*

PR

2009 MERCEDES-BENZ SLR MCLAREN ‘STIRLING MOSS’ 2億8113万円(SOLD)

image

<スポンサーリンク>

Sold for €2,300,000

2009メルセデス・ベンツSLRマクラーレンスターリングモス」
シャーシがありません。 WDD 199 976 M90 003 2
エンジンがありません。 155980
作られただけで75の•One
•マクラーレンから直接買っています
•新しいからワンオーナー
•スイスに登録

「メルセデス・ベンツSLRマクラーレンSLRの輝かしい伝統を復活させ、スーパースポーツカーのためのメルセデス・ベンツの情熱の再覚醒をマーク。これは、自動車の歴史を通して方法さかのぼることができ、これがUhlenhautクーペで実証された情熱です。 2003年フォーミュラ1シルバーアローから取られたオリジナルの一眼レフと設計の詳細から持ち上げ文体要素の現代的な解釈はちょうど、道路に最先端のモータースポーツ技術をもたらし、過去と未来の間に橋を形成するために、21世紀SLRを可能にしますインスピレーションSLRクーペは、1955年」で行ったように – ダイムラークライスラー。

彼らの新しいスーパーカーであった技術開発を組み入れ、ちょうど1955年の伝説300一眼レフ前任者のように、高性能スポーツカーの開発、建設と生産に彼らの集団的経験を披露し、するメルセデス・ベンツとその後、フォーミュラ1パートナー、マクラーレンを許可します自分の時間の先に。しかし、用語「スーパーカー」は一眼レフへの完全な正義をしない、これは、その比類のないパフォーマンスにもかかわらず、豪華で精巧に設計さグランツーリスモは、メルセデス・ベンツの最高の伝統です。

すべての車の心臓部は、そのエンジンであり、SLRマクラーレンのそれは本当に優れています。各ユニットは、全体の組立工程を行った1エンジニアの責任だったメルセデス・ベンツのAMGパフォーマンス部門で生産、それは最も強力なエンジンの一つとなって、617bhpを生産する5.5リッター、24バルブ、過給V8ですこれまでのシリーズ生産ロードゴーイングスポーツカーに見られます。このピーク馬力図しかし印象は、この最先端の最も顕著な特徴であるモータを「吹き付け」によって発生するトルクです。トルク曲線はほぼ平坦である:1500回転数と3000と5000回転数との間を優に超える500lb /フィートによって440lb /フィートが既に存在します。カー・アンド・ドライバー誌が観察されたように:「これは理解されるべきで感じする必要があり、パフォーマンスを渡すと、一眼レフに気が遠くなるような弾力性を貸します。」

瞬時にいえ – – ドライバ床アクセル最大燃料効率の利益のために、スクリュー式圧縮機は、エンジン速度及び負荷に敏感であり、そして唯一の活性化されたエンジン管理システムによって制御されます。言うまでもなくは、メルセデス・ベンツSLRマクラーレンは0から毎時100キロ(毎時62マイル)、それは毎時200キロ(毎時125マイル)のマークが通過するにスプリントするだけで3.8秒を取って、今日でもそのクラスで最高の間にあるパフォーマンスの数値を、提供します10.6秒後にし、発進からは毎時300キロ(毎時186マイル)に達するだけで28.8秒かかります。 2人乗りは毎時334キロ(毎時207マイル)の最高速度を持っています。

より一般的に競技車で発見 – – シャーシに低くマウントすることを可能にするフロントエンジン搭載レイアウトは、ダイナミクスを扱うと安定性、モーターのドライサンプ潤滑システムを制動、最適な重量配分の利益のためにSLRのために選択しました。すでにいくつかの高性能メルセデス・ベンツモデルで使用される5速オートマチックトランスミッションは、特別に非常に高トルクのために最適化され、また、ドライバにSPEEDSHIFTシステムを使用して、異なるシフト特性との間で選択するオプションを提供しています。

メルセデス・ベンツとマクラーレンは、式1で楽しんでいた長期的な技術協力、一眼レフの炭素繊維複合モノコックボディ/シャシー構造は後者で生産されたの拡張はウォーキング、イギリスの全く新しい施設です。炭素繊維は、航空業界であり、式1台の構築に何十年も使用されるが、なぜなら手で複合​​構造体の製造に関わる費用の一連の生産道路の車では比較的まれであるされています。いくつかの特許取得済みの技術革新を使用して、メルセデス・ベンツとマクラーレンは、の場合に低体重、典型的な剛性と強度、耐食性、著しく高いエネルギー吸収の材料の利点を可能にする、炭素繊維の製造プロセスへの自動化の尺度を持って来ることができました影響は、一眼レフで提供されます。そのデザイナーゴードン・マレー、マクラーレンF1のスポーツカーを担当する人は、メルセデス・ベンツSLRマクラーレンの日付に最も安全なスーパーカー考え。
軽量化のこの哲学は、サスペンションの設計に拡張されました。ハブキャリアがそうであるように、明らかにそのフォーミュラ1親子関係を示す、後者は、すべてのラウンドは、アルミ鍛造ダブルウィッシュボーンによるものです。アンチロールバーは、フロントサスペンションの上方に配置され、 – 式1のよう – ロッカーアームを介して制御されます。低重心と組み合わせる広いトラックは、高いコーナリングスピードを可能にしながら(2700ミリメートルで)比較的長いホイールベースはまた、一眼レフの典型的なハンドリングと方向安定性に貢献しています。

パワーアシストラックアンドピニオンステアリングは、スピードに敏感である一眼レフのSensotronicブレーキ・コントロール(SBC)と電子安定プログラム(ESP)は、抜群の間の理想的な妥協を達成し、通常の安全基準を維持しながら、透けて見えるために、そのスポーツの性質を有効にしながら、ダイナミックなハンドリングと模範的な方向安定性。複合技術の先駆者としての使用も非常に高い温度に耐えるし、シリーズ生産道路の車で、これまで達成できなかったフェード耐性のレベルを提供することのできる繊維強化セラミック材料から製造されたブレーキディスクに拡張されました。この技術の力作をオフにトッピングすると、空気抵抗が増加し、高速からのブレーキング時SLR抜群の安定性を貸すことにより、制動効果を高めるときに、ドライバのブレーキ重く、65度の角度に上昇する電子制御リアスポイラー、です。メルセデス・ベンツSLRマクラーレンは唯一の1789は、メーカーの期待下図のように完成されていた時点で、2003年から2010年に製造されました。

必然的に、限定版のモデルの連続は「スターリング・モス」は、メルセデス・ベンツ/マクラーレンとのパートナーシップの下で構築された最後であること、ありました。 1955年のオリジナルの一眼レフスポーツレーサーによって韓国のデザイナーユン・イル・フンによる内装と明らかにインスピレーションを得た、スターリング・モスの俊足を誇らしげに宣言した2009年、そのメーカーに北米国際自動車ショーで紹介されました: ‘この極端な概念は新しいなります高性能スポーツカー正当な英国のモーターレースの伝説の名の担い手とミッレミリアの記録保持者1950年代に勝利に勝利から伝説のメルセデス・ベンツSLRレーシングカーを運転したスターリング・モス、。 ‘

屋根とフロントガラスの両方を欠く、スターリング・モスは、通常の一眼レフよりも約200キロ軽量化した、とスーパーチャージャーV8エンジンから利用できる640bhpで、毎時350キロの最高速度への道に3.5の下秒で毎時100キロまで加速する可能性が(毎時220マイル)。生産は2009年6月に始まり、すべての75の車は、彼らが唯一の既存の一眼レフの所有者に利用可能であった2009年12月までに完了されていました。 「この排他的な車両は、現在の一眼レフ家族の結論を表現するだけでなく、「メルセデス・ベンツ宣言し、「それはまた、非常に特別なとして機能し、彼らが獲得することができる唯一の​​ものであるために、一眼レフの顧客の最も忠実にありがとうございましたスターリング・モス」。

マクラーレンから直接購入し、最初の2009年10月26日に登録され、このスターリング・モスは、新しいから一つだけ所有者を持っていたし、配信以来、認定7200キロをカバーしています。事故のないと破損していないが、この超排他的なスーパーカーは、条件「新規として「効果的で提示され、スイスのカルトグリスが付属しています。

このモーターカーは、それがEUに残るべきである19%の輸入税率が適用されますのでご注意ください。

2009 Mercedes-Benz SLR McLaren ‘Stirling Moss’
Chassis no. WDD 199 976 M90 003 2
Engine no. 155980
•One of only 75 made
•Bought directly from McLaren
•One owner from new
•Registered in Switzerland

‘The Mercedes-Benz SLR McLaren revives the glorious tradition of the SLR and marks the reawakening of Mercedes-Benz’s passion for super sports cars. It is a passion which can be traced way back through automotive history and which was demonstrated with the Uhlenhaut Coupé. A contemporary interpretation of stylistic elements lifted from the original SLR and design details taken from the 2003 Formula 1 Silver Arrows allows the 21st-Century SLR to form a bridge between the past and the future, bringing cutting-edge motorsport technology to the road, just as the inspirational SLR Coupé did in 1955.’ – Daimler Chrysler.

Their new supercar allowed Mercedes-Benz and its then Formula 1 partner, McLaren to showcase their collective experience in the development, construction and production of high-performance sports cars and, just like its legendary 300 SLR predecessor of 1955, incorporated technological developments which were ahead of their time. Yet the term ‘supercar’ does not do full justice to the SLR, which, its peerless performance notwithstanding, is a luxurious and finely engineered Gran Turismo in the best traditions of Mercedes-Benz.

The heart of any car is its engine, and that of the SLR McLaren is truly outstanding. Produced at Mercedes-Benz’s AMG performance division, where each unit was the responsibility of one engineer who carried out the entire assembly process, it is a 5.5-litre, 24-valve, supercharged V8 producing 617bhp, making it one of the most powerful engines ever found in a series-produced road-going sports car. Impressive though this peak horsepower figure is, it is the torque produced by this state-of-the-art ‘blown’ motor that is its most remarkable feature. The torque curve is almost flat: there is already 440lb/ft by 1,500 rpm and well over 500lb/ft between 3,000 and 5,000 revs. As Car & Driver magazine observed: ‘This lends mind-boggling elasticity to the SLR, with passing performance that has to be felt to be appreciated.’

In the interests of maximum fuel efficiency, the screw-type compressor is controlled by the engine management system, which is sensitive to engine speed and load, and is only activated – albeit instantaneously – when the driver floors the accelerator. Needless to say, the Mercedes-Benz SLR McLaren delivers performance figures which even today are among the best in its class, taking just 3.8 seconds to sprint from 0 to 100km/h (62mph), it passes the 200km/h (125mph) mark after 10.6 seconds and from a standing start takes just 28.8 seconds to reach 300km/h (186mph). The two-seater has a top speed of 334km/h (207 mph).

A front-engined layout was chosen for the SLR in the interests of optimum weight distribution, handling dynamics and braking stability, the motor’s dry-sump lubrication system – more commonly found in competition cars – enabling it to be mounted lower in the chassis. The five-speed automatic transmission, already used in several high-performance Mercedes-Benz models, was specially optimised for very high torque and also offers the driver the option of choosing between different shift characteristics using the Speedshift system.

Extending the long-term technological collaboration that Mercedes-Benz and McLaren had enjoyed in Formula 1, the SLR’s carbon fibre composite monocoque body/chassis structure was produced in the latter’s all-new facility in Woking, England. Carbon fibre has been used for decades in the aeronautical industry and in the construction of Formula 1 cars, but is comparatively rare in series-produced road cars because of the expense involved in manufacturing composite structures by hand. Using several patented innovations, Mercedes-Benz and McLaren were able to bring a measure of automation to the carbon fibre manufacturing process, enabling the material’s benefits of low weight, exemplary rigidity and strength, corrosion resistance and significantly higher energy absorption in the event of an impact, to be offered in the SLR. Its designer Gordon Murray, the man responsible for the McLaren F1 sports car, considered the Mercedes-Benz SLR McLaren the safest supercar to date.
This philosophy of weight saving was extended to the design of the suspension. Clearly showing its Formula 1 parentage, the latter is by means of double wishbones all round, forged in aluminium, as are the hub carriers. The anti-roll bar is positioned above the front suspension and – as in Formula 1 – is controlled via rocker arms. A relatively long wheelbase (at 2,700mm) also contributes to the SLR’s exemplary handling and directional stability, while the wide track, combined with the low centre of gravity, allows high cornering speeds.

The power-assisted rack-and-pinion steering is speed sensitive, while the SLR’s Sensotronic Brake Control (SBC) and Electronic Stability Program (ESP) enable its sporting nature to shine through while maintaining the usual safety standards, achieving an ideal compromise between outstanding dynamic handling and exemplary directional stability. The pioneering use of composite technology has also been extended to the brake discs, which are manufactured from a fibre-reinforced ceramic material capable of withstanding extremely high temperatures and offering a level of fade resistance hitherto unattainable in series-produced road cars. Topping off this technological tour de force is the electronically controlled rear spoiler, which rises to an angle of 65 degrees when the driver brakes heavily, boosting the braking effect by increasing aerodynamic drag and lending the SLR outstanding stability when braking from high speeds. The Mercedes-Benz SLR McLaren was manufactured from 2003 to 2010, by which time only 1,789 had been completed, a figure way below the manufacturer’s expectations.

Inevitably, there was a succession of limited edition models, the ‘Stirling Moss’ being the last built under the Mercedes-Benz/McLaren partnership. Styled by the Korean designer Yoon Il-hun and clearly inspired by the original SLR sports-racer of 1955, the Stirling Moss speedster was introduced at the North American International Auto Show in 2009. Its makers proudly declared: ‘This extreme concept makes the new high-performance sports car a legitimate bearer of the name of the British motor racing legend and Mille Miglia record-holder Stirling Moss, who drove the legendary Mercedes-Benz SLR racing cars from victory to victory during the 1950s.’

Lacking both a roof and windscreen, the Stirling Moss was approximately 200kg lighter than the regular SLR, and with 640bhp available from the supercharged V8 engine, could accelerate to 100km/h in under 3.5 seconds on its way to a top speed of 350km/h (220mph). Production began in June 2009 and all 75 cars had been completed by December 2009. They were available only to existing SLR owners. ‘Not only does this exclusive vehicle represent the conclusion of the current SLR family,’ declared Mercedes-Benz, ‘it also serves as a very special thank you to the most loyal of SLR customers, for they are the only ones able to acquire a Stirling Moss.’

Bought directly from McLaren and first registered on 26th October 2009, this Stirling Moss has had only one owner from new and has covered a certified 7,200 kilometres since delivery. Accident-free and undamaged, this ultra-exclusive supercar is presented in effectively ‘as new’ condition and comes with a Swiss Carte Grise.

Please note this motor car is subject to an import tax rate of 19% should it remain in the EU.

 

http://www.bonhams.com/auctions/23590/lot/122/

関連記事

【ヤフオク】近日完成、メルセデス・ベンツ540K(スイス・スバッロ社製)

自動車基本情報 メーカー名 メルセデス・ベンツ 車種名 メルセデス・ベンツ

記事を読む

Mercedes SLR Stirling Moss ¥ASK

車両価格:ASK Body Type: Convertible , Classic / I

記事を読む

Mercedes Benz G63 6X6 6057万円

現在価格:US $500,000 即決: $1,150,000 2014 Mer

記事を読む

Mercedes-Benz 300 SL Coupe  ¥ASK

車両価格:ASK ガルウィング、メルセデス300 SLクーペに人気の名前は、おそらくす

記事を読む

1994 McLaren F1 2億1109万円(SOLD)

Sold for $1,705,000 Less Than 3,300 Miles

記事を読む

2009 Mercedes-Benz SLR McLaren 8371万円

車両価格:$699,950 2009 Mercedes-Benz SLR McLare

記事を読む

Mercedes-Benz SLR McLaren 722 Edition 6496万円

車両価格:€479,000 -255 Radio MB Audio 30 -376

記事を読む

2006 Mercedes-Benz SLR Mansory Renovatio Edition ¥ASK

車両価格:ASK 1,000 kms. Call or ema

記事を読む

McLaren MP4-12C Coupé 3.8 V8 2509万円

車両価格:190,000スイスフラン Etat Neuf Très bell

記事を読む

1968 マクラーレン M4A F2 ¥ASK

車両価格:ASK 1968マクラーレンM4A F2シャーシ番号200/20 / Fは、

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク