*

PR

1997 Ferrari F50 1億1148万円(SOLD)

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 フェラーリ ,

MC14_r198_001 MC14_r198_002 MC14_r198_003 MC14_r198_004

<スポンサーリンク>

 

Sold for €907.200

520馬力、ボッシュモトロニック2.7エンジンマネージメントとの4698 ccのV-12エンジン、6速マニュアルトランスミッション、コイルスプリングと不等長ウィッシュボーン、および4輪油圧ディスクブレーキと4輪独立サスペンション。ホイールベース:2580ミリメートル

単一所有権と新しいから8900キロ
フェラーリの象徴的な50周年記念スーパーカー。 349のいずれかを作製します
フェラーリClassiche認定
すべての工場の書籍やハードトップとソフトトップとの完全な
フェラーリのF50は開発の4年間とモータースポーツでの成功の50年の集大成であり、その目的は、道路法的プラットフォームの親しみやすさの中に、可能な限りお客様にF1カーに近い体験を提供することでした。これは、この新しいモデルの記念碑的な重要性を示す、除幕式ですべて手にルカ・ディ・モンテゼーモロ、ピエロLardiフェラーリ、セルジオ・ピニンファリーナ、とニキ・ラウダと、第63回ジュネーブモーターショーで初めて一般公開されましたフェラーリの歴史。

288 GTOとF40は、ツインターボチャージャー装備のV-8エンジンを搭載した場合には、F50はフェラーリV-行く道の最初のあった、気筒あたり5バルブを4.7リッター自然吸気V-12で飾っされるだろう12。これは、フェラーリが1990年のF1世界選手権で使用されるエンジンに直接由来し、それは鼓膜揺るがす8,000 rpmで520馬力を生産したが、436ポンドのエンジン自体は、10,000以上の回転数に達することができるとしました。限られたスリップディファレンシャルで完了6速縦のギアボックスは、すべてのフェラーリの現代的なフォーミュラワンに使用するレイアウトを彷彿とさせるだったドライサンプエンジン潤滑システム、用のオイルタンクを装着している間にエンジン、後ろに装着しました車。

細部への厳格な注意が完全にサイテック航空宇宙炭素繊維で作られており、わずか225ポンドでスケールをひっくり返した車のシャーシに与えられました。 F50のゴム膀胱燃料タンクは、ドライバーの後ろや航空機産業からインスピレーションを得た別の革新だったエンジン、目の前に、シャーシ内に収容されました。別のフェラーリは、第1のエンジン/ギアボックス/差動アセンブリは、荷重支持構造として作用したということでした。大規模な掘削および換気ディスクブレーキが装着され、ブレンボは4ピストンブレーキキャリパーを供給しました。フェラーリはブレーキがABSが不要と判断されたように良好であったことがわかりました。

駆動:フェラーリは手元のタスクからドライバをそらすことは何があってはならないと信じとしてF50の内部は、いくつかの生き物の快適さを特色にしました。インストルメントパネルは、全てのマイクロコンピュータによって制御され、LCDによって運転者に表示されたタコメータおよび速度計、並びに燃料、油、水の温度とオイル圧力計を、特色。スロットル、ブレーキ、クラッチペダルが全て完全に調整可能であり、軽量化を最大にするために掘削しました。ゲートされたギアシフトはフェラーリの伝統であり、重量の利益のために、偶数ギアノブやレバーは、軽量複合材料で作られていました。

この最先端の技術のすべては、F50が信じられないほどのパフォーマンスの数値を持っていたことを意味しました。その最高速度は、うわさによれば、毎時325キロで、毎時0〜100キロのダッシュは、ちょうど3.7秒を要しました。アクセルペダルに自分の足を維持する30.3秒の立っマイル時間にF50をもたらすだろう。ちょうど349例がなされるであろうしかし、すべてこのパフォーマンスは、フェラーリの最新のスーパーカーを購入するための適切な資金を持つすべての人に利用できないでしょう、モンテゼーモロ会長は、市場を信じていたものより小さいものが要求し、ちょうど総F40生産の四分の一を超えます。

生産349例がフェラーリの最高の顧客のガレージに宛てされるようにするだけでなくF50特権の所有権があった、それは、また名誉でした。各所有者は、この記念碑的なエンジニアリングの成果を祝うために、車の信憑性、および第三百四十九例の製造時にフェラーリの工場への所有者を招いての手紙に証明モンテゼーモロ会長が署名した文書を、受け取りました。

ここで紹介する1997年モデルは生産274番目F50です。この例では、イタリアの自国への新しい配信された、その最初の所有者にその一生で推移しています。これは、新しいから9000キロの下で旅して、元の書籍やツールの全てを保持しています。また、Classicheは、この素晴らしいF50は、それが1997年に工場を残し、それが事故の損傷がなかったときにそれがあったとまったく同じであることを確認して、認証されています。ロッサコルサは、黒と赤のインテリアでペイント身に着けているこの例では、F50のための典型的な色の組み合わせは、完全に所有者がそれを要求するものは何でもすることが可能です。

フェラーリF50は、疑い、1990年代の最も象徴的なフェラーリなしです。それはフェラーリ道路車の開発と進化の頂点であり、それはまた、フォーミュラワン優位にフェラーリの復帰の開始を象徴しています。 F50はフェラーリの最も大切なお客様が性能と爽快感の同様のレベルの両方を体験することが許可されているモンツァでの主な海峡をダウン急上昇やモナコでのグランドホテルのヘアピンをナビゲートしながら、フェラーリ独自のフォーミュラワンドライバーの経験。フェラーリのないコレクションは、F50なしで完全ではない、とフェラーリClassiche認証と新しいからの単一の所有者で、この例では、真剣に検討を保証します。

520 bhp, 4,698 cc V-12 engine with Bosch Motronic 2.7 engine management, six-speed manual transmission, four-wheel independent suspension with coil springs and unequal length wishbones, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 2,580 mm

  • Single ownership and 8,900 kilometres from new
  • Ferrari’s iconic 50th anniversary supercar; one of 349 produced
  • Ferrari Classiche certified
  • Complete with all factory books and a hardtop and soft-top

Ferrari’s F50 was the culmination of four years of development and fifty years of success in motorsport, and its goal was to offer customers an experience as close to an F1 car as possible, within the familiarity of a road-legal platform. It was presented to the public for the first time at the 63rd annual Geneva Motor Show, with Luca di Montezemolo, Piero Lardi Ferrari, Sergio Pininfarina, and Niki Lauda all on hand at the unveiling, illustrating the monumental importance of this new model to the history of Ferrari.

Where the 288 GTO and the F40 were powered by twin-turbocharged V-8 engines, the F50 would be graced with a 4.7-litre normally aspirated V-12 with five valves per cylinder, which was a first for a road going Ferrari V-12. It was derived directly from the engine that Ferrari used in the 1990 Formula One season, and it produced 520 horsepower at an eardrum-shattering 8,000 rpm, but the 436-pound engine itself was capable of reaching over 10,000 rpm. The six-speed longitudinal gearbox, completed with a limited-slip differential, was fitted behind the engine, between which was mounted the oil tank for the dry-sump engine lubrication system, which was all reminiscent of the layout used in Ferrari’s contemporary Formula One cars.

Exacting attention to detail was given to the car’s chassis, which was made entirely of Cytec aerospace carbon fibre and tipped the scales at just 225 pounds. The F50’s rubber bladder fuel tank was housed within the chassis, behind the driver and in front of the engine, which was another innovation inspired from the aircraft industry. Another Ferrari first was that the engine/gearbox/differential assembly acted as a load-bearing structure. Massive drilled and ventilated disc brakes were fitted, and Brembo supplied the four-piston brake callipers. Ferrari found that the brakes were so good that ABS was deemed unnecessary.

The interior of the F50 featured few creature comforts, as Ferrari believed there should be nothing to distract the driver from the task at hand: driving. The instrument panel featured a tachometer and speedometer, as well as fuel, oil, and water temperature and oil pressure gauges, which were all controlled by a microcomputer and displayed to the driver by LCD. The throttle, brake, and clutch pedals were all fully adjustable and drilled to maximise weight reduction. The gated gearshift was traditional Ferrari, and in the interest of weight, even the gear knob and lever were made of lightweight composite materials.

All of this state-of-the-art engineering meant that the F50 had incredible performance figures. Its top speed was purportedly 325 km/h, and the 0–100 km/h dash required just 3.7 seconds. Keeping one’s foot on the accelerator pedal would bring the F50 to a standing mile time of 30.3 seconds. However, all this performance wouldn’t be available to every person with the appropriate funds to purchase Ferrari’s newest supercar, as just 349 examples would be made, one less than what Montezemolo believed the market demanded and just over a quarter of total F40 production.

Not only was ownership of an F50 a privilege, it was also an honour, as the 349 examples produced would be destined for the garages of Ferrari’s best customers. Each owner received a document signed by Montezemolo, which attested to the authenticity of the car, and a letter inviting the owner to the Ferrari factory upon the production of the 349th example, to celebrate this monumental engineering achievement.

The 1997 model presented here is the 274th F50 produced. This example was delivered new to its home country of Italy and has remained with its first owner its entire life. It has travelled under 9,000 kilometres from new and retains all of its original books and tools. It has also been Classiche certified, ensuring that this splendid F50 is exactly as it was when it left the factory in 1997 and it has never had any accident damage. This example, wearing Rossa Corsa paint with a black and red interior, the quintessential colour combination for an F50, is fully capable of whatever the owner asks of it.

The Ferrari F50 is without a doubt the most iconic Ferrari of the 1990s. It was the pinnacle of Ferrari road-car development and evolution, and it also symbolises the start of Ferrari’s return to Formula One dominance. The F50 allowed Ferrari’s most valued customers to experience both the similar levels of performance and exhilaration that Ferrari’s own Formula One drivers experience whilst rocketing down the main strait at Monza or navigating the grand hotel hairpin at Monaco. No collection of Ferraris is complete without an F50, and with Ferrari Classiche certification and single ownership from new, this example warrants serious consideration.

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1997-ferrari-f50/1065998

関連記事

1986 Ferrari 328 GTS 1268万円

Sold for (£): 68,625 The Ferrari 328 first

記事を読む

FERRARI Dino 246 GTS (Cabriolet) 6539万円

車両価格:500'000スイスフラン Fahrzeugdaten Inverkehr

記事を読む

2004 Ferrari F360 Challenge Stradale  2406万円

Sold for (£): 130,500 The Ferrari F360 was

記事を読む

Ferrari 275 GTB Alloy 6c ¥ASK

車両価格:ASK A very special Ferrari 275 GTB/2 c

記事を読む

【ヤフオク】F-50 コーンズ アルバム タンク交換 グッドイヤー クラシケ 現在価格:2億円

F-50 正規輸入車35台、 低走行車 実走証明記録簿、サービス記録簿あり。ガスタンク交換済

記事を読む

1957 Ferrari 500 TRC Spider 2億8298万円(SOLD)

Sold for $2,282,500 Five Owners From New,

記事を読む

FERRARI F50

車両価格:ASK FERRARI F50 YEAR : 1997

記事を読む

1956 Ferrari 250 GT Berlinetta Competizione ‘Tour de France’ by Scaglietti 7億6851万円(SOLD)

Sold for £4,872,000 7000 rpmで225馬力、3ウェーバ

記事を読む

1980 Ferrari 308 GTB 945万円

Sold for (£): 51,188 Produced between 1975

記事を読む

1991 Ferrari F40 Berlinetta 1億771万円(SOLD)

Sold for £634,300 1991年フェラーリF40ベルリネッタ カロッツ

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク