*

PR

1969 Lamborghini Miura P400S 1億325万円(SOLD)

公開日: : 最終更新日:2016/05/28 ランボルギーニ , ,

MC14_r116_001 MC14_r116_002 MC14_r116_003 MC14_r116_004

<スポンサーリンク>

 

Sold for €840.000

 

370馬力、4ウェーバー40 IDL-3Cキャブレター、5速マニュアルトランスアクスル、独立したフロントとリアのサスペンションアームを有する、コイルスプリング、筒状の衝撃吸収材、および抗と3929のcc DOHC横ミッドマウント型合金V-12エンジンロールバー、および4輪油圧ディスクブレーキ。ホイールベース:2500ミリメートル

望ましい初期生産Sバリアント
マッチングナンバードライブトレイン
31年のための単一の所有権
FIVAとASIパスポートが含まれています
ランボルギーニの、愉快にハンサム上空でパワフル、そして画期的なミッド/リアエンジン三浦高性能車のための新しいバーを設定し、それが現在では広く以上のその後の数十年を浮上イタリアのスーパーカーバトルのオープニング一斉射撃として認識されています。ツーリングでは、ミラノの、厳しい財政の時代に落下、ランボルギーニはGianpaoloダラーラの革新的なシャーシの自動車の車体を作成するヌッチオ・ベルトーネに呼びかけ。その後、わずか28歳のマルチェロ・ガンディーニという名前の比較的未知のベルトーネのスタイリストは、すべての時間の自動車設計の最も永続的に人気のあるスポーツカーの1を書いた、との伝説が生まれました。

激しいスペインの戦いの雄牛のブリーダーの名前が付いた三浦P400は、1966年ジュネーブモーターショーでデビューした後、それは彼が最初に着手したとき、フェルッチオ・ランボルギーニは、意図したのと同様に、プレミアム高性能市場のフェラーリの長年の覇権に否定できない挑戦を提起しました自分のスポーツカーを作ります。手作り生産の低容量、有名なテストドライバーボブ・ウォレスを慎重に入力すると、三浦は着実に車から車に改善された、と一部の専門家は、どの2つの例が全く同じではないと主張します。

三浦Sに発見される自動車の車体の修正は、修正されたベルトーネバッジとより明白な外観の改良を構成するクロムヘッドライトベゼルを使用して、かなり小さかったです。変更内容は、優れた室内装飾品の使用、修正された機器のレイアウト、パワーウィンドウ、およびランボルギーニでオプションの空調の最初の利用可能性と、内部にはより顕著でした。敬愛する4リッターV-12は、元のP400から本質的に変わらなかった一方で、カムシャフトおよびチューニングは4月にロードテストによって実証されるように、毎時168マイルに車をプッシュすることができた改善された370馬力を開発するように変更されましたロード&トラックの1970年問題。三浦Sは(わずか140として車が建設されたと主張早期レジスタを)超えない338例の適度な量で製造されたように、決定的なサント ‘縣モデル、および車であることを多くのブランドの愛好家によって考えられていますスポーツカーの愛好家広範囲の心の中で特別な位置を保持し続けます。

車台番号4155が製造され、以前のS例の一つとなって、1969年8月6日に完了したと考えられています。このランボルギーニは、ベルトーネの製造番号401を着て、黒とベージュの内部を塗りつぶす工場完成ロッソ三浦でした。それはBreviglieriという名前のイタリアの愛好家に新しい販売され、後に今度は集電体に1983年にそれを販売し、よく知られたコレクタ桟橋パオロアピセラ、買収されました。

シャーシ4155はほとんど駆動しないと慎重garaged介在31年間で、それは圧倒的なオリジナリティに表示され続けてきました。これは、望ましくは、元のマッチング番号V-12エンジンとドライブラインを保持し、その後の三浦SVから広い後輪を装着されている以外は、それが正しく工場出荷時の仕様ごとに装備されています。

この素晴らしいランボルギーニは、1969年8月にあったように逮捕、それは現在FIVAパスポートとASIの論文を伴っているように、それは世界で最も目の肥えたヴィンテージのイベントのいくつかに入り口を保証されているようにすべてのビットのまま。このような従順なケアや軽度の使用を表示するセンセーショナルに提示三浦は任意のスポーツカーのコレクションに注目すべきほかになるだろう。この三浦P400Sは、これまでに構築最もrhapsodised速機の1の素晴らしく、元の一例であり、それは「レイジングブルズ」の長い行の独特の前身です。

 

370 bhp, 3,929 cc DOHC transverse mid-mounted alloy V-12 engine with four Weber 40 IDL-3C carburettors, five-speed manual transaxle, independent front and rear suspension with A-arms, coil springs, tubular shock absorbers, and anti-roll bars, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 2,500 mm

  • Desirable early-production S variant
  • Matching-numbers drivetrain
  • Single ownership for 31 years
  • Includes FIVA and ASI passports

Lamborghini’s beguilingly handsome, awesomely powerful, and ground-breaking mid/rear-engine Miura set a new bar for performance cars, and it is now widely recognised as the opening salvo of the Italian supercar battle that emerged over ensuing decades. With Touring, of Milan, falling on tough financial times, Lamborghini called upon Nuccio Bertone to create coachwork for Gianpaolo Dallara’s innovative chassis. A relatively unknown Bertone stylist named Marcello Gandini, then just 28 years old, penned one of automotive design’s most enduringly popular sports cars of all time, and a legend was born.

After the Miura P400, named for a breeder of fierce Spanish fighting bulls, debuted at the 1966 Geneva Motor Show, it posed an undeniable challenge to Ferrari’s longstanding supremacy of the premium high-performance market, just as Ferruccio Lamborghini intended when he originally set out to make his own sports car. With a low volume of hand-built production and the careful input of renowned test driver Bob Wallace, the Miura was steadily improved from car to car, and some experts contend that no two examples are exactly alike.

Coachwork modifications to be found on the Miura S were rather minor, with a revised Bertone badge and the use of chrome headlight bezels constituting the more obvious exterior refinements. The changes were more pronounced in the interior, with the use of superior upholstery, a revised instrument layout, power windows, and the first availability of optional air conditioning in a Lamborghini. Whilst the revered four-litre V-12 remained essentially unchanged from the original P400, the camshafts and tuning were modified to develop an improved 370 horsepower, which was capable of pushing the car to 168 mph, as demonstrated by a road test in the April 1970 issue of Road & Track. As the Miura S was manufactured in a modest quantity of no more than 338 examples (with early registers contending that as few as 140 cars were built), it is considered by many marque enthusiasts to be the definitive Sant’ Agata model, and the car continues to hold a special place in the hearts of sports car connoisseurs far and wide.

It is believed that chassis number 4155 was completed on 6 August 1969, making it one of the earlier S examples manufactured. This Lamborghini, wearing Bertone production number 401, was factory-finished in Rosso Miura paint over a black and beige interior. It was sold new to an Italian enthusiast named Breviglieri and was later acquired by well-known collector Pier Paolo Apicella, who in turn sold it in 1983 to the current collector.

Chassis 4155 has been seldom driven and carefully garaged over the intervening 31 years, and it continues to display in overwhelming originality. It desirably retains its original matching-numbers V-12 engine and driveline, and other than being fitted with wider rear wheels from the subsequent Miura SV, it is correctly equipped as per its original factory specifications.

This superb Lamborghini remains every bit as arresting as it was in August 1969, and as it is currently accompanied by a FIVA Passport and ASI papers, it is warranted entrance to some of the world’s most discerning vintage events. A sensationally presented Miura displaying such dutiful care and mild use would make a noteworthy addition to any sports car collection. This Miura P400S is a wonderfully original example of one of the most rhapsodised speed machines ever constructed, and it is the distinctive forerunner of a long line of “Raging Bulls”.

 

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1969-lamborghini-miura-p400s/1065634

関連記事

Lamborghini Gallardo LP 560 MY09 1561万円

車両価格:€119,900 ベントレー、ランボルギーニ、パガーニとKTMの請負業者

記事を読む

世界限定100台アヴェンタドールLP720-4・50゜アニヴェルサリオ

車両価格:9000万円 アヴェンタドールLP720-4・50゜アニヴェルサリオとは

記事を読む

2005 Lamborghini Murcielago GT 620 by BF Performance ¥ASK

車両価格:ASK Features 28,000 km Left Hand Dri

記事を読む

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP670-4SV R-SV GT1 FIA認定ルマンカー ¥ASK

車両価格:ASK 2010年モデル ルマン出場車輌 FIA認定車輌 1オーナー車カ

記事を読む

1990 ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー カスタムヴィトン仕様 ¥ASK

車両価格:ASK レッド 走行45,000km 新車並行 http://www.

記事を読む

1989 Lamborghini Countach 25th Anniversary Edition ¥ASK

車両価格:ASK   9,429 original miles (15,1

記事を読む

Lamborghini Super Trofeo – 4WD 1318万円

車両価格:€99,000   Description: The c

記事を読む

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP670スーパーヴェローチェ 4180万円

車両価格:4180万円 ★ヨーロッパ並行車 ★世界限定350/15号車 ★内装/ブ

記事を読む

1999 Lamborghini Diablo Roadster VT 4663万円

車両価格:$389,888 1999 Lamborghini Diablo Roads

記事を読む

【ヤフオク】ランボルギーニ ガヤルド スーパートロフェオ ナンバー付き

ランボルギーニ ガヤルド スーパートロフェオ ナンバー付き (株)東名モータ

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク