*

PR

1986 Porsche 962 IMSA GTP

公開日: : ポルシェ , , ,

MO14_r215_001 MO14_r215_002 MO14_r215_003 MO14_r215_004

<スポンサーリンク>

$800,000 – $1,000,000

EST(東部基準時。 750馬力、3.2リッターSOHCの空冷水平対向ボッシュ電子エンジンマネジメントと燃料噴射、5速マニュアルトランスアクスル、独立したフロントとリアのサスペンション、および四輪ディスクブレーキと6気筒エンジンをターボチャージャー装備しました。ホイールベース:で104.3。

1986年7月以来Hotchkisレーシングによって新たから所有
IMSAのキャメルGTPシリーズの印象的なレースレコードとヴィンテージレース
ポルシェモータースポーツ北米ことにより調製750ブレーキ馬力962エンジン
テストの結果、アル・ホルバートとポール・ニューマンによって駆動
何十年もHotchkis家によって広範囲に参戦
1984年に導入されたポルシェの素晴らしい962耐久プロトタイプクーペは、確かに歴史の中で最も成功したと支配的なレースのデザインの一つとしてランクされなければなりません。これは、ヨーロッパのスポーツカー世界選手権グループCのために作成された以前の型956クーペに由来し、それはそのすべての亜種に大いに改善されたとして、それがほぼ完全な十年のためにビートにタフであることが証明された、ほとんどです前代未聞の達成。

962はIMSAのGTPシリーズのエントリとして導入されたとき、それは最初に、単一のKKKのターボチャージャーと非常に成功した2.8リットル、空冷フラット6 935エンジンの派生物によって供給されました。 1985年までに、IMSAは、洗練されたポルシェは、より大きな3.2リッターエンジンを実行することができ、より多くの競争を作成するために、その制限を緩和していました。彼らの空気取り入れ口が36ミリメートルに限定されていたが、1988年、再び活躍の場を平準化の利益のために、962sは、ツインターボチャージャーと水冷シリンダーヘッドを実行させました。

1984年から1991年の間、九〇から一962sの合計が七〇から五それらのは、顧客の車として構築されていると、ポルシェのレーシング部門によって建設されました。彼らの印象的な寿命の間、数が改善された効率化とシャシー性能のための様々なレーシングチームによって修正されました。その中で、自身のチームの車を変更し始め、その後、顧客のための改善されたタブの数が少ないの生産を開始したペンシルベニア州のHolbertレーシング、でした。自分の車は962 / HR7に962 / HR1から標識しました。 Fabcarエンジニアリング株式会社はまた、ポルシェのための新しい浴槽を構築し、ゲームに入りました。アルミニウム板と強力な隔壁とデイブKlymの新しいFabcarシャーシ組み込まれたアルミハニカム、剛性と耐衝撃性を向上させることができます。

この962 IMSAプロトタイプ、番号が付けF01(HR3F)は、Hotchkisファミリーとそのレーシングチームがポルシェの工場から新しい購入しました。車、運搬スポンサーとウィンのエンジンオイル社のカラーリングは、そこ7月6日、1986年に前シーズン半ばキャメルコンチネンタル500に後半アル・ホルバートによって、ワトキンスグレン、ニューヨークで試験した、車、ジム・アダムズとジョンHotchkis、資格のある13日、完成した第八により駆動されます。しかし、早期のIMSAのキャリアの中で、車はマイアミでの事故にあった、と元の浴槽が1989年に新しい浴槽、F02を(それが分解したチームの店に戻って取り、それが広範囲に修理されるまで取っておきましたHR3FR)、車を組み立て直された、Holbertレーシングから注文、およびHotchkisesは戻ってレースに行きました。 1990年には、オリジナルと新しく再建浴槽、F01(HR3R)は、デイトナ24時間レースでデビューし、1990年と1991年シーズンの残りのレース。 1991年後、ウィンの962は、それが恐るべきヴィンテージレーサーとしてトラックに戻った1997年まで現役から引退しました。

これは、2002年のロードアトランタでの事故に続いて1998年から2001年に東海岸の歴史的なスポーツカーレースのイベントで定期的に登場し、車は(まだF01など)新しいFabcar浴槽を使用して、もう一度再建されました。最近では、それは2009年モントレーHistoricsでGTPカテゴリレースに勝った、その古いタイヤが過熱し、グリップを失い始めたまでは2011年に、それはラグナセカのRennsport IVポルシェ祭でパックの正面近くに走っていました。

この車は現在、荷送人がポルシェモータースポーツ北米によって構築された期間、正しい、最新のスペック3.2シングルターボ962エンジンとして説明するものによって供給されています。パワープラントは、鍛造クランクシャフトと下端を含む新しいポルシェ911 GT1技術を利用します。その2つのバルブヘッド、ギャレットターボチャージャー、空対空インタークーラー、及びボッシュモトロニック燃料と点火管理システムと、エンジンは、健康な750プラス馬力を生成するために推定されます。電力は、ポルシェ5速トランスアクスルとMetalore車軸を介して配信され、ポルシェの元の機器よりも強いと言われています。四輪ディスクブレーキはブレンボからであり、ショックアブソーバーは、ペンスキーレーシングによるものです。オリジナルの1986年IMSAロングテールのデザインを複製し、新しいボディシェルは、ピートEbellとポルシェモータースポーツで作製しました。

車は最高の準備962sの一つである荷送人の状態。これは、完全に準備レースと積極的にトラックのために維持されるように所有者によって記述され、それはまた、非常に競争力と成功したヴィンテージレースの参加者のままです。車は元の浴槽を供給され、荷送人は、買い手に利用可能なスペアエンジンが含まれますスペアパッケージを、行います。

まだプロトタイプのいずれかのグループの前に実行することが可能であることを示している、この完全に開発さ962よりも多くのエキサイティングなヴィンテージレースカーを想像するのは難しいだろう。荷送人は、この車はまた、11月に2014年のデイトナ24時間クラシックを入力する資格があると述べています。 Hotchkisレーシングは、適切なギア、正しいターボ、およびシャーシセットアップの詳細を提供することを申し出ました。

カタログのデジタルと印刷版の両方で利用可能なレースの歴史。

 

Est. 750 bhp, 3.2-liter SOHC air-cooled horizontally opposed turbocharged six-cylinder engine with Bosch electronic engine management and fuel injection, five-speed manual transaxle, independent front and rear suspension, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 104.3 in.

  • Owned from new by Hotchkis Racing since July 1986
  • Impressive race record in IMSA’s Camel GTP series and vintage racing
  • 750-brake horsepower 962 engine prepared by Porsche Motorsport North America
  • Tested and driven by Al Holbert and Paul Newman
  • Raced extensively by the Hotchkis family for decades

Porsche’s amazing 962 endurance prototype coupe, which was introduced in 1984, must certainly be ranked as one of the most successful and dominant racing designs in history. It was derived from the earlier-type 956 Coupe that was created for Europe’s World Sportscar Championship Group C, and as it was much-improved in all its variants, it proved to be tough to beat for almost a full decade, which is an almost unheard-of accomplishment.

When the 962 was introduced as an entry for IMSA’s GTP series, it was initially powered by a derivative of the highly successful 2.8-liter, air-cooled flat-six 935 engine with a single KKK turbocharger. By 1985, IMSA had eased its restrictions to create more competition, allowing the sleek Porsches to run larger 3.2-liter engines. By 1988, again in the interest of leveling the playing field, 962s were allowed to run twin turbochargers and water-cooled cylinder heads, although their air intakes were limited to 36 millimeters.

Between 1984 and 1991, a total of ninety-one 962s were built by Porsche’s racing department, with seventy-five of them being built as customer cars. During their impressive lifespan, a number were modified by various racing teams for improved streamlining and chassis performance. Among them was Holbert Racing, of Pennsylvania, which began modifying its own team cars and then began producing a small number of improved tubs for customers. Their cars were labeled from 962/HR1 to 962/HR7. Fabcar Engineering Inc. also got into the game, building new tubs for Porsche. Dave Klym’s new Fabcar chassis incorporated aluminum honeycomb with an aluminum sheet and stronger bulkheads, to improve stiffness and crashworthiness.

This 962 IMSA prototype, numbered F01 (HR3F), was purchased new from the Porsche factory by the Hotchkis family and its racing team. The car, carrying sponsorship and the livery of the Wynn’s Engine Oil Products Company, was tested at Watkins Glen, New York, by the late Al Holbert prior to the mid-season Camel Continental 500 on July 6, 1986. There, the car, driven by Jim Adams and John Hotchkis, qualified 13th and finished 8th. However, early in its IMSA career, the car was in an accident at Miami, and the original tub was taken back to the team’s shop, where it was disassembled and set aside until it was extensively repaired in 1989. A new tub, F02 (HR3FR), was ordered from Holbert Racing, the car was reassembled, and the Hotchkises went back to racing. In 1990, the original and newly rebuilt tub, F01 (HR3R), debuted at the 24 Hours of Daytona and raced for the rest of the 1990 and 1991 seasons. After the 1991, the Wynn’s 962 was retired from active duty until 1997, when it returned to the track as a formidable vintage racer.

It appeared regularly at Historic Sportscar Racing events on the East Coast from 1998 to 2001. Following an accident at Road Atlanta in 2002, the car was rebuilt once more, using a new Fabcar tub (still as F01). Most recently, it won the GTP category race at the 2009 Monterey Historics, and in 2011, it was running near the front of the pack at Laguna Seca’s Rennsport IV Porsche festival until its older tires began to overheat and lose grip.

This car is currently powered by what the consignor describes as a period-correct, latest-spec 3.2 single-turbo 962 engine built by Porsche Motorsport North America. The powerplant utilizes new Porsche 911 GT1 technology, including a forged crankshaft and lower end. With its two-valve heads, Garrett turbocharger, air-to-air intercooler, and Bosch Motronic fuel and ignition management system, the engine is estimated to produce a healthy 750-plus horsepower. The power is delivered through a Porsche five-speed transaxle and Metalore axles, and it is said to be stronger than Porsche’s original equipment. The four-wheel disc brakes are from Brembo, and the shock absorbers are by Penske Racing. A new body shell, which replicates the original 1986 IMSA long-tail design, was fabricated by Pete Ebell and Porsche Motorsports.

The consignor states that the car is one of the best-prepared 962s. It is described by the owner as being fully race-prepared and actively maintained for the track, and it also remains a highly competitive and successful vintage racing entrant. The car will be supplied with its original tub, and the consignor will make a spares package, which will include a spare engine, available to the buyer.

It would be hard to imagine a more exciting vintage race car than this fully developed 962, which has shown that it is still capable of running at the front of any group of prototypes. The consignor states that this car is also eligible to enter the 2014 Daytona 24 Hour Classic in November. Hotchkis Racing offered to provide the appropriate gearing, correct turbo, and chassis set-up details.

Race history available in both the digital and print versions of the catalogue.

http://rmsothebys.com/mo14/monterey/lots/1986-porsche-962-imsa-gtp/1068248

関連記事

1987 Porsche 962 Trust ¥ASK

車両価格:ASK 概要: 1987ポルシェ962 TRUST、リチャード·ロイドレー

記事を読む

Porsche 911 3.2 WTL Speedster 2888万円

車両価格:€220,000 我々は非常に誇りに思って満足しているようなOPCクラシック

記事を読む

1971年 ポルシェ 914/6 ¥ASK

車両価格:ASK ポルシェエンジン 6気筒 純正ホイール有り 京都店に展示

記事を読む

Argo – Porsche groupe C – JM19 ¥ASK

車両価格:ASK The only Argo on 16th cars to be b

記事を読む

1980 Porsche 911 現在価格364万円

現在価格:$30,000 販売のために11986ポルシェ911 RSRレースカーヴィン

記事を読む

Porsche 911 GT3 Generation 1 LHD ¥SOLD

ポルシェ911(996)GT3は、元'73カレラRSに精神的な後継者であり、自動車の重

記事を読む

1973 Porsche 911 Carrera RS 2.7 Touring 7012万円(SOLD)

登録:EU登録  シャーシ番号:9113600235  エン

記事を読む

【ヤフオク】★希少★ 91年 ポルシェ 911ターボ 964T 実走行 レース仕様

★希少★ 91年 ポルシェ 911ターボ 964T 実走行 レース仕様出品です。

記事を読む

Porsche 911 Carrera 3.0 RSR ¥ASK

車両価格:ASK Description: We are delighted to

記事を読む

Porsche 997 GT3 Cup 2013 1450万円

車両価格:€109,000   Description: Porsc

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク