*

PR

2006 PORSCHE CARRERA GT ROADSTER 8100万円~9300万円

公開日: : ポルシェ ,

image

<スポンサーリンク>

予想価格:€650,000 – 750,000

2006ポルシェカレラGTロードスター
シャーシがありません。 WPOZZZ98Z6L000110
エンジンがありません。 90630639
•ヨーロッパに新しい配信
•ワンオーナー
新しいから•年頃14300キロ
•フルポルシェ工場サービス履歴
•前に販売のために提供しないでください

ポルシェは2004年に「カレラ」に「GT」名称を添付することを決めたとき、それはその競争のルーツへの復帰をマークし、元のタイプ50年以上前の550のものをリコール新しいフラッグシップスーパーカーのルックス。 「プロジェクトコード80」として知られ、フロントランキングスーパーカーはダースGT1sのカップルは、道路の使用のために適合された、より実用的な何かがために必要とされるであろうが、ポルシェのル・マンは1998年に911 GT1に勝つ次始まった開発するためのプログラム大量生産、それはGT1の先進技術を新しいモデルに引き継がれることを意図していたのに。

ポルシェは非常に特別な何かを計画していたという最初のヒントは、アメリカのグラントラーソンによって設計されたコンセプトカーは、パリモーターショーでシュトゥットガルトの製造元のスタンドに登場し、2000年に滴下しました。その圧倒的好評を生産するのに適したバージョンの開発を開始するためにポルシェに緑色の光を与えました。

それは試練に耐えた水平対向6気筒の911で使用される設計とボクスターが、所望の影響を達成するために大幅に異なることが必要な新しいモデルに固執するのは簡単にすべてをされていると思います。幸いなことに、適切な電源ユニットが手にあった:5.5リットルの四つのカムV10は、まだ生まれのルマンレーサーのために数年以前に開発されました。後者は、GT1を持っていたとして、炭素繊維モノコックを組み込まれていた、と建設のこの最先端の方法は、道路の車の要件を満たした形ではあるが、カレラGTに持ち越されました。ポルシェのエンジニアはそれ自体がエンジン支持構造体に、この材料の使用を拡張することによって解決する問題の追加セットを与えました。小径の開発は、セラミック複合材料を組み込んだ多板クラッチは、V10エンジンが平坦6で可能であったであろうよりも低重心に生じる、シャーシに低く搭載する有効。生産が開始する前に、V10は8,000rpmで、612bhpのその最大の生産、5.7リットルに拡大されることになります。 6速マニュアルトランスミッションは、利用可能なだけでした。

明らかに、このような重要性の車が販売用にリリースされる前に、完璧な道路のマナーを保有しなければならない、とポルシェは厳しいニュルブルクリンク回路の無数のラップを含め、開発、を支援するためにレースドライバーヴァルター・ロールを採用し、この完璧を確保するために。高速安定性の利益のために後部車体はスピードが戻って毎時50マイルに低下した場合に後退、毎時75マイルの周りに自動的に立ち上がる翼を内蔵しています。これには単なるギミックが、毎時200マイルを超えることのできる車の中で重要な必要性はなかったです。

カレラGTのサスペンションは、不等長コントロールアームをプッシュロッドとロッカーを介して操作水平に取り付けられたガスショックアブソーバーとのすべてのラウンドを搭載し、純粋な競技車です。そのブレーキはあまりに競馬場は耐性より多くの熱と鋳鉄製の同等物よりも軽い50%15 “直径セラミック複合ディスクを把持6ピストンのアルミキャリパーからなる、開発されています。より多くの重量は、鍛造マグネシウムで作られている車輪、から救われました(19「フロント、20 “リア)ステアリング用パワー・アシストがあったようにABSは、標準装備でした。

生産カレラGTは2004年に発売されたとき、それはまだ無数の点で微妙に異なっていた2000年のパリショー車と非常に似て見えました。もう一つの明らかな違いは、フロントラゲッジコンパートメントに収納するために除去することができた2つの部分から構成され、オープンプロトタイプ、上で不足している機能GTの屋根でした。ギアレバーノブは伝説のポルシェ917耐久レーサーで、この伝統的な材料の可能性は低い使用を想起し、木で作られた一方で内部に、座席は革トリミング炭素繊維で作られていました。

もちろん、もはや路上パフォーマンスに究極を提供するだけで十分ではない。これらの日目の肥えたスーパーカーのバイヤーはまた、車載のモバイル通信技術では非常に最新の求められています。カレラGTプロジェクトエンジニアは、Boseサウンドシステム、ハンズフリーの電話、電子メールやインターネットの接続性を取り入れた「ポルシェオンラインプロ」衛星ナビゲーションとそれを装備、この点で出し惜しみませんでした。 5ピース荷物セットはおそらく驚くべきことに、空調は、オプションの「余分」だった、しかし追加費用なしで仕様書に含まれていました。

(工場出荷時は、その博物館のための「1番」を保持)ポルシェは1500カレラGTのは​​、それによって車の排他性を強調し、なされるだろうと述べ、それぞれの例では、センターコンソール上の番号プラークを運びます。イベントでは、カレラGTは生産が2007年に停止した場合にのみ1207が完了したために、そのメーカーはもともと、意図していたよりもさらに多くの排他的であることが判明するだろう。

2005年11月に完成した2006年モデルは、カレラGT番号「1130」はオーストリアの国番号と、まれ欧州仕様車です。この車は現在の所有者、ポルシェ車のよく知られたコレクタに新しい配信された、と自分の名前と彼の会社の両方に登録されています。新しいタイヤのセットが最後のサービスの間に装着した一方で、定期的にライプツィヒでポルシェ工場によってコストに関係なくサービスを受ける、それは、それが簡単に駆動するようになって、年頃12000キロで、最新のクラッチのアップグレードを受けました。無料の事故と再描画することはありません、このカレラGTは、その革の財布、2キー、およびすべての書籍/ツールが付属しています。付属のマニュアルには、(完全に工場によってスタンプ)サービスブックレット、ドイツの登録書類、適合のポルシェ証明書で構成され、111点がポルシェライプツィヒで行わチェック。

このようにして製造数と個人コレクターの手の中にすべてで、カレラGTはまれにしか公開市場で見られません。現存する最高の一つとして説明し、このワンオーナー車では初めての販売のために提供し、自動車・ドライバーが定格何獲得する素晴らしい機会表す「間違いなく同社がこれまで生産している最高級のスポーツカーを。」

2006 Porsche Carrera GT Roadster
Chassis no. WPOZZZ98Z6L000110
Engine no. 90630639
•Delivered new to Europe
•One owner
•Circa 14,300 kilometres from new
•Full Porsche factory service history
•Never before offered for sale

When Porsche decided to attach the ‘GT’ appellation to ‘Carrera’ in 2004, it marked a return to its competition roots, the new flagship supercar’s looks recalling those of the original Type 550 of 50-plus years ago. Known as ‘Project Code 80’, the programme to develop a front-ranking supercar had begun following Porsche’s Le Mans win with the 911 GT1 in 1998. Although a couple of dozen GT1s were adapted for road use, something more practical would be required for volume production, though it was intended that the GT1’s advanced technology would be carried over to the new model.

The first hint that Porsche was planning something very special was dropped in 2000 when a concept car designed by American Grant Larson appeared on the Stuttgart manufacturer’s stand at the Paris Motor Show. Its overwhelmingly favourable reception gave Porsche the green light to commence development of a version suitable for production.

It would have been all to easy to stick with the tried and tested flat-six engine design used in the 911 and Boxster but the new model needed to be significantly different in order to achieve the desired impact. Fortunately there was a suitable power unit to hand: a 5.5-litre four-cam V10 developed a few years previously for a still-born Le Mans racer. The latter had incorporated a carbon-fibre monocoque, as had the GT1, and this state-of-the-art method of construction was carried over to the Carrera GT, albeit in a form that met the requirements of a road car. Porsche’s engineers gave themselves an additional set of problems to solve by extending the use of this material to the engine support structure. The development of a small-diameter, multi-plate clutch incorporating ceramic composite materials enabled the V10 engine to be mounted low in the chassis, resulting in a lower centre of gravity than would have been possible with a flat six. Before production commenced, the V10 would be enlarged to 5.7 litres, producing its maximum of 612bhp at 8,000rpm. A six-speed manual transmission was the only one available.

Clearly, a car of such importance would have to possess perfect road manners before being released for sale, and to ensure this perfection Porsche employed racing driver Walter Röhrl to assist with development, which included countless laps of the demanding Nürburgring circuit. In the interests of high-speed stability the rear body incorporates a wing that rises automatically at around 75mph, retracting when the speed drops back to 50mph. This was no mere gimmick but a vital necessity in a car capable of exceeding 200mph.

The Carrera GT’s suspension is pure competition car, featuring unequal-length control arms all round with horizontally mounted gas shock absorbers operated via pushrods and rockers. Its brakes too are racetrack developed, consisting of six-piston aluminium callipers gripping 15″ diameter ceramic composite discs that are more heat resistant and 50% lighter than cast-iron equivalents. More weight was saved from the wheels, which are made of forged magnesium (19″ front, 20” rear) while ABS was standard equipment, as was power assistance for the steering.

When the production Carrera GT went on sale in 2004 it looked remarkably similar to the 2000 Paris Show car yet was subtly different in countless ways. One more obvious difference was the GT’s roof, a feature lacking on the open prototype, which consisted of two parts that could be removed for stowage in the front luggage compartment. Inside, the seats were made of leather-trimmed carbon fibre while the gear lever knob was made of wood, recalling the unlikely use of this traditional material on the legendary Porsche 917 endurance racer.

Of course, it is no longer sufficient merely to deliver the ultimate in on-the-road performance: these days the discerning supercar buyer also demands the very latest in in-car mobile telecommunications technology. The Carrera GT project engineers did not skimp in this respect, equipping it with ‘Porsche Online Pro’ satellite navigation incorporating a Bose sound system, hands-free ‘phone, and email and Internet connectivity. A five-piece luggage set was included in the specification at no extra cost though, perhaps surprisingly, air conditioning was an optional ‘extra’.

Porsche stated that only 1,500 Carrera GTs would be made, thereby emphasising the car’s exclusivity, and each example carries a numbered plaque on the centre console (the factory retained ‘No.1’ for its museum). In the event, the Carrera GT would turn out to be even more exclusive than its maker had originally intended, for when production ceased in 2007 only 1,207 had been completed.

A 2006 model completed in November 2005, Carrera GT number ‘1130’ is a rare European specification car, with the country code for Austria. This car was delivered new to the present owner, a well known collector of Porsche vehicles, and has been registered in both his own name and that of his company. Regularly serviced regardless of cost by the Porsche factory in Leipzig, it received the latest clutch upgrade at circa 12,000 kilometres, making it easier to drive, while a set of new tyres was fitted during the last service. Accident free and never repainted, this Carrera GT comes complete with its leather wallet, two keys, and all books/tools. Accompanying documentation consists of the service booklet (fully stamped by the factory), German registration papers, Porsche Certificate of Conformity, and a 111 points check carried out at Porsche Leipzig.

With so few produced and all in the hands of private collectors, the Carrera GT is only rarely seen on the open market. Described as one of the best in existence, this one-owner car is offered for sale for the first time and represents a wonderful opportunity to acquire what Car & Driver rated ‘arguably the finest sports car the company has ever produced.’

http://www.bonhams.com/auctions/23591/lot/111/

関連記事

ポルシェ 356 356S カルマン・ハードトップ ¥ASK

車両価格:ASK 1962年式 ポルシェ 356S カルマン・ハードトップ &n

記事を読む

Porsche GT3 Cup S /997 1159万円

車両価格:€85,000 ポルシェGT3Cup S モデル2008、エンジンr

記事を読む

1974 ポルシェ 911 935 RE-CREATION 現在価格:300万円

現在価格:$25,200 1974ポルシェ935分の911 K3トリビュートレースカー

記事を読む

1989 Brun Porsche 962C Group C Sports Prototype 9600万円~1億2000万円

車両価格:€750,000 - 950,000 元ブルン・モータースポーツ、オスカー・

記事を読む

Porsche 356B T-5 Super Cabriolet ¥ASK

車両価格:ASK The Porsche 356 was the first pro

記事を読む

【ヤフオク】ポルシェ 911 GT3RS type997 3.8L後期型 希少車!!

日頃の感謝を込めて赤字覚悟の価格に付き早い者勝ち! ポルシェ911 GT3RS希

記事を読む

Porsche 924 SCCA 15  1345万円

車両価格:€100,000 Nr. 15 von 15 gebauten, wer

記事を読む

Porsche 996 GT 3 Rallye 940万円

車両価格:€69,500 new built 2014,Full-Spec ht

記事を読む

Porsche 928 S4 1989 ¥ASK

車両価格:ASK ポルシェ928 S4 1989 13000ミル。フル機能のスウェーデ

記事を読む

ポルシェ 356A T1 スピードスター 4736万円

車両価格:€365,000 Category Cabrio/Roadster

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク