*

PR

1989 Ferrari F1-89 Formula One 7571万円(SOLD)

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 F1, フェラーリ , ,

MC14_r168_001 MC14_r168_002 MC14_r168_005 MC14_r168_006

 

 

Sold for €616.000

ダブルウィッシュボーンとプッシュロッド、および4輪カーボンファイバーディスクブレーキと600馬力、3497 ccのDOHC V-12の燃料噴射、7速セミオートマチックギアボックス、独立したフロントとリアのサスペンション。ホイールベース:2829ミリメートル

フェラーリのためのジョン・バーナード初のF1設計
パドルシフトとの最初の7速セミオートマチックのF1ギアボックス
ゲルハルト・ベルガーによって期間に参戦
マクラーレンを離れた後アラン・プロストによって駆動される第1のフェラーリ
完全にフェラーリF1 Clientiによって復元され、ムジェロでテストしました。 Classiche認定
イギリス人デザイナージョン・バーナードは、彼が同意したときに巨大な給与とイングランドで新しいフェラーリのテクニカルセンターを設立する機会に、1987年に、トップランクにフェラーリのフォーミュラワン運勢を復元するために、仮想白紙委任状を与えられました。

フェラーリは、1.5リッターV型6気筒エンジンで1982年と1983年にコンストラクタのための連続した​​世界選手権でターボF1レースにルノーのグリップを解除した後、1985年にドイツGP以来のフォーミュラワンレースに勝っていませんでした。それにもかかわらず、フェラーリのF1技術開発を頭にイギリス人の選択は、すべての周りの論争のでした。

バーナード以前の業績の中でジム・ホールのために設計さチャパラル2Kインディカーでした。これはジョニー・ラザフォードによって駆動されながら、1980年のインディアナポリス500を獲得した車でした。この成功はすぐに彼がマクラーレンMP4 / 1、フォーミュラワンの最初の炭素繊維複合材料(FCC)シャーシに取り組んだ新しいマクラーレンチームにバーナードをもたらしました。

バーナードの在職中、マクラーレンは」、1984年に選手権1985、および1986年マクラーレンもコンストラクタ勝った」ニキ・ラウダとアラン・プロストは、ドライバを獲得して、F1で支配的な力になった狭義第三回連続優勝を失う、1984年および1985年に選手権1986年にウィリアムズへ。

で始まる新しい非ターボルールのフェラーリの最初のエントリになるフェラーリのF1 1987年と1988年のための設計が既にバーナードはフェラーリに参加した時点でダウンに設定されていたので、彼はすべて新しい車での仕事を始め、F1-89、 1989。

イギリスの彼のテクニカルセンターを底とするバーナードの決定はイタリアにありF1チームに人気がありませんでした。バーナードは、前の練習の「ひとつひとつのディテールのマニアックな分析」として記載されているフェラーリ、に彼自身の方法を紹介しました。

バーナードは新しい車を進め持った一つのフェラーリの技術革新は、ステアリングホイール上にあるパドルによって運営された革新的な7速セミオートマチックギアボックスでした。この設計は、もともとマウロ・フォルギエリによって1979年にフェラーリで作成されますが、システムを完成するために必要な高度な電子機器がまだ利用できなかったため、開発は停滞しました。

時代に密接にF1に続いジャーナリストクエンティン拍車をかけて、によると、バーナードF1 / 89が最も重要で、技術革新の範囲を備えていた「電気油圧式」機構として記載されたギアシフトているいるの。パドルは、電気ソレノイドを有する半自動変速機における油圧アクチュエータによって制御されます。

ドライバーのみを開始するためにクラッチペダルを使用していました。 7速ギアボックス内の比はアップシフトのための右のパドルとシフトダウンのために左に、ステアリングホイールの裏側にパドルを絞ることによって、レースを通してシフトしました。この技術革新は、5年以内にフォーミュラワンのレースを通じて普遍となり、今日、それが高性能ロードカーに共通です。

新しい3.5リッター自然吸気式のためにフェラーリのエンジンは、軽量65度のV-12クラウディオ・ロンバルディに​​よって設計されました。エンジンは、エンジンの前部から牽引された気筒あたり5バルブ(3摂取量)とシリンダーバンクごとに2つのオーバーヘッドカムシャフトを、利用しました。燃料は、ウェーバー・マレリデジタル電子注入を介して配信し、点火は気筒あたり1プラグとマネッティマレリ電子一つでした。最大電力は12500 rpmで600馬力で評価されました。

エンジン及び半自動変速機は、取り外し可能な複合車体と、炭素繊維とケブラーハニカムからなる一体モノコックにマウントしました。フロントサスペンションはダブル楕円断面のウィッシュボーンとプッシュロッドによってでした。同様に、リアサスペンションはダブルウィッシュボーンとプッシュロッドによってもありました。ステアリングラック&ピニオン、およびすべての4つの車輪の換気炭素繊維ディスクやワンピースブレンボキャリパーを利用ブレーキによるものでした。

1989年のF1シーズンが始まったとしてフェラーリF1 / 89は非常に評価されました。フェラーリは広く1988年の後半を通じて、2つのV-12非ターボ車をテストし、1989年の最初のレースからマクラーレン、ホンダへの戦いを取ることを望んでいました。

フェラーリのゲルハルト・ベルガーは、マクラーレンはドライバーアイルトン・セナ(8)とアラン・プロスト(7)と15 16のF1レースに勝つ見た驚くべき1988年シーズン、マクラーレン・ホンダからレースを取るための唯一のドライバーでした。 1989年フェラーリでバーガーのチームメイトは、将来の世界チャンピオンナイジェル・マンセルました。

バーガーとマンセルの両方がすぐに/ 89 F1にかかりました。信じられないほど、マンセルはフェラーリファンに自分自身を愛情のこもった、彼のフェラーリのための最初のスタートとブラジルでシーズンの最初のレースで勝ちました。フェラーリは、しかし、600馬力は定期的に新しいマクラーレン・ホンダV-10に挑戦するのに十分ではなかったことはほぼ早く発見し、彼らは自身が年間を通じて電力を追いかけて見つけました。

新しいF1 / 89、特に半自動変速機の複雑さは、また、シーズンを通して退職の失望文字列につながりました。マンセルは、ベルガーはイタリアとスペインで第二と一緒に、ポルトガルで待望の勝利を取ると、ドイツとベルギーのフランスとイギリスで2番目と3番目の得点を管理しました。マクラーレンはドライバーズとコンストラクターズ選手権を含め、1989年に16レースの10を獲得しました。フェラーリは、残りの最高でした。

この1989年のフェラーリF1 / 89 F1マシンは、シャーシ110であり、それはメキシコ、米国、カナダ、フランス、英国、ドイツPrandグランプリでのゲルハルト・ベルガーによる1989年のF1シーズンに牽引されました。バーガーは、カナダ、英国、ドイツでグリッド上に第四始めたが、彼のレースはシーズンを通して/ 89 F1に影響を与えたと同じ信頼性の問題に悩まされました。

アラン・プロストが1989年にマクラーレンと彼の第三世界のドライバーズチャンピオンシップを獲得し、その後速やかに彼はジョン・バーナードと再会したフェラーリに出発しました。このF1 / 89、シャーシ110は、フェラーリで彼の到着時にプロストによって最初にテストしたフェラーリのF1カーでした。

提示されているように、このF1 / 89はフェラーリの歴史とフォーミュラワンの技術進化の歴史の重要な部分です。それはフォーミュラワンの黄金時代を表し、プロスト、セナコンテスト、自然吸気大容量のV-12エンジン、セクシーな「コカ・コーラボトル “のデザイン。最近では完全にフェラーリF1 Clientiによってソートされており、ムジェロで150キロのためにダウンして振とうされています。それはフェラーリClassicheは認定され、右の新しい所有者とすべてのF1の歴史的なレースにそれを返すために、ドライバのための準備ができています。

600 hp, 3,497 cc DOHC V-12 fuel injection, seven-speed semi-automatic gearbox, independent front and rear suspension with double wishbones and push rods, and four-wheel carbon-fibre disc brakes. Wheelbase: 2,829 mm

  • John Barnard’s first F1 design for Ferrari
  • The first seven-speed semi-automatic F1 gearbox with paddle shifters
  • Raced in period by Gerhard Berger
  • The first Ferrari driven by Alain Prost after leaving McLaren
  • Fully restored by Ferrari F1 Clienti and tested at Mugello; Classiche certified

British designer John Barnard was given virtual carte blanche to restore Ferrari’s Formula One fortunes to the top rank when he agreed, in 1987, to an enormous salary and the opportunity to establish a new Ferrari Technical Centre in England.

Ferrari had not won a Formula One race since the German Grand Prix in 1985, after breaking Renault’s grip on turbo-F1 racing with consecutive World Championships for constructors in 1982 and 1983 with a 1.5-litre V-6 engine. Nonetheless, the selection of an Englishman to head Ferrari’s F1 technical development was controversial all around.

Amongst Barnard’s previous accomplishments was the Chaparral 2K Indy Car designed for Jim Hall; this was the car that won the 1980 Indianapolis 500 whilst being driven by Johnny Rutherford. This success quickly brought Barnard to the new McLaren team, where he worked on the McLaren MP4/1, the first carbon-fibre composite (FCC) chassis in Formula One.

During Barnard’s tenure, McLaren became the dominant force in Formula One, with Niki Lauda and Alain Prost winning the Drivers’ Championship in 1984, 1985, and 1986. McLaren also won the Constructors’ Championship in 1984 and 1985, narrowly losing a third consecutive championship to Williams in 1986.

Ferrari’s F1 design for 1987 and 1988 had already been set down by the time Barnard joined Ferrari, so he began work on an all-new car, the F1-89, which would be Ferrari’s first entry for the new non-turbo rules beginning in 1989.

Barnard’s decision to base his technical centre in England was not popular with the F1 team located in Italy. Barnard also introduced his own methods into Ferrari, which have been described as “a maniacal analysis of every single detail” of previous practice.

One Ferrari innovation that Barnard did bring forward with the new car was the revolutionary seven-speed semi-automatic gearbox that was operated by paddles located on the steering wheel. This design was originally created at Ferrari in 1979 by Mauro Forghieri, but development stalled because the advanced electronics needed to perfect the system were not yet available.

According to journalist Quentin Spurring, who followed F1 closely in the era, Barnard’s F1/89 was equipped with a range of technical innovations, with the most significant of which being the gearshift that was described as an “electro-hydraulic” mechanism. The paddles are electronically controlled by hydraulic actuators in the semi-automatic gearbox with solenoids.

Drivers used the clutch pedal only to start. Ratios in the seven-speed gearbox were shifted throughout the race by squeezing paddles on the back of the steering wheel, with the right paddle for upshifts and the left for downshifts. This innovation became universal throughout Formula One racing within five years, and today, it is common on high-performance road cars.

The Ferrari engine for the new 3.5-litre naturally aspirated formula was a lightweight 65-degree V-12 designed by Claudio Lombardi. The engine utilised five valves per cylinder (three intake) and two overhead camshafts per cylinder bank, which were driven off the front of the engine. Fuel was delivered through Weber-Marelli digital electronic injection, and the ignition was a Magneti Marelli electronic one with one plug per cylinder. Maximum power was rated at 600 horsepower at 12,500 rpm.

The engine and semi-automatic gearbox were mounted in a single-piece monocoque made of carbon fibre and Kevlar honeycomb, with detachable composite bodywork. The front suspension was by double-elliptic section wishbones and push rods. Similarly, the rear suspension was also by double wishbones and push rods. Steering was by rack and pinion, and the brakes utilised ventilated carbon-fibre discs and one-piece Brembo callipers on all four wheels.

The Ferrari F1/89 was rated highly as the 1989 F1 season began. Ferrari had extensively tested two V-12 non-turbo cars throughout the second half of 1988 and hoped to take the fight to McLaren and Honda from the first race of 1989.

Ferrari’s Gerhard Berger had been the only driver to take a race from McLaren-Honda in the remarkable 1988 season, which saw McLaren win 15 of 16 F1 races with drivers Ayrton Senna (8) and Alain Prost (7). Berger’s teammate at Ferrari for 1989 was future world champion Nigel Mansel.

Both Berger and Mansell took to the F1/89 immediately. Incredibly, Mansell won in his first start for Ferrari and the first race of the season in Brazil, endearing himself to Ferrari fans. Ferrari, however, found almost as quickly that 600 horsepower was not enough to challenge the new McLaren-Honda V-10 on a regular basis, and they found themselves chasing power throughout the year.

The complexity of the new F1/89, and particularly the semi-automatic gearbox, also led to a disappointing string of retirements throughout the season. Mansell did manage to score a 2nd in France and Britain and 3rd in Germany and Belgium, with Berger taking a long-awaited victory in Portugal, together with a 2nd in Italy and Spain. McLaren won 10 of 16 races in 1989, including the Drivers’ and Constructors’ Championships. Ferrari was the best of the rest.

This 1989 Ferrari F1/89 Formula One car is chassis 110, and it was driven during the 1989 F1 season by Gerhard Berger in the Mexican, U.S., Canadian, French, British, and German Prand Prix. Berger started 4th on the grid at Canada, Great Britain, and Germany, but his races were plagued with the same reliability issues that affected the F1/89 throughout the season.

Alain Prost won his third World Drivers’ Championship with McLaren in 1989 and then promptly departed to Ferrari, where he was reunited with John Barnard. This F1/89, chassis 110, was the first Ferrari F1 car tested by Prost upon his arrival at Ferrari.

As presented, this F1/89 is an important piece of Ferrari history and Formula One technical evolution history. It represents the golden era of Formula One, the Prost-Senna contest, the naturally aspirated big capacity V-12 engines, and the sexy “Coca Cola bottle” design. It has recently been fully sorted by Ferrari F1 Clienti and has been shaken down for 150 kilometres at Mugello. It has been Ferrari Classiche certified and is ready for the right new owner and driver to return it to all F1 Historic races.

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1989-ferrari-f1-89-formula-one/1065910

関連記事

1972 Ferrari 365 GTB 4 Daytona

1972 Ferrari 365 GTB/4 Daytona ¥ASK

車両価格:ASK 1972 Ferrari 365 GTB/4 Daytona coupe

記事を読む

c93e42_24c0492f621a462498f5a3758d461a55_jpg_srb_p_983_588_75_22_0_50_1_20_0

FERRARI LaFERRARI

FERRARI LaFERRARI YEAR : 2015 MILEA

記事を読む

FERRARI  Enzo

FERRARI Enzo ¥ASK

車両価格:ASK The extreme performance cars was joi

記事を読む

cfcobain-img600x450-14096225659iwcag25660

【ヤフオク】☆フェラーリF360チャレンジ用トランスミッション☆

売り切り・中古品扱い フェラーリF360チャレンジ用トランスミッションASSY

記事を読む

Ferrari 250 PF Cabriolet S11

Ferrari 250 PF Cabriolet S11 ¥ASK

車両価格:ASK Unveiled to the public at the 1959

記事を読む

11655_img_0215a

1982 LOTUS 91 ¥ASK

  コンテキストでこの壮大なフォーミュラワン候補を配置するには、1982

記事を読む

1980 Ferrari 308 GTB

1980 Ferrari 308 GTB 945万円

Sold for (£): 51,188 Produced between 1975

記事を読む

1963 Ferrari 250 GT Lusso

1963 Ferrari 250 GT Lusso 2億6860万円

車両価格:$2,250,000 シャーシ#5231は慎重に1985年から現在の愛好家/

記事を読む

2002 Jaguar R3 F1

2002 Jaguar R3 F1 ¥ASK

車両価格:ASK フォードコスワースのCK V10エンジンを搭載した2002年ジャガ

記事を読む

Dino 246 GTS

Dino 246 GTS ¥ASK

車両価格:ASK 246ディノのGTSバージョンは1972年3月のジュネーブサロンに到

記事を読む

PR

    • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク