*

PR

1968 Alfa Romeo Tipo 33/2 Daytona 1億5484万円(SOLD)

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 アルファロメオ , ,

MC14_r102_001 MC14_r102_002 MC14_r102_003 MC14_r102_004

<スポンサーリンク>

 

 

Sold for €1.260.000

270馬力、ダブルウィッシュボーン、後輪駆動、4輪ディスクブレーキによるデュアル点火および間接的な燃料噴射、6速ギアボックス、独立したフロントとリアサスペンションと1,995 ccのDOHC V型8気筒エンジン。 2250ミリメートルのホイールベース

ニノVaccarella、ハーバート・シュルツェ、そしてミシェル・ウェーバーによって期間に参戦
世界で最も偉大な歴史的な自動車レースのイベントの多くの対象
オリジナルの登録文書、そのONSワーゲン・パス、およびFIAの論文が含まれています
8気筒アルファロメオのスポーツプロトタイプの美しい例
1951年の終わりまでに、アルファロメオは、国際グランプリ競技から引退することを決めていました。 1950年代初頭の間に、それはそのティポ158,159レーサーとの最初の2つの駆動選手権に勝つだろうし、それは完全に新しいデザインを持っていたとして、1952年と1953年に、有名なディスコヴォランテは、世界を驚かせるだろう。同時に、アルファロメオは、スポーツGTカーを目的とした魅力的な2リットルのV – 8試作エンジンを開発していました。しかし、このプロジェクトは、当面は​​棚上げされました。

アルファロメオとその競争アーム、Autodelta、1960年代初頭を通じてジュリアクーペ誘導体およびTZとTZ2と多くの成功を経験して、様々なツーリングおよびGTのレースで、決定は最終的には国際的なスポーツカーレースに復帰しました。アルファのリターンの心臓部は、10年前に放棄されていた2リッターのV型8気筒エンジンであろう。この取り組みは、11レースシーズンを包含し、1977年に世界選手権を優勝アルファをもたらすであろう。

ベルギーで1967 Fleronヒルクライムイベントは、アルファロメオの凱旋にマークを付けていました。マグネシウムとアルミニウム製ではなく、エキゾチックなH形シャーシを特色にした彼らの新しい車は、テオドロZeccoliの手で、このイベントに第一全体のを終えることになります。競争力の駆動長年の経験では、テオもかなりの評判を築いていました。彼は伝えられるところでは個人的にすべてのT33をテストしていたとしてAutodeltaのテストドライバーとして、彼は積極的に、ティポ33プロジェクトに関与していました。彼はまた、アバルトワークスドライバーだけでなく、尊敬ルマンとヒルクライムベテランでした。ベルギーでの成功の後、Fleron名はすぐにこのモデルに関連付けられたになりました。

1967年を通して、アルファロメオは、3つの丘の登りで行われているし、年内にバレルンガ回路で1で、4勝を獲得しました。

ここに提供される車は1968年にスクーデリアAutodeltaして、新しい配信したところ、アルファロメオドイツのコンセッショネアチームによって運動をしました。シャーシ026の最初の競争力の遠出は、1968年ニュルブルクリンク1000年KMで、5月19日にありました。車はハーバート・シュルツェとニノVaccarellaによって駆動され、それがクラスと10日、全体的な仕上がりに印象的な第三を主張しました。これは、主にヨーロッパヒルクライム選手権のイベントで、ハーバート・シュルツェ駆動で、1968年シーズンの残りのために競うようになりました。

1969年4月17日、この車は最初の道-登録フランクフルトのF-RW 35などでした。車に付属のオリジナルFahrzeugbriefで述べたように、それは今も保持してエンジン0035、を備えていました。 1969年シーズンを通して、ミシェル・ウェーバーは11競争力のあるイベントで車と競合しました。これらのイベントのハイライトは月にFassbergヒルクライムと9月でGaisbergヒルクライムでの勝利が含まれています。ウェーバーはまた、彼は第三を終えた有名なトレント・ボンドーネ、で競った、と彼はクラスで8位を終えた9月中にモンヴァントゥーイベント、で。 1970年に、ウェーバーは再びアルファ・ドイツのための車と競合します。

車はその後、1971年7月21日に1971年にレーシングドライバーハインツIsertに売却された、ドイツのモーターレース用のONSワーゲン・パスが配信された、そしてそれはまだこの日に車を提示されます。ワーゲン・パスに記載されているように、Isertはロールバーは彼が最終的に、1984年にフロリアンGerblにアルファを販売し1973年に嵌合し、その後、数回手を取引した後に持っていた、元の短期に体を戻す含まフルレストア、テールデイトナ仕様は、着手しました。

1998年には、グレゴールFiskenは、シャーシ026を購入し、そのFIAの論文は、その年の12月19日に配信されているように見える2000年のタルガ・フローリオイベントを含め、車の中で競争し続けました。三年後、車は有名なアウディ2004年にル・マンを獲得した1996年全日本ツーリングカー選手権グランド、およびを獲得し一道ゴー、チーム郷国際モータースポーツチームの創設者、に売却されました。 2005年8月には、FIAのHTP紙は配信されていました。 2008年には、車は2010年に現在の所有者にそれを販売する前に、数年前からアルファを保持していた日本で氏室戸、買収されました。

この車は、そのような印象的なレースレコードで本物のT33 / 2デイトナのレースカー、特に例を購入する貴重な機会を提供しています。これは、現在道路に登録され、ルマンクラシックだけでなく、ツアー自動車とモデナチェント鉱石にとってだけでなく対象作り、有効なHTP-FIAの論文が含まれています。

その豪華な、高回転を増す2リッターV-8を使用すると、このアルファロメオだけではなく、任意の歴史的なモータースポーツイベントでストレートを走る素晴らしい鳴りますが、それはまた、確かに毎ターンで限界をプッシュするために、その新しい所有者を手招きします。

270 bhp, 1,995 cc DOHC V-8 engine with dual-ignition and indirect fuel injection, six-speed gearbox, independent front and rear suspension by double wishbones, rear-wheel drive, and four-wheel disc brakes. Wheelbase 2,250 mm

  • Raced in period by Nino Vaccarella, Herbert Schultze, and Michel Weber
  • Eligible for many of the world’s greatest historic motor racing events
  • Includes original registration documentation, its ONS Wagen-Pass, and FIA papers
  • Beautiful example of the eight-cylinder Alfa Romeo sports prototype

By the end of 1951, Alfa Romeo had decided to retire from international grand prix competition. During the early 1950s, it would win the first two Driving Championships with its Tipo 158 and 159 racers, and in 1952 and 1953, the famed Disco Volante would astonish the world, as it had an entirely new design. At the same time, Alfa Romeo was developing an intriguing two-litre V-8 prototype engine that was intended for a sporting GT car; however, this project was shelved for the time being.

With Alfa Romeo and its competition arm, Autodelta, experiencing much success with the Giulia Coupé derivatives and the TZ and TZ2 throughout the early 1960s, in various touring and GT races, the decision was finally made to return to international sports car racing. The heart of Alfa’s return would be the two-litre V-8 engine, which had been abandoned 10 years earlier. This effort would encompass 11 racing seasons and result in Alfa winning the World Championship in 1977.

The 1967 Fleron Hill Climb event in Belgium would mark Alfa Romeo’s triumphant return. Their new car, which featured a rather exotic H-shape chassis made of magnesium and aluminium, would finish 1st overall in this event, at the hands of Teodoro Zeccoli. With years of competitive driving experience, Teo had also built up quite a reputation. As the Autodelta test driver, he was actively involved in the Tipo 33 project, as he had allegedly tested every T33 personally. He had also been an Abarth Works driver, as well as a respected Le Mans and hill climb veteran. After its success in Belgium, the Fleron name quickly became associated with this model.

Throughout 1967, Alfa Romeo won four victories, with three taking place in hill climbs and one at the Vallelunga circuit later in the year.

The car offered here was delivered new by Scuderia Autodelta in 1968, and it was campaigned by the Alfa Romeo Deutschland concessionaires team. Chassis 026’s first competitive outing was on 19 May, at the 1968 Nürburgring 1000 KM. The car was driven by Herbert Schultze and Nino Vaccarella, and it claimed an impressive 3rd in class and 10th overall finish. It went on to compete for the remainder of the 1968 season, with Herbert Schultze driving, at mostly European hill climb championship events.

On 17 April 1969, this car was first road-registered as F-RW 35 in Frankfurt. As noted by the original Fahrzeugbrief, which accompanies the car, it was equipped with engine 0035, which it still retains today. Throughout the 1969 season, Michel Weber competed with the car at 11 competitive events. Highlights of these events include wins at the Fassberg Hill Climb in May and the Gaisberg Hill Climb in September. Weber also competed at the famous Trento-Bondone, where he finished 3rd, and at the Mont Ventoux event in September, where he finished 8th in class. In 1970, Weber again competed with the car for Alfa Deutschland.

The car was then sold to racing driver Heinz Isert in 1971. On 21 July 1971, the ONS Wagen-Pass for motor racing in Germany was delivered, and it is still presented with the car to this day. As documented in the Wagen-Pass, Isert had a roll bar fitted in 1973. He finally sold the Alfa to Florian Gerbl in 1984, and after trading hands several times thereafter, a full restoration, which included returning the body to the original short-tail Daytona specification, was undertaken.

In 1998, Gregor Fisken bought chassis 026 and continued to compete in the car, including at the Targa Florio event in 2000. Its FIA papers appear to have been delivered on 19 December that year. Three years later, the car was sold to Kazumichi Goh, the founder of the Team Goh International motorsport team, which won the 1996 All-Japan Grand Touring Car Championship, and who famously went on to win Le Mans in 2004 with Audi. In August 2005, the FIA HTP papers were delivered. In 2008, the car was acquired by Mr Muroto in Japan, who retained the Alfa for several years before selling it to the present owner in 2010.

This car offers a rare opportunity to purchase a genuine T33/2 Daytona race car, especially an example with such an impressive racing record. It is currently road-registered and includes valid HTP-FIA papers, making it not only eligible for the Le Mans Classic but also the Tour Auto and Modena Cento Ore.

With its gorgeous, high-revving two-litre V-8, this Alfa Romeo will not only sound great running down the straights at any historic motor sport event, but it will also certainly beckon its new owner to push the limit at every turn.

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1968-alfa-romeo-tipo-33-2-daytona/1065886

関連記事

1972 Alfa Romeo Montreal Coupe 1055万円

車両価格:$88,500 1967年モントリオール万博では、印象的な新しいコンセプトカ

記事を読む

【ヤフオク】アルファ156 V6 24V 3000ccエンジン搭載レース車

4人乗りの156のレースカーです。 アルファ166の3000ccエンジンに載せ換えてあり

記事を読む

Alfa Romeo 1900 Super TI ¥ASK

車両価格:ASK 設備の整った黒のラリー内部と美しい黒の1953 ALFA ROMEO

記事を読む

1968 Alfa Romeo 1750 GTAm ¥ASK

車両価格:ASK 登録番号:イタリア登録 シャーシ番号:AR1350034 し

記事を読む

Alfa Romeo Giulia 654万円

車両価格:£35,000 アルファロメオジュリアスーパー1600 1965年に建てら

記事を読む

AUDI A4 QUATTRO STW / BTCC No SF 37 ORIGINAL Super Tour 1100万円

  車両価格:€99,000 アウディスポーツチーム-ABT前者A

記事を読む

Alfa Romeo 2.0 GTV 152万円

車両価格:€11,950 美しく、元の美しいシルバーメタリックALFA ROMEO G

記事を読む

Alfa Romeo – Giulia Sprint GTA 1600 ¥ASK

車両価格:ASK This GTA was sold new in Austria.

記事を読む

1991 Alfa Romeo SZ  1565万円

Sold for (£): 84,938 The product of another

記事を読む

Alfa Romeo 8C Competizione 2833万円

車両価格:£154,950 ローマ人は「クラウド·ホワイト」に、イタリア語から翻訳し、

記事を読む

PR

    • 8現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク