*

PR

1967 Ferrari Dino 206 S Spider 2億5466万円(SOLD)

公開日: : 最終更新日:2016/05/28 フェラーリ , ,

MC14_r126_001 MC14_r126_002 MC14_r126_003 MC14_r126_004

<スポンサーリンク>

 

 

Sold for €2.072.000

285馬力、2404 ccのタスマンV-6エンジン、フェラーリ312フォーミュラワン5速マニュアルギアボックス、筒型ショックアブソーバー不等長ウィッシュボーンとコイルスプリング、筒型ショックアブソーバーコイルスプリングを持つ独立したリアサスペンション付きフロントサスペンション、および四輪ディスクブレーキ。ホイールベース:2280ミリメートル

1977年以来、シングル所有。公共の販売のために提供されていません
多数の1位が終了すると、大規模な期間のレースの歴史
FCAナショナルコンクールとカヴァッリクラシックプラチナ賞を受賞
わずか18例の一つは、これまで生産します
エンツォフェラーリの後半の息子、アルフレドに言及せず6気筒エンジンを保有するフェラーリを言​​及することはほとんど不可能です。若い「ディーノ」が原因で筋ジストロフィーに24歳で他界した一方で、彼がすでに彼の父の会社の背後にある技術をしっかりと理解していたことが明らかとなりました。彼が亡くなった前に、ディーノはV-6プラットフォームは、優れたパワーと効率を提供するようにフェラーリは、レース用のV型6気筒エンジンを開発すべきであることを示唆しました。有名なエンジニアヴィットリオ・ヤーノの助けを借りて、1.5リッターV-6のための基本的なデザインはディーノの寝室に策定されました。しかし、ディーノは悲劇的に結実するこのアイデアを見ることはないだろう。エンツォは彼の通過後ディーノの計画を改良し続け、すべてのフェラーリのは、あまりにもすぐに失われた明るい、若いエンジニアに敬意を表し、彼の息子の名前を持つV-6を担持バッジ。

330 P.ザ・ディノを念頭に置いてプライベーターで設計されていたと一緒にフェラーリは、グループ内のポルシェに戦いを撮りたかったとして1966年のパリモーターショーでは、ほぼ10年ディノの死の後、、206 Sディノスパイダーのデビューを見ました4クラス。 2リッターV-6耳揺るがす9,000 rpmを作り出すことができるフィーチャー206 Sディノは、それを行うのに最適な車でした。だけでなく、それは美しく設計され、それは、その兄に似たシルエットを産んとしてディノの美しいラインは、どこにでもティフォージの心の琴線に摘まれました。 1966年シーズンの終わりまでに、206 Sは、ニュルブルクリンクでのタルガ・フローリオ、第二と第三で2位フィニッシュとその能力を証明していたし、スパで6位フィニッシュ。もちろん、この口径の全てのレースカーは、ハードレースと勝つために駆動され、歴史は常に生産18例のようなものではありませんでした。彼らは運動をしたときにその結果、多くが事故に供しました。

206 Sは、もともと50例のホモロゲに予定されたが、わずか18車の後に労働問題途中で中断した生産が組み立てられていた、とモデルは、したがって、ディーノのレースカーの開発のアークでは珍しいと重要なマイルストーンのまま、などよく続くフェラーリ道路車の礎として。

シャーシ028は、エドゥアルド・ルアルディGabardi、ブストアルシー、イタリアの裕福なイタリアの貴族によって1966年6月に工場から新しい購入しました。彼はスクーデリアには見知らぬ人ではなかったです。彼は166 MM、250 MM、250 LM、250 TdFsのペア、250 SWBSのペア、および250のGTOのペアを含む、レース用フェラーリの数を、所有している、とエンツォ・フェラーリの近く個人的な友人になりました過程の中で。ルアルディは、レースでは非常に成功したと彼の20年余りのキャリアのスパンで数え切れないほどの勝利を計上します。一度、フェラーリは独自のフォーミュラワンチームのために彼を雇う考え、と噂されています。

ルアルディはすべてイタリア乗り越える丘で彼の最新のフェラーリに入ってすぐに信じられないほどの結果を集めました。デュオはほとんど止められないことが判明した、と彼らは単に指摘フェラーリの歴史家マルセル・マッシーニから供給された記録によると1966年シーズンの後半部分のためだけでなく、1967年から1968年を通じて山登り回路を支配し、ルアルディは、少なくとも35を入力します。イタリアの丘が登ると、それらのレースの22で彼のクラスで1位または第一を取るだろう。実際には、彼の最悪の仕上げは、トレント・ボンドーネヒルクライムで総合6位、7月1966年だった彼が彼の唯一のレースで第一を終えた1969年8月にアスコリピチェーノコレサンマルコヒルクライムになりディノでルアルディの最終戦そのシーズンのディーノ。その後、ルアルディは戻って工場に車を売却し、彼の最新のスポーツレーサーに移動する準備ができていました。

1972年、それがルアルディの206 Sはレーサーをさらに強力にするためにモデナでDienaとSilingardiによって大規模なパフォーマンスの変更のシリーズを受けていたことが報告されました。修正の目的は十分に文書化されなかったが、206は246タスマンエンジンだけでなく、フェラーリ312フォーミュラワンレーサーからのギアボックスとサスペンションで更新されました。おそらくフェラーリはいくつかのテストをやったり312Pのための実験や、様々な空力と性能効率をテストしていたことを示唆したことができました。かかわらず、これらの変更は、すぐ下に500立方センチメートルによって変位の増加をもたらし、そして気筒あたり4バルブとともに、ディノは65追加馬力で飾りました。フランチェスコGuglielminetti、フェラーリによって雇われた元アバルトの空気力学は、より積極的な312 P(B)スタイルのボディのための計画を策定し、彼の仕様に一致するようにディノの元のボディワークを再設計しました。その変更が完了した後、車は800万イタリアリラの価格のため、SEFACフェラーリによって再び販売のために提供されました。

ディノは、工場によって販売のために提供されたモデナ、中DienaとSilingardiの施設で推移したが、それはニューヨークを拠点、車の広い世界で、アルベルト・ペドレッティによって購入された前に、それはほぼ4年間、売れ残りのままでした。ペドレッティは、それはまた、ニューヨークに住んでビルGellesに後でその年に販売された米国に彼と一緒に戻って車を持ってきて、それが正式に3月29日、1976年に国内に輸入されました。 Gellesは、1977年11月11日に現在の所有者にそれを販売する前に、わずか1年のためのヴィンテージのレースでディーノに入りました。

次の37年間は、シャーシ028は継続的に示され、その現在の所有者によってレース、そしてそれは、米国の周りのレーストラックやコンクールのイベントで多数出演しました。このディノが勝ったことがコンクール賞は2005年には2001年1月で10回目のCavallinoクラシックで、それぞれ1995年と1996年FCAナショナルコンクールでゴールド、プラチナから成り、そしてプラチナもう一度、シャーシ028でFCA年次ミートで別の顔を見せましたそれは最優秀コンペティションカーのためのフィル・ヒル賞と一緒に、もう一度プラチナを取ったインディアナポリス、インディアナ州、。

コンクールの芝生のオフ、ディノは、ライムロック、モローゾ公園、モントランブランのような会場で、様々なフェラーリクラブ・アメリカのイベントに、フェラーリの歴史的なチャレンジでレーストラック上のレースの腕前を示し続けました。その現在の所有権の下では、車は二回復元されました。それは完全に1984年から1994年まで、10年の歳月をかけて復元された、とそのすべての機械部品は、また、ディノは、現在では、レースでの使用のために構築した同一の再生体を身に着けていることに留意すべきである2001年に再び再建されましたGuglielminettiの変更されたボディワークを維持するための努力。元Guglielminetti本体は、多数のスペアパーツと一緒に、販売に含まれています。付属部品の完全なリストは、RMの専門医に相談してください。

その寿命の10年ごとに全体に非常に成功したレーシングキャリアの新規および継続的なヴィンテージのレースでは、シャーシ028は、フェラーリの歴史の非常に魅力的な作品を紹介します。そのデザインは美しくディノのバッジを身に着けていた最高のレースのコンポーネントを組み合わせています。熱心な歴史的なレーサーのために、確かに魅力的な歴史を提供しています車今日利用可能な、生のスリル、そしてこのディーノが提供する長期的な所有権は良いはありません。

 

 

285 bhp, 2,404 cc Tasman V-6 engine, Ferrari 312 Formula One five-speed manual gearbox, front suspension with unequal length wishbones and coil springs over telescopic shock absorbers, independent rear suspension with coil springs over telescopic shock absorbers, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 2,280 mm

  • Single ownership since 1977; never been offered for public sale
  • Extensive period race history, with numerous 1st place finishes
  • FCA National Concours and Cavallino Classic Platinum Award winner
  • One of only 18 examples ever produced

It is almost impossible to mention a Ferrari bearing a six-cylinder engine without mentioning Enzo Ferrari’s late son, Alfredo. Whilst young “Dino” passed away at the age of 24 due to muscular dystrophy, it was clear that he already had a solid understanding of the engineering behind his father’s company. Before he passed away, Dino suggested that Ferrari should develop a V-6 engine for racing use, as a V-6 platform would provide excellent power and efficiency. With the help of famed engineer Vittorio Jano, rudimentary designs for a 1.5-litre V-6 were drawn up in Dino’s bedroom. However, Dino would tragically never see this idea come to fruition. Enzo continued to refine Dino’s plans after his passing and badged all Ferrari’s bearing a V-6 with his son’s name, in tribute to a bright, young engineer lost all too soon.

The 1966 Paris Auto Show, almost 10 years after Dino’s death, saw the debut of the 206 S Dino Spider, alongside the 330 P. The Dino was designed with privateers in mind, as Ferrari wanted to take the fight to the Porsches in the Group 4 class. The 206 S Dino, featuring a two-litre V-6 that could produce an ear-shattering 9,000 rpms, was the perfect car to do it. Not only was it beautifully engineered, but the beautiful lines of the Dino plucked at the heartstrings of tifosi everywhere, as it bore a similar silhouette to its big brother. By the end of the 1966 season, the 206 S had proved its competency with a 2nd place finish at the Targa Florio, 2nd and 3rd at the Nürburgring, and a 6th place finish at Spa. Of course, all race cars of this calibre were raced hard and driven to win, and history was not always kind to the 18 examples produced. As a result, many were subjected to accidents when they were campaigned.

Although the 206 S was originally slated for a homologation of 50 examples, labour problems prematurely interrupted production after only 18 cars had been assembled, and the model, therefore, remains a rare and important milestone in the arc of the Dino race car’s development, as well as a cornerstone of the Ferrari road cars that followed.

Chassis 028 was purchased new from the factory in June 1966 by Eduardo Lualdi Gabardi, a wealthy Italian nobleman of Busto Arsizio, Italy. He was no stranger to the Scuderia. He owned a number of Ferraris for racing use, including a 166 MM, a 250 MM, a 250 LM, a pair of 250 TdFs, a pair of 250 SWBs, and pair of 250 GTOs, and became a close personal friend of Enzo Ferrari in the process. Lualdi was very successful in racing and accrued countless victories over the span of his 20-plus year career; it is rumoured that, at one time, Ferrari considered hiring him for their own Formula One team.

Lualdi entered his newest Ferrari in hill climbs all over Italy and quickly garnered incredible results. The duo proved to be almost unstoppable, and they simply dominated the hill climbing circuit for the latter portion of the 1966 season, as well as through 1967 and 1968. According to records supplied from noted Ferrari historian Marcel Massini, Lualdi would enter at least 35 Italian hill climbs and would take 1st place or 1st in his class in 22 of those races. In fact, his worst finish was 6th overall at the Trento-Bondone Hill Climb in July 1966. Lualdi’s final race in the Dino would be the Ascoli Piceno-Colle San Marco Hill Climb in August 1969, where he finished 1st in his only race in the Dino for that season. Afterwards, Lualdi sold the car back to the factory and was ready to move on to his newest sports racer.

By 1972, it was reported that Lualdi’s 206 S had undergone a series of extensive performance modifications by Diena and Silingardi in Modena to make the racer even more potent. Although the purpose of the modifications was not well documented, the 206 was updated with a 246 Tasman engine, as well as the gearbox and suspension from a Ferrari 312 Formula One racer. It could be suggested that perhaps Ferrari was doing some testing or experimenting for the 312P or testing various aerodynamic and performance efficiencies. Regardless, these modifications brought an increase in displacement by just under 500 cubic centimetres, and along with four valves per cylinder, the Dino was graced with 65 additional horsepower. Francesco Guglielminetti, a former Abarth aerodynamicist that was hired by Ferrari, drew up plans for a more aggressive 312 P(B) style body and redesigned the Dino’s original bodywork to match his specifications. After its modifications were completed, the car was offered for sale again by SEFAC Ferrari, for a price of 8 million Italian lira.

The Dino remained at Diena and Silingardi’s facility in Modena, where it was offered for sale by the factory, but it remained unsold for nearly four years before it was purchased by Alberto Pedretti, of Wide World of Cars, based out of New York City. Pedretti brought the car back with him to the United States, and it was officially imported into the country on 29 March 1976. It was sold later that year to Bill Gelles, who also resided in New York. Gelles entered the Dino in vintage races for just one year, before selling it to the current owner on 11 November 1977.

For the next 37 years, chassis 028 was continually shown and raced by its current owner, and it made numerous appearances at race tracks and concours events around the United States. Concours awards that this Dino has won consist of Gold and Platinum in the 1995 and 1996 FCA National Concours, respectively, and Platinum once more at the 10th Cavallino Classic in January 2001. In 2005, chassis 028 made another appearance at the FCA Annual Meet in Indianapolis, Indiana, where it took Platinum once more, along with the Phil Hill Award for the Most Outstanding Competition Car.

Off of the concours lawn, the Dino continued to show its racing prowess on the race track in various Ferrari Club of America events and in the Ferrari Historic Challenge, at venues such as Lime Rock, Moroso Park, and Mont Tremblant. Under its present ownership, the car was restored twice; it was fully restored over the course of 10 years, from 1984 to 1994, and all its mechanical components were rebuilt once again in 2001. It should also be noted that the Dino currently wears an identical reproduction body that was constructed for racing use, in an effort to preserve Guglielminetti’s modified bodywork. The original Guglielminetti body, along with numerous spare parts, will be included with the sale. Please consult an RM specialist for a complete list of parts included.

With an incredibly successful racing career when new and continued vintage racing throughout every decade of its life, chassis 028 presents a very compelling piece of Ferrari history. Its design beautifully combines the very best racing components that wore the Dino badge. For the avid historic racer, there surely is no better car available today that offers the fascinating history, raw thrill, and long-term ownership that this Dino provides.

 

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1967-ferrari-dino-206-s-spider/1065907

関連記事

1989 Ferrari F40 1億1881万円(SOLD)

Sold for £761,600 ウェーバー・マレリのエンジン管理および燃料噴

記事を読む

1953 Ferrari 250 Europa 2億8125万円

車両価格:$2,288,888 FERRARI EUROPA - Chassis 0321

記事を読む

1990 Ferrari F40 ¥SOLD

Sold for $1,265,000 ウェーバー・マレリの燃料噴射と478馬力、2

記事を読む

Ferrari F430 Challenge 1197万円

車両価格:£65,000 Description: Ferrari F430 Ch

記事を読む

1972 フェラーリ 246 ディーノ GT 4513万円

車両価格:£248,000 ブラックとの見事なアルジェント。ガレージ·フランコルシャン

記事を読む

【ヤフオク】Ferrari 575M Maranello Blu Ghibli Cup フェラーリ マラネロ

Ferrari 575M Maranello Blu Ghibli Cup 【ヤフオク

記事を読む

1986 Ferrari Testarossa MIAMI VICE / SURVIVOR 2億928万円

車両価格:$1,750,000 1986 FERRARI TESTAROSSA R

記事を読む

Ferrari F40 1億6617万円

車両価格:£875,000   The Ferrari F40 was

記事を読む

FERRARI 365 Daytona Plexiglas (Coupé) 1億5659万円

車両価格:1'200'000スイスフラン Inverkehrsetzung 09.197

記事を読む

1964 Ferrari 250 LM by Scaglietti 11億8226万円(SOLD)

Sold for $9,625,000 320馬力、6ウェバー38 DCNキャブ

記事を読む

PR

    • 7現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク