*

PR

1991-1992 BENETTON-FORD B191/191B 2700万円~3500万円

image

<スポンサーリンク>

 

予想価格:€220,000 – 280,000

元ミハエル・シューマッハ、ネルソン・ピケ、マーティン・ブランドル
1991-1992ベネトン・フォードB191 / 191Bフォーミュラ1レースシングルシーター
シャーシがありません。 B191B-06
ここでは、オンボタン、ベネトン・フォードは1991年から1992年の世界選手権のレースの季節にさかのぼる現代の時代3.5リットルのフォーミュラ1の完璧よく示す例この実行順序を提供して喜んでいます。この個々の車は、それを運動を三大のドライバーのキャリアの中で画期的な性能を提供しました…

三回F1世界チャンピオンドライバーネルソン・ピケは、1991年シーズンの終わりに美しいアデレード通りと緑地回路上のオーストラリアのラウンドで、その中に彼の最後のグランプリレースを完了しました。現代のフォーミュラ1のテレビ解説者と名高い評論家マーティン・ブランドルは、1992年南アフリカGPで彼のベネトンチームのデビュー時にこの自己同じ車を運転し、そして偉大な7回のフォーミュラ1世界チャンピオンドライバーミハエル・シューマッハは、「非常に最初を獲得メキシコシティで1992年メキシコグランプリでは、この車を使用して、彼のきらびやか最高峰レベルのキャリアの表彰台」フィニッシュ。

1991年ベネトンフォーミュラ1チームのB191-フォードのデザインは、ジョン・バーナードによってマスター志向だった – より最近ウィリアムズ、マクラーレンやレッドブル・レーシングの名声のエイドリアン・ニューエイに従う憧れの同じ種類と期間に非常に見なさ。ベネトンフォーミュラ組織はB191のデザインの中に、インストールを容易にするために、排他的に1991年の間、フォードの作品相手チームとしての地位を固め、シリーズVフォードHB V8エンジンは、特別に設計されたカムカバーを装着した最先端のラグのシリーズを使用していますシリンダブロックベースの対応する4つのラグと一緒に、それは堅くモノコック胴体の背面にボルトで固定することができました。

その更新された1992年「B’-仕様形でここに提供されるシャーシのB191-06」は、実際にその年の8月11日にブダペスト外ハンガロリンクで1991年ハンガリーGPでのレースデビューを果たしました。ネルソン・ピケは、スターティンググリッド上の34項目のうち、車、予選11位を運転したが、ギアボックスの故障に起因する競争から押し出されています。

ネルソン・ピケは、再び彼は世界選手権ポイントを獲得するために5位に入賞、この時間は最速の資格の11日を有するが、9月22日にエストリルでのポルトガルグランプリに再びシャーシ「06」を運転しました。

スペインGPは、バルセロナ、ネルソン・ピケ予選10日に9月29日に続くが、問題を抱えたレース後11日を終えました。その後、10月20日に強大な鈴鹿での日本GPで彼のために改良された運命。予選「06」10日と7位で厳しいレースを終えました。

11月3日にアデレードでのオーストラリアGPはネルソン・ピケのswansongフォーミュラ1の外観を目撃することでした。そのうまく配置された参加者のための半分のポイントを獲得 – レースは、レースが赤籍停止していた後、彼は、第4分類したとして浮上集中豪雨によって短縮が、ピケのは、雨天のドライビングスキルを祝いました。

ベネトンチームは次のシーズンの初期の「フライ・アウェイ」のレース用B191B仕様に更新され、そのB191車を保持し、フォードHBエンジンは、空気圧バルブシリーズVI形式に1991シリーズV仕様から開発されました。 1992年3月1日には、ここに提供されるシャーシのB191B-06 ‘はキャラミで南アフリカGPのための新しいチームドライバーマーティン・ブランドルに委ねられました。スターティンググリッド上で車の第八予選後のイギリス人は、クラッチの故障以下のレースの日に引退を余儀なくされました。

1992年3月22日には、シャーシの06 ‘は、その後急速に発展若いドイツのスタードライバー、ミハエル・シューマッハに配分されました…

彼は30エントリの速やか資格の3番手と第三位で、彼の初のフォーミュラ1「表彰台」仕上げを獲得するためにラウンド引き裂きました。車の今日は、この歴史的なレースに同じ仕様でお仕着せを着たされています。彼はその後、インテルラゴスでのブラジルGPのために5番手、その中に予選、そして再び彼の伝説的な式1のキャリアの第二のトップ3フィニッシュするための第3の仕上げによって、このようになりまし美しくベネトン・フォードでその性能をフォローアップ。車はその後、現役から引退しました。

このベネトンB191Bは72度フォードHB V8、ボアとストローク寸法95.0ミリメートルのXの61.6ミリメートル、立方容量3,494ccによって供給されています。 12.0の圧縮比で:1エンジンは、耳をつんざくよう13,800rpmに燃え、定格730bhpを​​開発しました。この電源ユニットは、ベネトン製6速ギアボックスを介して運転しました。 83.7lbs – – 成形カーボン複合構造のモノコックシャーシは、ちょうど38キロの重さとプッシュロッド作動すべて独立サスペンション、フロントとリアを運びます。フロントトラック幅1818ミリメートルとリアトラック幅1720ミリメートル – ホイールベースの​​長さは2880ミリメートルです。胴体内の燃料タンク容量204リットルです。

ジョン・バーナード、有名な英国の設計エンジニア、インディアナポリス “500’-支配チャパラル2Kとしてマスターマインドなど、革新的で大成功を収めたシングルシーターのレーシングカー、先駆的な炭素複合構造マクラーレンMP4 / 1およびMP4 / 2ファミリーのそう、特に世界の舞台にミハエル・シューマッハを投影世界選手権に輝いたマシン、「パドル変更」フェラーリ、これらBenettons。

非常にアップ掃引 – それはティレル019のそれと概念が類似していた… “それが最初に出てきたときに、誰もがジャンプアップと鼻約ダウンしたベネトン・フォードB191 / B191B-シリーズジョン・バーナードが思い出すだろうが空力特性を改善するためのフロントが。しかし、私はそれはティレルにより使用ガルウイング配置を必要とは思わなかったので、私たちはモデルを構築し、風洞でテストされ、それがうまく働いた。私たちは解放取り付けパイロンを、湾曲していました翼の真ん中、より安定した取付ポイントを作りました。

「私は彼らと一緒に始めたときベネトンチームは流動的な状態にあったので、私たちは他のすべてと私たちのプレート上で十分にあったので、私はあまりにも道出ていた車をしたくないと言ったつまり、シャーシは面白かったです。ほとんどの部分は、それは、従来、外部から成形したが、フロント第三は、私たちは、複雑な機械加工することなく、モノコックに直接ペダルのようなものをマウントすることができ、内側から成形した。私たちは、その後、外に薄い空気力学的な肌を接合します。

「ギアボックスが横方向に取り付けられた、我々はパドルシフトを持っているつもりだった – 。残念ながら、我々はそれのためのソフトウェアや電気系統を​​扱うこ​​とができませんでしたので、私たちは通常のギアシフトに戻った私はそれが私が設計し、最後の車だったと思いますシフトレバー。

。「ネルソン・ピケは、私がそれまでに設計されていたすべての車は、その最初のシーズンで優勝したのは非常に喜ばしいたB191を駆動する1991年のカナダGPで最初の場所を取った – とピケは、そのレコードを維持して私は約でチームを去りました。彼は91年の最後の5レースと’92の最初の3で自分の車を運転したのにその時は、私は “…、ミハエル・シューマッハの到着を逃しました

それは、ここに提供される非常に成功したB191 / B191Bを置き換えるために良い車を取って、ベネトンの交換B192は別のフォーミュラ1作りのスターによって設計されました – チームの新しいチーフエンジニア、ロス・ブラウン…

この美しい3.5リットルのV8のパワーで動くF1マシンは、比較的複雑でないと実行が容易です。現在の目利きのコレクターは彼の専門のレース準備会社を経由して元気いっぱいでベネトンを維持しているし、我々は新しい所有者/ドライバに非常にお勧め… 10フォーミュラ1世界選手権のタイトルとミハエル・シューマッハの物語内でのその重要性への複数の接続で、それは本当の身長の歴史的な産物です。

 

The Ex-Michael Schumacher, Nelson Piquet, Martin Brundle
1991-1992 Benetton-Ford B191/191B Formula 1 Racing Single-Seater
Chassis no. B191B-06
Here we are delighted to offer this running-order, on-the-button, impeccably well-presented example of a modern-era 3.5-litre Formula 1 Benetton-Ford dating from the 1991-92 World Championship racing seasons. This individual car provided landmark performances in the careers of three great drivers who campaigned it then…

Three-times Formula 1 World Champion Driver Nelson Piquet completed his last Grand Prix race in it, in the Australian round on the beautiful Adelaide street and parkland circuit at the end of the 1991 season. Present-day Formula 1 TV commentator and highly-respected pundit Martin Brundle drove this self-same car upon his Benetton team debut in the 1992 South African GP, and the great seven-times Formula 1 World Champion Driver Michael Schumacher scored the very first ‘podium’ finish of his glittering pinnacle-level career using this car, in the 1992 Mexican Grand Prix at Mexico City.

The Benetton Formula 1 team’s B191-Ford design for 1991 was master-minded by John Barnard – regarded very much in period with the same kind of admiration more recently accorded to Adrian Newey of Williams, McLaren and Red Bull Racing fame. The Benetton Formula organization consolidated its position as Ford’s works partner team during 1991. Exclusively to facilitate its installation within the B191 design, the Series V Ford HB V8 engine was fitted with specially-designed cam covers using a series of lugs on the leading edge which, in conjunction with four corresponding lugs of the cylinder block base, allowed it to be rigidly bolted to the back of the monocoque fuselage.

Chassis ‘B191-06’ offered here in its updated 1992 ‘B’-specification form, actually made its racing debut in the 1991 Hungarian Grand Prix at the Hungaroring outside Budapest on August 11 that year. Nelson Piquet drove the car, qualifying 11th out of 34 entries on the starting grid but being forced out of the race due to gearbox failure.

Nelson Piquet drove chassis ’06’ again in the Portuguese Grand Prix at Estoril on September 22, again having qualified 11th fastest but this time he finished fifth to score World Championship points.

The Spanish Grand Prix followed on September 29 at Barcelona, Nelson Piquet qualifying 10th but finishing 11th after a troubled race. Fortunes then improved for him in the Japanese Grand Prix at the mighty Suzuka on October 20; qualifying ’06’ 10th and finishing the gruelling race in seventh place.

The Australian Grand Prix at Adelaide on November 3 was to witness Nelson Piquet’s swansong Formula 1 appearance. The race was shortened by torrential rain, but Piquet’s celebrated wet-weather driving skills surfaced as he was classified fourth after the race had been red-flagged to a halt – earning half points for its well-placed participants.

The Benetton team retained its B191 cars updated into B191B specification for the early ‘fly-away’ races of the following season, the Ford HB engine having been developed from 1991 Series V specification into pneumatic-valve Series VI form. On March 1, 1992, chassis ‘B191B-06′ offered here was entrusted to new team driver Martin Brundle for the South African GP at Kyalami. After qualifying the car eighth on the starting grid the Englishman was forced to retire on race day following clutch failure.

On March 22, 1992, chassis ’06’ was then allocated to the fast-developing young German star driver, Michael Schumacher…

He promptly qualified third fastest of the 30 entries and tore round to score his first-ever Formula 1 ‘podium’ finish, with third place. The car today is liveried in the same specification to this historic race. He then followed up that performance in this now beautifully presented Benetton-Ford by qualifying fifth fastest in it for the Brazilian Grand Prix at Interlagos, and again finishing third for the second top-three finish of his now legendary Formula 1 career. The car was then retired from active service.

This Benetton B191B is powered by the 72-degree Ford HB V8, bore and stroke dimensions 95.0mm x 61.6mm, cubic capacity 3,494cc. With a compression ratio of 12.0:1 the engine revved to an ear-splitting 13,800rpm and developed a rated 730bhp. This power unit drove through a Benetton-made six-speed gearbox. The moulded carbon-composite construction monocoque chassis weighs just 38kg – 83.7lbs – and carries pushrod-actuated all independent suspension, front and rear. Wheelbase length is 2,880mm – front track width 1818mm and rear track width 1720mm. Fuel tank capacity within the fuselage is 204 litres.

John Barnard, the renowned British design engineer, master-minded such innovative and hugely successful single-seater racing cars as the Indianapolis ‘500’-dominating Chaparral 2K, the pioneering carbon-composite construction McLaren MP4/1 and MP4/2-family of World Championship-winning machines, the ‘paddle-change’ Ferraris and these Benettons which so notably projected Michael Schumacher onto the world stage.

Of the Benetton-Ford B191/B191B-series John Barnard would recall: “When it first came out, everyone was jumping up and down about the nose… It was similar in concept to that of the Tyrrell 019 – very swept up at the front to improve the aerodynamics. However, I didn’t think it needed the gull-wing arrangement used by Tyrrell, so we built a model and tested in the wind tunnel and it worked well. We had curved mounting pylons, which freed up the middle of the wing and made a more solid mounting point.

“The Benetton team were in a state of flux when I started with them, so I didn’t want to do a car that was too way out because we had enough on our plates with everything else. That said, the chassis was interesting; for the most part it was conventionally moulded from the outside, but the front third was moulded from the inside, allowing us to mount things like the pedals directly onto the monocoque without complicated machining. We then bonded a thin aerodynamic skin to the outside.

“The gearbox was transversely mounted and we were going to have a paddle shift – but unfortunately we couldn’t handle the software and electrics for it, so we went back to a normal gearshift. I think it was the last car I designed with a gear lever.

“Nelson Piquet took first place in the Canadian Grand Prix of 1991 driving the B191, which was very pleasing. Every car I had designed up to that point had won in its first season – and Piquet maintained that record. I left the team at about that time, so I missed out on Michael Schumacher’s arrival, though he did drive my car in the last five races of ’91 and the first three of ’92…”

It took a good car to replace the highly successful B191/B191B offered here, and Benetton’s replacement B192 was designed by another Formula 1 star in the making – the team’s new chief engineer, Ross Brawn…

This beautiful 3.5-litre V8-powered Formula 1 car is relatively uncomplicated and easy to run. Its current connoisseur collector has maintained the Benetton in fine fettle via his specialist race preparation company and we recommend it highly to a new owner/driver… With its multiple connections to ten Formula 1 World Championship titles and its significance within the Michael Schumacher story, it is an historic artefact of true stature.

http://www.bonhams.com/auctions/23591/lot/106/

 

 

関連記事

【F1】Arrows F1 car- Arrows A6 – 4 ¥ASK

車輛価格:ASK   Description: This excel

記事を読む

1989 F1 Leyton House 891 1508万円

車両価格:£84,000 これは、元の1988年フォーミュラワンレイトンハウス891で

記事を読む

【F1】Arrows A3 ¥ASK

車両価格:ASK ミルトンケインズ(英国)に拠点を矢印グランプリ国際チームは、私はフラ

記事を読む

1980 Shadow DN-11A F1 car 2004万円

  車両価格:£150,000 1980シャドウDN-11 A、完全な

記事を読む

Footwork Arrows Porsche FA11C (F1) 670万円

車両価格:€50,000 Description: Footwork Arrows

記事を読む

【F1】Fittipaldi F1 F5A 1978 ¥ASK

車両価格:ASK マスターズFIA F1モナコGPの歴史のための真の競争力と実績のある

記事を読む

1990 Brabham BT59-05 Judd V8 F1 Car ¥ASK

  ブラバムBT59-05ジャッドV8 BT59-05はブラバムファミ

記事を読む

【F1】FERRARI 312 T4 ¥ASK

車両価格:ASK 年:1979 エンジン:V12 パワー:12300 rpmで51

記事を読む

Arrows A21 chassis 06 5596万円

車両価格:£299,995 矢印A21シャーシ062000 すべての出発機器やピッ

記事を読む

1981 Williams FW07 B F1 SOLD

伝説は、販売のために、この象徴的なウィリアムズ·グランプリカーを提示に満足しています。

記事を読む

PR

    • 7現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク