*

PR

1968 Bizzarrini 5300 GT Strada Alloy 6746万円(SOLD)

公開日: : 最終更新日:2016/05/28 未分類 ,

MC14_r144_001 MC14_r144_002 MC14_r144_003 MC14_r144_004

<スポンサーリンク>

 

Sold for €548.800

355馬力、5354 ccのシボレーコルベットV-8エンジン、単4バレルキャブレター、4速マニュアルギアボックス、独立したフロントサスペンション、デ・ディオンリアアクスル、および4輪油圧ディスクブレーキ。ホイールベース:2450ミリメートル

完全コンクール規格に復元
アメリカのパワーと相まって劇的なイタリアンスタイリング
魅力的な歴史と新しいからわずか3人の所有者
合金ボディの例
業界で最も有名な企業の一握りで採用しながら、すべての時間の中で最も有名な自動車エンジニアの一人、ジョットBizzarriniは、自動車業界で彼のマークを作りました。しかし、おそらく彼の最も興味深い作品は自分の名前を退屈なものでした。

1953年にピサの大学を卒業したら、Bizzarriniは、アルファロメオで雇用を発見し、迅速に実験部門で働くために出世の階段を上がりました。イタリアの若手のスキルは確かによく崇めていた、と彼の次の機会は、彼が250テスタ・ロッサ、250 SWB、および250を含む、同社の最も象徴的な車なるものの多くの開発に大きく関与したフェラーリから来ましたGTO。

1961年はレースでフェラーリのための非常に成功した年であることが証明された一方で、緊張が工場の門の内側に上昇しました。 Bizzarrini含むエンジニアリングと開発に不可欠であった上級職員の数は、会社と欲求不満に出て行ったし、自分のためにかわすために、「イルCommendatore」を残しました。長い目で見れば、これは、若いエンジニアのために非常にうまく動作するように証明します。

脱北はすぐにフェラーリに匹敵することを意図して、ATSを形成したが、Bizzarriniはすぐに一人で行くことを選択、新しい組織を残しました。 Bizzarriniは誰のために彼は手ごわいと永続的なランボルギーニV-12エンジンを設計し、イタリアの実業家とフェラーリのライバルフェルッチオ・ランボルギーニからコミッションを獲得しました。また、スクーデリアセレニッシマのボルピを、カウント、有名なピエロドロゴボディのフェラーリ250 GT SWB「Breadvan「誘導体を生じさせたプロジェクト用Bizzarriniを選択しました。

Bizzarriniは、その後、彼自身のGTカーを構築することが望ま非常に成功ミラネーゼの実業家レンツォリボルタ、で関与していました。このように、彼は磯リボルタGTプロトタイプのための効果的なプラットフォーム型シャーシを開発するのに役立ちました。その後まもなく、磯グリフォを短縮リボルタシャーシに導入されました。それが信頼性の高いシボレーパワーでレース風のシャーシを組み合わせた、美しいイタリアのスタイリングに包まれたように、それは、素晴らしい自動車であることが判明しました。

グリフォの競争の可能性を確信し、Bizzarriniはレース用グリフォの彼自身のバージョンを構築し、それは驚くほど、ただし、この期間中、1965年に再びリボルタ間の協力関係を1964年にル・マンでのGTクラスで優勝し、大成功を達成しましたISOはGrifosとBizzarriniがレースに焦点を当てて行く道を構築し続けたとBizzarriniは、ますます競合育ちました。 Bizzarriniが法的グリフォ名を登録したので、契約は最終的に十分な部品と引き換えに、ISOでの使用は、ストラーダの道路に行く形とレース用のコルサバリアントの両方で、A3Csの数を構築することを可能にするために打たれました。

劇的なベルトーネがデザインしストラーダは、表向きは路面電車だった一方で、その仕様は、それは、モデナ、製造されたプラットフォームのシャーシ、および半モノコックボディのリベット留めBBMにより軽量アルミボディワークを持っていたとして、すべてアウト競技車のもののように読めますフレームに。フロント/ミッドマウントさ5.3リッターシボレーV-8エンジンの出力は驚異毎時180マイルに近づい主張トップスピードを提供し、355と400馬力の範囲でした。レース用のBizzarriniの好みにその性能や原因にもかかわらず、5300 GTストラーダを行く道路の非常にいくつかの例は、最終的にはその6年間の生産実行中に生成されました。

この特定の合金ボディの5300 GTストラーダは、それがデュルビュイに居住ガイアレンド、によって購入されたベルギー、新しい配信されました。アレンドは彼の人生の大半を広告で働いていたが、彼の情熱は、第二次世界大戦の歴史でした。 16歳の時、アレンドはバルジの戦いの間にバストーニュに住んでいるし、第二次世界大戦の最後の主要なドイツの攻勢であるものの戦闘の一部を目撃しました。アレンドは、地球上で第二次世界大戦車の最大のコレクションの一つを蓄積し、その後、1970年に、彼は第二次世界大戦の過程で連合軍の英雄的な行動を称えるために、Hondelange、ベルギーで勝利記念館を設立しました。

期間のインタビューでは、アレンドは彼のBizzarriniに言及し、彼はいつも旅していたので、車を購入することを決めた、彼に何か問題が生じない車が必要だとコメントしました。彼はBizzarrini前にシボレーコルベットを持っていたし、何の問題もなく35万キロのためにそれを運転したことを言及するために行きます。 Bizzarriniは、イタリアンスタイルと豪華さで実証済みのシボレーV-8を組み合わせたとして、それは明らかに人目を引くグランドツアラーを探して紳士のための理想的な車でした。アレンドはすぐに車と恋に落ちました。それは1998年にその第二の所有者によって購入された前に彼は、信じられないほどの30年のために車を保持することになるようBizzarriniは間違いなく、彼をよく務めました。

第二の所有者、スイスベースコレクタの管理の下で、それは車が完全に復元されることになりました。 Diomanteが密接に彼らの建設に接続されていたとして5300 GTは、Bizzarrinisを復元中で最も有名な専門家であると考えられているBizzarriniの元工場長、サルヴァトーレDiomante、によって実行されたイタリア、の専門家に委託しました。彼は元の仕様にコンクール品質の復元を行い、黄褐色の革の上に緑の見事な組み合わせで車を再仕上げ。また、所有者は、空調システムは、彼の好みに合わせて作り直さ背面グリルやその他の軽微な変更だけでなく、車に後付けすることを要求しました。所望であればこれらの全ては、容易に元の仕様に復元することができます。 2004年には、車は修復の品質がアップ国際コンクールの基準に確かにあったことを証明し、ConcorsoドールEleganzaヴィラ・デステで示されました。

2011年には、Bizzarriniは、現在の所有者によって購入されたと潔癖なケアの同基準の下で維持されています。現在、車は非常に良い全体的な状態にあり、道路の使用のいくつかの兆候を示します。インテリアは最近改装され、まだ非常に魅力的に感じているし、それは確かに欧州全域で高速ツーリングのためにあると快適な場所だろうされています。現在の所有権の下で、電動パワーステアリングシステムは、この既に可能Bizzarriniの駆動能力を増大させるために添加しました。

ジョットBizzarriniは、世界で最も信じられないほどのスポーツカーの一部を作成すると信じすることができながら、これらの作品はどれも5300 GTストラーダよりも視覚的に魅力的でユニークではありません。 Bizzarriniはそれを言った: “私は250 GTOのアイデアを開始し、それを改善しようとしている程度に設定します”。

強力なアメリカのV-8の中心部で豪華なイタリアのボディワークをフィーチャーしたこの車は、ユニークなキャラクターや道路上の指揮存在感を提供しています。これは、ガイアレンドときに新しいの手にできるスポーツカー以上であることが証明され、それがFIVAパスポートと完了すると、それは継続的な道路利用、集会、または本日判断コンクールの準備ができています。

 

355 bhp, 5,354 cc Chevrolet Corvette V-8 engine, single four-barrel carburettor, four-speed manual gearbox, independent front suspension, de Dion rear axle, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 2,450 mm

  • Fully restored to concours standards
  • Dramatic Italian styling coupled with American power
  • Fascinating history and just three owners from new
  • Alloy-bodied example

One of the most renowned automotive engineers of all time, Giotto Bizzarrini, made his mark on the automotive industry whilst employed by a handful of the industry’s most renowned companies. But perhaps his most interesting creations were the ones that bore his own name.

Upon his graduation from the University of Pisa in 1953, Bizzarrini found employment with Alfa Romeo and quickly rose through the ranks to work in the experimental department. The young Italian’s skills were definitely well revered, and his next opportunity came from Ferrari, where he was largely responsible for the development of many of what would become the company’s most iconic cars, including the 250 Testa Rossa, the 250 SWB, and the 250 GTO.

Whilst 1961 proved to be a very successful year for Ferrari in racing, tensions were rising inside the factory gates. A number of senior staff members that were vital to engineering and development, including Bizzarrini, walked out in frustration with the company and left “Il Commendatore” to fend for himself. In the long run, this would prove to work out quite well for the young engineer.

The defectors quickly formed ATS, with the intention of rivalling Ferrari, but Bizzarrini soon left the new organisation, electing to go it alone. Bizzarrini won a commission from Italian industrialist and Ferrari rival Ferruccio Lamborghini, for whom he designed the formidable and enduring Lamborghini V-12 engine. In addition, Count Volpi, of Scuderia Serenissima, selected Bizzarrini for the project that gave rise to the famous Piero Drogo-bodied Ferrari 250 GT SWB “Breadvan” derivative.

Bizzarrini was then involved with highly successful Milanese industrialist Renzo Rivolta, who desired to build a GT car of his own. Thus, he helped to develop the effective platform-type chassis for the Iso Rivolta GT prototype. Shortly thereafter, the Iso Grifo was introduced on a shortened Rivolta chassis. It proved to be a wonderful automobile, as it combined a race-inspired chassis with reliable Chevrolet power and was wrapped in beautiful Italian styling.

Convinced of the Grifo’s competition potential, Bizzarrini built his own version of the Grifo for racing, and it achieved great success, amazingly winning the GT class at Le Mans in 1964 and again in 1965. During this period, however, the working relationship between Rivolta and Bizzarrini grew increasingly conflicted, as Iso continued to build road going Grifos and Bizzarrini focused on racing. Since Bizzarrini had legally registered the Grifo name, a deal was ultimately struck to allow its use by Iso in exchange for enough parts to build a number of A3Cs, in both Strada road going form and Corsa variants for racing.

Whilst the dramatic Bertone-designed Strada was ostensibly a street car, its specifications read like those of an all-out competition car, as it had lightweight aluminium bodywork by BBM, of Modena, a fabricated platform chassis, and a semi-monocoque body riveted to the frame. Output of the front/mid-mounted 5.3-litre Chevrolet V-8 engine ranged between 355 and 400 horsepower, providing a claimed top speed that approached a staggering 180 mph. Despite its performance and due to Bizzarrini’s predilection for racing, very few examples of the road going 5300 GT Strada were ultimately produced during its six-year production run.

This particular alloy-bodied 5300 GT Strada was delivered new to Belgium, where it was purchased by Guy Arend, who resided in Durbuy. Arend worked in advertising for much of his life, but his passion was World War II history. At 16 years old, Arend was living in Bastogne during the Battle of the Bulge and witnessed some of the fighting in what would be the last major German offensive of World War II. Arend amassed one of the largest collections of World War II vehicles on the planet, and subsequently, in 1970, he founded the Victory Memorial Museum in Hondelange, Belgium, to honour the heroic actions of the Allied forces over the course of the Second World War.

In a period interview, Arend mentioned his Bizzarrini and commented that he decided to purchase the car because he was always travelling and needed a car that wouldn’t cause him any problems. He goes on to mention that he had a Chevrolet Corvette prior to the Bizzarrini and drove it for 350,000 kilometres without any problems. As the Bizzarrini combined the tried-and-true Chevrolet V-8 with Italian style and luxury, it was clearly an ideal car for a gentleman looking for an eye-catching grand tourer. Arend quickly fell in love with the car. The Bizzarrini undoubtedly served him well, as he would retain the car for an incredible 30 years, before it was purchased by its second owner in 1998.

Under the stewardship of the second owner, a Swiss-based collector, it was decided that the car would be fully restored. The 5300 GT was entrusted to specialists in Italy, who were run by Bizzarrini’s former factory manager, Salvatore Diomante, who is considered to be the most renowned expert in restoring Bizzarrinis, as Diomante was intimately connected with their construction. He performed a concours-quality restoration to its original specifications and refinished the car in a stunning combination of green over tan leather. Additionally, the owner requested that an air-conditioning system be retrofitted to the car, as well as a restyled rear grille and other minor modifications to suit his tastes; all of which can be easily restored to original specifications if so desired. In 2004, the car was shown at the Concorso d’Eleganza Villa d’Este, proving that the quality of the restoration was indeed up to international concours standards.

In 2011, the Bizzarrini was purchased by the current owner and has been maintained under the same standards of fastidious care. Presently, the car is in very good overall condition and showing few signs of road use. The interior has been recently refurbished and still feels very inviting, and it would surely be a pleasant place to be in for high-speed touring across Europe. Under its current ownership, an electric power-steering system was added to increase the drivability of this already capable Bizzarrini.

Whilst Giotto Bizzarrini can be credited with creating some of the world’s most incredible sport cars, none of these creations are more visually compelling and unique than the 5300 GT Strada. Bizzarrini said of it: “I started with the idea of the 250 GTO and set about trying to improve on it”.

This car, featuring gorgeous Italian bodywork with the heart of a powerful American V-8, offers a unique character and a commanding presence on the road. It proved to be a more than capable sports car in the hands of Guy Arend when new, and as it is complete with a FIVA Passport, it is ready for continued road use, rallies, or concours judging today.

 

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1968-bizzarrini-5300-gt-strada-alloy/1066000

関連記事

1974 Royal Formula V Race Car 【オークション】

1974 Royal Formula V race car 11 are build in

記事を読む

1974 March 742 Formula Atlantic/F2 802万円

車両価格:$67,500 歴史 1974月の工場出荷時のシャーシレコードがTrive

記事を読む

1953 Studebaker Champion 1634万円

車両価格:$135,000   Description: The "Sa

記事を読む

AB Performance ARION S1 Race / Trackday car 331万円

車両価格:£18,000 ABパフォーマンスARION S1 この車は5レースや

記事を読む

Formula 2-Seater 417万円

  車両価格:€36,500   プロのビルド式Tat

記事を読む

1967 SUNBEAM TIGER MK 1A 2038万円

車両価格:$167,500   --Dark Blue with Bl

記事を読む

MALLOCK MK20B 209万円

車両価格:£11,000 MALLOCK MK20B FULL CLASSIC

記事を読む

【ヤフオク】ザウルスCA18改2リッターエンジン実動スペアカウル付き 現在価格:60万円

エンジン実動ですが走行には整備が必要です http://page2.auctions.

記事を読む

【ヤフオク】VITA 01 (レースカー) 2011製造 即,走行OK!

  ウエストレーシングカーズ(株)製のレーシングカーVITA01 2011製造

記事を読む

SHADOW MK 1 ¥ASK

  ハム速「変な形のレーシングカーの画像」 http://h

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク