想起し、木で作られた一方で内部に、座席は革トリミング炭素繊維で作られていました。

もちろん、もはや路上パフォーマンスに究極を提供するだけで十分ではない。これらの日目の肥えたスーパーカーのバイヤーはまた、車載のモバイル通信技術では非常に最新の求められています。カレラGTプロジェクトエンジニアは、Boseサウンドシステム、ハンズフリーの電話、電子メールやインターネットの接続性を取り入れた「ポルシェオンラインプロ」衛星ナビゲーションとそれを装備、この点で出し惜しみませんでした。 5ピース荷物セットは追加費用なしで仕様に含まれていた、しかし、おそらく驚くべきことに、エアコンはオプションの「余分」でした。

(工場出荷時は、その博物館のための「1番」を保持)ポルシェは1500カレラGTのは​​、それによって車の排他性を強調し、なされるだろうと述べ、それぞれの例では、センターコンソール上の番号プラークを運びます。納入は2004年1月に開始すると販売価格は$ 448000(為替の現在のレートで約£279500または€34万9200)でした。自動車・ドライバーは、生産カレラGTを試験した場合、尊敬アメリカのモータリング誌は3.3秒後に到着した「トン」で3.5秒の毎時0〜60マイルの時間を記録しました。イベントでは、カレラGTは生産が2007年に停止した場合にのみ1207が完了したために、そのメーカーはもともと、意図していたよりもさらに多くの排他的であることが判明するだろう。

初期の例では、このカレラGTは、最初のクラシックポルシェGTシルバーに仕上がりました2012年4月に第二の(現在の)所有者がその最初の所有者、モナコの居住者にナント、フランスで2004​​年8月に登録され、その後、英国で登録されましたアスコットブラウンレザーインテリアでは、エアコン、ポルシェオンラインProのナビゲーションとハイファイシステムが装備されています。低燃費例、わずか5900マイルをカバーした、最近の車両のメリット(2013年3月)以来覆わ未満200マイルで£11,000の原価計算、フル主要なサービス。完全画像を含む文書化され、この主要なサービスは、エンジンの取り外し、新しいタイミングベルト、スパークプラグとコイルパック、水ポンプやバルブのタペットクリアランスのチェックが含まれていました。ギアボックスオイルとフィルタと、ブレーキ液は、変更新しいクラッチは嵌合して後方主オイルシールを交換しました。前のサービスは1638キロ、3071キロ、4463マイルと5621マイルで行いました。現在課税、車はその(英語とフランス語)、元のユーザーマニュアルと設定し、未使用の荷物プラスオリジナルのツールキット、ホイールソケット、スペアキー、工場IDタグが付属しています。付属のドキュメントは、元のサービス冊子や請求書、現在のMOT証明書と英国V5C登録文書から構成されています。

比較的少数が生産や個人コレクターの手の中にすべてが、この見事なポルシェカレラGTカー&ドライバーが考慮したものの一例を取得するための素晴らしい機会を表すと「間違いなく最高級スポーツカー会社がこれまで生産しているが。」
売り場の告知
カタログのようにこの車のための読書走行距離は5750マイルではなく、5900です。登録番号はVT04 PXNです。

5,900 miles from new
2004 Porsche Carrera GT
Registration no. to be advised
Chassis no. WPOZZZ98Z4L000183
Engine no. 99430770
FOOTNOTES
‘Putting this remarkable car into context, the Carrera GT represents a modern version of an early street-legal 550 with a hint of 356 Carrera Speedster. Through this state-of-the-art supercar, Porsche once again captured the spirit of the Carrera and it is to the credit of those early engineers that the reputation and bloodline of the Carrera has continued to flourish.’ – Glen Smale, ‘Porsche: The Carrera Dynasty’.

One of the most evocative model designations in motoring history, ‘Carrera’ has been adorning Porsches since the mid-1950s, having been adopted following the German manufacturer’s triumph in the 1954 Carrera Panamericana in Mexico. That famous victory was achieved by a Type 550 sports-racer, not a car that could be offered to the general public in large numbers, so the ‘Carrera’ name first appeared in 1955 on the Porsche 356A Coupé, which also got the 550’s competition-bred four-cam engine. Since then it has been used as a designation for models with enhanced performance or competition potential, and then in 1983 was applied to the entire 911 range.

When Porsche decided to attach the ‘GT’ appellation to ‘Carrera’ in 2004, it marked a return to its competition roots, the new flagship supercar’s looks recalling those of the original Type 550 of 50-plus years ago. Known as ‘Project Code 80’, the programme to develop a front-ranking supercar had begun following Porsche’s Le Mans win with the 911 GT1 in 1998. Although a couple of dozen GT1s were adapted for road use, something more practical would be required for volume production, though it was intended that the GT1’s advanced technology would be carried over to the new model.
The first hint that Porsche was planning something very special was dropped in 2000 when a concept car designed by American Grant Larson appeared on the Stuttgart manufacturer’s stand at the Paris Motor Show. Its overwhelmingly favourable reception gave Porsche the green light to commence development of a version suitable for production.

It would have been all to easy to stick with the tried and tested flat-six engine design used in the 911 and Boxster, which Porsche had done when developing its last supercar, the 959, but the new model needed to be significantly different in order to achieve the desired impact. Fortunately there was a suitable power unit to hand: a 5.5-litre four-cam V10 developed a few years previously for a still-born Le Mans racer. The latter had incorporated a carbon-fibre monocoque, as had the GT1, and this state-of-the-art method of construction was carried over to the Carrera GT, albeit in a form that met the requirements of a road car. Porsche’s engineers gave themselves an additional set of problems to solve by extending the use of this material to the engine support structure. The development of a small-diameter, multi-plate clutch incorporating ceramic composite materials enabled the V10 engine to be mounted low in the chassis, resulting in a lower centre of gravity than would have been possible with a flat six. Before production commenced the V10 would be enlarged to 5.7 litres, producing its maximum of 612bhp at 8,000rpm. A six-speed manual transmission was the only one available.

Clearly, a car of such importance would have to possess perfect road manners before being released for sale, and to ensure this perfection Porsche employed racing driver Walter Röhrl to assist with development, which included countless laps of the demanding Nürburgring circuit. In the interests of high-speed stability the rear body incorporates a wing that is raised automatically at around 75mph, retracting when the speed drops back to 50mph. This was no mere gimmick but a vital necessity in a car capable of exceeding 200mph.

The Carrera GT’s suspension is pure competition car, featuring unequal-length control arms all round with horizontally mounted gas shock absorbers operated via pushrods and rockers. Its brakes too are racetrack developed, consisting of six-piston aluminium callipers gripping 15″ diameter ceramic composite discs that are more heat resistant and 50% lighter than cast-iron equivalents. More weight was saved from the wheels, which are made of forged magnesium (19″ front, 20” rear) while ABS was standard equipment, as was power assistance for the steering.

When the production Carrera GT went on sale in 2004 it looked remarkably similar to the 2000 Paris Show car yet was subtly different in countless ways. One more obvious difference was the GT’s roof, a feature lacking on the open prototype, which consisted of two parts that could be removed for stowage in the front luggage compartment. Inside, the seats were made of leather-trimmed carbon fibre while the gear lever knob was made of wood, recalling the unlikely use of this traditional material on the legendary Porsche 917 endurance racer.

Of course, it is no longer sufficient merely to deliver the ultimate in on-the-road performance: these days the discerning supercar buyer also demands the very latest in in-car mobile telecommunications technology. The Carrera GT project engineers did not skimp in this respect, equipping it with ‘Porsche Online Pro’ satellite navigation incorporating a Bose sound system, hands-free ‘phone, and email and Internet connectivity. A five-piece luggage set was included in the specification at no extra cost, though, perhaps surprisingly, air conditioning was an optional ‘extra’.

Porsche stated that only 1,500 Carrera GTs would be made, thereby emphasising the car’s exclusivity, and each example carries a numbered plaque on the centre console (the factory retained ‘No.1’ for its museum). When deliveries commenced in January 2004 the selling price was $448,000 (approximately £279,500 or €349,200 at current rates of exchange). When Car & Driver tested a production Carrera GT, the respected American motoring magazine recorded a 0-60mph time of 3.5 seconds with the ‘ton’ arriving only 3.3 seconds later. In the event, the Carrera GT would turn out to be even more exclusive than its maker had originally intended, for when production ceased in 2007 only 1,207 had been completed.

An early example, this Carrera GT was first registered in August 2004 in Nantes, France to its first owner, a resident of Monaco, and subsequently registered in the UK by the second (current) owner in April 2012. Finished in classic Porsche GT Silver with Ascot Brown leather interior, it is equipped with air conditioning and the Porsche Online Pro navigation and hi-fi systems. A low mileage example, having covered a mere 5,900 miles, the vehicle benefits from recent (March 2013) full major service costing £11,000 with fewer than 200 miles covered since. Fully documented including pictures, this major service included engine removal, new timing belts, spark plugs and coil packs, water pump and valve tappet clearance check. The gearbox oil and filters and the brake fluid were changed, a new clutch fitted and the rear main oil seal replaced. Previous services were carried out at 1,638 kilometres, 3,071 kilometres, 4,463 miles and 5,621 miles. Currently taxed, the car comes complete with its original user manuals (in English and French) and an unused luggage set plus the original tool kit, wheel socket, spare key and factory ID tags. Accompanying documentation consists of the original service booklet and invoices, current MoT certificate and UK V5C registration document.

With relatively few produced and all in the hands of private collectors, this superb Porsche Carrera GT represents a wonderful opportunity to acquire an example of what Car & Driver considered ‘arguably the finest sports car the company has ever produced.’
SALEROOM NOTICES
The mileage reading for this car is 5,750 miles, not 5,900 as catalogued. The registration number is VT04 PXN.

http://www.bonhams.com/auctions/20929/lot/319/

関連記事

2009 Porsche 997 GT3 Cup ¥ASK

車両価格:ASK 2009 Porsche 997 GT3 Cup Vin Numb

記事を読む

Porsche 911 / 993 GT2 R ¥ASK

車両価格:ASK original Werksauto, unfallfrei, s

記事を読む

RUF CTR 2 Racing ¥ASK

車両価格:ASK 1996年式 RUF CTR2です。 「RUF」はポルシェのチューニン

記事を読む

Porsche 930 turbo 1462万円

車両価格:€100,000   Description: Pors

記事を読む

Porsche Carrera GT, 2004 ¥ASK

車両価格:ASK This particular Porsche Carrera GT

記事を読む

Porsche Dolphin ¥ASK

車両価格:ASK http://www.raceline-feustel.com/u

記事を読む

ポルシェ 962CR シュパン ¥ASK

車両価格:ASK 1994年式 ポルシェ シュパン962CR シュパン962CRは、

記事を読む

【ヤフオク】ポルシェ 911 GT3RS type997 3.8L後期型 希少車!!

日頃の感謝を込めて赤字覚悟の価格に付き早い者勝ち!! ポルシェ 911 GT3RS 希少!

記事を読む

2015 Porsche 918 Spyder ¥ASK

車両価格:ASK 設定の90ºV8 場所ミッドは、縦方向に取り付けられた 建築アル

記事を読む

1994 PORSCHE 911 TYPE 964 CARRERA RS 3.8-LITRE COUPÉ 3306万円(SOLD)

Sold for €270,250 新しいからのワンオーナー 1994ポルシェ911

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク