*

PR

1973 FERRARI DINO 246GT COUPÉ 3100万円~4300万円

公開日: : フェラーリ , ,

image

<スポンサーリンク>

予想価格:€250,000 – 350,000

25年以来、同じ民間所有で
1973フェラーリディーノ246GTクーペ
シャーシがありません。 6580
エンジンがありません。 10875
•EU内の新しい配信
•最後の「E」シリーズのひとつ
•1990年代初頭に復元
•過去25年間、現在の所有権

「能力遠くても、専門家のドライバが最も現実世界のモータリングに使用できるものを超えており、それがあるためにディノの理由であるディノ、1のような車を運転するためのスリルです。良いミッドシップ車の本当の喜びは、そのハンドリングとブレーキングであり、我々はそれが期待どおりにディーノは輝いていました。ステアリングは、超迅速されることなく、迅速であり、それはタイヤで起こっているまさにフィードバックの慎重に計画量を思われるものによって送信されます。慣性のレイアウトの低極性瞬間のおかげで車はそれに即座に応答します。ディノのコーナリング限界が非常に高いです…」 – ロード&トラック。

これは、1967年にトリノモーターショーで、ディーノV6」のクワッドのラインで最新の「ジュニア」フェラーリ、ディノ206 GTの導入を促していた新しいフォーミュラ2の生産ベースのエンジンの必要性でしたアンドレア・デ・Adamichは1968年アルゼンチンTemporadaシリーズに勝利しながら、1950年代後半にさかのぼる-cam」エンジンは、新しいユニットは、ヨーロッパ選手権の両方で優勝レースデレック・ベルとエルネスト・ブランビラ、ショールームのように競馬場のような成功を証明しました。

1966年のその成功した限定版ディーノ206 Sスポーツ・レーサーで得た経験を踏まえ、フェラーリは、道路の車のためのレーサーのミッドシップレイアウトを保持したが、横方向ではなく縦方向に電源装置を設置しました。印象的な外観のコンパクト、アルミボディのクーペは、ピニンファリーナスタイルディノ – フェラーリAlfredinoエンツォフェラーリの後半の息子にちなんで名付けられた、独立したが、関連ブランドの最初として意図は – 2.0リットル、4-カムV6の駆動により電力を供給されイン・ユニット5速トランスアクスルを介して。モーターの180ブレーキ馬力は毎時142マイルに軽量、空気力学的効率のディノを推進するのに十分よかったので、クルマのパフォーマンスに関するいくつかの苦情があった一方で、そのアルミニウム構造によって強制高いコストが売上を妨げました。

長いホイールベースに2.4リットルのバージョン – 246 GTは – スカリエッティによって建てられた後期1969年に元のディーノ206を交換し、体は今鋼とシリンダブロック鋳鉄製ではなく、アルミニウムが、より大きなエンジンの電力の増加でした – 7,600rpmで195bhp – 適切な体重増加のための補償。タルガトップバージョン、246 GTSは、1972年に続いディーノ3つのシリーズに建てられた246: ‘L’、 ‘M’と ‘E’、仕様の詳細の変更を反映するこれらの名称。 3のうち、 ‘M’シリーズは、これまでで唯一の1971年の早い月の間に製造され、最も稀です。前述の「L」シリーズからの変更点は、後部トラックで30ミリメートルの増加が含まれていました。ロードホイールの5ボルト固定。内部ブートリリース。座席に取り付けられたヘッドレスト。そして、エンジンとギアボックスの様々なマイナーな改良。最後の「E」シリーズは、エンジンとギアボックス、および多数の他のよりマイナーな変更に更なる改良と一緒に前任者に組み込まれたすべての動向を特色にしました。

なく、かなりの速直線でその大きいV12エンジン搭載stablematesなどが、軽快ディノは曲がりくねっ以上のかかとのクリーンペアが起こってほとんど何を示すことができました。本当にドライバーの車飛び抜けて優秀とまだ非常に今日みなします。
構築された約200 ‘シリーズE’の車の一つは、ディノは、ここに提供される、一致する番号例フェラーリから対応して確認されたように(シャーシ/エンジン/ギアボックス)です。 ‘6580’は、シートベルトや電気窓、エアコンが備わっマラネロ工場を離れ、「デイトナ」のブラックレザーシートを装備されています。後者は、当時のオプションだったが、ベージュのインテリアとのBlu Scuroに完成した配信されたこの車にオリジナルではありません。その他の注目すべき特徴は、電気、空中アナログTripmaster、および期間盗難防止装置(エンジンカットアウトボタンクラッチの隣)と(非オリジナル)ラジオ/カセットを含みます。

車台番号「6580」はイタリアで新しい配信され、モータースパ、ボローニャでのフェラーリのコンセッショネアで販売されていました。車はフェラーリが最後の25年間、現在の所有者で、その保管会社によりベルギーのmarque専門GiPiMoから購入した1991年に1988年にベルギーで氏Ulrixに移動し、1980年代に手を変えました。車が悪い状態で購入したが、完全なので、復元のための理想的な候補者でした。 1991/1992で、標準的な「新よりも良い」に復元、ディーノは黒内装トリムと赤で名産と復元を記録する写真が付属していますされています。定期的なメンテナンス以外の作業なしには、それ以来行われていない、と塗装はまだ20歳以上であることにもかかわらず、非常によく示しています。ディノは、ベルギーの登録書類で提供されます。モデル上のパンフレットや書籍;そして多くの人が一緒に約€5,000合計2014年GiPiMoから他の人と、復元に関連を含む請求書、かなりの量。

In the same private ownership since 25 years
1973 Ferrari Dino 246GT Coupé
Chassis no. 6580
Engine no. 10875
• Delivered new within the EU
• One of the final ‘E’ series
• Restored in the early 1990s
• Present ownership for the last 25 years

‘It is a thrill to drive a car like the Dino, one whose capabilities are far beyond what even an expert driver can use in most real-world motoring, and that is the Dino’s reason for being. The real joy of a good mid-engined car is in its handling and braking and the Dino shone as we expected it to. The steering is quick without being super quick, and it transmits by what seems a carefully planned amount of feedback exactly what is going on at the tyres. Thanks to the layout’s low polar moment of inertia the car responds instantly to it. The Dino’s cornering limits are very high… ‘ – Road & Track.

It was the need for a production-based engine for the new Formula 2 that had prompted the introduction of a ‘junior’ Ferrari, the Dino 206 GT, at the Turin Motor Show in 1967. The latest in a line of Dino V6 ‘quad-cam’ engines stretching back to the late 1950s, the new unit proved as successful on the racetrack as in the showroom, Derek Bell and Ernesto Brambilla both winning races in the European Championship, while Andrea de Adamich triumphed in the 1968 Argentine Temporada series.

Building on experienced gained with its successful limited edition Dino 206 S sports-racer of 1966, Ferrari retained the racer’s mid-engined layout for the road car but installed the power unit transversely rather than longitudinally. A compact, aluminium-bodied coupé of striking appearance, the Pininfarina-styled Dino – named after Enzo Ferrari’s late son Alfredino Ferrari and intended as the first of a separate but related marque – was powered by a 2.0-litre, four-cam V6 driving via an in-unit five-speed transaxle. The motor’s 180 brake horsepower was good enough to propel the lightweight, aerodynamically-efficient Dino to 142mph, and while there were few complaints about the car’s performance, the high cost enforced by its aluminium construction hindered sales.

A 2.4-litre version on a longer wheelbase – the 246 GT – replaced the original Dino 206 in late 1969. Built by Scaglietti, the body was now steel and the cylinder block cast-iron rather than aluminium, but the bigger engine’s increased power – 195bhp at 7,600rpm – adequately compensated for the weight gain. A Targa-top version, the 246 GTS, followed in 1972. The Dino 246 was built in three series: ‘L’, ‘M’ and ‘E’, these designations reflecting detail changes in the specification. Of the three, the ‘M’ series is by far the rarest, being produced during the early months of 1971 only. Changes from the preceding ‘L’ series had included a 30mm increase in rear track; five-bolt fixing for the road wheels; internal boot release; seat-mounted headrests; and various minor improvements to the engine and gearbox. The final ‘E’ series featured all the developments incorporated into its predecessors together with further improvements to the engine and gearbox, and numerous other more minor changes.

While not quite as fast in a straight line as its larger V12-engined stablemates, the nimble Dino was capable of showing almost anything a clean pair of heels over twisty going. Truly a driver’s car par excellence and still highly regarded today.
One of approximately the 200 ‘Series E’ cars built, the Dino offered here is a matching numbers example (chassis/engine/gearbox) as confirmed in correspondence from Ferrari. ‘6580’ left the Maranello factory equipped with air conditioning, seat belts and electric windows, and has been fitted with ‘Daytona’ black leather seats. The latter were an option at the time but are not original to this car, which was delivered finished in Blu Scuro with a beige interior. Other noteworthy features include a (non-original) radio/cassette with electric aerial, an analogue Tripmaster, and a period anti-theft device (an engine cut-out button next to the clutch).

Chassis number ‘6580’ was delivered new in Italy and sold by Motor Spa, the Ferrari concessionaire in Bologna. The car changed hands in the 1980s, moving to a Mr Ulrix in Belgium in 1988. In 1991 the Ferrari was purchased from the Belgian marque specialist GiPiMo by the current owner, its custodian for the last 25 years. The car was purchased in poor condition but was complete and thus an ideal candidate for restoration. Restored to ‘better than new’ standard in 1991/1992, the Dino has been refinished in red with black interior trim and comes with photographs recording the restoration. No work other than routine maintenance has been carried out since then, and the paintwork still presents very well despite being over 20 years old. The Dino is offered with Belgian registration papers; a brochure and book on the model; and a substantial quantity of invoices, including many relating to the restoration, together with others from GiPiMo in 2014 totalling approximately €5,000.

http://www.bonhams.com/auctions/23591/lot/126/

関連記事

Ferrari 308 GTB polyester 4026万円

車両価格:€300,000 FERRARI 308 GTB polyester 1º mis

記事を読む

フェラーリ F40 GTE仕様 ¥ASK

車両価格:ASK フレームから全て、イタリアにてミケロットパーツを使用し製作 h

記事を読む

1953 Ferrari 250 Europa 2億8125万円

車両価格:$2,288,888 FERRARI EUROPA - Chassis 0321

記事を読む

【ヤフオク】テスタロッサ ディーラー車

今回限りの出品です。 現在市場に出ているテスタロッサの中では最も安いのではないでしょう

記事を読む

FERRARI 308 GRB Michelotto ¥SOLD

車両価格:SOLD   One of only 15 Ferrari

記事を読む

Ferrari 308 GTB Gruppo 4 2400万円

  車両価格:€215,000 フェラーリ308 GTBグループ419

記事を読む

Ferrari 275 GTB Alloy 6c ¥ASK

車両価格:ASK A very special Ferrari 275 GTB/2 c

記事を読む

1977 Ferrari 308 GTB Vetroresina 1839万円

Sold for (£): 100,000 Introduced by Ferrari

記事を読む

1991 フェラーリ テスタロッサ 1380万円

車両価格:1380万円 レッド/クリームレザー 走行25,000km http:

記事を読む

【ヤフオク】希少★フェラーリ360チャレンジ D車、サーキット未使用車

両詳細 2001yモデル 7,000 km(走行距離不明) ディーラー車 点検記録

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク