*

PR

1974 Hesketh 308 Formula One 3441万円(SOLD)

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 F1 , ,

MC14_r108_001 MC14_r108_002 MC14_r108_003 MC14_r108_004

<スポンサーリンク>

 

Sold for €280.000

485馬力、コイルとルーカス・計量燃料噴射、ヒューランド製FGA / 400 5速マニュアルトランスアクスル、ラックアンドピニオンステアリング、フロントとリアのウィッシュボーン独立懸架と2993のcc DOHCドライサンプコスワースDFV 90度V型8気筒エンジンスプリング、筒ダンパー、およびアンチロールバー、および四輪ロッキード4ピストン換気ディスクブレーキ。重さ:590キロホイールベース:2570ミリメートル

最初のヘスケスF1マシン。 3つだけのものが308およ​​び308 B系列に組み込まれ
式で駆動Oneチャンピオンジェームス・ハントとアラン・ジョーンズ
1974年シルバーストーン・インターナショナル・トロフィー・レースでのハント年代後半レースパスで有名
最近の完全かつ正確な復元。成功した歴史的なレースキャリア
モナコヒストリックグランプリとFIAマスターズ歴史選手権のためのパーフェクト
主ヘスケス初のグランプリレーシングカーを設計・ハーヴェイ「ドク」Postlewaiteにより、社内で設計された(チームは、以前1973年マーチ731を走りました)。車をパワード3リッター、8気筒DFVエンジンと呼ばれる彼らの新しい308は、B.S.を組み立てましたルートンの製作(株)。ジェームス・ハントは、最初の車に目を置いたとき、彼はそれが単に「美しい」と発音しました。彼は同様に彼の比較的大きな形に合わせて調整された広々としたコックピット、感銘を受けました。

1974年シーズンはブラジルGPで、前年の月731レーシングチームで始まった、ハントは古い車の中で総合9位を終えました。そのレースの後、いくつかのチームがテストを続行するためにインテルラゴスサーキットで上にとどまりました。ハントが手にストップウォッチで、彼の新しいヘスケス308-1、ライバルチームを試すために準備したように、上に見えました。競争力のある月のチームの車よりも高速であることは、一つのことだったが、フォーミュラワン専門家が意見を述べたようヘスケスが自分の車を構築しようとするまで、「待ってください。それから彼は、このビジネスがいかに困難を見つけますよ!」

いくつかのウォームアップラップといくつかの調整後、ハントは「怒りでラップ」の準備ができていました。みんなの驚きに、あの有名なラップが速くマクラーレンでエマーソン・フィッティパルディのポール・予選時より第二であることが判明した、と古い月にハント自身の予選タイムより完全な4秒より良いです!ドクPostlewaite、スピードのこの即時の表示のために、彼らの不審ライバルの多くの前に、ヘスケス・レーシングの “最も満足のハイライト」の一つでした。

シャーシ308-1の最初の本当のテストは、ブランドのハッチでのレース・オブ・チャンピオンズで来ました。ここでは、ジェームス・ハントは、ポールに適合すると思われるが、他車との接触は、フロントボディワークの損失を引き起こした後、ハ​​ントは、最終的に起因する問題を扱うに引退を余儀なくされました。この車の中でハントの最初のレースの勝利は大胆後期レースパスでロニー・ピーターソンの優勝ロータスを破って、シルバーストンインターナショナルトロフィーレースで来ました。

ピート・ライオンズは、彼の1975本のフォーミュラワンでは、ドライバーは、いみじくも書いた: “慎重に他の車の異なる性能特性を計量、彼は回路内のどの時点で決定した彼は、彼の動き-選択Woodcoteコーナー、のいずれかを行う必要があります全体GPスケジュールの中で最も見事に高速コーナー、スロットルをフェザリングし、毎時160マイル – とシルバーストンで偶然最も公共コーナーで身の毛もよだつようなスライドを引くの恐ろしい問題!ジェームズは、ピーターソンのロータスの下に彼のヘスケスを投げ、リードを取り、レースに勝つために介して電力供給の方法は、すべての英国の愛好家は、彼の心の近くに保持し、その虚数が、非常に現実的な青銅のタブレット上にエッチングとなりました。それは壮大な瞬間でした!」

アラン・ジョーンズが駆動するために半ば1975により、シャーシ308-1は、ハーヴェイ・スティラーと彼の仲間に販売されていました。 1975年には、ドライバ/ジャーナリストハラルド・エルトルは車輪にありました。 1988年には、P。Senkowskyはエルトルのパートナー/技術者ギュスターヴHoekerから車を買いました。ラジエーターとサスペンションと行われ、この時点で持っていた確かに様々な身体統一デザイン、上に行ったものを含む様々な修正、。

彼の名誉のために、第五の所有者は、その歴史の学習の後に戻って1974年仕様への完全復元を行いました。彼はB.S.の、ボブSparshottにより、このタスクで支援しました。この車の浴槽やサスペンションの元ビルダーの一つであった製造株式会社、。主ヘスケス自身が様々な詳細を供給することにより、原因を助けました。 2006年6月に、シャーシ308-1は、ロードアメリカ、ラスベガス、ソノマ、ジル・ビルヌーブ・サーキット、シルバーストーン、ニュルブルクリンクでの歴史的なグランプリのイベントでは、第2の改装後、正常に出場している現在の所有者に売却し、ここにありましたモナコ。

シャーシ308-1はまた、FIAの歴史的な車両アイデンティティフォームとACCUS / FIA U.S.A.テクニカルパスポートのほか、スペアの広範な提供を伴うことになります。追加の詳細はRMの専門医に相談してください。

 

485 bhp, 2,993 cc DOHC dry-sump Cosworth DFV 90-degree V-8 engine with Lucas-metered fuel injection, Hewland FGA/400 five-speed manual transaxle, rack-and-pinion steering, front and rear wishbone independent suspension with coil springs, telescopic dampers, and anti-roll bars, and four-wheel Lockheed four-piston ventilated disc brakes. Weight: 590 kg Wheelbase: 2,570 mm

  • The first Hesketh Formula One car; one of only three built in the 308 and 308 B series
  • Driven by Formula One champions James Hunt and Alan Jones
  • Famous for Hunt’s late-race pass at the 1974 Silverstone International Trophy Race
  • Recent complete and correct restoration; successful historic racing career
  • Perfect for the Monaco Historic Grand Prix and the FIA Masters Historic Championships

Lord Hesketh’s first grand prix racing car was designed and engineered in-house by Harvey “Doc” Postlewaite (the team previously ran a 1973 March 731). Their new 308, which referred to the three-litre, eight-cylinder DFV engine that powered the car, was assembled by B.S. Fabrication Ltd. in Luton. When James Hunt first laid eyes on the car, he pronounced it simply “beautiful”. He was likewise impressed by the roomy cockpit, which had been tailored to fit his relatively large form.

The 1974 season began with the team racing the previous year’s March 731. At the Brazilian Grand Prix, Hunt finished 9th overall in the old car. After that race, several teams stayed on at the Interlagos circuit to continue testing. As Hunt prepared to try out his new Hesketh 308-1, the rival teams, with stop-watches in hand, looked on. Being competitive and faster than the March team cars was one thing, but as the Formula One pundits opined, “Wait until Hesketh tries building his own car. Then he’ll find out how difficult this business is!”

After a few warm-up laps and some adjustments, Hunt was ready for a “lap in anger”. To everyone’s surprise, that famous lap proved to be a second faster than Emerson Fittipaldi’s pole-qualifying time in the McLaren, and a full four seconds better than Hunt’s own qualifying time in the old March! For Doc Postlewaite, this immediate display of speed, in front of many of their disbelieving rivals, was one of Hesketh Racing’s “most satisfying highlights”.

Chassis 308-1’s first real test came at the Race of Champions at Brand’s Hatch. Here, James Hunt would qualify on the pole, but after contact with another car caused a loss of front bodywork, Hunt was forced to eventually retire due to handling problems. Hunt’s first race win in this car came at the Silverstone International Trophy race, beating Ronnie Peterson’s championship Lotus with a daring late-race pass.

Pete Lyons, in his 1975 book Formula One, The Drivers, aptly wrote: “Carefully weighing up the differing performance characteristics of the other car, he decided at which point in the circuit he should make his move—selecting Woodcote Corner, one of the most spectacularly fast corners in the whole GP schedule, a frightening matter of feathering the throttle and catching lurid slides at 160 mph—and by chance the most public corner at Silverstone! The way James threw his Hesketh beneath Peterson’s Lotus and powered through to take the lead and win the race became etched on that imaginary but very real bronze tablet that every British enthusiast keeps near his heart. It was a magnificent moment!”

By mid-1975, chassis 308-1 had been sold to Harvey Stiller and his associates for Alan Jones to drive. In 1975, driver/journalist Harald Ertl was at the wheel. In 1988, P. Senkowsky bought the car from Ertl’s partner/ technician Gustave Hoeker. Various modifications, including ones performed on the radiator and suspension and certainly various body liveries, had by this time taken place.

To his credit, the fifth owner undertook a full restoration back to 1974 specifications after learning of its history. He was aided in this task by Bob Sparshott, of B.S. Fabrication Ltd., who was one of the original builders of this car’s tub and suspension. Lord Hesketh himself helped the cause by supplying various details. In June 2006, chassis 308-1 was sold to the current owner, who has successfully competed, after a second renovation, in historic grand prix events at Road America, Las Vegas, Sonoma, Circuit Gilles Villeneuve, Silverstone, Nürburgring, and here at Monaco.

Chassis 308-1 will also be accompanied by its FIA Historic Vehicle Identity Form and ACCUS/FIA U.S.A. Technical Passport, as well as an extensive offering of spares. Please consult an RM specialist for additional detail.

 

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1974-hesketh-308-formula-one/1065346

関連記事

1998 Jordan 198 and simulator 1329万円

車両価格:£69,995 1998 Jordan 198, this car has

記事を読む

【F1】【動画あり】Ferrari Formel 1 F310B ex. Schumi 2億370万円

車両価格:€1,550,000 概要: 私たちは、オリジナルのフェラーリF310Bフ

記事を読む

FERRARI F1 93 A  ASK

車両価格:ASK Description: FERRARI F1 93 A for

記事を読む

【F1】F1 BMW Williams FW22 ¥ASK

車両価格:ASK F1 BMW Williams FW22 for sale (Des

記事を読む

1990 Lotus 102 Formula 1 ¥ASK

これは、稼働して完全に元の1990ロータス102 F1マシンを購入する貴重な機会です。

記事を読む

Jenson Button 2004 BAR Honda F1 car 1110万円

車両価格:1110万円(SOLD)   This 2004 BAR H

記事を読む

F1 Benetton B197 ¥ASK

車両価格:ASK Description: 1997 Benetton F1,

記事を読む

1984 Spirit F1 DFV 3020万円

車両価格:£160,000 Description: 1984 Spirit DFV

記事を読む

【F1】Fittipaldi F1 F5A 1978 ¥ASK

車両価格:ASK マスターズFIA F1モナコGPの歴史のための真の競争力と実績のある

記事を読む

【F1】FERRARI 312 T4 ¥ASK

車両価格:ASK 年:1979 エンジン:V12 パワー:12300 rpmで51

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク