*

PR

1965 FERRARI 330GT 2+2 ‘SERIES 1’ BERLINETTA 2219万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

image

<スポンサーリンク>

Sold for £141,500

フェラーリ330GT 2 + 2 ‘シリーズ1」ベルリネッタ
ピニンファリーナによって自動車の車体
登録番号。 JNP 837C
シャーシがありません。 6135
エンジンがありません。 6135
脚注
フェラーリはオーバードライブ付き4速ギアボックスを含め、このような「6135」などのオリジナル330GTの503例、ほとんどの仕様を、製造されています。モデルは、元の4灯の配置を交換するツインヘッドライトと「シリーズ2」として浮上し、1965年に変更されました。遡及「シリーズ1」として知られ、初期の330GTは今比較的まれ、多くはフェラーリのレースGT250 SWBまたはテスタ・ロッサのレプリカのためのドナーとして使用されていた、と非常になおさら例が復元されます。

2011年2月付けのマラネロコンセッショネアアーカイブからの手紙は、左側のドライブシャーシ番号「6135」は1965年に製造され、ニューヨークでルイージChinettiモーターズ、米国にフェラーリの輸入業者に配信されたと述べています。自分の記録によると、Chinettiモーターズは、ビバリーヒルズに車を配布し、最初の所有者ロバート・Cラップ・ジュニアに売却カリフォルニアディーラーオットージッパーモーターズは、しかし、日付の手紙の中で2011年5月氏ラップは書いた:「私はから車を買いました最終的にはルイジChinettiグリニッジコネチカットのモーターズ、4速プラス手動オーバードライブ、1967年クワッドヘッドライトの「呂」Chinettiジュニアから…とニューヨークショーカー330GTC(に置き換え)。」

1973年フェラーリは登録」4JA 937」とミネソタ州に移動したと歴史の多くが知られているが早い2011年に英国での到着まで再び道路に登録されているようには見えない、に足りませんわずか52796の走行距離はcognoscenteの複数形はすぐに理解するであろう多くの証拠となる兆候以外の正しいことを保証します。この時代の全てのフェラーリで重要であるように、「6135」は、元のエンジンと鍵の機械部品を保持しており、数字は生産記録と一致しています。

2011/2012で最も徹底し、機械的な構造および化粧品修復の恩恵を受け、唯一の200マイルがカバーされたとき以来、「6135」は例外的であると言われています。購入したとき、ネロ(​​黒)レザーインテリアは、その良好な状態では車はほぼ五十年のために楽しんでいた慎重な使用の指標で、元でした。しかし、回復の範囲と徹底を与え、最終的には回復の全体的な水準を維持するために、シートの革とフロントシートフォームを更新することを決めました。同様に、オリジナルと修理できるものの、カーペットは復旧の高い基準を維持した確実にするために更新されました。オリジナルのインストルメントパネルであるとしてヘッドライナーは、オリジナルと良好な状態です。繊細な内部ドアハンドルが壊れていないで、元のナルディステアリング美しく再仕上げされています。

「6135」は、その第五十年であるが、ステンレス鋼外装が破損していないと、通常の傷やへこみがありません。損傷を受けていないものの、すべて磨いて光っている部分は軽く研磨したりメッキしながら、両方のフロントとリアバンパーは、復元の高い基準との整合性を確保するために再クロームメッキされたとBorraniワイヤーホイールは完全に再研磨します。すべての窓ガラスは良好な状態にあるが、元のフロントガラスは軽く石の欠けたため、新しい交換はピルキントングラスから供給されました。

‘6135’は完全に、ベアメタルから完全に窓、ドア、ボンネットとトランクリッドを解体し、文書化されているこれらのすべては、すべての機械部品を除去含まれる処理を塗り替えてきました。その結果、ヴェルデMidioの塗装部分は、深い光沢と優れた品質のものです。復元の過程で「白紙委任」アプローチは、作業が復元前、または修理により必要とされる場合よりもはるかに簡単プロセスを作る、車の非常に元の状態によって促進された車体、シャーシ、に運ばれました。確かに、シャシーとボディを慎重にサンドブラストは、それが重大な事故の被害を受けたことがなかったことを明らかにしました。元のシャーシは少し注意が必要ものの、機会が完全に両側の内側と外側の敷居を更新するために撮影された、ドア、ボンネットとトランクリッドの周りのパネルギャップは、おそらく製造時よりも今より良いています。

エンジンコンパートメントは軽く、すべてのファスナーや金具を更新または再仕上げに支払わ十分注意して、「新しい」車の外観をエミュレートする試みでオーバー復元し、フェラーリの年齢と一致していない復元されました。すべての機械部品をチェックし、いずれかの更新、オーバーホール、再構築または解体し、必要に応じて洗浄されています。ハイライトは、完全なエンジンは新しいバランスのとれた鍛造ピストン、すべての新しいバルブ、ガイド、チェーンやシールを再構築類;最新の工場第二ギアシンクロへのアップグレードを含む専門ギアボックスのオーバーホール。オーバードライブオーバーホールを完了。フライホイールとのバランスが新しいクラッチプレート、。新しいベアリング、シール付きフルリアアクスルオーバーホール。新しいサスペンションジョイントや茂み。ブレーキは完全に、新たに8つのシリンダーで再構築マスターシリンダ、refacedキャリパー、再建サーボ、新しいパッドとホースを再構築します。フロントショックアブソーバーの修理を依頼します。 GTOエンジニアリングから「ワームとペグ」で再構築ステアリングボックス。キャブレター清掃と再建され、燃料タンクのデスケーリング;取り付けた放熱器は、再有芯と新しいホース。新しい電動燃料ポンプと機械式ポンプを再構築。フル新しいステンレス鋼の排気システム、縦樋とハンガー。そして新しいスピナーとピレリCinturatoタイヤを装着ホイール。手形および詳細なリストが用意されています。

最初の千マイルのために慎重に慣らし運転を必要とする、エンジンが全気筒に優れた圧縮を示すために、非常に強力に実行するように言われています。ステアリングとサスペンションは、ピンと張ったと記載されています。静かなリアアクスル。優れたとして、すべての重要なギアボックスのシンクロた場合であっても寒いです。そして双子はまれである、正しく動作しとして冷却ファン。

‘6135’は簡単にトラフィックを処理する、まだで事実上楽に任意の速度を長い田舎道に楽しげで駆動したときに、独自に入ってくるか、クルージングしながら、高いレベルの信頼性を鼓舞、駆動するために楽しい車であると言われています。

現在、「王の身代金」値札を持っているそれらの多くは、その直接のフェラーリピア、と比較した場合、フロントエンジン搭載のV12への関心と「エンツォ時代」1960年代からフェラーリは決して高く、容易に使用可能な330GTは非常に大きな価値を表しています。英国V5の登録文書、現在のMOT /税および修復のこの最も広範ためのすべての請求書で提供される、この330GTはクラブイベントでカテゴリ「所有権のプライド」で深刻な候補であろう。確かに、より良い状態にある定期的に使用することのできるいくつかの例があり得ます。

Ferrari 330GT 2+2 ‘Series 1’ Berlinetta
Coachwork by Pininfarina
Registration no. JNP 837C
Chassis no. 6135
Engine no. 6135
FOOTNOTES
Ferrari manufactured 503 examples of the original 330GT, the specification of most, such as ‘6135’, including a four-speed gearbox with overdrive. The model changed in 1965, emerging as the ‘Series 2’ with twin headlights replacing the original four-lamp arrangement. Retrospectively known as the ‘Series 1’, the early 330GT is now relatively rare, many having been used as donors for replicas of the GT250 SWB or Testa Rossa racing Ferraris, and exceptionally restored examples even more so.

A letter from the Maranello Concessionaire Archive, dated February 2011, states that left-hand drive chassis number ‘6135’ was manufactured in 1965 and delivered to Luigi Chinetti Motors in New York, Ferrari’s importer to the USA. According to their records, Chinetti Motors distributed the car to the Beverly Hills, California dealer Otto Zipper Motors, who sold it to first owner Robert C Rapp Jr. However, in a letter dated May 2011 Mr Rapp wrote: ‘I bought the car from Luigi Chinetti Motors in Greenwich Connecticut, from ‘Lu’ Chinetti Junior in 1967. Quad headlights, four speed plus manual overdrive… and eventually (replaced with) the New York Show car 330GTC.’

By 1973 the Ferrari had moved to Minnesota with the registration ‘4JA 937’ and does not appear to have been registered for the road again until its arrival in the UK in early 2011. Though much of the history is known, there is not enough to guarantee that the mileage of just over 52,796 is correct other than the many telltale signs that cognoscenti would immediately recognise. As is critical with all Ferraris of this era, ‘6135’ retains its original engine and key mechanical components, and the numbers match the production records.

Benefiting from a most thorough mechanical, structural and cosmetic restoration in 2011/2012, since when only 200 miles have been covered, ‘6135’ is said to be exceptional. When purchased, the Nero (black) leather interior was original, its good condition being an indication of the careful use the car had enjoyed for almost five decades. However, given the scope and thoroughness of the restoration, eventually it was decided to renew the seat leather and the front-seat foam to maintain the restoration’s overall standards. Similarly, though original and serviceable, the carpets were renewed to ensure the restoration’s high standards were maintained. The headlining is original and in excellent condition, as is the original instrument panel. The delicate interior door handles are unbroken and the original Nardi steering wheel has been beautifully refinished.

Although ‘6135’ is in its fifth decade, the stainless steel exterior trim is undamaged and without the usual scratching or dents. Though undamaged, both front and rear bumpers were re-chromed to ensure consistency with the restoration’s high standards, while all brightwork was lightly polished or plated and the Borrani wire wheels fully re-polished. All the window glass is in excellent condition but since original windscreen was lightly stone-chipped, a new replacement was sourced from Pilkington Glass.

‘6135’ has been completely repainted from bare metal, a process that included fully dismantling the windows, doors, bonnet and boot lid, and removing all the mechanical components, all of which is documented. As a result, the Verde Midio paintwork is of exceptional quality with a deep lustre. In the process of restoration a ‘carte blanche’ approach was taken to the bodywork and chassis, which was facilitated by the car’s exceptionally original condition, making the process much easier than when work is necessitated by prior restoration or repairs. Indeed, careful sandblasting of the chassis and body revealed that it had never suffered any serious accident damage. Though the original chassis needed little attention, the opportunity was taken to completely renew the inner and outer sills on both sides, the panel gaps around the doors, bonnet and boot lid probably being better now than when manufactured.

The engine compartment has been lightly restored to be consistent with the Ferrari’s age, not over-restored in an attempt to emulate the look of a ‘new’ car, with careful attention paid to renewing or refinishing all fasteners and fittings. All mechanical components have been checked and either renewed, overhauled, rebuilt or dismantled and cleaned as necessary. Highlights include a full engine rebuild with new balanced forged piston and all new valves, guides, chains and seals; specialist gearbox overhaul including the latest factory upgrade to 2nd gear synchromesh; complete overdrive overhaul; new clutch plate, balanced with the flywheel; full rear axle overhaul with new bearings and seals; new suspension joints and bushes; brakes fully rebuilt with eight new cylinders, rebuilt master cylinder, refaced callipers, rebuilt servos and new pads and hoses; front shock absorbers serviced; steering box rebuilt with ‘worm and peg’ from GTO Engineering; carburettors cleaned and rebuilt and fuel tank de-scaled; radiator re-cored and new hoses fitted; new electric fuel pump and mechanical pump rebuilt; full new stainless steel exhaust system, downpipes and hangers; and wheels fitted with new spinners and Pirelli Cinturato tyres. Bills and a detailed listing are available.

Requiring careful running-in for the first 1,000 miles, the engine is said to show excellent compression in all cylinders and to run very strongly. The steering and suspension are described as taut; the rear axle as quiet; the all-important gearbox synchromesh as excellent even when cold; and the twin cooling fans as working correctly, which is rare.

‘6135’ is said to be a delightful car to drive, inspiring a high level of confidence while handling traffic with ease, yet coming into its own when driven with gusto on long country roads or cruising effortlessly at virtually any speed.

With interest in front-engined V12 ‘Enzo-era’ Ferraris from the 1960s never higher, the readily usable 330GT represents tremendous value when compared with its immediate Ferrari peers, many of which now have ‘king’s ransom’ price tags. Offered with UK V5 registration document, current MoT/tax and all invoices for this most extensive of restorations, this 330GT would be a serious contender in the ‘Pride of Ownership’ category at Club events. Indeed, there can be few examples capable of regular use that are in better condition.

http://www.bonhams.com/auctions/20929/lot/324/

関連記事

Ferrari 250 PF Cabriolet S11 ¥ASK

車両価格:ASK Unveiled to the public at the 1959

記事を読む

1985 FERRARI 288 GTO COUPÉ 2億2451万円(SOLD)

Sold for €1,817,000 エグゼキュータの順序では、新しい、フェラーリCla

記事を読む

【ヤフオク】フェラーリ 348ts 車検28年11月 ディーラー車 美車 売り切り 現在価格:250万円

希少なタルガトップのフェラーリ348tsの個人出品です。 コーンズディーラー車です。 エ

記事を読む

1989 FERRARI TESTAROSSA

US$ 90,000 - 130,000 JPY 11 million - 15 mill

記事を読む

2003 Ferrari Enzo 4億516万円

車両価格:$3,395,000 本当に一度、おそらく世界で最高のエンツォが何であるかを

記事を読む

フェラーリ F1 F187 ¥ASK

車両価格:ASK 1987年式 フェラーリ F1 F187 この度入庫しましたフ

記事を読む

フェラーリ 512BBi ディーラー車 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.kmauto.jp/vcsMember/st

記事を読む

フェラーリ 250 GT Cabrio P.F. S2 ¥ASK

車両価格:ASK Category Cabrio/Roadster

記事を読む

Ferrari La Ferrari ASK

車両価格:ASK http://search.carhoo.jp/wa1459/car

記事を読む

2003 FERRARI 575 GTC COMPETIZIONE ¥ASK

  このフェラーリ575 GTCは、FIA GT選手権やアメリカン・ル・マン

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク