*

PR

1955 MASERATI 300S SPORTS-RACING SPIDER 6億3244万円(SOLD)

公開日: : マセラティ ,

image

<スポンサーリンク>

Sold for £4,033,500

元ビル・スピア/シャーウッドジョンストン
1955マセラティ300Sスポーツ・レーシングスパイダー
シャーシがありません。 3053
エンジンがありません。 3053(本文参照)
脚注
– 最も簡単で、最も素晴らしいの一つ、最高のバランスの取れたスポーツ私の好きな​​フロントエンジン搭載のスポーツマセラティの “… 1:スターリング・モス卿があったと3リッター6気筒エンジン搭載のマセラティ300Sが記載されているよりも、レーシングドライバーいいえ少ないですこれまでに作った車を-racing …」。

ここでは、この激しく尊敬と大いに切望されたモデルの特によく知られている、よく提示さと上質の例を提供しています。マセラティ300Sは、シリアル・シャーシ「3053」、その型の第スポーツレーシングカーは、彼の古い友人とチームドライバビルスピアの使用のための偉大なアメリカの参入ブリッグススウィフトカニンガムが発注されることになっていました。

アメリカ、マセラティ「3053」での配送時に、今ここに提供される1955年セブリング12時間レースでビル・スピアとシャーウッド・ジョンストンが共同で駆動された、FIAスポーツカー世界選手権のアメリカのロードレースのラウンド…

スピアとジョンソンは、ヘンドリック・フィールド空軍基地、フロリダ州の周りの12時間レースの最後に総合3位を終え、自分のブランドの新しいマセラティの微細デビューレースを楽しんノー5.2マイルの回路のより少ない180周を完了しました。この合計には、先にそれらの二置かフィル・ヒル/キャロル・シェルビー駆動型フェラーリ750モンツァと勝利マイク・ホーソーン/フィル・ウォルターズジャガー・Dタイプ(もブリッグス・カニンガムによって入力された)によって完成合計よりも2つだけ少なくしました。シャーシの3061 ‘ – – ‘ 3053 ‘を共有するアメリカのデュオもマセラティ300Sは、作品は、サポートされている4位にビート出芽作品ドライバチェーザレPerdisaとジーノValenzanoによって、この厳しいイベントで同時駆動します。

「3053」で、この非常に成功したレースデビューに続いて、大きな、たくましいビル・スピアは、その後アメリカのイベントのスポーツカークラブの選択プログラムの中でこの車を運動し。 1955年5月15日に、彼は4½リッターV12-で唯一の彼のセブリングのコ・ドライバーシャーウッド・ジョンソン率いるカンバーランド、メリーランド州にあるアメリカ国立スポーツカー選手権イベント、のその年のスポーツカークラブのラウンド4で車の中で二番目に終わりましたフェラーリ375エンジンを搭載。

7月4日に彼はその日の特徴イベントで第五終了するジョン・ゴードンベネットと ‘3053’を共有する前に、ビバリー飛行場、マサチューセッツ州でSCCAの予備のスピンアウト。彼はまた、この車の中で最速ラップを設定したが、エルクハートレイク、ウィスコンシン州でのロードアメリカ回路にSCCAナショナルズで9月11日まで、このレベルで再表示されませんでした。シャーシの3051 ‘ – – シャーウッドジョンストンとアーニー・エリクソンと総合優勝フィル・ヒルのフェラーリ750モンツァのジャガーD-タイプそこに彼は再び、第五ジョン・ゴードン・ベネットの妹マセラティ300Sの背後に、この時間を終えました。

組み合わせは再びワトキンスグレングランプリに強い2位を取ったとして、ニューヨーク州北部ワトキンス・グレンで次の週末は、トップフォームに戻っビルスピアと ‘3053’を見て、この時間はわずかで彼の昔のスパーリングパートナーシャーウッドジョンストンによって良化カニンガムが入力したDタイプジャガー。 3053の航跡」で末尾の最高品質のスポーツレーシングカーは妹マセラティ300S、フェラーリ375、340および250ミッレミリア、および作品-チーム5.4リッターV8エンジン搭載カニンガムC4Rsが含まれていました。ビル・スピアはまた、3分17.4秒の時間でグレンの現代的な4.6マイルの田舎の道路回路の最速ラップを設定します。

10月16日は、その後ヘイガースタウン、メリーランド州外フェアチャイルド空軍基地で、再び熾烈な競争の中で、この時間をスピアと ‘3053’を見ました。組み合わせはカニンガムのDタイプジャガー、そしてフィル・ヒルのフェラーリ750モンツァで出て、再び、勝者シャーウッド・ジョンストンに対してそこに100マイルのフィーチャーレースで三番目に終わりました。

これもレースや競争力の高いマセラティもイラストは自動車がヘッドレストは、その後部デッキをトッピングを装着されていたことを示す、人気の専門定期的なスポーツカーイラストの1955年8月号に掲載されました。

レース ‘3053’最も楽しくその季節の後、ビル・スピアは、最終的にはバレーストリームの仲間アマチュアSCCAの愛好家ジョーGiubardo、ロングアイランドに1956年の夏に車を売却しました。彼はライムでSCCAナショナルチャンピオンシップラウンドでより高いレベルで出現し、同年6月9日に1957年、5月26日にトンプソンレースウェイ、ニューイングランドでのSCCA地域会議の間にそれに彼の明白なデビューを作る、ごくたまに車の中で登場しましたロック、コネチカットが、終了することができませんでした。

1957年8月18日に、ジョーGiubardoはその後モンゴメリーAFBで「3053」を、ホームの第七を来たが、このエキゾチックなマセラティを保持しながら、彼がオースチン・ヒーレー特別として前方半ば1957年から、より謙虚なモーターレースに集中ことが表示されますMGAツインカム。彼はその後、フィル・フォルノのリスター・ジャガー、ボブHolbertのポルシェRSKからジョージ・コンスタンティンのアストン・マーティンDBR2で勝利した「ビッグ・爆竹 ‘スポーツカーレースで第十を置く、1959年8月9日にモンゴメリーで「3053」に再び現れました。車の中で彼の最後のレースは、彼が1964年まで、偉大なイタリアの古典を保っそれにもかかわらず9月1958年にブリッジハンプトン、ロングアイランドにあったと考えられています。

マセラティ権限ウォルターBaumerの巨大な著書「マセラティ300S」に記録されている( – 2008ダルトン・ワトソン、ディアフィールド、IL、USAによって公開 – ) – 悲劇的に、ジョーGiubardoは、我々がいることを理解して1964年に彼の家で二人の若い加害者によって殺害されました」 ‘;戦後スポーツ、レーシングカーマセラティ’ …レコードの次の所有者がビル・ワンダー、グレンコーヴから愛好家、そしてジョエル・フィン、モデナから車についての最初の本の著者は、ありました。

ビル・ワンダーは、1970年代に各種の歴史的なイベントに「3053」を入力し、1986年の周りによく保存されたマセラティは、ドイツMaseratisto博士トーマスBscher大手に買収されました。現在の所有者に博士Bscherから渡された車 – 自分のケアのいくつかの20年後 – ヨーロッパの歴史的なレースの中で最も成功した運動をさせながら、その間、それは非常に元の順序で維持しました。

このロットでスペアとして含まれている – 提供として、元の電源ユニットEX-USAをしながら、車は完全にレースに準備シリルEmbrey内蔵マセラティ300Sエンジンがインストールされています。この予備の工場出荷時に内蔵され、エンジンのシリンダーヘッドには、シリンダブロックは、スタンピング ’24’を負いながら、 ’44’が刻印されています。どちらのコンポーネントも「7」番号を刻印し、ウォルターBaumerはブロックが、後にシリンダーヘッドが供給され、両方の構成要素には共通の番号で再刻印された「7」の再組み立て時に、そのアメリカのキャリアの中でいくつかの時点で破損していたことを示唆しているされています。ロゼット隣接するパンチマークと – – 最も重要なエンジンは、元の工場出荷時の番号「3053」を持って、クランクケースの一体キャストベアラに刻印します。

ジャック・ナイトで修飾された5速トランスアクスルは、現在期間-正しい4速トランスアクスルながらインストールされている – 一緒にそれに関連する4速とリバースコックピットギアチェンジゲートで – このロットを伴うスペア内で提供されます。

‘3053’は供給されたために、元のブリッグス・カニンガムの順番は実際には3つの姉妹300S車よりも少ないが含まれていなかったので、それぞれが広く、個々の姉妹車を差別化するカニンガムの要求に応じて期間中に刻印されました。

予備Borraniワイヤーホイールは、このプロセスには、このロットクマの目撃者に含まれている – 「SPEAR ‘がリム棚にはっきりと刻印されています。 Baumerは彼300S本の中で宣言したように、「これ300Sは素晴らしく早い300Ssのすべての3つ。元の状態で保存されている(そしておそらくまた、第 ‘3057’)コックピットにシャーシ管を覆ったパネルで提供された。これらのパネルをまだ ‘3053’ “に存在しています。

コックピット後部のマイナーボディワークの変更があり、バルクヘッドから標準スペアホイールクリアランスバルジパネルを除去することにより、余分なスペースとの背が高く、堅牢に構築された所有者を提供しました。このオリジナルのパネルは、このロトのスペアで保存し、このセールでそれに付随されています。ギアボックスカウルもコックピット内で交換しただけでなく、保存され、3053のスペア」内で使用できます。非常にきちんとしたロールオーバーフープは、車のヘッドレストのパネルの中に組み込まれています。

車のダッシュパネル上の機器は、助手席側フェイシア部に後で修正燃料圧力計とは別に、マセラティとイエガーオリジナルです。

ベンダーと彼の常駐エンジニアは細心の注意を払って車を維持し、どのような方法で永久に車を変更しない彼らの長い在任中に苦心してきました。いいえ非オリジナルの穴が掘削されていないと取り外し可能な助手席側のフロントガラス部分は、剛性のコックピットトノーパネルのために提供、既存の取付点へのミッレミリア回顧展は、単にスロットなどのイベントのために採用します。オリジナルマセラティ450Sサイズのフロントブレーキは、そのドラム制動クラス内の驚くべき機能を備えた「3053」を提供する取り付けられています。

このように、車は車の素晴らしい多様性を実証し、道路やトラックに自宅で均等になるように構成することができます。また、「3053の元のDNAの大部分を含むスペアエンジンは、一緒のように部分的に上記の有用な予備品のパッケージに、並んで保存されます。

このようなプレミアムグレードマセラティ300Sスポーツレーシングカーは非常にまれに競売によって販売のために提供されていません。スピード売却のボナムズ「2013年グッドウッド・フェスティバルのスターロットの一つとして、ここでは「3053」の外観は世界的な関心を生成することが確実です。

サー・スターリングは、マセラティの比類300Sのを確認しましたように、「…最も簡単な、素敵な、最高のバランスのとれたスポーツレーシングカーの一つは、これまでに作りました…」。

今、 ‘3053’はあなたのことができます。
ご注意:特別な入札者登録手続きを
このロットに適用されます。あなたはこのロットあなたに入札する場合
販売に先立ってボナムズに劣らず48時間以上をあなたの興味を登録する必要があります。してくださいまた、
前面のバイヤーページのためのガイドを参照してください。
カタログ。

The Ex-Bill Spear/Sherwood Johnston
1955 Maserati 300S Sports-Racing Spider
Chassis no. 3053
Engine no. 3053 (see text)
FOOTNOTES
No less a racing driver than Sir Stirling Moss has described the 3-litre 6-cylinder engined Maserati 300S as having been: “…one of my favourite front-engined sports Maseratis – one of the easiest, nicest, best-balanced sports-racing cars ever made…”.

Here we offer a particularly well-known, well-presented and fine-quality example of this intensely well-respected and much-coveted model. Maserati 300S chassis serial ‘3053’ was the third sports-racing car of its type to be ordered by the great American entrant Briggs Swift Cunningham for the use of his old friend and team driver Bill Spear.

Upon delivery in the USA, Maserati ‘3053’ now offered here was co-driven by Bill Spear and Sherwood Johnston in the 1955 Sebring 12-Hours race, American road racing’s round of the FIA Sports Car World Championship…

Spear and Johnson enjoyed a fine debut race with their brand-new Maserati, finishing third overall at the end of the 12-Hours race around Hendrick Field AFB, Florida, having completed no fewer than 180 laps of the 5.2-mile circuit. This total was only two fewer than the total completed by the second-placed Phil Hill/Carroll Shelby-driven Ferrari 750 Monza and the winning Mike Hawthorn/Phil Walters Jaguar D-Type (also entered by Briggs Cunningham) ahead of them. The American duo sharing ‘3053’ also beat into fourth place the works-supported Maserati 300S – chassis ‘3061’ – co-driven in this grueling event by budding works driver Cesare Perdisa and Gino Valenzano.

Following this very successful racing debut in ‘3053’, big, burly Bill Spear then campaigned this car in a selective programme of Sports Car Club of America events. On May 15, 1955, he finished second in the car in Round 4 of that year’s Sports Car Club of America National Sports Car Championship event at Cumberland, Maryland, headed only by his Sebring co-driver Sherwood Johnson in a 4½-litre V12-engined Ferrari 375.

On July 4 he spun out of the SCCA preliminary at Beverly Airfield, Massachusetts, before sharing ‘3053’ with John Gordon Bennett to finish fifth in the feature event that day. He also set fastest lap in this car, but did not reappear at this level until September 11 in the SCCA Nationals on the Road America circuit at Elkhart Lake, Wisconsin. There he again finished fifth, this time behind John Gordon Bennett’s sister Maserati 300S – chassis ‘3051’ – the Jaguar D-Types of Sherwood Johnston and Ernie Erickson and overall winner Phil Hill’s Ferrari 750 Monza.

The following weekend at Watkins Glen in upstate New York saw Bill Spear and ‘3053’ back on top form as the combination again took a strong second place in the Watkins Glen Grand Prix, this time bettered only by his old sparring partner Sherwood Johnston in the Cunningham-entered D-Type Jaguar. The top-quality sports-racing cars trailing in ‘3053’s wake included a sister Maserati 300S, Ferrari 375, 340 and 250 Mille Miglia, and the works-team 5.4-litre V8-engined Cunningham C4Rs. Bill Spear also set fastest lap of the Glen’s contemporary 4.6-mile country road circuit with a time of 3 minutes 17.4 seconds.

October 16 then saw Spear and ‘3053’ in fierce competition once again, this time at Fairchild Air Force Base outside Hagerstown, Maryland. The combination finished third in the 100-mile feature race there against winner Sherwood Johnstone, out again in Cunningham’s D-Type Jaguar, and Phil Hill’s Ferrari 750 Monza.

This well raced and highly competitive Maserati was also featured in the August 1955 issue of the popular specialist periodical Sports Cars Illustrated, illustrations showing that the car had been fitted with a headrest topping its rear deck.

After racing ‘3053’ most enjoyably that season, Bill Spear eventually sold the car in the summer of 1956 to fellow amateur SCCA enthusiast Joe Giubardo of Valley Stream, Long Island. He appeared in the car only very occasionally, making his apparent debut in it during an SCCA Regional Meeting at Thompson Raceway, New England on May 26, 1957. On June 9 that year he emerged at higher level in the SCCA National Championship round at Lime Rock, Connecticut, but failed to finish.

On August 18, 1957, Joe Giubardo then came home seventh in ‘3053’ at Montgomery AFB, but while retaining this exotic Maserati, it appears that he concentrated upon more humble motor racing from mid-1957 forward with an Austin-Healey Special and an MGA Twin-Cam. He then reappeared in ‘3053’ at Montgomery on August 9, 1959, placing tenth in the ‘big-banger’ sports car race won by George Constantine’s Aston Martin DBR2 from Phil Forno’s Lister-Jaguar and Bob Holbert’s Porsche RSK. It is believed that his last race in the car was at Bridgehampton, Long Island in September 1958. Nevertheless he kept the great Italian classic until 1964.

Tragically, Joe Giubardo was murdered by two young assailants at his home in 1964. We understand that – as recorded in Maserati authority Walter Baumer’s massive book ‘The Maserati 300S’ (published by Dalton Watson, Deerfield, IL, USA – 2008) – “…the next owners on record were Bill Wonder, an enthusiast from Glen Cove, and Joel Finn, author of the first book about the cars from Modena, ‘Maserati; The Postwar Sports-racing Cars’.

Bill Wonder entered ‘3053’ in assorted Historic events during the 1970s, and around 1986 the well-preserved Maserati was acquired by leading German Maseratisto Dr Thomas Bscher. After some twenty years in his care – during which it was maintained in highly original order while being campaigned most successfully in European Historic racing – the car passed from Dr Bscher to the current owner.

As offered the car has a fully race-prepared Cyril Embrey-built Maserati 300S engine installed while its original power unit ex-USA – is included as a spare with this Lot. This spare factory-built engine’s cylinder head is stamped ’44’ while the cylinder block bears the stamping ’24’. Both components are also stamped with a number ‘7’ and Walter Baumer suggests that the block was damaged at some time in its American career, a later cylinder head being supplied and both components being re-stamped with the common number ‘7’ during reassembly. Most importantly the engine has the original factory number ‘3053’ – with rosette flanking punch marks – stamped into the crankcase’s integrally-cast bearer.

A Jack Knight-modified five-speed transaxle is presently installed while the period-correct four-speed transaxle – together with its associated four-speed and reverse cockpit gearchange gate – is offered within the spares that accompany this Lot.

Since the original Briggs Cunningham order to which ‘3053’ was supplied had actually included no fewer than three sister 300S cars, each one was widely stamped in period at Cunningham’s request to differentiate the individual sister vehicles.

Spare Borrani wire wheels included with this Lot bear witness to this process – ‘SPEAR’ being stamped clearly into the rim ledges. As Baumer declares in his 300S book, “This 300S is wonderfully preserved in its original state. All three of the early 300Ss (and probably also No. ‘3057’) were delivered with panels that covered the chassis tubes in the cockpit. These panels are still present in ‘3053’”.

A minor bodywork modification at the rear of the cockpit provided its tall and robustly-built owner with extra space by removing the standard spare-wheel clearance bulge panel from the bulkhead there. This original panel is preserved with this Lot’s spares and accompanies it in this Sale. The gearbox cowl was also replaced within the cockpit but is also preserved and available within ‘3053’s spares. A very neat roll-over hoop is incorporated within the car’s headrest paneling.

The instruments on the car’s dash panel are Maserati and Jaeger originals, apart from a later modification fuel pressure gauge on the passenger side facia section.

The vendor and his resident engineer have maintained the car meticulously and taken great pains during their lengthy tenure not to alter the car permanently in any way. No non-original holes have been drilled and the detachable passenger-side windscreen section adopted for such events as the Mille Miglia Retrospective merely slots into the pre-existing attachment points provided for the rigid cockpit tonneau panel. Original Maserati 450S-sized front brakes are fitted which provide ‘3053’ with remarkable capability within its drum-braked class.

As such, the car can be configured to be equally at home on road or track, demonstrating the car’s fantastic versatility. Furthermore, the spare engine, containing much of ‘3053’s original DNA is preserved alongside, together with a useful spares package as partly described above.

Such premium-grade Maserati 300S sports-racing cars are very rarely offered for sale by public auction. The appearance of ‘3053’ here as one of the star Lots in Bonhams’ 2013 Goodwood Festival of Speed Sale is certain to generate worldwide interest.

As Sir Stirling has confirmed of Maserati’s peerless 300S: “…one of the easiest, nicest, best-balanced sports-racing cars ever made…”.

Now ‘3053’ can be yours.
Please note: Special bidder registration procedures
apply to this Lot. If you intend to bid on this Lot you
need to register your interest with Bonhams no less than 48 hours in advance of the Sale. Please also
refer to the Guide for Buyers Page at the front of
the catalogue.

http://www.bonhams.com/auctions/20929/lot/340/

関連記事

マセラティ キャラミ Cabriolet …1 von 2 1818万円

車両価格:€135,000 キャラミは、1976年にジュネーブモーターショーで初めて発

記事を読む

MASERATI MC 12 1 of 50 2億6457万円

車両価格:$2,200,000 MASERATI MC 12 1 o

記事を読む

マセラティ ボーラ Europa Version 3164万円

車両価格:€235,000   1969年にジョルジェットジウジアーロ

記事を読む

1968 Maserati Mistral 1274万円

車両価格:$107,000 この1968マセラティミストラルクーペは簡単修復のための優

記事を読む

マセラティ MC12 ¥ASK

車両価格:ASK Category Coupe Make Mas

記事を読む

マセラティ MC12 CORSA 3億5660万円

車両価格:$2,999,900 2005マセラティMC12コルサシャーシ#002

記事を読む

【ヤフオク】売切り!マセラティ メラクSS 3.0L V6 15incAW 黒革シート 5速MT

◇型式  不明 ◇乗車定員   4人 ◇排気量  2960CC 【ヤフオク】売切

記事を読む

2005 Maserati MC12 ¥ASK

年:2005 付加価値税:付加価値税は除外します 場所:グリニッジコネチカット州アメリ

記事を読む

MASERATI MC12 CORSA  ¥ASK

車両価格:ASK Description: MASERATI MC12 CORSA

記事を読む

1974 Maserati Bora 4.9

予想価格:€220.000 - €260.000 320馬力、4930のccミッ

記事を読む

PR

    • 6現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク