*

PR

1979 Lamborghini Countach LP400S Series I 1億1142万円(SOLD)

MO14_r114_001 MO14_r114_002 MO14_r114_003 MO14_r114_004

<スポンサーリンク>

Sold for $1,012,000

下で6ウェーバー水平2バレルキャブレター、5速マニュアルトランスミッション、不均等なコイルスプリングとの長さAアームのフロントサスペンションとアンチロールバー、上部の横リンクリアサスペンションと375馬力、3929 ccのDOHC V-12エンジン・アーム、コイルスプリング、およびアンチロールバー、及び四輪ディスクブレーキ。ホイールベース:中96.5。

最終的な米国配信LP400SシリーズIカウンタック
唯一の864実際キロ
新しい以来、シングル、家族の所有権
非常にオリジナルとよく保存
オリジナルツール、スペア、および配信書類
、短いが広い、洗練された飛行ウェッジ:ランボルギーニカウンタックは、文字通りほぼすべてのスーパーカーは、次の二十年後にモデル化されるであろうから、金型を作った1971年マルチェロ・ガンディーニのデザインのジュネーブでの導入にあった揺るがす方法を忘れがちですミッド搭載されたエンジンと上向きに開口した、地面に極端に低い「シザードア。「米国では特に、街はまだ筋肉の車やフルサイズのセダンを充填した、それが行く道にほかならに似ていないところ宇宙船。

カウンタックは生産バージョン驚かせるそのパワーを全く失っていなかった、LP400は、1974年にデビューした四年後、同社は、モデルの第2の変形、LP400Sを導入しました。このモデルは、筋肉の微妙なアーチに覆われていたより広いピレリタイヤを追加しました。 LP400S 3つの異なるシリーズは、地上にぴったりの低いサスペンションとガンディーニのオリジナルの美しさの多くを保持する最初の2つのシリーズで、製造しました。すべてのこれらの最も望ましいが、最初のシリーズI、愛情を込め愛好家によって「電話ダイヤル」を愛称で呼ばれた有名なカンパニョーロブラボーホイールを装備した50台の限定された実行されました。

最後のシリーズI LP400Sは車台番号1121100、イギリスに配信右側駆動車だった内蔵しました。ここに提供される車、車台番号1121098は、直前に建てられた、したがって、それは私が構築された最後の左手ドライブ、米国配信シリーズです。

車に伴う事務処理は、その物語です。それはない、赤または白ではなくラメコロラド(コロラド州コッパー)と呼ばれる壮大なとめったに見られない日陰で終了しました。これは、1980年モナコGPをペースカウンタックに使用したのと同じ色でした。車はまた、特注家具製造販売業および1980年2月26日に米国に輸入されたP7 tires.Itに履くた凹状のディスクホイールの早期使用が装備されていた、そしてそれは三月に、一年後に販売されました17、1981年、ピッツバーグのオート宮殿販売による。車の価格は、ときに、新しいすべてで、$ 95,000でした。

ピッツバーグから、カウンタックは輸送上の新しい家への旅をした、そしてそこには、残った元の所有者とその家族が所有し、それ以来ました。これは、送達されたとき、それが持っていたよりほとんどより多くのマイルで保存され、今日、それが新しいから、864キロ、または約537マイルを記録しました。信じられないほど、車は道路登録されたことがない、それはまだ、そのユーロ仕様45ミリウェーバーキャブレターを持っており、それが外に販売された自動車に工場でインストールされたその「EE」の輸出プレート、に残っていますイタリア。ほとんどすべてのこれらのは、ディーラーのプレートのために変更され、廃棄された、まだプレートを持っていますが、彼らは車に残っているだけではなく、このカウンタックという例外は、とされました!

驚くことではないが、黄褐色のインテリアではオフに設定されている車の珍しい、見事に美しい塗装色は、多くの存続が獲得した道路発疹のいずれとも、まだ深いと新鮮なである「元の例。 “インテリアは席で、同様にミントですまだ、タイトな滑らかで、ソフトであり、はっきりしているダッシュボードゲージ、それはすべての透き通った原稿ガラスに囲まれています。

カウンタックは元の元のフォブ上のキーだけでなく、元のプラスチック製のスリーブ、および前述の輸入と販売のドキュメントにまだあるアルペンCM-630ハイ・フィデリティステレオのサポートの小冊子が付属しています。基本的に新しいので、保管されてきたが、車が専門的に点検し、道路に戻す前にサービスされることRMオークションによって助言されます。

ラインと不問真正の純度を要求ランボルギーニ愛好家のために、この純粋にオリジナルのスーパーカーを所有には良い機会がありません。
補遺
カリフォルニア州の排出のために、この車は居住者ディーラーにまたは外の状態提供されるべきであることに注意してください。このタイトルは、輸送中にあります。

 

375 bhp, 3,929 cc DOHC V-12 engine with six Weber horizontal two-barrel carburetors, five-speed manual transmission, unequal length A-arm front suspension with coil springs and an anti-roll bar, upper lateral-link rear suspension with lower A-arms, coil springs, and an anti-roll bar, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 96.5 in.

  • The final U.S.-delivery LP400S Series I Countach
  • Only 864 actual kilometers
  • Single-family ownership since new
  • Extraordinarily original and well preserved
  • Original tools, spare, and delivery paperwork

It is easy to forget how earthshaking the Lamborghini Countach was at its introduction at Geneva in 1971. Marcello Gandini’s design literally made the mold from which nearly every supercar would be modeled after for the next two decades: a sleek flying wedge, short but wide, impossibly low to the ground, with a mid-mounted engine and upward-opening “scissor doors.” In the United States particularly, where the streets were still filled with muscle cars and full-sized sedans, it resembled nothing less than a road going spaceship.

The Countach had lost none of its power to astonish when the production version, the LP400, debuted in 1974. Four years later, the company introduced the second variant of the model, the LP400S. This model added wider Pirelli tires that were covered in muscular but subtle arches. Three distinct series of LP400S were produced, with the first two series retaining ground-hugging low suspension and much of Gandini’s original beauty. Most desirable of all these was the initial Series I, a limited run of 50 cars that were equipped with the famous Campagnolo Bravo wheels, which were lovingly nicknamed “telephone dials” by enthusiasts.

The last Series I LP400S built was chassis number 1121100, a right-hand-drive car delivered to the United Kingdom. The car offered here, chassis number 1121098, was built immediately prior, and thus, it is the last left-hand-drive, U.S.-delivery Series I built.

The paperwork that accompanies the car tells its story. It was finished not in red or white but in a spectacular and seldom-seen shade called Rame Colorado (Colorado Copper); this was the same color used on the Countach that paced the 1980 Monaco Grand Prix. The car was also equipped with special-order upholstery and an early use of the concave disc wheels, which were shod in P7 tires.It was imported to the United States on February 26, 1980, and it was sold a year later, on March 17, 1981, by Auto Palace Sales, of Pittsburgh. The car’s price when new was $95,000, all in.

From Pittsburgh, the Countach made its journey to its new home on a transporter, and there it has remained, owned by its original owner and his family, ever since. It was stored with scarcely more miles than it had when delivered, and today, it records 864 kilometers, or about 537 miles, from new. Incredibly, the car has never been road-registered, it still has its Euro-spec 45-millimeter Weber carburetors, and it is still on its “EE” export plates, which were installed by the factory on automobiles that were being sold out of Italy. Almost all of these were changed out for dealer plates and discarded, with an exception being this Countach, which not only still has the plates, but they are still on the car!

Not surprisingly, the car’s unusual, spectacularly beautiful paint color, which is set off by a tan interior, is still deep and unfaded, with none of the road rash earned by many surviving “original examples.” The interior is similarly mint, with seats that are still tight, smooth, and soft and dashboard gauges that are clear, and it is all surrounded by crystal-clear original glass.

The Countach is accompanied by its original keys on their original fob, as well as the support booklet for the Alpine CM-630 High Fidelity stereo, which is still in its original plastic sleeve, and the aforementioned importation and sales documentation. Having been in storage essentially since new, it is advised by RM Auctions that the car be professionally inspected and serviced before being returned to the road.

For the Lamborghini enthusiast who demands purity of line and unquestioned authenticity, there is no better opportunity to own this purely original supercar.

ADDENDUM

Please note that due to California emissions, this car should be offered to a dealer or out-of-state resident. This title is in transit.

http://rmsothebys.com/mo14/monterey/lots/1979-lamborghini-countach-lp400s-series-i/1067978

関連記事

1970 ランボルギーニ エスパーダ Series 2 ¥ASK

車両価格:ASK 英国はRHDマニュアルの例を提供しました。合計で唯一の115 RHD

記事を読む

【ヤフオク】ムルシエラゴ40THアニバーサリー日本5台

ヴェルデ・アルテミス(ジェード・グリーン)/ベージュコンビレザー、ミツワ正規ディーラー車、

記事を読む

1998 Lamborghini Diablo SV 3159万円(SOLD)

登録:指定なし  シャーシ番号:ZA9DE21A0WLA12872&nbs

記事を読む

1990 Lamborghini Countach 25th Anniversary 5424万円(SOLD)

Sold for $451,000 449馬力、6ウェーバーキャブレター、5速マ

記事を読む

Lamborghini Aventador SV LP750 Special Edition 8024万円

車両価格:AED2,370,000 Body Type: Sports Mod

記事を読む

Lamborghini Murcielago LP 670-4 SV 4013万円(SOLD)

車両価格:$339,950 2009年のジュネーブモーターショーでランボルギーニ

記事を読む

【ヤフオク】AKRAPOVIC アクラポビッチ マフラー ランボルギーニ ウラカン

AKRAPOVIC あのアクラポビッチがついに、四輪の世界にも登場! 二輪の世界最高

記事を読む

Lamborghini Gallardo GT3 2007 912万円

  車両価格:£69,995 2007ライターエンジニアリングラン

記事を読む

1969 Lamborghini Miura P400S 1億325万円(SOLD)

  Sold for €840.000   37

記事を読む

1988 Lamborghini Countach 5000 QV ¥SOLD

Sold for $467,500 ボッシュKジェトロニック燃料噴射と420馬力

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク